京都の歴史的建造物スポット一覧

  • 京都御所
    rating-image
    4.0
    2419件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区京都御苑
    京都御苑の中央北部にある、東西250メートル、南北約450メートルの築地塀と清流の溝に囲まれた広い域内の建物。現在の建物は安政2年(1855)に再建したもので、東西南北に6門と歴代の天皇が即位した、御所の正殿で、中央に高御座をおく寝殿様式の紫宸殿などがある。北側には書院造の建物の小御所があり、大きな池がある優雅な庭園などを望むことができる。以前、京都御所の参観は、事前申込が必要だったが、現在は事前申込は不要で、一年を通して自由にだれでも入場することができる。(入場時手荷物検査あり)

    京都市内を散策上に通りかがりました。 中に入ると静寂で荘厳な空気に包まれました。 伊勢神宮や月讀宮等 日本の皇族に連なる処を訪れ中に居ると 心身が、毎回落ち着くのが不思議です。 …日本人ではないのに、本当に不思議でなりません。

  • 桂離宮
    rating-image
    4.5
    470件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区桂御園

    平安貴族が池に写った月を鑑賞するために立てた宮です。贅沢な作りになっています。鑑賞するには、宮内庁のHPから申し込みが必要で、有料です。約1時間のガイド付き散策となり、定員は50名。 1時間毎に開催され、空きがあれば当日でも参加可能です。

  • 京都仙洞御所
    rating-image
    4.0
    163件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区京都御苑
    17世紀初頭、後水尾天皇が退位し上皇となられた際に造られた御所である。嘉永7年(1854)に焼失、現在では庭園と茶室が残っている。春の桜、秋の紅葉はもちろんのこと、初夏に咲く藤の花も見事。南池から中島にかかる八ッ橋は藤棚で覆われており、風を受けて揺れる様が美しい。当日受付もあるが、確実に参観したい場合は事前に予約をしてから訪れよう。

    京都御所は皆さんご存知の方が多いかと思いますが、京都御苑にはもう一つの御所があるのをご存知だとうか?それが仙洞御所です。歴史的には7度も火災を受けた事を知り、安政の時の最後の火災以降再建されなかったとか?時代は幕末、混乱期と当時上皇が居なかったことからと伺いましたが、時代は幕政から大きく転換する維新の時。再建されなかった理由は他にも沢山あったと推察されまし。しかし、庭が当時の面影を感じさせてくれる...

  • 落柿舎
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
    元禄の俳人、松尾芭蕉の門人である向井去来の庵である。去来が35歳の時に移り住んだ庵で、39歳頃から「落柿舎」と呼ぶようになった。庭にあった40本の柿の木の実が、一夜の間に落ちつくしたというのが名前の由来。松尾芭蕉の著「嵯峨日記」はここで執筆された。草庵の入り口には、かつての主の在庵を示したという衰と笠がかけられており、投句箱も設置されている。

    芭蕉の時代とは場所も建物も変わっているそうですがそれでもわびさびの雰囲気を大いに醸し出していてここにいるだけで穏やかな気分になれます。東山魁夷画伯もこの落柿舎を描いています。門前は小広い田んぼがありとても絵になります。中に入って鹿威しの音だけの静寂の中一句ひねるのも一興です。

  • 渡月橋
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵐山
    嵐山の紅葉を見渡せる、桂川にかかる全長155mの橋。承和年間(834-48)に僧・道昌が架橋したことが始まりと伝えられており、現在の位置には江戸時代初期、角倉了以が架けた。亀山上皇が橋の上高くを移動していく月をご覧になり「くまなき月の渡るに似る」と言われたことから名づけられたという渡月橋は、嵐山の風景に溶け込んだ風情あふれる橋である。
  • 旧三井家下鴨別邸
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区下鴨宮河町58-2
    明治から大正時代の大規模別邸の屋敷構えがよく保存されており、歴史的価値が高いことから平成23年(2011)に重要文化財に指定された「旧三井家下鴨別邸」は、主屋が南側に設けた庭園に面して建ち、庭園と一体となった開放的な作りだ。2、3階は特別公開時のみ見学可能だが、3階には望楼も設けられていて鴨川や東山の眺望を楽しめる。主屋2階および茶室の貸し出しもしている。

