NAVITIME Travel

高梁・新見の歴史的建造物スポット一覧

  • 備中松山城
    rating-image
    4.5
    246件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県高梁市内山下1
    現存する天守を持つ山城として、日本一高い標高430mにある備中松山城。鎌倉時代、有漢郷の地頭・秋庭重信が大松山に城を築いたことが起源であり、天和3年(1683)水谷勝宗によって修築、現在の天守の姿となった。山上には堅牢な岩壁がそびえ、難攻不落と称された城の面影が伺える。9月下旬から4月上旬の早朝には、雲海が浮かぶ姿を見られることでも名高い。大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像に使用された。

    現存12天守の松山城、バスを降りてから700Mの山道をのぼりました。高梁市街を一望する絶好の眺望。是非、訪れて下さい。

  • 広兼邸
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町中野2710
    岡山自動車道賀陽ICから約55分。享和(1800)の頃に巨大な富を築いた大野呂の庄屋・広兼氏の邸宅。石垣は江戸末期に建てられたもので、楼門づくりで城郭にも劣らない堂々の姿を誇る。昭和52年(1977)と平成8年(1996)の二度にわたり、映画「八つ墓村」のロケ地となって全国に放映された。小泉銅山とローハ(ベンガラの原料)製造によって繁栄した歴史と、映画を思い出させる豪奢な雰囲気を味わうことができる。

    山の中に突然に現れた城郭のような庄屋の邸宅。 往時は銅鉱山で富をなしたとのこと。 青空に映える紅葉と豪邸でした。

  • 吹屋ふるさと村
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町吹屋838-2
    高梁市成羽町吹屋にある重要伝統的建造物群保存地区。江戸時代には銅の採掘とベンガラ(赤色顔料)の生産によって栄えた町で、赤銅色の石州瓦を使い、外観がベンガラ色で統一された豪商たちの屋敷が軒を連ねる町並みが現在も保存されている。
  • 石火矢町ふるさと村
    旅行/観光
    岡山県高梁市石火矢町
    臥牛山麓から南に延びる通りの両側に、武家屋敷の白い土塀が続く武家屋敷通り。明治維新以後150年以上になる現在も、屋敷町としての面影を色濃くとどめている。この町並みと紺屋川筋の美観地区が、石火矢町ふるさと村に指定されている。
  • 高梁市武家屋敷・旧埴原家
    旅行/観光
    岡山県高梁市石火矢町27
    江戸時代中期から後期にかけて、近習役や番頭役などを務めた武士の住宅。松山城下の武家屋敷としては寺院建築や数寄屋風の要素を取り入れた珍しい造りで、市の重要文化財に指定されている。
  • 吹屋ふるさと村郷土館
    遊ぶ/趣味
    岡山県高梁市成羽町吹屋699
    国の重要伝統的建造物群保存地区となっている吹屋ふるさと村にある郷土館。明治12年(1879)に建てられた吹屋商人の代表的な屋敷を利用しており、2階建ての妻入り入母屋造りで、塗込造りの壁やベンガラ格子からは宮大工の仕事ぶりがうかがえる。館内では当時の生活史料などを展示している。
  • 旧吹屋小学校
    旅行/観光
    岡山県高梁市成羽町吹屋1290-1

岡山の主要エリア

around-area-map

山と川に囲まれ、田園地帯が大部分を占める自然いっぱいの岡山県。温暖な気候で晴れている日が多いことから「晴れの国」と呼ばれています。 岡山県へは県外からもアクセスしやすく、東京から岡山空港へは約1時間、新幹線岡山駅へは約3時間です。 鬼退治で有名な桃太郎伝説の発祥の地の一つと言われ、「吉備津神社」と「鬼ノ城」ではその歴史のルーツを巡ることができます。 日本が誇る三名園の一つ「後楽園」は岡山市内にあり、岡山城と四季折々の景観のコラボはとても美しく、観光客に人気のスポットです。 倉敷市にある「倉敷美観地区」は江戸の風情が色濃く残っており、そのレトロな景観は見て歩くだけでも楽しく、レンタル着物での散策も人気です。 瀬戸大橋は渡るだけでなく見るのもおすすめで、鷲羽山展望台の第一展望台からは瀬戸内海と瀬戸大橋を一望できます。 そんな瀬戸内海で採れるカキやサワラは県民からも愛されているグルメの一つです。他にも、ひるぜん焼きそばや津山ホルモンうどんなどB級グルメが楽しめます。

岡山の写真集

目的から探す