特別史跡 旧閑谷学校

歴史的建造物

現存する世界最古の「庶民のための公立学校」

岡山藩主池田光政(いけだみつまさ)によって1670年(寛文10)に創建された国内最古の庶民の学校が、国の特別史跡「旧閑谷学校」だ。足利学校跡、咸宜園(かんぎえん)跡、旧弘道館とともに日本遺産「近世日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源-」に認定されている。

大屋根と花頭窓が荘厳な講堂。最初は茅葺きだったが改築され備前焼瓦に葺き替えられた 大屋根と花頭窓が荘厳な講堂。最初は茅葺きだったが改築され備前焼瓦に葺き替えられた

静かな環境で儒学を学びリーダーを育成

池田光政が学校を設立するのにこの地を選んだのは、「閑」静で、緑豊かな山に囲まれた「谷」であり、学習の場に最適と考えたからだ。この環境で『論語』などの儒学を学ばせ、人材の育成を図った。身分制度が厳しかった時代、農民などの庶民に学問をさせたことは画期的な事業だったという。その教育は礎となり、ここで学んだ人々が、明治以降の近代化の原動力になったともいわれる。現在も「岡山県青少年教育センター閑谷学校」が隣接し、研修などで幅広い人々が参加できる学びの場となっている。

10本のケヤキの丸柱で支えた内室と、その四方を囲む入側で構成された講堂の内部。一つひとつの建物に物語があり、すみずみまで工夫されていることに驚く 10本のケヤキの丸柱で支えた内室と、その四方を囲む入側で構成された講堂の内部。一つひとつの建物に物語があり、すみずみまで工夫されていることに驚く

建造物の多くが国宝、国重要文化財の指定

旧閑谷学校は保存状態が良いことでも知られる。光政の意を受けて重臣の津田永忠(つだながただ)が約30年をかけて完成させた数々の堅固な建造物が残っている。不整形に切った石を組み合わせてかまぼこ型に仕上げた「石塀」や、「校門(鶴鳴門)」、儒学の祖・孔子を祀る「聖廟」など建造物の多くが国の重要文化財で、建物の瓦はすべて備前焼。入母屋造りの壮麗な講堂は国宝だ。拭き漆の床は磨かれて鏡のように光り輝く。旧閑谷学校のシンボルとなっているのは、見事な一対のカイの木。孔子の墓所がある中国山東省から1915年(大正4)に持ち帰った種から育ち、樹齢100年を超える。紅葉がすばらしく秋は多くの見学客で賑わう。

2本のカイは、「学問の木」といわれている 2本のカイは、「学問の木」といわれている

築かれてから300年を経た石塀。学校を取り囲む765mの長さ 築かれてから300年を経た石塀。学校を取り囲む765mの長さ

校門の備前焼瓦は見事な意匠を見せる 校門の備前焼瓦は見事な意匠を見せる

史跡散策だけでなく講堂学習にも参加したい

校門を入ると聞こえるのは静かな風の音と野鳥の声。美しい緑に包まれ、タイムスリップしたような気持ちになる。校内のまわり方は自由でいいが、5人以上なら職員による案内で「史跡探訪」ができる(要予約)。また現在も講堂に正座して論語を学ぶ「閑谷論語塾」を開催しているので、タイミングが合えばぜひ参加しよう(開催日は公式サイトで告知)。予約すれば、1回につき5-100人まで「講堂学習」として学ぶことも可能。備前焼の里、JR伊部駅から赤穂線で備前片上駅まで5分、そこから旧閑谷学校まではタクシーで10-15分。伊部駅から車なら約20分。備前を訪れたら足を延ばすことをおすすめする。

創始者の池田光政を祀る閑谷神社 創始者の池田光政を祀る閑谷神社

守護の願いが込められ約400本のツバキが植えられている「椿山」 守護の願いが込められ約400本のツバキが植えられている「椿山」

スポット詳細

住所
岡山県備前市閑谷784
電話番号
0869671436
時間
9:00-17:00
休業日
12/29-12/31
料金
【入場料】
[大人]400円
[65歳以上]200円
[小、中学生]100円
駐車場
あり
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
可(車椅子では建物に上がることは不可)
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 世界最古の一般の人のための学校
    5.0 投稿日:2021.05.01
    江戸時代初期に岡山藩主池田氏により設立された庶民も学べる学校です。世界最古の庶民のための学校といわれています。独特の色の瓦が目を引く大きな講堂は国宝です。その他に、鶴鳴門といわれる校門やその先にある聖廟、閑谷神社など、重要文化財の建物が多くあります。また、学校の周りを囲むきれいに積み上げた石塀が特徴的です。
  • 江戸時代に作られた建物が現存する藩校
    5.0 投稿日:2021.02.21
    岡山城のそばではなく、このような山奥に建てられた理由はやはり学問に専念させるためだろうか。学校を取り囲む石垣が侵入を防ぐのではなく、逃亡を妨げる為のものではないかと思うのは私だけだろうか。何れにしても学問に集中できる環境にあり、且つ自然が豊かなことから、固定観念にとらわれない考え方ができる場所と建物の構造である。藩校正門の前の梅が非常に綺麗。
  • ぜひ訪問してください
    5.0 投稿日:2021.01.17
    お時間を作って、ぜひ訪れて頂きたい場所です。池田藩(日本人)の勤勉さがよくわかる施設です。建築物の見学だけでも楽しかったですが、歴史を学ぶとより勉強になりました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          備前牛窓周辺エリアのおすすめスポット

          岡山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました