帯広・十勝の旅行/観光スポット一覧

  • 十勝千年の森
    rating-image
    4.0
    111件の口コミ
    旅行/観光
    北海道上川郡清水町羽帯南10線
    千年後の未来へ、大切な自然を残すことを目的に造られた森である。様々な動植物が生息しており、セグウェイに乗って草原や森の中を楽しめる。快晴の日には十勝平野や雌阿寒岳までも一望でき、爽快だ。その他チーズ作りや乗馬も体験できる、北海道の大自然を満喫できる森である。

    ココ十勝のセグウェイは、草原&森林など自然を楽しむツアー設計です! ツアー内容は、乗車方法〜操作習得&試走後にフィールドへGOの流れ。 ガイドツアーでは、十勝のいろはを楽しく学びつつ、セグウェイで自由に移動していきます〜 NZでのガイド経験を生かした大木さんのエスコートも良かったですね。 十勝で遊ぶオプションに是非とも! ちなみに、十勝千年の森は、セグウェイがなくても楽しめる地です-

  • 六花の森
    rating-image
    4.5
    144件の口コミ
    旅行/観光
    北海道河西郡中札内村常盤西3線249-6
    北海道を代表する菓子メーカー「六花亭」が運営する庭園である。六花亭の包装紙に描かれた十勝六花をはじめ、季節ごとに色とりどりの花々が咲き乱れる様は美しい。包装紙の絵を手掛けた坂本直行の記念館や美術館、レストハウスもあり散策を楽しめる。冬季は休業するので注意。

    広い敷地の中に、森があり、芝生の広場があり、川が流れ、いろんな花が咲かせてあります。自然を感じながら、ゆっくりと歩いて行くと、色んな作家の方の作品館が、点々と有って、違った形で北海道の自然を楽しむことができました。出口にはカフェがあり、美味しいお菓子を頂くことができました。ここでしか買えないお土産もあり、楽しい時間を過ごすことができました。

  • 真鍋庭園
    rating-image
    4.0
    167件の口コミ
    旅行/観光
    北海道帯広市稲田町東2-6
    樹木の「輸入・生産・販売」をしている農業者「真鍋庭園苗畑」が運営、一般開放している24,000坪の庭園。日本ではめずらしい、コニファー(針葉樹)の生産で知られている。ヨーロッパガーデン、日本庭園、風景式庭園と3つのテーマガーデンから成る回遊式庭園だ。まるでおとぎの国に迷い込んだような風景を楽しんでほしい。

    旅行会社のツアーで行きました。 北海道の庭園はスペースを生かしながら、庭園内のデザインに個性的な設計を生かしていて、何回見ても飽きません。

  • ナイタイ高原牧場
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    北海道河東郡上士幌町字上音更85-2
    日本一広い公共牧場。総面積は約1700ヘクタール、東京ドームに換算すると358個分にもなる。主に飼育しているのは雌の乳牛。オーナーから預かり、人口受精させて分娩間際に戻す育成牛預託専門の牧場である。広大な敷地には、鹿などの野生動物も顔を出す。敷地内の山の頂上に展望台があり、周囲を一望できる。レストハウスが用意されており、ソフトクリームや和牛ハンバーガーが販売されている。

    ガラス貼りで眺めがよく、室内で快適に過ごせました。地元のお土産も置いてありました。個人的にメニューが少し割高に感じてしまいましたが、景色を考えたらありかと。ソフトクリームも美味しかったです。普段見れないようなナイタイ高原の美しい映像が流れていて、ますます良かったです。

  • サホロリゾート ベア・マウンテン
    rating-image
    4.0
    118件の口コミ
    旅行/観光
    北海道上川郡新得町狩勝高原
    北海道にのみ生息する最大種エゾヒグマを自然に近い状態で観察することができる「サホロリゾート ベア・マウンテン」。鉄格子で守られたバスに乗ってヒグマ達の森にいけば、森の中を動き回るヒグマを間近に見られ、高台の遊歩道からはヒグマ達の暮らしをのんびりと観察することができる。敷地内中央のガラス張り観察施設からは、ガラス越しにヒグマにタッチすることもでき、まさに迫力満点だ。

