群馬の歴史的建造物スポット一覧

  • 富岡製糸場
    旅行/観光
    群馬県富岡市富岡1-1
    江戸時代末期、外国との貿易を始めた当初、日本の最大輸出品目は生糸であった。その生糸の品質向上と生産向上を目指し、明治政府が明治5年(1872)に設立した模範器械製糸場が、富岡製糸場である。創業当初の建物は、木の骨組みに煉瓦で壁を積み上げる「木骨煉瓦造」で、現在もほぼその原型が残っている。施設内の見学方法は充実しており、ガイドツアーの他、スマートフォンを用いてガイドを聞くこともできる。初期の建造物群は国宝および重要文化財に指定されており、また2014年、世界遺産に登録された。
  • 桐生明治館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県桐生市相生町2-414-6
    桐生市相生町の東国文化歴史街道沿いにある歴史的建造物。明治11年(1878)に群馬県衛生所として建てられた洋風建築である。現在では明治期の資料の展示のほか、2階の展示室と会議室の貸し出しも行っている。入館料不要の喫茶室では飲み物やケーキ、軽食などを提供している。

    相老駅から徒歩10分。国道122号沿いにある。入館料は150円。 1878年に群馬県衛生所兼医学校として前橋に建築。1929年に相生村役場として現在地に移築。 シンメトリーな擬洋風建築。広い横幅に対して奥行があまりない。内廊下はなく、ポーチから各部屋に入るようになっている。資料展示は少なく、どこか雑然とした感じ。2階の部屋にある展示ケースにはカバーが掛けられていたが、もしかしたら企画展が行われた後...

  • 田島弥平旧宅
    rating-image
    3.5
    17件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県伊勢崎市境島村2243外
    関越自動車道本庄児玉ICから車で約20分のところにある、平成26年(2014)6月25日世界遺産に登録された、「富岡製糸場と絹産業遺産群」のなかのひとつ。富岡製糸場、高山社跡、荒船風穴と並んで世界遺産に登録された田島弥平旧宅は、近代養蚕法「清涼育」の開発と、近代養蚕農家建築の原点となった建物。ただし、現在も個人の住宅として使用されており、見学は庭までとなっている。

    世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産になっていますが、富岡製糸場とは直接関係がないようです。蚕の近代的な飼育法を確立し、海外への輸出で財をなした田島弥平は渋沢栄一や西郷隆盛、そして天皇家(宮中でも養蚕している)とも関わりが強く、その旧宅には絹産業に関わる建物、機械類が残っていて、以前訪れた富岡製糸場や荒岩風穴での作業との関わりがよく理解できました。

  • 重要文化財 彦部家住宅
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県桐生市広沢町6-877 重要文化財彦部家住宅
    桐生市広沢町6丁目にある歴史的建造物。天武天皇の第一子である高市親王を祖とすると伝わる旧家で、戦国時代から現在の桐生市広沢に定住した彦根家の居館。主屋をはじめ、長屋門、「冬住み」と呼ばれる隠居屋など、16世紀から昭和初期にかけて建築された複数の建物からなるもので、国の重要文化財に指定されている。

    日本最古の建築物ベスト5に含まれるほど歴史ある建物です。実際に住んでいる方と一緒に敷地内を見学し,短縮版ながらも30分たっぷり説明して頂きました。入口や玄関に武家屋敷時代の造りが所々に残っていたり,福沢諭吉の直筆があったりとわざわざ僻地まで訪れる価値があります。

  • 竹久夢二アトリエ
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県高崎市榛名湖町848
    高崎市榛名湖町の「榛名湖畔の宿記念公園」隣りにあるアトリエ。「大正ロマン」を代表する画家として知られる竹久夢二のアトリエを、榛名湖西側の高台に復元したもの。内部では略年表などの資料展示を行っている。

    榛名湖畔からちょっと坂を登ったところにあります。竹久夢二の略年表の展示があり、窓から榛名湖を望むことができます。無料なので、近くに来たついでにちょっと立寄るには良いと思います。

  • 旧安中藩郡奉行役宅
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県安中市安中3-6-9
    安中市安中3丁目にある歴史的建造物。江戸後期に建築された母屋と長屋門を、図面などを元に復元したもの。山田三郎、猪狩幾右衛門懐忠といった安中藩の郡奉行が役宅として使用し、農民の統治を行っていた。

