NAVITIME Travel

福井の歴史的建造物スポット一覧

  • 越前大野城
    rating-image
    4.0
    101件の口コミ
    旅行/観光
    福井県大野市城町3-109
    織田信長の家臣・金森長近が築城した越前大野城は、近年「天空の城 越前大野城」とも呼ばれている。四方を山で囲まれた大野盆地。その中心部の亀山にそびえ立つ城が、麓の城下町が雲海に包まれると、まるで天に浮かんでいるように見えるためだ。10月から4月末頃が雲海が発生する時期といわれ、特に11月頃が最も可能性が高い。越前大野城の西にある、犬山から見るのがおすすめだ。

    レンタカーで福井駅前から約1時間。無料駐車場あり。「天空の城」とまではいかなかったが、あたりは低い雲が垂れ込めその雰囲気がありました。 当日は入館料無料(通常200円)で入れた。武具や大名の装い、4Fの展望室など見どころ満載で楽しめました。

  • 敦賀赤レンガ倉庫
    rating-image
    3.5
    71件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市金ケ崎町4-1
    明治38年(1905)に外国人技師により設計され、平成21年(2009)に北棟・南棟・煉瓦塀が国の登録有形文化財に登録された「敦賀赤レンガ倉庫」は、港の風と緑を感じながらノスタルジーと出会える場所だ。ジオラマ館では敦賀の歴史を、レストラン館では敦賀の山海の幸をおしゃれに、オープンガーデンでは海風を感じながらの散策が楽しめる。北陸自動車道「敦賀IC」より車で7分。

    昔から有る倉庫は赤レンガ倉庫が多いですね。 昔は石油の倉庫と聞きました。 中には敦賀港の大きなジオラマが有り模型の電車・ バス・船が動いてます。 2階からも全体が見れて良いですね。

  • 坪川家住宅(千古の家)
    旅行/観光
    福井県坂井市丸岡町上竹田30-11
    坂井市丸岡町上竹田にある歴史的建造物。中世末から江戸初期に建てられたと考えられる県内でも最古の民家で、当時の地方豪族の生活様式を伺い知れる貴重な建築として国の重要文化財に指定されている。内部の観覧ができるほか、囲炉裏を利用した予約制のカフェも営業している。
  • 旧森田銀行本店
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    旅行/観光
    福井県坂井市三国町南本町3-3-26
    坂井市三国町南本町3丁目にある歴史的建造物。廻船業で財を成した地元の豪商・森田家が設立した銀行の本店として大正9年(1920)に建設された。県内に残る最古の鉄筋コンクリート建築で、国の有形文化財に登録されている。

    大正時代よりこの街のシンボルとして、目立っていたようです。この街にこの建物は素敵です。中に入って天井の漆装飾は感動モノでした。

  • 旧岸名家
    旅行/観光
    福井県坂井市三国町北本町4-6-54
    坂井市三国町北本町4丁目にある歴史的建造物。江戸から明治初期にかけて日本海での「北前船」を使った交易の港町として栄え、九頭竜川を運ばれる物資の集散地でもあった三国湊で代々材木商を営んだ岸名家の住宅で、国の有形文化財に登録されている。一般公開されており、建物内部では資料展示も行われている。
  • 旧瓜生家住宅
    旅行/観光
    福井県鯖江市水落町4-7
    鯖江市水落町4丁目にある歴史的建造物。隣接する神明社の宮司を代々務めてきた瓜生家の住宅で、17世紀末から18世紀初頭の元禄年間に建築された。県内に現存する最古の民家で、国の重要文化財にも指定されている。
  • 熊川番所
    旅行/観光
    福井県三方上中郡若狭町熊川18-2
    三方上中郡若狭町熊川にある歴史的建造物。重要伝統的建造物群保存地区に指定されている若狭町熊川宿内に位置する。宿場町の番所として利用されていた建物を復元整備したもので、役人の人形や番所で使われた道具などの資料展示を行っている。
  • 武家屋敷旧内山家
    旅行/観光
    福井県大野市城町10-7
    大野市城町にある歴史的建造物。内山家は江戸時代末期に行われた大野藩の藩政改革に尽力した内山七郎右衛門良休と隆佐良隆の兄弟を輩出した家柄として知られる。屋敷は2人の死後、明治15年(1882)頃に建てられたもので、国の有形文化財に登録されている。4月から5月と、9月から10月には土日祝日に呈茶が行われ、屋敷の庭園を眺めながら抹茶を味わえる。
  • 福井市おさごえ民家園
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    福井県福井市月見5-4-48
    市の南西部、兎越山[おさごえやま]の麓にある緑に囲まれた古民家園。3700平方メートルの敷地には、江戸時代に建てられた古民家等6棟のほか、土蔵・灰小屋・外便所などを移築・復原。市指定文化財となっている。3棟の民家は越前中部や大野盆地に広く分布していた妻入りで、土間と台所(居間)を十文字の太い梁で一つの空間とする越前地方特有の型だ。家の中には家具や生活用品が置かれ、当時の人々の暮らしぶりが見てとれる。

