NAVITIME Travel

旭川・層雲峡の旅行/観光スポット一覧

  • 上野ファーム
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    旅行/観光
    北海道旭川市永山町16丁目186

    上野ファーム内にある「NAYA...

  • 男山酒造り資料舘
    遊ぶ/趣味
    北海道旭川市永山2条7-1-33
  • 川村カ子トアイヌ記念館
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    北海道旭川市北門町11
    大正5年(1916)、アイヌ民族文化の保護・伝承を目的として設立された日本最古のアイヌ記念館。旭川地方を中心とするアイヌ文化の生活用具や貴重な資料の展示のほか、民族楽器ムックルの演奏や古式舞踊の体験、刺繍のワークショップなどのプログラムがある(要予約)。アイヌ文様をモチーフにしたオリジナルグッズや民族衣装も購入可能。

    アイヌ資料館としては一番古い 私設の資料館ということで期待を膨らませ伺った。アクセスは旭川駅よりバスで15分程度で現着。同施設名のバス停で下車したが、周辺は住宅街でかつ、案内版らしきものも見当たらずで、肝心の同館までたどり着くのに少々手間取った。早速、入館料を支払い入館すると、「現在、一部改装中のため、全部は見学できない」との案内あり。肝心の展示物や資料は、確かに興味深いものが多々あり、ある程度は...

  • 旭岳ビジターセンター
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    北海道上川郡東川町旭岳温泉
    旭岳ロープウェイの旭岳駅の近くにあり、旭岳の観光拠点となるビジターセンター。旭岳の成り立ちや大雪山周辺の自然について、写真やDVDなどで展示・紹介している。無料休憩所もあり、登山や散策、クロスカントリースキーを楽しむ人たちに利用されている。案内カウンターでは現地の最新情報やガイドの案内のほか、スノーシューや歩くスキーのレンタルも行っている。

    旭岳ビジターセンターは、旭岳ロープウェイ山麓駅の手前にある無料駐車場の道路をはさんだ向かいにありました。館内には旭岳についての情報があるほか、長靴やスノーシュー、歩くスキーなどのレンタルもしているようです。 現在、新しいビジターセンターが無料駐車場の奥側につくられていました。そのため、駐車場が半分ほどしか使えず、私たちが行ったときには、ちょうど1台分だけスペースができたところでした。完成までの...

