NAVITIME Travel

帯広・十勝の旅行/観光スポット一覧

  • 共働学舎新得農場
    旅行/観光
    北海道上川郡新得町新得9-1
    ミンタルでは農場のチーズや工芸品、季節の生産物を販売しており、チーズ料理や新鮮な牛乳・ソフトクリームを味わうこともできます
  • ダンケーファーム串田牧場
    旅行/観光
    北海道上川郡清水町熊牛141
  • 真鍋庭園
    rating-image
    4.0
    141件の口コミ
    旅行/観光
    北海道帯広市稲田町東2-6
    樹木の「輸入・生産・販売」をしている農業者「真鍋庭園苗畑」が運営、一般開放している24,000坪の庭園。日本ではめずらしい、コニファー(針葉樹)の生産で知られている。ヨーロッパガーデン、日本庭園、風景式庭園と3つのテーマガーデンから成る回遊式庭園だ。まるでおとぎの国に迷い込んだような風景を楽しんでほしい。

    帯広にある日本初のコニファーガーデンとしても知られている真鍋庭園は、1966年より開園しており、日本庭園や西洋風庭園など様々な姿が見れます。

  • 扇ヶ原展望台
    旅行/観光
    北海道河東郡鹿追町北瓜幕
    鹿追町にある然別湖へと向かう85号線にある展望台。まるで扇を広げたような広大な十勝平野を一望できるビュースポットで、日高山脈を遠望でき、気象条件が良ければ十勝川、太平洋まで望むことができる。
  • オンネトー湯の滝
    旅行/観光
    北海道足寄郡足寄町 茂足寄国有林内
    北海道の三大秘湖に数えられる「オンネトー」から約1.5km歩いたところにある滝。高さ20数メートルの岩肌を流れる2条の滝で、世界でもめずらしいマンガン鉱物で形成されており、国の天然記念物に指定されている。
  • 北の大地美術館
    遊ぶ/趣味
    北海道河西郡中札内村栄東5線
    およそ145,000平方メートルもの広大な敷地を有するアートの森「中札内美術村」内の美術館。雰囲気のある木造の建物で「二十歳の輪郭」の応募作品を展示している。「二十歳の輪郭」とは二十歳の若者を対象とした自画像コンクール。全国プロアマ問わず作品を募集しているコンクールで、己の内面を見つめ描いた作品が鑑賞できると評判だ。中札内村出身の版画家、故・佐藤克教氏の作品展も開催している。
  • 相原求一朗美術館
    遊ぶ/趣味
    北海道河西郡中札内村栄東5線
    柏林に囲まれたアートの森「中札内美術村」の一角に佇む美術館。145,000平方メートルもの広大な敷地に当施設をはじめとする美術館やレストランが点在している。館内では埼玉県川越市出身の洋画家・相原求一朗の作品を展示しており、画業に邁進する同氏の世界観に触れることが可能だ。詩情溢れる北海道風景画家としても有名で、代表作・北の十名山も常時展示されている。
  • 花畑牧場
    旅行/観光
    北海道河西郡中札内村元札内東4線311-6
    タレントの田中義剛さんが牧場長を務める観光牧場。「おいしさで世界を笑顔に」をモットーに掲げ、牧場内の工房で作ったチーズや生キャラメルなどを製造販売している。花畑牧場の代名詞となった「生キャラメル」は、口に入れた瞬間にさっととろける珠玉の一品。モンドセレクションで9年連続で最高金賞受賞し、一世を風靡した。十勝産の生乳を100%使用した手造りチーズも評判で、熱々に溶かして食べるラクレットはALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストにて最高賞を受賞している。
  • 福原記念美術館
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道河東郡鹿追町泉町1-21
    帯広空港から車で約1時間ほどの距離にある美術館。十勝釧路地方を中心に展開する食品スーパー・株式会社福原の創業者である福原治平氏が、長年蒐集してきたコレクションを一般公開したいと考えたことから平成19年(2007)に設立された。館内には大小合わせて5つの展示室を備えており、斉藤斎画伯の洋画や藤井範子画伯の日本画をはじめとした150点余りの美術品を展示している。4,000坪もの敷地内には芝が美しく整備されており、四季折々の景観を楽しむことが可能だ。庭園内にそびえるイチイの大木は推定樹齢1,000年と言われている。

