NAVITIME Travel

千葉の歴史的建造物スポット一覧

  • 芥川荘
    旅行/観光
    千葉県長生郡一宮町一宮9240-1(一宮館内)
    旅館「一宮館」の離れ。明治30年(1897年)に建築され、現在の名称は大正期に芥川龍之介が逗留したことから命名された。芥川はここから後の妻・塚本文に求婚の手紙を送ったほか、後に滞在時の思い出を複数の作品に登場させるなどした。伝統的な民家建築技法で建てられ、国登録有形文化財に登録されている。
  • 旧神谷伝兵衛稲毛別荘
    旅行/観光
    千葉県千葉市稲毛区稲毛1-8-35
    ワインの輸入販売や国内でのワインの醸造を行い「ワイン王」の異名をとった実業家・初代神谷伝兵衛が建築した洋館。大正時代に来賓用の別荘として建てられ、国の有形文化財に登録されている。現在は無料で入館できるほか、団体見学も受け付けている。展覧会やイベントなどの貸出スペースとして利用できる「ギャラリー・いなげ」も併設している。
  • 戸定邸・戸定歴史館
    rating-image
    4.0
    56件の口コミ
    旅行/観光
    千葉県松戸市松戸714-1
    JRまたは新京成線「松戸駅」より徒歩約10分のところにある博物館。「戸定邸」は幕府最後の将軍である徳川慶喜の弟、徳川昭武が造った別邸であり、国の重要文化財に指定されている。明治時代の徳川家の住まいがほぼ完全に残っており、旧大名家の生活環境を垣間見ることができる。戸定邸に隣接する「戸定歴史館」では、徳川昭武の遺品を中心に松戸徳川家伝来品、徳川慶喜伝来品などの展示を行っている。

    水戸11代藩主 徳川昭武が明治に入ってから造園したとの事。 眼下に江戸川、西には富士山が望めます。 建物は有料ですが、庭は無料で見学可能です。 菊の時期 戸定菊花祭が開催され多くの人で賑わいます。 四季を通じてイベントが行らます。明治初期の庭にお越しください。

  • 旧堀田邸
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    旅行/観光
    千葉県佐倉市鏑木町274
    明治23年(1890)に建設された、佐倉藩最後の藩主・堀田正倫の邸宅跡。広い芝生地を中心とし、対岸の台地を借景として取り入れた見事な近代和風庭園があり、『さくら庭園』の愛称で親しまれている。平成18年には主屋の5棟と土蔵、門番所が国の重要文化財に、平成27年に庭園を含む敷地一帯が「旧堀田正倫庭園」として国の名勝に指定されている。

    佐倉市の中心街から少し離れた鹿島台地辺縁部に広大な敷地を有する、旧佐倉藩主堀田家が廃藩置県後に構えた邸宅です。現存する明治期の旧大名家邸宅として貴重な建築物として国の重要文化財に指定される和風建築。 ガイドの説明を聞きながら見学できたので見るべきポイントがよく分かりました。