    旧中山道ぞいにある、萱葺の建物。長屋門と母屋があり、藩主板倉勝明の側近の山田三川が住んでいたと伝わる住居。その後猪狩氏が入り、猪狩家住宅として昭和の時代まで使われていたようです。内部見学ができ、安中藩や狩野家についての展示がされています。

  • 五料茶屋本陣お西お東
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県安中市松井田町五料564-1
    安中市松井田町五料にある歴史的建造物。中山道を通る人々の中でも、大名や公家などの高い身分にある人々が休息のために利用した「本陣」と呼ばれるもの。構造、大きさともにほぼ同一の「お西」と「お東」の2棟の建物が保存、公開されており、県の史跡に指定されている。

    中山道歩きの途中立ち寄りました。 街道の貴重な資料と。解説者の懇切なご説明で理解を深めることが出来ました。

  • 旧黒澤家住宅
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県多野郡上野村楢原200-9
    多野郡上野村大字楢原にある歴史的建造物。江戸時代、幕府の天領であった山中領の上山郷、中山郷、下山郷の三郷の内、上山郷の大総代を代々務めた旧家の住宅。31畳に及ぶ茶の間を中心に多くの座敷を備えた2階建て切妻造りの大規模な建築で、国の重要文化財に指定されている。

    かなり良い状態で保存されており、管理に携わる方のご苦労が忍ばれます。 多くの方は車で行かれると思いますが、 駐車場は隣に4台分くらいと、徒歩2分くらいの場所にも第2駐車場があります。 観覧してもさほど時間はかからないので、混雑はあまりしない模様です。 駐車は無料です。 正直、上野村の歴史的な知識は皆無でしたが、観覧して学ぶことが多くありますた。 慰霊の園も車で5分ほどですので、併せて参拝されるこ...

  • 阿久沢家住宅
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県前橋市柏倉町604-1
    前橋市柏倉町にある歴史的建造物。17世紀末頃に建築されたと考えられる平屋建て、茅葺屋根の古民家で、屋根裏での養蚕を目的とした「赤城型民家」よりも一世代古い建築様式を今に伝えるもの。国の重要文化財に指定されている。

    北関東地域の平地の中規模農家の典型的な古民家のようです。 茅葺寄棟造りの桁行八間(15.3m)、梁間四間半(8.2m)の建物で、 建造年代は、17世紀と推定され県内でも古い民家の一つだそうです。 大胡駅からは離れているので車が便利です。 私は駅から歩きましたが、40-1時間程度だと思います。 もしかすると、市内を走るデマンドバスが使えるかも知れません。