    入館料を払って入ります。 お寺などに比べれば、こじんまりした木造建築ですが、あまり人もいなかったので、ゆっくり落ち着きます。 きれいな和菓子を選んで、お抹茶が頂けます。お庭に向かって、正座して、静かに美味しくいただきました。 小さなお土産コーナーもありました。

  • かやぶきの里
    旅行/観光
    京都府南丹市美山町北揚石21-1
    現代では珍しくなった茅葺き屋根の民家が数多く立ち並び、懐かしい風景を今も残している美山町を代表する観光スポット。平成5年(1993)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された「北」の集落には最も古い家屋は寛政8年(1796)に建てられたもので、50棟のうち38棟が茅葺きの屋根。大半は民家だが、交流館、民俗資料館などもその中に含まれている。地区内には茅葺き屋根民家で民宿を営業している家もある。
  • 二條陣屋(小川家住宅)
    rating-image
    3.5
    31件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市中京区大宮通御池下ル三坊大宮町137
    江戸時代の豪商の屋敷で、上洛の際、京都に滞在する屋敷を持たない大名の宿舎となっていた町家である。防火のため外壁は土蔵造りになっているほか、天井の武者隠(むしゃかくし)や、吊り階段、隠し階段など敵の侵入を防ぐための仕掛けがあらゆるところに仕掛けられている。見学は要事前予約。

    予約の電話を事前に入れてからの訪問になります。ガイドの方が丁寧に説明してくれます。床が冷たいので、毛糸の靴下も置いてあり、寒い方はどうぞというのも良かったです。

  • 豪商稲葉本家
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京丹後市久美浜町3102
    京都府京丹後市にある歴史的建造物。稲葉家は織田信長の家臣で、美濃国の稲葉一族の末裔とされる。明治18年(1885)から5年かけて、第12代当主の稲葉市郎右衛門により建設された。敷地内では、母屋や宝蔵などが見学できるほか、定食や手作りのぼたもちを味わえる。また、事前予約でお香や陶芸などを体験することも可能。

    丹後半島周遊ドライブの途中に立ち寄りました。稲葉家は、本家、中稲葉、西稲葉、東稲葉、豊岡稲葉と、あわせて五稲葉あったことが案内板に記されています。織田信長の末裔にあたり、この地方では名の知れた豪商だったようです。白壁の家屋の周りに巡らされた見事な石垣がそのことを感じさせました。

  • 旧三上家住宅
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    旅行/観光
    京都府宮津市字河原1850
    江戸時代に酒造業・廻船業・糸問屋等を営んでいた、宮津城下有数の商家の屋敷である。美しい白壁の造りの外観が印象的で、座敷は質の高い贅を尽くしたものとなっている。庭園は座敷からの座視鑑賞を主とする配置に築かれており、商家の庭園として価値の高いもので、京都府の名勝に指定されている。

    白壁や瓦屋根、窓枠にはめられた木の格子、庭の松など、いかにも栄華を極めた豪商らしい立派な邸宅です。主屋や蔵など8棟が重要文化財に指定されているそうで、保存状態がよかったです。

  • 京都市嵯峨鳥居本町並み保存館
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町8
    愛宕神社の門前町としての顔と農村としての顔を併せ持ちつつ栄えた鳥居本。現在でも茅葺屋根の民家が数多く残っていることから、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている地域である。保存館では、鳥居本の雰囲気をよく残す伝統的な町家風民家を復元・整備し、模型などを展示している。

    入館そのものは無料です。地図などは有料になるようです。館内には愛宕街道沿いの民家や愛宕神社の大きな鳥居などのジオラマが見ることが出来ます。また京都の竈なども見ることが出来ます。

  • 社家の町並み
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区上賀茂中大路町1 西村家庭園

    上賀茂の社家が並ぶ通りにあります。上賀茂神社の神官であった、錦部家の旧宅。現存する社家の中では最も昔の面影をとどめる庭園が残っています。屋敷からの庭園の眺めは、素晴らしい。中でも明神川からとりこんだ曲水の宴のための小川や、神事の前に身を清めた井戸はとても興味深いです。社家町の散策とあわせて、見学をおすすめします。

