岡山のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 語らい座 大原本邸
    rating-image
    4.0
    45件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県倉敷市中央1-2-1
    JR「倉敷駅」から徒歩約15分。倉敷美観地区、大原美術館の正面にある国指定重要文化財「旧大原家住宅」を利用した施設。旧大原家住宅は江戸時代後期の建造物で、美術館の創設者である大原孫三郎を始めとする大原家の人々が実際に暮らしてきた屋敷。石畳に連なる倉や日本庭園が見える離れ座敷など、どこでも自由に見学できる。邸内には「ふりそそぐ言葉」などの大原家に関する独創的な展示の他、大原家の蔵書に囲まれたカフェもある。

    大原美術館を出て今橋を渡ると目の前でした。大原家の旧宅がよく保存されています。大原家の歴史が古文書のような資料からが展示されていました。中の庭がきれいに整備されていました。

  • 西江邸
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町坂本1604
    中国道新見ICから車で約25分。江戸繁栄期の趣を今に残す、貴重な歴史的文化建造物。江戸時代に入り天領地となった西江家は、1705年に群中惣代庄屋として代官御用所となり、明治以降もその姿をそのまま今に残している。その後、ベンガラの製造に着手、赤絵付け顔料のベンガラ製造に成功したと伝えられる。ローハベンガラの斬新なフォルム、新鮮な色、オリジナルのデザインを300年の時を経て堪能することができるほか、ベンガラ染体験もあり。

    工場制手工業による分業で、世界で初めてベンガラの紅を量産に成功したのが西江邸ほかの三軒。これがまさに柿右衛門赤に繋がり古伊万里の世界進出に繋がったわけです。未だに世界でも群を抜く部品産業の厚みの源流を今日見て鳥肌が立ちました。これがなかったら古伊万里もここまで欧州でもてはやされず。印象派もなかったかもです。こういう背景を聞くと行ってよかったと思います。高梁といっても新見からバスの方が便利です。

  • 高梁市武家屋敷・旧折井家
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県高梁市石火矢町23-2
    JR備中高梁駅から徒歩約15分。落ち着いた佇まいを見せる旧武家屋敷が立ち並ぶ石火矢町、備中松山城下三の丸跡にある武家屋敷で、高梁市の指定重要文化財となっている。天保年間に建てられた漆喰壁の美しい武家屋敷で、格式のある書院造りの母屋、中庭の池や庭石など、ほぼ昔のままの姿で残されている。白い漆喰壁と太い柱の長屋門が美しい。武具や生活用品が展示されており、当時の生活を偲ぶ事ができる。

    備中松山城でこの施設も入場可能なセットの入場券を購入しました。お城登城のあとで食事をしてその後できました。武家屋敷地域にある無料の駐車場が使えました。保存状態がよく展示もよいと思いました。旧折井家のほうにはあいさつをする人形があるのですが、ややどっきり的でこれはなくてもよいかなと思いました。

  • 倉敷市旧柚木家住宅(西爽亭)
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県倉敷市玉島3-8-25
    山陽自動車道「玉島IC」から車で約15分。備中松山藩主に諸役として仕えた柚木家の屋敷で、国登録の有形文化財。江戸中期の建築とされ、藩主の御座所としても使われていた。薬医門(御成門)、式台付玄関、数奇屋風書院等から成り、江戸中期の庄屋建築の遺構をよく残している。藩老熊田恰(くまたあたか)が、幕末に朝敵となった藩の全責任を一身に負い自刃した屋敷でもある。旧主屋部分は改修され、生涯学習施設として利用されている。