  • 与倉屋大土蔵
    旅行/観光
    千葉県香取市佐原イ1730
  • 渡辺家住宅
    旅行/観光
    千葉県夷隅郡大多喜町久保126
    嘉永2年(1849)に建造された商家造りの住宅。昭和9年(1934)に屋根が茅葺から桟瓦葺に改変されているが、その他の部分は店構えから内装・家具等に至るまで、建築当初のまま残されている貴重な歴史的建造物で、国の重要文化財に指定されている。内部は非公開となっている。
  • 武家屋敷
    旅行/観光
    千葉県佐倉市宮小路町57
    かつて城下町であった佐倉の面影を残す通りに、「旧河原家住宅」、「旧但馬家住宅」、「旧武居家住宅」が立ち並んでいる。どれも江戸時代後期に建てられたもので、武家の生活様式が垣間見られる。「旧但馬家住宅」は建物内の見学も可能。「旧河原家住宅」は特別公開の際に中に入ることができる。
  • 中村屋商店
    旅行/観光
    千葉県香取市佐原イ1720
    JR成田線佐原駅から忠敬橋へ向かい、徒歩で15分。安政2年(1855)江戸末期に建築された、趣のある雑貨店「中村屋商店」。代々荒物・雑貨・畳(い草製品)を取り扱い、平成5年(1993)には千葉県の県指定有形文化財に指定された。店舗となっている建屋自体も必見。今も変わらず営業を続け、小さく愛らしいミニ山車や房州うちわを始めとする他では見られない個性的な和雑貨が揃う。
  • 旧進藤家住宅
    旅行/観光
    千葉県袖ケ浦市下新田1133
    袖ケ浦市郷土博物館の屋外展示施設の1つ。弘化4年(1847)に建てられた、江戸時代の上層農家、進藤家の住宅を移築したもの。平成元年に袖ケ浦市指定文化財に指定されている。建物内をのぞいて当時の暮らしに思いを馳せよう。平成30年8月31日まで改修工事のため休館。
  • めがね橋
    旅行/観光
    千葉県南房総市白浜町滝口
    白浜町滝口の長尾川下流にかかる、石積み工法の洋式三重橋。3つのアーチがあるので本当はメガネではないが、川面に移る姿からめがね橋とよばれるようになった。橋は明治21年(1888)に、村民の寄付399円40銭で建設された。架設以前は川を歩いて渡っていたという。関東大震災にも壊れることなく、戦時中は戦車が通ったという頑丈な橋だ。昭和52年(1977)と平成5年(1993)に補修工事が行われ、建設当時の姿を留めている。県指定有形文化財。日本の名橋百選。
  • 旧宇田川家住宅
    旅行/観光
    千葉県浦安市堀江3-4-8
    境川沿いには漁師町として栄えたころの建物が保存されている。明治2年(1869)に建てられた木造2階建ての旧宇田川家は米・雑貨・呉服などを扱う商家で、その造りから当時の町家建築の特徴が分かる。また、室内には当時を再現した生活用具などが置かれている。
  • 旧大塚家住宅
    旅行/観光
    千葉県浦安市堀江3-3-1 浦安市文化財住宅
    境川沿いには漁師町として栄えたころの建物が保存されている。漁業を生業としていた旧大塚家は、江戸末期の建築とされる茅葺き屋根の木造平屋。室内には当時を再現した生活用具などが置かれている。千葉県指定有形文化財。
  • 旧河原家住宅
    旅行/観光
    千葉県佐倉市宮小路町57
    武家屋敷3棟の中では最も格の高い武家屋敷で、三百石以上の大屋敷に相当。茅葺き屋根の母屋全体がL字状に折れ曲がっているのは、間口の広くない敷地で隣家との間に充分な空き地をとるための工夫。その建築様式から、佐倉に残る武家屋敷の中では最古と考えられている。室内には当時の調度品などをイメージ展示している。 【写真提供】旧河原家住宅
  • 旧但馬家住宅
    旅行/観光
    千葉県佐倉市宮小路町61
    佐倉武家屋敷のひとつ。旧所在と同一地点に復元されており、屋敷地や庭木など周囲の環境と併せて保全され、敷地全体で武家屋敷の形状を残している。室内の見学や休憩ができる。 【写真提供】旧但馬家住宅
  • 旧武居家住宅
    旅行/観光
    千葉県佐倉市宮小路町60
    佐倉武家屋敷のひとつ。面積約80平方mで3棟の中では最も小規模。当時の小知[しょうち](百石に満たない藩士)の住居といわれている。建物内には武家屋敷地から出土した陶磁器や藩士の生活に関係する資料などが展示されている。 【写真提供】旧武居家住宅
  • 志賀直哉邸跡
    旅行/観光
    千葉県我孫子市緑2-7
    大正4-13年(1915-1924)に志賀直哉が住んでいた場所。ここで、『城の崎にて』『暗夜行路』といった日本文学史を飾る数々の名作を世に送り出した。白樺派の同人をはじめ、芥川龍之介や岸田劉生なども訪れ、芸術家のサロンのような趣を呈していたという。居宅の建物はないが、当時の庭木が残り、ほど近いところに茶室風書斎が移築されている。書斎は土・日曜の10-14時のみ一般公開。雨天の場合は実施しない。
  • 小山樋門 レンガ橋
    旅行/観光
    千葉県松戸市松戸
    明治31年(1898)に造られた最古といわれるレンガ製の橋。明治のレンガ技術を今に伝える貴重な建造物で地元では「めがね橋」とも呼ばれる。
  • 公正市民館(旧公正会館)
    旅行/観光
    千葉県銚子市新生町2-1-5
  • 正文堂
    旅行/観光
    千葉県香取市佐原イ503

千葉の主要エリア

around-area-map

千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。

千葉の写真集

目的から探す