  • 名勝 無鄰菴
    旅行/観光
    京都府京都市左京区南禅寺草川町31
    明治・大正の政治家 山縣有朋が、明治27年(1894)から二年の歳月をかけて造った別荘である。広大な庭園と母屋・洋館・茶室の3つの建物から成っており、特に庭園は山縣有朋自ら指示し、七代目小川治兵衛によって作庭された自然豊かで開放的な空間として名高い。昭和26年(1951)に国の名勝庭園に指定された。東山を借景に広がる庭園は、秋には赤や黄に色づいた木々の表情を楽しめる。
  • 丹波亀山城跡
    旅行/観光
    京都府亀岡市荒塚町内丸1
    北半分を南郷池に囲まれた場所にある城跡で、亀岡市の文化財に指定されている。1577年に丹波地方の攻略拠点として明智光秀が築城したもので、正確な史料は残っていない。現在は惣構や内堀の痕跡、石垣等しか残っておらず全貌は未だ明らかになっていない。明智光秀の後は羽柴秀俊(小早川秀秋)や岡部長盛の手が加わり、五重の層塔型天守が建てられたとされる。申し込みをすれば、内堀跡や本丸付近の石垣を見学可能。4月には「このはなざくら観桜茶会」が行なわれ、多くの花見客で賑わう。
  • 舞鶴赤れんがパーク
    遊ぶ/趣味
    京都府舞鶴市字北吸1039-2
    「JR東舞鶴駅」より徒歩で10分の所にある史跡。明治から大正にかけて旧海軍の兵器倉庫として建設された赤れんが建造物は、全12棟のうち8棟が国の重要文化財に指定されている。これらを利用し、平成24年(2012)に舞鶴市の観光交流施設としてオープンさせたのが始まり。旧海軍にまつわる歴史資料の展示やイベントホールとして博物館や資料館として一般開放されている。他にも遊覧船や海上自衛隊のカレーなどが楽しめる施設などが揃っている。
  • 小督塚
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
    「平家物語」で知られる小督を弔う五輪石塔。琴の名手であった小督は高倉天皇の寵愛を受けるが、平清盛と娘である中宮・徳子に睨まれ御所を追放されたという。ここは最初の隠棲地であったといわれている。
  • 天智天皇陵
    旅行/観光
    京都府京都市山科区御陵上御廟野町
    京都市山科区にある、天智天皇を祀った御陵。上円部が八角形の上円下方墳で、参道の脇には垂直型日時計が立っているが、これは天智天皇が水時計台を作り時刻制度を定めたことを称えたものである。緑に包まれた静かな御陵で散策にもおすすめ。
  • 文椿ビルヂング
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市中京区三条通烏丸西入ル御倉町79
    烏丸三条西入る北側にある商業施設。大正9年(1920)に建てられた木造の洋館をリノベートした建物で、カフェやギャラリーショップ、お洒落なファッションブランド店が入っている。アートやカルチャーの発信基地としても支持されている商業施設だ。
  • 旧尾藤家住宅
    旅行/観光
    京都府与謝郡与謝野町加悦1085
    江戸時代末期の文久3年(1863)に建てられた、生糸ちりめん商家の屋敷。和の要素に昭和初期の洋風住宅建築が追加された和洋折衷の建物で、京都府有形文化財に指定されている。季節や年中行事にあわせた企画展示も行われており、見ごたえ十分。
  • 桂離宮
    旅行/観光
    京都府京都市西京区桂御園
    元和元年(1615)年に創建、約50年の歳月をかけ完成した「桂離宮」。日本庭園の集大成とも言われる美しさであり、約6万9400平方メートルの敷地は池泉回遊式庭園で、古書院、中書院、新御殿を主とし、池の周りには趣の異なる四つの茶室がある。春の桜、秋の紅葉と、日本の四季の美しさを体感できる庭園だ。当日受付もあるが、確実に参観したい場合は事前に予約をしてから訪れよう。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す