    とても静かで落ち着いた場所です。 釘隠しが、兎の形をしていて岐阜の高山陣屋のものととてもにていました。備中松山藩主の小堀遠州になにかゆかりがあるのでしょうか。

  • 有隣荘
    旅行/観光
    岡山県倉敷市中央1-3-18
    実業家の大原孫三郎が病弱な妻のために建てた昭和3年(1928)築の邸宅で、岡山県倉敷市の美観地区にある。泉州堺の職人に特注した緑色の瓦屋根が目を引く建物で、和洋中の要素を組み合わせたユニークな建築意匠が特徴。設計からデザイン、作庭には、大原美術館などを設計した薬師寺主計、明治神宮などの造営で有名な伊藤忠太、洋画家の児島虎次郎、数々の名庭を手掛けた七代小川治兵衞が携わった。邸内は春と秋の年2回、一般公開が行われる。
  • 旧片山家住宅
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町吹屋
    ベンガラの製造と販売で財を成した片山家の屋敷である。弁柄蔵では人形を用いて当時の弁柄製造の様子を再現しており、興味深い。平成18年(2006)、国の重要文化財に指定された。
  • 武蔵の里
    旅行/観光
    岡山県美作市宮本
    美作市宮本周辺の地域は剣豪・宮本武蔵の故郷として知られており、宮本武蔵の生家や墓のほか、宮本武蔵像や武蔵神社、関連資料を展示する資料館、またローカル線の智頭急行智頭線「宮本武蔵駅」など、宮本武蔵に関係するスポットが多い。
  • 旧足守商家藤田千年治邸
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区足守916
    岡山市の足守歴史ふれあい通りに位置する、江戸時代末期に建てられた商家。入母屋二階造りの漆喰塗りという造りからは当時の足守商人の暮らしぶりを伺い知ることができる。持ち主だった藤田千年治は足守で醤油製造業を初めて行った人物。邸宅内には醤油仕込み樽や搾り機など、機械化される以前に使用されていた醤油製造の道具や帳簿などを展示している。見学料も無料なのでぶらり旅の行先としても足を運びやすい。
  • 笹畝坑道
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町吹屋1987
    中国自動車道新見ICから車で約40分。吹き矢ふるさと村の中にあり、江戸時代から対象時代まで創業した銅山を復元したもので、坑内が見学できるようになっている。天然のエアコンが効いており、一年を通して15度前後。明治以降三菱金属が経営し、日本三大鉱山の一つとなった。現在でも、当時のベンガラ館や旧片山家などをはじめとした古い街並みが残されている。吹屋の町並みや、窯元の屋敷など、この山の中で美しい街が栄えた歴史をたどることができる。
  • 燈籠堂
    旅行/観光
    岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2582
    岡山ブルーライン「邑久IC」から車で約15分。瀬戸内海を航行する船舶が多くなった江戸時代に建設された夜間標識。備前藩主・池田綱政の命によって建設されたもので、牛窓湊に寄港する船の航路である唐琴の瀬戸に面して建っている。明治維新後に割石積みの基壇を除いて取り壊されたが、昭和63年(1988)に江戸時代の絵図から推定復元された。同時期に建設された四か所の燈籠堂のうち、残されているのは牛窓と大漂の二か所のみとなっている。
  • 街角ミュゼ牛窓文化館
    旅行/観光
    岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2835-1
    岡山ブルーライン「邑久IC」から車で約15分。大正4年(1915)に旧牛窓銀行本店として建てられた、国の登録有形文化財。昭和55年(1980)まで牛窓支店として使われ、現在は文化館として利用されている。外壁は赤煉瓦、基礎と窓面台には花崗岩が使われ、赤と白のコントラストが目を引く和洋折衷の擬洋風建築。内部にはかつての牛窓を写した古い写真や、伝統行事「ししこま」に関する資料などが展示され、自由に見学することができる。
  • 熊山遺跡
    旅行/観光
    岡山県赤磐市奥吉原1521
    山陽自動車道「和気IC」から車で約30分。古来より信仰の対象とされていた、標高508.6mの熊山山頂にある石積み遺構。ピラミッドに似た幾何学的構図で、3段からなる石積みの初段は一辺が長さ約7.8m。二段目の各面の中央には「龕(がん)」と呼ばれる仏像などを納める厨子と思われる四角い横穴が開けられている。他に類例の少ない特殊な遺構で、奈良時代の仏塔の一種と考えられている。熊山山頂へは登山コースもあり、歩いて登ることもできる。
  • 備中国分尼寺跡
    旅行/観光
    岡山県総社市上林
    岡山自動車道「岡山総社IC」から車で約10分。鎮護国家の考えの下に、聖武天皇の命で造られた国分尼寺の跡。約700m西にある国分寺と同時期、8世紀中頃の創建と考えられるが、こちらは短期間で廃棄されたものと推定される。寺域は東西約108m、南北約216mの長方形で、南門、中門、金堂、講堂が一直線上に並んでいた。現在は赤松林の中に金堂などの建物の礎石や円形の柱座などが残されている他、南大門、中門、講堂、塔の跡も確認されている。
  • 高松城水攻め史跡公園
    遊ぶ/趣味
    岡山県岡山市北区立田
  • 大多府島
    旅行/観光
    岡山県備前市日生町日生大多府島
    日生諸島最南端の島で、江戸時代に池田藩の番所が置かれた。国の文化建造物に指定された元禄防波堤、御用船に飲水を提供した六角大井戸、昭和61年(1986)に復元された燈籠堂などの史跡が残る。南海岸の遊歩道には勘三郎洞窟などの洞窟や奇岩が続く。
  • 鼻ぐり塚
    旅行/観光
    岡山県岡山市北区吉備津795
    宗教法人福田海本部の境内にあり、全国から送られてくる牛の鼻輪約700万個を積み上げた供養塚。馬頭観音を本尊に、家畜全般の供養をしている。毎年4月の第3日曜には畜魂祭が行われる。
  • 作山古墳
    旅行/観光
    岡山県総社市三須
    全国10位、岡山県下2位の規模を誇る、全長約286m、高さ約24mの前方後円墳。内部の調査は未だ行われていないため埋葬者は不明。古墳周辺からの出土品の中に須恵器の破片や多数の円筒埴輪があったこと、自然の丘陵を利用した3段構造などから、5世紀半ばに造られたものと推測されている。国指定の史跡であり、造山古墳と区別して「サクザン」とも呼ばれる。
  • 武蔵生家
    旅行/観光
    岡山県美作市宮本946
  • 金光教本部
    rating-image
    3.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県浅口市金光町大谷320

