NAVITIME Travel

愛知の歴史的建造物スポット一覧

  • 名古屋城
    rating-image
    4.0
    3212件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県名古屋市中区本丸1-1
    慶長17年(1612)、徳川家康の九男・義直の居城として築かれたのが名古屋城である。金のシャチが特長的な大天守閣と小天守閣は昭和20年(1945)の名古屋空襲で焼失したが、1959年に再建された。大天守閣には重要文化財の障壁画・歴史資料が展示されており、その他にも「実物大金鯱模型」を見学したり、石引きや駕篭乗りを体験することができる。日本100名城に選定、国の特別史跡にも指定されている。

    紅葉がとても綺麗でした。ですが現在は天守は入れなかったです。櫓は木造で昔の雰囲気がとても出ていました。掘りには鹿が一匹いました。

  • 国宝 犬山城
    rating-image
    4.5
    926件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県犬山市大字犬山字北古券65-2
    室馬時代である天文6年(1537)、織田信長の叔父・信康によって創建された「犬山城」は、現存する日本最古の木造天守であり、「現存天守12城」の一つである。望楼型の天守最上階から見下ろす木曽川、岐阜城、そして名古屋の街はまさに絶景。殿様になった気分を味わえることだろう。昭和27年(1952)、文化財保護法に基づき国宝に指定された。

    天守閣の中は急な階段ばかりですので足腰が弱い方は無理かもしれません(松本城 彦根城より勾配階段)、上がるととても眺めが良いですが。

  • 日本庭園 有楽苑
    rating-image
    4.5
    96件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県犬山市御門先1
    犬山城の東にある日本庭園「有楽苑」には、国宝に指定された「如庵」という茶室がある。茶の湯の創世期、尾張の大茶匠・織田有楽斎が建てた茶室であり、現存する国宝茶席三名席の一つだ。この他にも有楽苑内にはいくつかの茶室があり、古図をもとに復元された元庵や、広間のある弘庵、広芝生などでお茶をいただくこともできる。

    値段の割には高いと思いました。 ホテルの敷地内に有ったので行ってみましたが、一回りするのに20分もかからなっかったと思います。 お庭はキチンと手入れされていましたが、高いお金を払って見る価値があったかなと思いました。

  • 聖ザビエル天主堂
    旅行/観光
    愛知県犬山市内山1 博物館明治村内
    明治23年(1890)、日本にキリスト教を伝えた宣教師フランシスコ・ザビエルを記念して造られた白亜の外壁が印象的な教会である。典型的なゴシック建築によるカトリック教会堂であり、正面には直径3.6mを超える大きな薔薇窓がある。教会内を彩る、色どり豊かで繊細な造りのステンドグラスは必見だ。
  • 旧近衛邸
    旅行/観光
    愛知県西尾市錦城町231-1 西尾市歴史公園内
    西尾城の一部を復元して作られた西尾市歴史公園内にある、茶の湯文化を伝える京都の公家・近衛家の邸宅の一部を移築したもの。書院と茶室からなる建物は、江戸時代後期、島津斉彬の姫が近衛忠房に嫁いだ縁で島津家によって建設された。瀟洒な花釘や花明窓などが用いられており、公家の茶の湯にふさわしい品格を感じさせる。書院では、季節の和菓子とセットになったお抹茶のサービスが行われており、縁側から望む美しい庭園を眺めながら、ゆったりとした時間が味わえる。
  • 名古屋市役所本庁舎
    旅行/観光
    愛知県名古屋市中区三の丸3-1-1
    名古屋市中区三の丸3丁目にある歴史的建造物。現在使用されている3代目の庁舎は昭和8年(1933年)に昭和天皇御大典事業の一環として建設されたもので、西洋風の建物に日本の瓦屋根を組み合わせた外観が特徴。中央には高さ約50mの時計塔が設置されており、国の重要文化財にも指定されている。
  • 文化のみち百花百草
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県名古屋市東区白壁4-91
    名古屋市東区白壁4丁目の白壁筋沿いにある伝統的建造物。大正9年(1920年)建築の書院・茶室・土蔵を改修し、多目的ホールを新たに加えて開館した。館内ではセルフサービスでコーヒーやお茶を飲めるほか、ピアノ演奏を楽しむことも可能だ。また、徳川美術館に所蔵されている「百花百草図屏風」にちなんだ庭園を併設している。