  • 層雲峡
    旅行/観光
    北海道上川郡上川町層雲峡
    北海道上川町、大雪山国立公園に位置し、柱状節理の断崖絶壁が約24kmも続く峡谷。周囲には層雲峡温泉があり、ホテルや旅館などが立ち並ぶ北海道有数の規模を誇る温泉街だ。アイヌ語で「滝の多い川」の意味の「ソウウンベツ」が語源とされ、大正10年に大町桂月によって命名された。崖を流れ落ちる流星・銀河の滝は見事であり、日本の滝百選にも数えられている。
  • 流星の滝・銀河の滝
    旅行/観光
    北海道上川郡上川町層雲峡
    石狩川沿いに24kmにわたって続く断崖絶壁。この崖を流れ落ちる名瀑が、流星の滝・銀河の滝である。流星の滝は落差90mを激しく落下し、銀河の滝は落差120mを穏やかに幾筋にも分かれ、まるで白糸の様に優美に滑り落ちる。この対称的な滝の様子から「男滝・女滝」とも称されている。国道39号線沿いには大型駐車場が、滝を背に約20分ほど歩くと「双瀑台」という展望台がある。
  • 雪の美術館
    遊ぶ/趣味
    北海道旭川市南が丘3-1-1
    旭川市の北海道伝統美術工芸村内に建つ、雪をテーマとした美術館。中世建築のアーチ様式を取り入れた美しい建物内には、コンサートや結婚式などを行うことができる純白の音楽堂のほか、館内でドレスを着用して写真撮影ができる「スノーナお姫様体験」(税抜3000円)も観光客に人気。館内の展示「氷の回廊」では一年中氷点下15度位以下の氷の世界をガラス越しに楽しめる。
  • 旭岳
    旅行/観光
    北海道上川郡東川町旭岳温泉
    大雪山連峰の主峰で、「日本の百名山」にも選ばれている標高約2,291mの北海道最高峰。大雪山国立公園の北側に位置し、五合目にあたる標高約1,600mまでは約10分間の空中散歩を楽しみながらロープウェイで登ることができる。高山植物の種類も豊富で、夏場に足元を彩る花々の様子はアイヌ語で「カムイミンタラ(神々の宿る庭)」と呼ばれている。日本で最も早く訪れる紅葉も見事。トレッキングやスキーなど、季節に応じたアクティビティが楽しめる。
  • 羽衣の滝
    旅行/観光
    北海道上川郡東川町天人峡
    大雪山国立公園の南東部にある天人峡から遊歩道を通って行き来が可能な滝。2つの沢が途中で合流し滝となっていて、天女の羽衣を思わせる美しさから、大正7年(1918年)に文人の大町桂月によって名付けられた。道内で最大規模、日本全国でも二位となる落差270メートルを誇り、日本の滝百選にも選ばれている。滝を正面に臨むことができる滝見台も設置。秋には紅葉と合わせて絶景を楽しめるのが魅力。遊歩道は5月中旬から11月中旬まで通行可能。冬季には降雪のため閉鎖される。
  • 神居古潭
    旅行/観光
    北海道旭川市神居町神居古潭
    JR旭川駅から車で約40分、旭川空港からは約50分。上川盆地と石狩平野の境目にある峡谷で、石狩川の両岸が岩肌で覆われているのが特徴。濃い緑色や黒の奇岩は神居古潭石と呼ばれているほか、吊り橋付近にある神居古潭おう穴群は市の天然記念物に指定されている。春には桜、秋は紅葉と四季折々の風景が楽しめるのも魅力で、神居古潭竪穴住居跡や旧神居古潭駅舎と合わせ市内でも有数の景勝地として知られている。カムイコタンはアイヌ語で神の里を意味で、9月23日には「こたんまつり」が開催される。
  • 層雲峡ビジターセンター
    旅行/観光
    北海道上川郡上川町層雲峡
    大雪山国立公園の自然と人々とのふれあいをテーマに、自然学習や自然体験のアドバイス、情報提供を行っている施設。館内では、ハイビジョン映像やジオラマを使用した展示も行っており、大雪山の四季を知ることができる。
  • 天人峡
    旅行/観光
    北海道上川郡東川町天人峡
    大雪山国立公園の南東山麓、忠別川の上流に位置する渓谷である。約3万年前に起きた巨大噴火の影響が元となり、長い年月をかけて形成された柱状節理の断崖絶壁は圧巻の一言。「涙岩」や「七福岩」など見どころ豊富で、赤や黄に染まった木々と荒々しい岩肌のコントラストが素晴らしい紅葉の季節には、毎年多くの人が訪れる。
  • 北の嵐山
    旅行/観光
    北海道旭川市旭岡1-3
    旭川の西方に鎮座する嵐山麓エリアの総称。軽井沢の別荘地を思わせる住宅街が広がっており、陶芸を営む窯元が点在することから「陶芸の里」と呼ばれ親しまれている。一般的に窯が一か所に集中するのは稀なことで、北海道内ではここだけと言われている。伝統にしばられない独創的な作品を生み出しているのが特徴で、工房見学や作陶体験のできる窯も多い。陶芸に留まらず、ガラス工房や染色工房、ギャラリーやカフェなども増えてきたことから「嵐山陶芸の里」から「北の嵐山」と改められた。