    JR金光駅から川を渡り、寂れた商店街のようなところの近くにあります。敷地ほ広く大きな宗教施設がありました。中に入ってよいかわからず入口からのぞいて帰りました。観光で寄るところではないと思いました〇

  • 閑谷学校石門
    旅行/観光
    岡山県備前市閑谷

岡山の主要エリア

around-area-map

山と川に囲まれ、田園地帯が大部分を占める自然いっぱいの岡山県。温暖な気候で晴れている日が多いことから「晴れの国」と呼ばれています。 岡山県へは県外からもアクセスしやすく、東京から岡山空港へは約1時間、新幹線岡山駅へは約3時間です。 鬼退治で有名な桃太郎伝説の発祥の地の一つと言われ、「吉備津神社」と「鬼ノ城」ではその歴史のルーツを巡ることができます。 日本が誇る三名園の一つ「後楽園」は岡山市内にあり、岡山城と四季折々の景観のコラボはとても美しく、観光客に人気のスポットです。 倉敷市にある「倉敷美観地区」は江戸の風情が色濃く残っており、そのレトロな景観は見て歩くだけでも楽しく、レンタル着物での散策も人気です。 瀬戸大橋は渡るだけでなく見るのもおすすめで、鷲羽山展望台の第一展望台からは瀬戸内海と瀬戸大橋を一望できます。 そんな瀬戸内海で採れるカキやサワラは県民からも愛されているグルメの一つです。他にも、ひるぜん焼きそばや津山ホルモンうどんなどB級グルメが楽しめます。

岡山の写真集

目的から探す