函館・大沼・松前の旅行/観光スポット一覧

  • 五稜郭タワー
    旅行/観光
    北海道函館市五稜郭町43-9
    五稜郭公園入り口に建つ展望タワーで、現在のタワーは2代目。高さ107mの展望フロアからは、五稜郭のほぼ全景を見下ろせる。館内には五稜郭の歴史が学べる展示スペースのほか、強化ガラスの床で真下が見える「シースルーフロア」や五稜郭オリジナルグッズが購入できる売店も入る。五稜郭ゆかりの土方歳三のブロンズ像も必見。
  • 旧函館区公会堂
    rating-image
    4.0
    544件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町11-13
    北海道屈指の豪商・相馬哲平氏から50,000円もの寄付を受け、総工費約58,000円余りで明治43年(1910)に完成した公会堂。左右対称のコロニアルスタイルの建築で、ブルーグレーとイエローが印象的な建物。大正天皇が皇太子時代に宿舎として利用したことでも知られている。昭和49年に国の重要文化財に指定された。市電「末広町電停」下車徒歩7分。

    元町は散策に最高なので、そのついでに寄る価値大です。300円かかりますが、中の家具や調度も興味深いので、入る価値あります。近くのある旧イギリス領事館とのセット券だと100円引きです。

  • 函館ハリストス正教会
    rating-image
    4.0
    467件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町3-13
    緑の屋根と白壁のコントラストが美しい、日本で最初のロシア正教会聖堂。弁天末広通りから大三坂を上った先にある。明治の函館大火で焼失した初代聖堂に代わり、大正5年(1916)に現在の聖堂が建てられ、のちに国の重要文化財に指定された。また平成8年(1996)には、鐘楼の鐘の音が「日本の音風景百選」にも選ばれている。

    函館市内にあるハリストス正教会です。 日本最古のギリシャ正教会で、大正5年に建設されたそうです。 チャチャ登りにあり、向かいに聖ヨハネ教会があります。 残念ながら修復中でした。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区なのでゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 函館山
    旅行/観光
    北海道函館市
    函館の夜景スポットとして有名な「函館山」。夜景が楽しめる山頂まではロープウェイやバス、車などアクセス方法も豊富(自動車道は11月中旬から4月上旬までは通行止めとなるため注意)山頂からは函館の景色が一望でき、夜はもちろん、昼や夕暮れ時もおすすめ。展望台には夜景を楽しみながら食事ができるレストランや、北海道銘菓やオリジナルグッズが揃っているショップなどもある。
  • カトリック元町教会
    rating-image
    4.0
    247件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町15-30
    ゴシック建築を用いた大鐘楼が特徴のカトリック元町教会。現在の建物は大正13年(1924)に再建されたもの。キリスト教宣教再開の象徴として、国内では最も古い歴史を持つ教会の一つ。函館市 元町函館山エリア 市電「十字街」電停下車 徒歩10分。

    函館市内にあるカトリック元町教会です。 大三坂沿いにあります。 ゴシック建築のカトリック教会で、大正13年に建築されたそうです。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区、すぐ近くに聖ヨハネ教会、ハリストス正教会があります。 ゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 函館市旧イギリス領事館
    rating-image
    4.0
    258件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町33-14
    北海道函館市にある、かつてのイギリス領事官。領事館としては昭和9年(1934)まで使用されていた。旧イギリス領事館の当時の様子を楽しめる「展示室」と、函館開港の歴史を学べる「開港ミュージアム」がある。昭和54年(1979)に函館市の有形文化財に指定された。ショップやティールームも併設されているので、イギリスの伝統的アフタヌーンティーも楽しめる。

    函館市内にある旧イギリス領事館です。 坂の途中にあります。 明治の洋風建築が可愛らしいです。 無料で見学でき、館内には喫茶店もあります。 お庭は寂しい感じでしたが、シーズンになると薔薇が咲くようです。 函館駅からは距離があり、バスを利用すると便利です。

  • 箱館奉行所
    rating-image
    4.0
    316件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市五稜郭町44-3
    江戸時代末期の明治元年(1864)、開港とともに設置された江戸幕府の役所。幕末の北方警備と、対外折衝の重責を担った奉行所である。その後、箱館戦争の舞台となり、明治時代に入ると新政府により奉行所は解体されたが、平成22年(2010)に当時の約三分の一の広さで復元。奉行所の当時の姿を垣間見ることができる。また、五稜郭から発掘された遺物なども展示されており、見どころ満載だ。

    函館で時間があったので立ち寄ってみました。旧幕府軍最後の交戦地となった場所に当時の建物の一部分が復元されています。入った感じはだだっ広い宴会場の集まり、奥に進むと高級旅館といった感じです。 箱館戦争で艦砲射撃は受けたものの建物は残っていたようですね。砲弾が届かなかったからなのか。ただここで戦闘があったらあっという間に壊れていたでしょう。造られたのは1862年、通商や外交が目的で戦闘施設ではありま...