    訪問時は花の季節ではなかったので残念でしたが、重要文化財百花百草図屏風にちなんだ庭園がありました。入園料が500円かかりますが、ホールからはお茶を飲みながら庭園を眺められます。文化のみちの散策の途中に休憩がてら立ち寄られるといいと思います。

  • 七里の渡し
    旅行/観光
    愛知県名古屋市熱田区神戸町
    名古屋市熱田区神戸町にある史跡。東海道の41番目の宿場「宮宿」として栄えた場所で、42番目の「桑名宿」まで七里の距離を船で渡らなければならなかったことからこう呼ばれた。現在は一帯が「宮の渡し公園」として整備され、船着き場の遺構には常夜燈や鐘などが復元されるなど江戸時代の様子が再現されている。
  • 旧磯部家住宅
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県犬山市大字犬山字東古券72
    主屋・裏座敷・土蔵・奥土蔵・展示蔵の5棟から成る建物が、いずれも国の登録有形文化財となっている「旧磯部家住宅復原施設」は、平成16年(2004)に磯部家より取得し市の施設になった。江戸時代から「柏屋」の屋号で呉服商を営み、その後製茶・販売業に転じた歴史ある建物は見どころ満載だ。名鉄小牧線「犬山駅」から徒歩約10分。

    153年前、江戸時代の呉服屋さん跡、縦に長く、中庭もあり明るく広々とした敷地内に 明治8年建築の立派な蔵は修理されながらも趣きあり、素晴らしい!

  • 揚輝荘
    旅行/観光
    愛知県名古屋市千種区法王町2-5-17
    約1万坪に及ぶ広大な敷地に地形や周囲の自然を活かして造られた、名古屋の近代における郊外別荘の代表作が「楊輝荘」だ。大正から昭和にかけて(株)松阪屋の初代社長 伊藤次郎左衛門祐民によって構築されたもので5棟の文化財と庭園が残されている。かつての迎賓館や社交場としての華やぎと名古屋の歴史を感じられる場所だ。地下鉄東山線「覚王山駅」より徒歩約10分。
  • 登窯(陶榮窯)
    旅行/観光
    愛知県常滑市栄町6-208
    日本六古窯のひとつ「常滑窯」として有名な愛知県常滑市にある登窯で、明治20年(1887)頃に築かれたもの。国内に現存する登窯の中でも最大級の規模を誇り、昭和49年(1974)まで実際に使用されていた。国の重要有形民俗文化財。傾斜地に8つの焼成室が連なり、空に向かってそびえる10本の煙突が特徴的。窯の内部は一般公開されている。隣接の「展示工房館」では、常滑焼に関する資料が見られるほか、絵付け体験にも参加できる。
  • 旧本多忠次邸
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県岡崎市欠町足延40-1
    子爵家の次男・本多忠次が昭和7年(1932)に建てた住宅と壁泉の一部を、愛知県岡崎市欠町に移築・復原したもの。忠次は、かつて「徳川四天王」のひとりと言われた武将・本多忠勝を始祖とする旧岡崎藩主・本多家の子孫であり、当時最先端の学問領域で学んだ人物である。当時流行していたスパニッシュ様式を基調とした木造の洋館で、内部にはモダンな洋室と純和風の日本間の両方を配している。調度品やステンドグラス、モザイクタイルなど見どころが多い。年に数回、企画展示も開催。

    旧岡崎藩主本多家の末裔にあたる本多忠次が、昭和7年に世田谷に建てた邸宅を移築したもの。 一見洒落た洋館ですが、外から見た印象ほど内部のインパクトはなし。もしかしたら、本多忠次のセンスもイマイチだったかもしれません。一方で、展示は岡崎城主だった本多家の関係です。

  • 旧豊田佐助邸
    rating-image
    3.5
    32件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県名古屋市東区主税町3-8
    地下鉄桜通線、高岳駅より徒歩15分のところにある、大正12年(1923)建築の豊田佐助の旧邸宅。佐助は発明王・豊田佐吉の弟で、兄を支えた実業家。白いタイル張りの木造の洋館と木造2階建ての和館で構成され、大正時代の建築様式を今に伝えている。洋館の1階には、蓮の蕾の形の照明や吊元の装飾、鶴亀にトヨダの文字をデザインした換気口などが見られる。毎週、火、木、土曜日にはボランティアの建物ガイドも実施されている。

