兵庫の歴史的建造物スポット一覧

  • 風見鶏の館
    rating-image
    4.0
    244件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町3-13-3
    国指定重要文化財に指定されている、旧トーマス邸。北野・山本地区に現存する異人館の中では唯一の、れんがの外壁の建物だ。石積みの玄関ポーチ、2階部分のハーフ・ティンバー(木骨構造)など、他の異人館と異なった重厚な雰囲気をもっている。この建物の、尖塔の上に立つ風見鶏は良く知られている。

    23年ぶりの神戸。北野異人館街を散策した。トーマス坂を登り詰めると円形の北野町広場に出るが、その上に旧トーマス邸(風見鶏の館)が佇む。赤レンガと尖塔が印象的な建物で、尖塔の上にこの家の別名でもある風見鶏が設えられている。 ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自邸として明治40年代に建てられそうで、北野異人館に多いコロニアルスタイルではなく、ネオ・バロック様式の重厚なデザインが特徴だ。昭和後期...

  • 辰鼓楼
    rating-image
    3.5
    120件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県豊岡市出石町内町
    豊岡市出石町の「豊岡市出石伝統的建造物群保存地区」内にある時計台。元は明治4年(1871)に太鼓によって時を報せる鼓楼として建築され、明治14年(1881)に大時計が寄贈され時計台となった。幾度かの修復を経て、現在で3代目となる町のシンボル。

    出石のシンボル的存在。 大手前駐車場のそばにありかなり存在感があります。、 楼閣本体は1871年に完成し大時計を載せたのが1881年なので 札幌時計台と同じくらい歴史がある時計台です。 隣の池に鯉がいて近寄ると群れで寄ってきました。

  • 北野外国人倶楽部
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町2-18-2
    明治時代後期に建築された切妻屋根の異人館で、旧フリューガ邸とも呼ばれている。神戸港開港当時に外国人居留者の社交場として賑わった会員制倶楽部を再現しており、重厚かつ豪奢な調度品の数々が、当時の華やいだ雰囲気を今に伝えている。見どころは、ブルボン王朝時代の貴族の家で使われていた暖炉や薪炭時代のオールドキッチン、アンティークオルガン、ルネサンス時代の楽譜、19世紀の馬車など。

    社交場で使用されていたようです。 チケットの内容によっては、レンタルドレスを借りて記念写真が撮れるようです。

  • うろこの家・展望ギャラリー
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町2-20-4
    神戸で最初に公開された異人館で、国の登録有形文化財に指定されている。明治18年(1885)に外国人向けの借家として居留地に建てられ、その後現在の地に移築された。魚のうろこのような天然石のスレートで外壁が覆われていることから「うろこの家」と呼ばれている。館内には歴史を感じさせるアンティークの調度品が置かれ、マイセンをはじめとする名陶磁器や西洋名画などの美術品が飾られている。神戸の街を望む3階からの眺めも必見。
  • ヨドコウ迎賓館
    rating-image
    4.5
    54件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県芦屋市山手町3-10
    灘の酒造家8代目当主・山邑太左衛門の別邸として建設された建物。20世紀最高の建築家のひとりとされるフランク・ロイド・ライト氏が設計した貴重な作品で国の重要文化財に指定されている。鉄筋コンクリート4階建てながら、丘の傾斜に沿って各階の位置をずらしているため、どの場所も1階または2階建てになるユニークな構造。館内は一般公開されており、優れた建築デザインとハイカラな内装をじっくりと鑑賞できる。

    建築やインテリアなどがお好きな方には必見です。あまり大きく無いですが見所が凝縮されています。数学的なデザインは圧倒されます。

  • 萌黄の館
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町3-10-11
    兵庫県神戸市中央区にある異人館で、アメリカ総領事シャープ氏の邸宅として明治36年(1903)に建築された。萌黄色の木造2階建て住宅で、国の重要文化財に指定されている。見どころは、異なる形の2つの張り出し窓や装飾が施された階段など、当時を思わせる贅沢な意匠。神戸港まで一望できるベランダからの眺めも必見である。
  • 山手八番館
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町2-20-7
    大正時代にサンセン氏の自宅として建設された異人館。塔のような家屋が3つ連なるチューダー様式の瀟洒な建物で、入口のステンドグラスが美しい。館内には西洋・東洋の彫刻など美術品が多数飾られており、ロダンやレンブラントらの名作のほか、東アフリカのマコンデ族の木彫も必見である。願いごとが叶う椅子としてTVで紹介された「サターンの椅子」が有名。

    願いを叶えてくれるという噂を聞いたので、訪れました。どうしても叶えたい夢があるので座ってお願いしました。 来年の11月に結果が出ます。 願いが叶ったのかそれとも座ったけど叶わなかったのか、また結果報告します。

  • 神戸税関
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区新港町12-1
    JR「三宮駅」下車、南へ徒歩約15分。現庁舎は、映画やドラマのロケ地としても知られる「みなと神戸」のシンボル的建築物。広報展示室には、税関の役割や歴史を紹介したパネルや、密輸の手口、コピー商品、ワシントン条約該当物品などを展示している。ブランド品の本物とコピー品を見分ける鑑定にも挑戦できる。毎年11月の「オープンカスタムス」では、普段は非公開の元貴賓室を公開し、屋上を開放するほか様々なイベントが行われる。

    三宮駅から歩いてフラワーロードを20分くらいのところにあります。神戸税関の前身は、慶応3年12月7日(1868年1月1日)は、徳川幕府によって開設された兵庫運上所。現在は二代目庁舎の姿をそのまま引継ぎ平成11年3月に落成しました。

  • 兵庫県公館
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    暮らし/生活/病院
    兵庫県神戸市中央区下山手通4-4-1
    元兵庫県庁舎。明治35年(1902)に建てられ、昭和60年(1985)からは県の迎賓館として使用されている。壮麗なバロック様式の建物で、国の登録有形文化財に登録されている。館全体が美術館、資料館としての役割を担っており、洋画家小磯良平、金山平三、東山魁夷、横尾忠則らの作品が飾られている。県政資料館部門は月曜から土曜まで公開。迎賓館部門は毎週土曜日のみ公開されている。

    県庁に用事があって, 立ち寄りました。迎賓館部門と県政資料館部門があります。迎賓館部門は土曜日のみの開館のようです。産業や文化, 復興・防災や国際交流などの展示がありました。ほとんど入館者はおられませんでした。建物は, 登録有形文化財です。屋上庭園もあります。今度は, 土曜日に訪問しようと思います。入場は無料です。

  • 洋館長屋
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町2-3-18
    兵庫県神戸市中央区にある異人館で、明治41年(1908)に外国人向けアパートとして旧居留地に建設され、後に移築されたもの。2軒の洋館が左右対称に連結したユニークな建物で、その外観から「洋館長屋」と呼ばれるようになった。館内はフランスの調度品や美術品で統一され、アール・ヌーヴォーの作家エミール・ガレやドーム兄弟の作品やシャガールらの絵画が展示されている。人気ブランド「ルイ・ヴィトン」の初期に作られたトランクも必見。

    周遊バスで北野異人館バス停で下車。洋館長屋のチケット売り場で三館セットチケット購入。まず、こちらの洋館長屋に。シェードにトンボが見えるガレ風のランプが異彩を放っている。中世の欧風家具があちこちの部屋に。二階では、原色の部屋がいくつかある。白いバスタブに赤いバラがぶら下がっている。奇妙でもあり、一種の不気味さも感じる。モノクロの部屋も興味深い。時間の感覚がなくなりそうだ。

  • 英国館
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町2-3-16
    イギリス人により設計され、イギリス人の医師・フデセック氏の自宅として建築された異人館。美しいベランダのある典型的なコロニアル様式の建物で、館内には17世紀から19世紀の格調高い調度品が置かれ、名探偵シャーロック・ホームズの下宿を再現した部屋がある。美しいイングリッシュガーデンも見どころで、ロンドンの地下鉄「ベーカーストリート駅」を再現したスポットも必見。夜には世界の名酒が楽しめるイングリッシュパブになる。
  • 香りの家 オランダ館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区北野町2-15-10
    ひょうごの近代住宅100選にも選ばれた建築物。長い間オランダ王国総領事邸として使われ、その後、I.S.ウォルセン氏が住んでいたものを昭和62年(1987)より一般公開した、大正中期・寄棟造りの2階建て木造建築。前庭は花の国オランダにちなんだチューリップや四季折々の花々で彩られている。