    平日の12時ごろランチを食べに行きました。 1.メイン(和風、デミグラスハンバーグ、パスタ5種?、デミグラスオムライス、カレーライス2種類?など) 2.ミニデザート(ケーキ、アイスの小さい盛り合わせ) 3.選べるドリンク(コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、ハーブティーなど)がついて、税込1000円で大満足でした! 飲み物はメニューに載っているドリンクの全てから選んで良いそうです。約20種類ぐらい?私...

  • 神田日勝記念美術館
    遊ぶ/趣味
    北海道河東郡鹿追町東町3-2
    道東自動車道・十勝清水ICから約30分の距離にある美術館。「農民である。画家である」と語った神田日勝の画業を顕彰し、鹿追芸術文化の発展と振興を目的に建設された。同氏の作品はベニヤ板にペインティングナイフを用いて描かれているのが特徴だ。ものの存在感を追求した作品や、見るものに迫ってくるような印象を与える作品を多数展示している。神田日勝を研究したいという方への資料提供も行っており、代表作「室内風景」をはじめ未完成のまま遺されていた作品「馬」のデッサンも閲覧が可能だ。
  • 旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
    旅行/観光
    北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
    古代ローマ時代の水道橋を彷彿させる、コンクリート造りのアーチ橋が点在している地域。糠平湖の水かさが増える6月頃から湖に沈み、水かさが減る1月頃に再び湖面に姿を表すタウシュベツ川橋梁は、別名・幻の橋とも呼ばれている。
  • 上士幌町鉄道資料館
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    旅行/観光
    北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
    昭和62年(1987)に廃線となった旧国鉄・士幌線に関する資料を展示している文化施設。かつて糠平駅があった跡地に資料館と当時の線路や列車が展示されている。館内では士幌線が現役だった時代に運転席から撮影した、帯広駅から糠平駅までの映像を見ることが可能だ。路線図や士幌線の歴史、工事写真や保線工具なども展示しており、当時の士幌を偲ぶことができる。実際使用されていたホーロー版の駅名標やノスタルジックな発車時刻表など、鉄道ファンにはたまらない展示物が多い。

    昔、国鉄が走っていたことを残した資料館です。中は小さくすぐに一周できてしまいます。廃線前、運転席からの画像を保存していたものを上映できるのが見物です。入場料は100円でした。国鉄全盛時代のノスタルジーを感じたい人にはおすすめです。

  • 狩勝高原梅園
    旅行/観光
    北海道上川郡新得町字新内狩勝高原
    約1000本の豊後梅が花を咲かせる梅園。標高が高く冷涼な地帯でありながら豊後梅が多く咲くため「奇跡の梅園」と呼ばれている。
  • 友夢牧場
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    北海道上川郡新得町上佐幌基線108-4
    食べ物の大切さといのいの意味を学ぶ「酪農教育ファーム」に認定された牧場。北海道のど真ん中で約1500頭の牛を飼養している。牧場内ではほぼ毎日仔牛が生まれており、仔牛の哺乳体験や搾乳を通じて広く酪農業に触れることが可能だ。生乳を使ったバターやアイスクリーム作りなども行っているため家族みんなで楽しめる。排泄物を集積して排出されたメタンガスを燃料とするバイオガス事業や、ガスエンジンの排熱を利用したメロンの水耕栽培を道内で唯一行っている牧場でもある。