  • 大雪窯
    旅行/観光
    北海道旭川市旭岡2-9
    旭川で最も古い窯元。北海道の大自然と四季の移り変わりをイメージした作品を作り続けている。雪や氷をイメージして生み出されたのが、大雪窯三代に渡る技法「結晶釉」だ。釉薬の調合や窯の温度など様々な条件によって釉の一部が結晶として現れる。常に結晶釉が現れるとは限らないため、その偶然性も魅力だ。新緑や紅葉など鮮やかな色彩に囲まれたアトリエでは、湯呑やコーヒーカップなどのワークショップも行っている。
  • 蔵囲夢
    旅行/観光
    北海道旭川市宮下通11 上川倉庫(株)内
    かつて旭川駅に隣接していたレンガ倉庫群を整備した一街区。創立は明治30年代で、道北の開拓に伴う物流拠点基地として大正初期には21棟もの倉庫を有していた。国の登録有形文化財でもある上川倉庫群を改装し、現在はデザインギャラリーやコレクション館、大雪地ビール館など複数の施設が併設されている。北海道にはレンガ造りの倉庫が多く残っているが、比較的小規模な倉庫が密集する様子は他にはあまり見られない独特な景観。旭川駅周辺開発「北彩都あさひかわ」の一角を担う名所としても注目を集めている。
  • 田んぼアート
    旅行/観光
    北海道旭川市東鷹栖7線18
    稲の葉色の違いを利用して、水田をキャンパスに見立てて絵を描く田んぼアート。縦40メートル、横170メートルの水田に描かれる絵は迫力があり、夏の風物詩となっている。
  • 大雪山高原温泉沼めぐりコースの紅葉
    旅行/観光
    北海道上川郡上川町層雲峡
    標高1260m、北海道のほぼ中央に位置する紅葉の名所。日本最大の国立公園・大雪山国立公園を有する大雪山に心奪われる絶景が出現する。「北海道の屋根」ともいわれるこのエリアは道内屈指の豪雪地帯。一軒宿の「大雪高原山荘」は1年のうち123日しか営業していないことでも知られている。短い夏の後、日本で最も早く訪れる紅葉はまるで絵画のような原色の世界。紅葉ピーク時には多くの登山客で賑わう、北海道屈指の紅葉の名所だ。
  • 大雪山旭岳ロープウェイ
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    北海道上川郡東川町旭岳温泉
    北海道最高峰の山・旭岳の麓にある旭岳温泉(標高1,100m)を起点に、五合目にあたる標高1,600mまでを結ぶロープウェイ。約10分間の空中散歩で360度の大パノラマを満喫できる。春には雪解け水が流れ込む湿地にミズバショウ、夏には高山植物が咲き誇る中で頂上散策と、四季折々の風景を一望できるロープウェイは旭岳観光のメインスポットだ。中でも紅葉シーズンには山に絵の具をこぼしたような絶景を見に多くの観光客が集まる。冬にはダイヤモンドダストやサンピラーといった自然現象が発生することもあり、その一瞬を狙いに訪れるカメラマンも少なくない。

    ハイキングの前に腹ごしらえ。 ということでこちらで味噌ラーメンをいただきました。 店内は非常に広いので団体客でもOK。 最初にカウンターで注文をして、出来上がると呼ばれるので取りに行くシステム。 味噌ラーメンは具材がたくさん入っていてとても美味しかった。

  • 塩狩峠一目千本桜
    旅行/観光
    北海道上川郡和寒町字塩狩
    古くから桜の名所として親しまれている塩狩峠。満開時には約1600本のエゾヤマ桜が峠一面を美しく彩っている。
  • エコミュージアムおさしまセンターBIKKY(ビッキ)アトリエ3モア
    遊ぶ/趣味
    北海道中川郡音威子府村物満内55
    筬島駅からまっすぐ進んですぐのところにある、北海道出身の彫刻家「砂澤ビッキ」の作品を約200点ほど展示している記念館。道内で最も人口が少ない村である音威子府村の小学校として利用されていた建物がアトリエとなって、現在では残されていた作品を展示する施設になっている。作業風景を再現したアトリエ:午前3時の部屋をはじめとするテーマ毎に分かれた7つのエリアがある。直筆の手紙や素描など、ゆかりの品も展示。オリジナルグッズの販売も行っている。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す