    異人館の1つであるオランダ館です。 中には入りませんでしたが、 建物の造りが古く無く、屋根も含めて新しい造りとなっています。 観る価値ナシです。

  • 聚遠亭
    旅行/観光
    兵庫県たつの市龍野町中霞城6
    龍野公園内にある歴史的建造物。茶室、楽庵、御涼所の三軒を合わせて指し、聚遠亭という名称は前庭からの景色が絶景であることからつけられた。淡路島や瀬戸内海に浮かぶ島々を眺望できる。また、紅葉の名所としても知られる。茶室は龍野藩主である脇坂安宅公が孝明天皇より賜ったものを浮堂として移築したと伝えられており、建物自体も数寄屋風で心字池や庭園と調和した見事なものとなっている。池のほとりには詩碑や句碑も。茶席が設けられることもある。
  • 大正ロマン館
    旅行/観光
    兵庫県篠山市北新町97
    丹波篠山市北新町にある土産物販売店・レストラン。大正12年(1923)建築の旧篠山町役場の建物を保存利用した施設で、丹波篠山の特産品を使った土産物の売店と催事コーナー、「黒豆ソフトクリーム」などを提供するカフェも併設。レストランでは地元の特産を活かした洋食メニューや定食、また「黒豆のジュース」などが味わえる。
  • 神戸商船三井ビルディング
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区海岸通5
    100年以上前に建設されたオフィスビル。旧居留地銀行ビル群のひとつとして、近代化産業遺産に指定されている。地下一階、地上七階の建設当時、最新鋭の高層ビルであった。アメリカルネサンス様式の、石造りの建物デザインはエリアのシンボルとして有名。館内は現在もオフィスビルとして機能しているが、オフィスエリア以外の廊下やトイレは自由に見学して回ることができる。季節ごとにライトアップイベントを行っている。
  • シップ神戸海岸ビル
    旅行/観光
    兵庫県神戸市中央区海岸通3
    兵庫県神戸市中央区海岸通に建つオフィスビル。大正7年(1918)に旧三井物産神戸支店として建てられた。石造りのモダンな建物だったが、阪神淡路大震災で被災し全壊。外壁の御影石を回収、保存し新たに建てられた高層ビルの外壁として再利用した。そのため、レトロな石造りの建物の中央から、ガラス張りの高層ビルエリアがそびえる独特なデザインになっている。内部は現在もオフィスビルとして利用されている。
  • 谷崎潤一郎旧邸「倚松庵」
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県神戸市東灘区住吉東町1-6-50
    昭和11年から昭和18年(1936-1943)までの7年間、文豪・谷崎潤一郎が暮らした旧邸。庵内に著書や参考文献等を集めた「谷崎文庫」を併設している。松子夫人やその妹たちと暮らした屋敷は同氏の代表作「細雪」の舞台となった地だ。作中ではここで過ごした生活が等身大で書かれており、家に入ると作品の世界が目に浮かぶ。移築20周年を機に設置された書庫では谷崎潤一郎直筆の作品も展示されている。

    細雪を読み始めた頃にこちらに訪問したので、後も読み進める間、具体的に風景をイメージ出来て感慨深いものがありました。一階には関係書籍も揃っていたり、当時の写真なども飾っています。

  • 化粧櫓
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県姫路市本町68
    姫路城大手門前停留所から徒歩で約5分。姫路城内西の丸から門を抜け大天守へと向かう手前にある櫓で、千姫の休息所として使われていた建物。そのことから、この名称や化粧の間と呼ばれるようになったとされる。桃山風書院造りとなっていて、天守と同じ白漆喰の壁に部屋の間を襖で仕切るなど、非常に過ごしやすい空間になっていた。千姫の化粧料を使い、彼女の為に城主の忠刻が建てたという。

    姫路城のチケットを買って中に入ると、正面が天守、左が西の丸、と道が分かれています。天守に早く行きたい気持ちを抑えて西の丸へ行くと、そこからの天守閣の眺めに感激。長い櫓ごしに天守が見えるこの西の丸からの眺めはお勧めです。

  • 旧坂越浦会所
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県赤穂市坂越1334
    山陽自動車道・赤穂ICから東へ15分ほど走った先にある史跡。坂越港と千種川とを結ぶ中心通りを下りきった場所にかつて会所や藩主専用の休憩所として使われていた屋敷が佇んでいる。2Fにある「観海楼」と呼ばれる部屋は藩主専用に使われていた部屋。一段低くなった小部屋の窓越しに美しい坂越港を眺めることができる。天保2年-3年(1831-1832)に行政や商業などの事務をとるための村会所として建築された建物だ。明治時代までは赤穂藩の茶屋としての役目も果たしていた屋敷は、平成4年(1992)に赤穂市有形文化財に指定されている。

    坂越の人々が集まって、ここで取り決めをしたそうです(復元した建物ですが)。今は目の前は公園になっていますが、当時は目の前が海だったそうです。現在は無料休息所です。

  • 永富家住宅
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県たつの市揖保川町新在家337
    たつの市揖保川町にある国の重要文化財指定の建造物。龍野藩の豪農・永富家の住宅で、文政2年から5年(1819-1822)にかけて建築された厨子(つし)二階、本瓦葺の主屋を中心とした8棟の建物が保存されている。

    永富家は大富豪の庄屋をしていて藩の財政を助けるほどでした。 そのため殿様が何度か立ち寄ったこともあり、殿様の部屋である上段の間があるので驚きです。 当然名字帯刀を許された家柄です。

兵庫の主要エリア

around-area-map

国際的な港町として有名な神戸市が県庁所在地の兵庫県。海だけでなく、山にも囲まれている自然豊かな県です。 羽田空港から神戸空港までは飛行機で約1時間、新幹線を利用しても東京から約3時間でアクセス可能です。 兵庫県には、観光客の多くトレンドを楽しめる神戸や、宝塚や伊丹のある阪神方面が人気ですが、姫路城と城下町を係る姫路・赤穂・播磨エリアや、花の島で有名な「淡路」など歴史や自然を楽しむことができるエリアもたくさんあります。神戸の100万ドルの夜景はもちろん、日本最古の温泉・有馬温泉、世界最長の吊橋・明石海峡大橋など、兵庫県内には観光スポットが多く存在するのです。 鉄道やバスも整備されていますが、レンタカーを借りてドライブしながらの観光もおすすめ。せっかく兵庫県を訪れたなら、姫路おでんや淡路牛ステーキなど、ここでしか食べられないご当地グルメを楽しみましょう。

兵庫の写真集

目的から探す