  • 群馬大学工学部同窓記念会館
    旅行/観光
    群馬県桐生市天神町1-5-1
    群馬県桐生市のJR両毛線桐生駅からおりひめバスで約10分のところにある、群馬大学内の歴史建造物。桐生高等染織学校の校舎として大正5年(1916)に建築され、昭和47年(1972)に移設された。日本のスギ材を使用した木造で、破風の装飾や玄関アーチ等にイギリスのチューダー様式の衣装が見られる。また工学部守衛所、旧桐生高等染織学校正門とともに平成10年(1998)に国の登録有形文化財に登録されている
  • 日向見薬師堂
    旅行/観光
    群馬県吾妻郡中之条町四万4371
    群馬県吾妻郡はJR吾妻線中之条駅下車、路線バスで四万温泉下車、徒歩しばらくのところにある薬師堂。薬師瑠璃光如来と号される薬師堂は、室町時代後期の建物であり、国の特別保護建築物に指定されていた。戦後には国指定重要文化財にも指定された。三間四方のお堂には繰形がよく現れており、日本でも数少ない唐様建築である。また病気を治すために温泉に来る人から湯前薬師と敬われ親しまれてきた。
  • 渋川市伊香保関所
    旅行/観光
    群馬県渋川市伊香保町伊香保甲34
    伊香保町伊香保、伊香保神社へと続く石段街の右手にある展示施設。江戸時代、伊香保経由で中山宿へ至る、三国街道の裏往還と呼ばれたルートの要所であった伊香保関所を復元。当時に関する資料などの展示も行っている。
  • 桐生市有鄰館
    旅行/観光
    群馬県桐生市本町2-6-32
    桐生市本町の県道66号線沿いにあるイベントスペース。元は江戸から昭和にかけて酒蔵や味噌蔵などとして使われていた建造物群である。現在では歴史的建造物として保存され、同時に演劇やコンサート、展示会など、文化の発信地としても活用されている。
  • 新島襄旧宅
    旅行/観光
    群馬県安中市安中1-7-30
    安中市安中1丁目にある歴史的建造物。同志社英学校(現在の同志社大学)の創立者として知られる新島襄の旧宅を移築したもの。内部は新島襄の資料館として利用されており、遺品や写真などの関係資料の展示が行われている。
  • 旧丸山変電所
    旅行/観光
    群馬県安中市松井田町横川地内
    安中市松井田町坂本にある歴史的建造物。明治45年(1912)、碓氷線が日本の幹線鉄道としてはじめて電化された際に変電所として建設されたもの。当時の最新技術を導入して作られた純煉瓦造りの蓄電池室と機械室の2棟の建物が保存されており、国の重要文化財に指定されている。
  • 雄川堰
    旅行/観光
    群馬県甘楽郡甘楽町小幡
    甘楽郡甘楽町小幡にある用水路。一級河川雄川を水源とし、織田信長の次男・信雄の統治の元で城下町として栄えた小幡地区から北の水田地帯へと水を供給する灌漑設備で、現在の形となったのは江戸初期と考えられている。国際かんがい排水委員会が選ぶ「かんがい施設遺産」に登録されている。
  • 冨沢家住宅
    旅行/観光
    群馬県吾妻郡中之条町大道1274
    吾妻郡中之条町大道にある歴史的建造物。大道の名主を務めた冨澤家の住宅で、江戸後期に建築されたものと考えられる。「かぶと造り」と呼ばれる茅葺屋根を備えた大型の養蚕農家の代表的な建築で、国の重要文化財にも指定されている。
  • 浮島観音堂
    旅行/観光
    群馬県沼田市追貝
    沼田市利根町追貝にある観音堂。吹割渓谷周辺に整備された遊歩道沿いに位置する。795年に創建され、現在の堂は昭和59年(1984)に新築。堂内に安置されている「浮島如意輪観音」は、江戸初期の名工・左甚五郎の作と伝わっている。毎年4月18日には「浮島観音春祭り」も開催。
  • 上毛電気鉄道 大胡車庫
    旅行/観光
    群馬県前橋市茂木町41-2
    前橋市茂木町、上毛電気鉄道の大胡駅近くにある歴史的建造物。昭和3年(1928)の鉄道開業当時に建設された車庫で、国の有形文化財に登録されている。現在は電気機関車などの貴重な車両の展示を行っており、予約制で見学が可能。また、車庫を利用した鉄道イベントも開催される。
  • 小幡の城下町
    旅行/観光
    群馬県甘楽郡甘楽町小幡
    室町時代の小幡氏にはじまり、織田氏、松平氏の支配下に栄えてきた小幡藩の城下町。織田信長の次男・信雄[のぶかつ]が小幡織田藩の藩祖で元名元年(1615)から明和4年(1767)にかけて8代152年にわたって統治した。現在も幅14mの中小路に武家屋敷の白壁が続く。なかには下級武士が上級武士から身を隠すためのものともいわれる、道が2回直角に折れた喰い違い郭[くるわ]などが残る。 【写真提供】群馬県

群馬の主要エリア

around-area-map

群馬県は、上州名物「空っ風」でも有名な内陸の県です。 東京からアクセスする場合は、上越新幹線で高崎まで50分で着きます。大阪や名古屋からアクセスする場合は、直通で行く方法がなく、電車やバスを乗り換える必要があります。 群馬県は山が多く、浅間山はじめ活火山は6つもあります。そのため温泉地も数多くあり、関東一の温泉県とも呼ばれています。宿泊施設を伴う温泉地は99カ所あり、その中でも「草津温泉」「伊香保温泉」「水上温泉」「四万温泉」は人気の高い温泉地です。泉質や風景の違いなど楽しみつつ、さまざまな温泉地を巡るのもいいでしょう。 また、群馬県ではうどんが有名で水沢うどん、館林うどん、桐生うどんを「ぐんま三大うどん」と呼んでいます。おっきりこみというほうとうのような料理もあり、さまざまなうどん料理を楽しめます。その他には、焼きまんじゅうや、みそおでんも群馬の定番グルメです。

群馬の写真集

目的から探す