    牧場見学と試食ができます。 牧場は近代化されていて、 牧場に抱く牧歌的な煉瓦のサイロに牛舎、ワラの寝床に牛がいる、 というようなイメージはまったくなく、 チリ一つ落ちていないような、いわば近代的な工場でした。 工場見学と絞りたて牛乳とアイスクリームの試飲試食、 子牛に大きなほ乳瓶でミルクをあげる授乳体験、 乳搾り体験もあります。 大人1,080円。 ぜひ楽しんでほしいスポットです。

  • 清水円山展望台
    旅行/観光
    北海道上川郡清水町羽帯南14線
    十勝平野を一望できる展望台。眼下に広がる町営育成牧場は、映画「銀の匙」ロケ地としても有名だ。
  • ビート資料館
    旅行/観光
    北海道帯広市稲田町南8西14
    JR「帯広駅」から車で約10分。日本甜菜製糖株式会社の創立70周年を記念して作られた、砂糖の原料となるビート(てん菜)の栽培や製糖に関する資料を展示解説する施設。第一展示室には創業時の旧帯広製糖所を再現した模型とゆかりの品々などが、第二展示室には技術史をテーマに古い農機具の実物などが展示され、第三展示室ではパネルや模型などで製糖業の歴史を立体的に紹介している。てん菜の栽培や砂糖製造工程のビデオを見ることもできる。
  • 植村直己記念館「氷雪の家」
    旅行/観光
    北海道帯広市緑ケ丘2 おびひろ動物園内
    バス停「動物園前」から徒歩で約2分、「緑ヶ丘6丁目」からは約5分。緑ヶ丘公園の敷地内、おびひろ動物園にある記念館で、動物園の入園料で見学が可能となっている。カマクラのような住居形式であるイグルーがモチーフの建物で、中にはマッキンリーで消息を絶った登山家である植村直己氏の、冒険歴と功績が見られる。著作や遺留品の展示と模型の公開も行なわれている。
  • 北海道立帯広美術館
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道帯広市緑ケ丘2番地 緑ケ丘公園
    バス停「緑ヶ丘6丁目」から徒歩で約2分、帯広駅から車で約10分。広大な敷地を有する緑ヶ丘公園の中央部に位置する美術館で、平成3年(1991)に開館した近代的な建物が目印となっている。道東に関係の深い作家の絵画を中心に所蔵していて、2ヶ月から3ヶ月おきに展示内容が入れ替わる。また、セミナーやトークイベント、学芸員と一緒に展示物を鑑賞するツアーなどの様々な企画も開催している。

    緑ケ丘公園の中にある施設の1つです。 子ども向けの「魔法の美術館」とい催しがやっていたので、訪問してみました。 絵本の中のような幻想的な世界観でした。常設ではないのでまたやってほしいです。

  • 千代田堰堤
    旅行/観光
    北海道中川郡池田町千代田
    北海道立十勝エコロジーパークから東に少し進んだところにある堰。十勝川中流に位置し、昭和10年(1935)に農業用の取水施設として作られたもの。またサケマスを養殖するためにも利用されていた。歴史的価値の高さから土木学会選奨土木遺産にも指定。現在では採卵を行なう際のサケの捕獲場として利用されており、9月から10月にかけてはたくさんの秋サケが遡上する光景が見られる名所となっている。
  • 十勝川下流防災施設(十勝川資料館)
    遊ぶ/趣味
    北海道中川郡池田町大通南1
    池田駅から徒歩で約10分、青山ICから車で約20分。平日のみ開館している河川やダムに関する展示を行なう資料館で、現在は説明者が常駐しておらず見学も自由となっている。団体で利用するには1週間以上前に予約が必要。1階にある十勝川体験パノラマでは、大雨の影響で堤防が決壊する流れを自分でボタンを押すことでシュミレート可能なのが大きな特徴。2階には3Dシアターもあり、目で見て分かる展示が多いのも魅力。十勝川に生息する魚の水槽もある。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す