    サホロリゾート内にある熊牧場です。 帯広でレンタカーを借りていって来ました。 入場料は約1,800円、ベアウォッチングバス付きだと約2,900円とやや高めですが、レンタカーでの来場者やJAF会員には割引がありました。 ベアウォッチングバスでは運転手が監視員と連絡を取りながら熊が居る地点まで連れて行ってくれます。 目の前1メートルで見るヒグマはなかなかの迫力。お薦めです。

  • オンネトー
    旅行/観光
    北海道足寄郡足寄町茂足寄国有林内
    雌阿寒岳の西山麓、深い原生林に囲まれた周囲2.5kmの湖である。季節や天候、光の差す角度などで微妙に色が変化し、コバルトブルー、エメラルドグリーンなど様々な表情を見せる。別名「五色沼」とも呼ばれており、飽きることなく見続けたくなる神秘的な湖だ。
  • 花畑牧場
    rating-image
    3.5
    94件の口コミ
    旅行/観光
    北海道河西郡中札内村元札内東4線311-6
    タレントの田中義剛さんが牧場長を務める観光牧場。「おいしさで世界を笑顔に」をモットーに掲げ、牧場内の工房で作ったチーズや生キャラメルなどを製造販売している。花畑牧場の代名詞となった「生キャラメル」は、口に入れた瞬間にさっととろける珠玉の一品。モンドセレクションで9年連続で最高金賞受賞し、一世を風靡した。十勝産の生乳を100%使用した手造りチーズも評判で、熱々に溶かして食べるラクレットはALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストにて最高賞を受賞している。

    中札内の田中義剛が代表の牧場。 観光客向けには、レストラン、お土産屋、ヤギや羊などがいるこじんまりした動物エリアがあるのみ。 一世風靡した生キャラメルもお土産屋で買えます。 レストランでは、最近人気のラクレットをたくさんかけた料理がオススメ。 濃厚な味わいのチーズで、おいしい。

  • 中札内美術村
    rating-image
    4.5
    58件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道河西郡中札内村栄東5線
    遊歩道を散策しながら、美術館めぐり、食事を楽しめるここは、十勝地方の約145,000平方メートルもの広大な敷地の芸術村だ。とかち・帯広空港より車で約15分。4月下旬から10月中旬まで営業。

    駐車場はかなり広く、敷地も広いです。ゆったりと、木漏れ日の中を歩き、レストランを利用しつつ、庭園や美術館を鑑賞しました。よく手入れされているのがわかります。

  • 道の駅 なかさつない
    rating-image
    4.0
    128件の口コミ
    交通
    北海道河西郡中札内村大通南7-14
    南十勝観光の入口、国道236号と道道清水大樹線の分岐点に位置する道の駅。中札内の農業や観光を紹介するインフォメーション施設と、新鮮な地元の食材を使ったメニューが並ぶレストランが入るカントリープラザが駐車場に隣接している。また、新鮮な地産野菜や加工品の物産所やカレー屋などがあるテイクアウトコーナー、昔の衣服やおもちゃの展示がある開拓記念館などの施設も充実。併設施設として、旧馬鈴薯原々種農場を移転・修復した豆資料館「ビーンズ邸」が建ち、楽しく学ぶ事もできる。

    国道沿いにある道の駅、建物がいくつか分かれていました。 一つずつの建物は意外とコンパクト、冬季間ということもあってか施設の品ぞろえも少し少なめという感じもしました。 それでも個性的な道の駅、見どころもいろいろありました。

  • 道の駅 あしょろ銀河ホール21
    rating-image
    3.5
    119件の口コミ
    交通
    北海道足寄郡足寄町北1条1-3
    北海道足寄郡足寄町の国道241号・国道242号の交差点にある道の駅。平成18年(2006)に廃線となった、ふるさと銀河線「足寄駅」の駅舎を利用している。店内には「ふるさと銀河線情報展示コーナー」や、2階にはコンサートなどに利用される「銀河ホール」が完備されている。足寄出身の歌手、松山千春氏の展示物が見られる「松山千春コーナー」があることでも有名。

    毎年、松山千春のコンサートに行っているファンとしては、外せません。前に来た時はツアーだったので忙しかったが、今回は個人旅行でゆっくり滞在しました。その後映画「旅立ち」のロケセットや、千春の家を回りました。

  • 柳月スイートピア・ガーデン
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    グルメ/お酒
    北海道河東郡音更町下音更北9線西18-2
    お菓子の街帯広・とかちを代表するスイーツ店で、敷地面積33,119平方メートル、建物面積16,582.31平方メートル、 地下1階、地上4階建ての、全国でもトップクラスの工場面積を誇る製菓(生菓子)工場。広い敷地内では柳月で大人気のお菓子、『三方六』の製造工程を一望できる見学通路や、お菓子づくり体験のできる工房、柳月自慢のスイーツを買ってその場で食べられるカフェコーナー等がある。

    十勝のお菓子屋「柳月」のお店で、お菓子やケーキの買い物、軽食やデザートを買ってその場で食べるスペース、お菓子づくり体験や工場見学など、様々なことができる場所です。 道東道・音更帯広ICの近くで、帯広市やその近郊に車で来る場合にはよい立地と思います。 ただ、いつも混雑していて、買い物や飲食には相当の時間を要することが多いため、時間には余裕を持っておいたほうがいいと思われます。

  • 然別湖
    旅行/観光
    北海道河東郡鹿追町然別湖畔
    大雪山国立公園にある、唯一の自然湖の然別湖。標高は810mと北海道で最も高い位置にあり、最深部は約100m。トドマツやエゾマツなどの原生林が湖の周りを取り囲む、太古の自然を今に伝える静かな湖だ。生きた化石「ナキウサギ」など貴重な野生動物も生息しており、ネイチャーガイド達の案内のもと、原生林ウォークなどの自然体験メニューを楽しめる。
  • 帯廣神社
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    旅行/観光
    北海道帯広市東三条南2-1
    北海道帯広市にある、明治43年(1910)に神社創立願を提出した開拓の三神を御祭神として祀っている神社。三柱の神がいずれも国土にまつわる神であり、また国道38号線に面した立地であることから、諸災難除けのみならず交通安全の信仰も篤い。毎年1月15日に行なわれるどんど焼きは松飾りや注連縄をお焚き上げする伝統的行事だが、現在ではお札やお守り、神棚なども一緒に焚き上げられる。2月には節分と厄祓いも行なわれる。

    変にド派手な神社だったりせず、落ち着いた神社です。敷地内には大きな木がたくさんあり、リスもたくさんいたりと自然あふれるスポットです。

  • 馬の資料館
    rating-image
    3.5
    42件の口コミ
    旅行/観光
    北海道帯広市西十三条南8-1

    帯広競馬場の隣の駐車場前の入場無料の博物館です。 ばんえい競馬用のばん馬は元々は農耕馬でその歴史と活躍をパネルや実物の農具を使って分かり易く説明している場所です。 ばん馬の模型はやはり迫力が違います。 農耕の道具もかなりの数保存されているのでそれらを見て回るのも楽しいです。

  • 紫竹ガーデン
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    北海道帯広市美栄町西4線107
    帯広の郊外、十勝平野の田園地帯に広がる広大な花畑。花を愛してやまない紫竹昭葉さんが、63歳の時に「子供のころに遊んだ、野の花が咲く風景をつくりたい」という想いから生まれた。1500坪の土地内に全て一人で手で植えたというシラカンバ、ホオノキなど北海道の雑木や約2500種の花々は、季節ごとに表情を変え見るものを楽しませ癒してくれる。園内にはレストランや園芸ショップもあり。

    朝から昼過ぎまで、野菜中心の家庭料理がバイキング形式で食べられます。元洋館を改装したそうです。出来立て卵焼きがあり、家庭的な味でおいしかった。 ご飯は炊き込みご飯とピラフで蕎麦、5種類のスコーンやシフォンケーキもありました。午後はケーキやサンドイッチのついたアフタヌーンティー、夜は一品料理を出すそうです。

  • 帯広百年記念館
    rating-image
    4.0
    49件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道帯広市緑ケ丘2
    北海道帯広市にある生涯学習施設。館内では、十勝の自然や文化などの歴史に関する展示物を所蔵する「常設展示室」と、アイヌ民族に関する歴史や文化などを学ぶ情報センター「リウカ」がある。また分館には「埋蔵文化財センター」があり、遺跡出土品などを収蔵・公開している。十勝・帯広地域の総合博物館として機能している。

    動物園の近くにあり、時間があったので寄ってみました。丁度、特別企画展「十勝開拓日記」が開催されていました。今の時代では考えられないほどの、先人の苦労を知ることができました。私の大好きな北海道の、農業や酪農などの産業が、さらに発展して、若い人がやりがいがある時代になって欲しいと思いました。

  • 忠類ナウマン象記念館
    rating-image
    3.5
    38件の口コミ
    旅行/観光
    北海道中川郡幕別町忠類白銀町383-1
    忠類ICから車で約5分、更別ICからは約15分。ナウマン公園の中央にある記念館。昭和44年(1969)に偶然発掘されたナウマン象の臼歯を契機に、日本で初めて全骨格の化石が発掘されたことを記念し建てられた。館内には復元された骨格模型や親子の生体模型を展示、記念碑や発掘跡地も見られる。また建物全体がナウマン象に見立てて作られており、駐車場から玄関まで続く100m程の道には人類が誕生するまでの進化の歴史を描いた銅版が見られる。

    道の駅忠類に隣接している記念館。忠類で発掘されたナウマン象についての展示です。実際の化石は、普段札幌の北海道博物館にあるのだが、このときはこちらで展示されていたというラッキーなタイミングでした。(北海道博物館でも展示はしていないそうです)興味をもってよくみれば十分楽しいと思います。

  • 上士幌町鉄道資料館
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    旅行/観光
    北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
    昭和62年(1987)に廃線となった旧国鉄・士幌線に関する資料を展示している文化施設。かつて糠平駅があった跡地に資料館と当時の線路や列車が展示されている。館内では士幌線が現役だった時代に運転席から撮影した、帯広駅から糠平駅までの映像を見ることが可能だ。路線図や士幌線の歴史、工事写真や保線工具なども展示しており、当時の士幌を偲ぶことができる。実際使用されていたホーロー版の駅名標やノスタルジックな発車時刻表など、鉄道ファンにはたまらない展示物が多い。

    旧国鉄上士幌線の線路と貨車が昔の風景を感じさせてくれます。糠平温泉の程近くにあって散歩に最適でした。資料館自体はあっさりとしたものですが周辺の雰囲気は良いです。

  • 北海道立帯広美術館
    rating-image
    3.5
    32件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    北海道帯広市緑ヶ丘2番地 緑ヶ丘公園
    バス停「緑ヶ丘6丁目」から徒歩で約2分、帯広駅から車で約10分。広大な敷地を有する緑ヶ丘公園の中央部に位置する美術館で、平成3年(1991)に開館した近代的な建物が目印となっている。道東に関係の深い作家の絵画を中心に所蔵していて、2ヶ月から3ヶ月おきに展示内容が入れ替わる。また、セミナーやトークイベント、学芸員と一緒に展示物を鑑賞するツアーなどの様々な企画も開催している。

    「北斎展 師と弟子たち」展を見に行きました。特別展(主展示室)とコレクション・ギャラリーの共通券1,210円。出入口は動線案内特になし。後ろから前から手前から奥からお好きな方からドーゾ。道立美術館の常か札幌旭川とWi-Fi環境のフレッツポータルが酷過ぎて他社ユーザーには使えないのが涙目。

  • ビート資料館
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    北海道帯広市稲田町南8西14
    JR「帯広駅」から車で約10分。日本甜菜製糖株式会社の創立70周年を記念して作られた、砂糖の原料となるビート(てん菜)の栽培や製糖に関する資料を展示解説する施設。第一展示室には創業時の旧帯広製糖所を再現した模型とゆかりの品々などが、第二展示室には技術史をテーマに古い農機具の実物などが展示され、第三展示室ではパネルや模型などで製糖業の歴史を立体的に紹介している。てん菜の栽培や砂糖製造工程のビデオを見ることもできる。

    レンタカーで空港から駅に向かう途中,列車までまだ2時間ほど時間があったので見学に丁度良いかなと思い,隣接するパン屋さんのついで(すみません)に訪問。 入口で入場料金を払い,甜菜で作った箱入りの砂糖を頂き,他のお客さんと一緒に見学スタート。館長さんが親切丁寧に館内の展示物を40分ほどかけて説明してくれました。 小豆や砂糖,牛乳・・・・十勝お菓子王国の一端がここで知れて,期待以上に面白く有意義でした。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す