    時代を感じる館でした。こんな素晴らしいのが対象時代に建てられたとはすごいな。中に入るのはタダです。リヴィングにある通気口がすごかった。

  • 旧中埜半六邸
    旅行/観光
    愛知県半田市中村町1-7
    中埜半六の別邸として建てられた、ハーフティンバー様式の洋風建築で、国の重要文化財にも選ばれている。毎月、庭園などで蔵の市が開催されており、地元の人々や観光客の交流の場として多く利用されている。
  • 廻船問屋瀧田家
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県常滑市栄町4-75
    愛知県常滑市にある大型民家。常滑市の指定有形文化財に指定されており、1856年頃に建てられた瀧田家の屋敷を復元したもの。主家・離れ・倉庫等が公開されている。また屋敷内では生活道具や廻船に関連する資料が展示されており、愛知県内では珍しい廻船問屋の展示施設となっている。

    常滑さんぽ道に位置しており、常滑を代表する廻船主のひとりが瀧田家です。 常滑の船は、伊勢湾周辺の地域と江戸方面を結んでいました。

  • 松重閘門(松重閘門公園)
    旅行/観光
    愛知県名古屋市中川区山王1丁目、西日置町、松重町
    名古屋の幹線輸送路だった堀川と中川運河を結んでいた水門。東洋一ともいわれた建築美は本来の役目を終えた今も健在。夜にはライトアップされる。付近は松重閘門公園として整備されている。
  • イタリア アルベロベッロの家
    旅行/観光
    愛知県犬山市今井成沢90-48 リトルワールド内
    野外民族博物館リトルワールドに展示された家屋。イタリア半島南部プーリア州郊外の農家の家屋を再現。トゥルッリとよばれる建物は、すべて平たい石灰岩を積み重ねて作られている。グルメや民族衣装の試着も楽しめる。
  • ドイツ バイエルン州の村
    旅行/観光
    愛知県犬山市今井成沢90-48 リトルワールド内
    野外民族博物館リトルワールドに展示された家屋。ドイツ南部、ガルミッシュ・パルテンキルヘン周辺の情景を再現している。フレスコ画が描かれた民家やバロック初期の建築様式の礼拝堂が立ち、ショッピングやグルメ、民族衣装の試着も楽しめる。
  • インド ケララ州の村
    旅行/観光
    愛知県犬山市今井成沢90-48 リトルワールド内
    野外民族博物館リトルワールドに展示された家屋。水田やココヤシに囲まれた、南インドのケララ州にある村がモデル。地主のナヤール・カーストの家を復元している。ショッピングやグルメ、民族衣装の試着も楽しめる。
  • インドネシア トバ バタックの家
    旅行/観光
    愛知県犬山市今井成沢90-48 リトルワールド内
    野外民族博物館リトルワールドに展示された家屋。スマトラ島北部の家屋を移築。両端がするどくそり上がった屋根が印象的。家は三層に分かれ、床下に水牛、高床に人間、屋根裏には神が住むとされる。

愛知の主要エリア

around-area-map

中部地方最大の人口を擁する名古屋市が県庁所在地の愛知県。 新幹線、電車、飛行機、高速道路、高速船とあらゆる交通機関が整っており、JR東海道新幹線を利用すれば、大阪からは約50分、東京からも約1時間40分で到着します。 名古屋駅前の繁華街はショッピングなどを楽しむ地元の人、観光客で賑わっています。トヨタ産業技術記念館や名古屋港シートレインランドなど博物館・レジャー施設の多く、楽しみ方はさまざま。 また、愛知県というと名古屋のイメージが強いですが、海も山も史跡もグルメも楽しめるスポットがたくさんあります。犬山城や小牧城、明治村など歴史的建造物を満喫することができるのも愛知県観光の魅力。安城産業文化公園デンパークや三河高原キャンプ村など自然豊かなエリアも数多くあります。 県内は電車やバスなどの交通機関が充実しているので、県内をぐるっと巡るのもおすすめです。 個性的なご当地グルメも愛知県を訪れたい理由の一つ。ひつまぶしやみそカツ、台湾ラーメン、おきつねバーガーなどたくさんのグルメがあります。名古屋なら喫茶店のモーニングもおすすめです。

愛知の写真集

目的から探す