  • 燈台の聖母 トラピスト修道院
    rating-image
    4.0
    133件の口コミ
    旅行/観光
    北海道北斗市三ツ石392
    北海道北斗市にある日本最初の男子修道院。赤レンガで造られた修道院周辺は自由に見学ができ、桜や紅葉など四季折々の自然を楽しめる。また、売店では修道士が作った「トラピストクッキー」やバターが販売されている。女人禁制のため、内部の見学は事前予約で男性のみ可能。

    修道院までの一本道はとても感動します。 国道からはすこし分かりにくいので、必ずナビらないとだめです。函館からいくと、途中、案内板があるので安心して走っていると通りすぎます。 トラピスチヌ修道院とかその点が不親切ですね。 売店がありますが、ここでしか買えないバター飴はチェックして見てください。

  • 函館山展望台
    旅行/観光
    北海道函館市函館山字御殿山
    函館市とその近郊を一望できる、函館山山頂にある展望台。地上からは函館山ロープウェイで3分ほどで到着する。最上階の屋上展望台では、旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にも三ツ星として掲載されている美しい函館山の眺望が楽しめる。展望台内には函館山限定のグッズを販売するギフトショップや、夜景を一望しながらシェフ自慢の和・洋料理を楽しめるレストランも入っている。無数の灯りがきらめく夜景は一見の価値ありだ。
  • 松前公園
    rating-image
    4.5
    60件の口コミ
    旅行/観光
    北海道松前郡松前町松城
    北海道松前郡松前町にある公園。公園内は「松前城」をはじめ、「松前藩屋敷」などの観光施設もあり、歴史の名所としても知られている。また、花の名所にもなっており、桜をはじめバラやボタン、アジサイなど四季折々の花々も楽しめる。春には「松前さくらまつり」、8月には「松前あじさいまつり」が開催され多くの人で賑わう。

    北海道でお城は松前にしかありません。お城の周りは公園になっています。春には満開の桜デコレーションされます賑わいます。公園内は広く散歩するにも最適です。

  • 函館山ロープウェイ
    旅行/観光
    北海道函館市元町19-7
    電停「十字街」から徒歩で約10分、函館駅から車で約10分。南部陣屋跡のすぐそばに駅がある函館山のロープウェイ。125人乗りの大型ゴンドラで、山麓駅と山頂展望台駅があり、トップスピード秒速7mで海抜334mの山頂まで約3分で到着する。四季折々に美しい姿を見せる山頂展望台からの函館の夜景は、世界一の夜景との呼び声も高く函館観光の代表格。日没頃から1、2時間は夜景を見に訪れる人々で混雑することが多い。
  • 道の駅 しかべ間歇泉公園
    rating-image
    4.0
    109件の口コミ
    交通
    北海道茅部郡鹿部町字鹿部18-1
    鹿部町にある間欠泉が施設内にある道の駅。大正13年(1924)に見つかった間欠泉は約12分間隔で豪快に噴き上がり、その温泉を利用した足湯が整備されている。物産館では特産品の鹿部たらこなどの水産加工品や水揚げされた鮮魚、地元の惣菜などを販売。併設の温泉蒸し釜やバーベキュー施設ですぐ味わえる。また浜のかあさん食堂では鹿部漁協女性部のメンバーが魚介を使ったメニューを提供、家庭料理の体験教室も開催している。

    某機内誌で取り上げられた浜の母さん食堂でのランチがオススメ。営業時間は11時-14時。松竹梅の法則に従い、お値段真ん中のハーフたらこ御膳1,000円を選択。他にプレミアムたらこ御膳は1,100円、只の日替わり煮魚御膳は900円。本日の魚は黄ゾイ。Cash Only! 地域共通クーポン券は使えないのは寧ろアッパレ!