    おさごえ民家園の入り口まで着きませんでした。足羽山の階段も登らなあかんから、大体10分ぐらい。それやし車いすの方とかは先に下してもらった方がいいと思います。茅葺き屋根の民家は昔の生活感そのままでした。着物で撮影してはる人もいました。

  • 復原町並
    旅行/観光
    福井県福井市城戸ノ内町28-37
    戦国時代、朝倉氏が越前を支配していたころの、城下町跡。朝倉氏に使える、重臣たちの住んでいた武家屋敷が立体的に復元されている。一条谷朝倉氏遺跡の一部。国の特別史跡に指定されている。発掘された基礎石や土台をそのまま使って復元された、当時の暮らしを伝える家は趣があり、たびたびCMのロケ地として利用されている。敷地内に着物の着付け体験スポットがあり、着物を着て街並みを歩くことができる。
  • 丸岡城(霞ヶ城)
    rating-image
    4.0
    298件の口コミ
    旅行/観光
    福井県坂井市丸岡町霞町1-59
    天正4年(1576)に柴田勝家の甥・勝豊が築いた平山城で、福井県坂井市丸岡町にある。現在は2重3層の望楼型天守閣のみが残り、昭和25年(1950)に国の重要文化財の指定を受けた。現存する天守閣の中では日本最古。周辺は「霞ヶ城公園」として整備され、約400本の桜が植えられている。桜の季節にはライトアップイベントが行われ、花に囲まれた中に天守がそびえる幻想的な光景を見ることができる。

    国内で12箇所しか天守閣が現存されておらず、その1つに丸岡城が入っていて、さらに最後ということを聞いていたので、永平寺から三国港に行く途中に立ち寄りました。 現存する建造物がゆえ、天守閣内の階段が急であることが、さらにリアル感を増しました。 歴史を感じる場所ですね。

  • 一般社団法人 朝倉氏遺跡保存協会
    旅行/観光
    福井県福井市城戸ノ内町28-37
  • 樺八幡神社 古拝殿
    旅行/観光
    福井県福井市中手町20-27
  • 敦賀倉庫群
    旅行/観光
    福井県敦賀市桜町
  • 蔵の辻
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市蓬莱町4-17

    バーなどの酒場が3-5件あり、昔の倉のイメージした、雰囲気の良い通りです。 夜のお店は月曜日定休が多いので注意が必要です。

福井の主要エリア

around-area-map

日本海と面した自然豊かな福井県は県内の空港に定期路線がなく、電車でのアクセスが基本となります。東京からは約3時間30分で到着します。 福井の定番観光スポットと言えば、日本の名勝にも指定されている「東尋坊」です。ここは、日本海に突き出した断崖絶壁になっており、その高さは25mもあります。また、近くには明治に開業した「あわら温泉」があり、のんびり温泉に入りたい方にはおすすめのスポットです。また、福井市には国の特別名勝にも指定されている「一乗谷朝倉氏遺跡」があります。戦国時代の風景がそのまま保存された遺跡で、当時の町並みをリアルに感じ取れる観光スポットです。福井県には他にも文化財が数多くありますので、史跡をめぐる旅もノスタルジックを感じて楽しめるでしょう。 グルメでは、県内で水揚げされる越前ガニが有名で、それを使ったカニ料理は絶品です。他にも越前そば、鯖寿司なども有名です。

福井の写真集

目的から探す