  • 函館聖ヨハネ教会
    rating-image
    3.5
    111件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町3-23
    近くのロープウェイに乗って見下ろすと茶色い屋根が十字架になっているのがわかる、印象的な建物の函館聖ヨハネ協会。元町の有名な教会群の一角にある。平成18年(2006)に新設された隣接する牧師館は函館都市景観賞を受賞。市電 十字街 電停下車徒歩15分。

    函館市内にある聖ヨハネ教会です。 チャチャ登りにあり、向かいにハリストス正教会があります。 赤い屋根に特徴のある形です。 このまわりには歴史的で重要な建物、観光地が多い地区なのでゆっくり散策すると良いでしょう。

  • 天使の聖母 トラピスチヌ修道院
    旅行/観光
    北海道函館市上湯川町346
    バス停「トラピスチヌ前」から徒歩で約10分。函館山と市街地に挟まれた高台にある修道院で厳律シトー会に属している。明治31年(1898)に日本で初めての女子観想修道院として創設された。当初使用されていた旧孤児院は嵐によって失われ、再建された建物も火事によって消失した。現在ある修道院は昭和2年(1927)に再建されたもので、煉瓦の外壁や半円状の窓が特徴的。資料館と売店が併設された天使園ではフランスのケーキ「マダレナ」がお土産として人気が高い。
  • 旧相馬家住宅
    rating-image
    4.5
    96件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市元町33-2
    明治41年(1908)に、豪商・相馬哲平の私邸として建てられた屋敷である。相馬哲平は米穀商として財を成し、「旧函館区公会堂」に私財を投じるなど、函館の発展に貢献した人物だ。和と洋が融合した贅を尽くした造りであり、見どころも満載。ボランティアによるガイドが随時行われており、音声ガイド機(日・英)も多数用意されている。併設されているカフェでは、焙煎したてのコーヒーやアロニア健康果樹ジュースを提供。函館湾や旧イギリス領事館といった函館の町並みを望める。

    元町公園の隣り。雰囲気のある大邸宅なので、この辺りでもひときわ異彩を放っていると思います。 ただ、建物の内部の拝観は4月からだそう。仕方がないので外から覗いただけですが、玄関から勿体のある邸宅全体を見上げる外観などちょっと普通ではない雰囲気がムンムンしていました。 豪邸のかつての主人は相馬哲平。米穀商で財を築き、旧函館区公会堂の建設にも相当の私財を投じたとのことでした。

  • 函館市地域交流まちづくりセンター
    rating-image
    4.0
    74件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市末広町4-19
    大正12年(1923)創建の丸井今井呉服店函館支店として建てられた建物を再利用し、平成19年(2007)4月に開館した函館市地域交流まちづくりセンター。地域情報や観光情報の発信もしている。市電「十字街」電停徒歩1分。函館バス 「十字街」バス停徒歩0分。

    函館山ロープウェイの山麓駅から南部坂を下って行くと市電通りに面して立っていました。やや円形のレトロな建築物で、外観を眺めるだけでも十分と云えそうでした。後日、館内を訪問してみたところ観光客向けの施設を兼ねておりパンフレット類も設置されていました。

  • 函館八幡宮
    rating-image
    4.0
    62件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市谷地頭町2-5
    北海道函館市にある神社。「品陀和気命(ほんだわけのみこと)」などが祀られており、開運・海上安全・商売繁盛などのご利益があることで知られている。また、毎年8月15日に行われる「函館八幡宮例大祭」は、函館市の人気祭りとして有名で、開催時には多くの人々が訪れる。

    函館山へのロープウェイ乗り場から徒歩圏内で、函館山観光後に伺いました。 立派な社殿で、鳥居から見る函館市内の眺めが良かったです。xa0 平日の午前中で観光客は少なく、ゆっくり見学できました。近くに函館護国神社もあり、一緒に見学すると良いでしょう。

  • 函館市北方民族資料館
    rating-image
    4.0
    118件の口コミ
    旅行/観光
    北海道函館市末広町21-7
    函館市末広町にある、北方民族の暮らしや文化を紹介した資料館。世界的に学術的価値の高いコレクションが展示されている。明治時代前半に収集された函館博物館旧蔵資料や、北方民族研究の世界的な権威者である馬場脩氏が収集した、アイヌ民族資料などがある。

    主人がゴールデンカムイ好きで行ってきました。 正直全く興味は無かったけど、入館料が300円とお安かったので行く事に…。 行ってみるとアイヌ民族のオシャレさにビックリ。小刀の装飾の細かさや服もデザイン性が高くて、引き込まれました。 展示物に添えられた『館長談』の解説が、ユーモアもあって分かりやすいです。 建物自体もステキです。日本銀行函館支店だった建物を改装しているそうで、館内のヒミツも紹介...

  • 八幡坂
    旅行/観光
    北海道函館市末広町
    坂の多い函館でも最も美しい絶景が見れる坂として名高い坂。CMのロケ地にも使われ、「チャーミーグリーンの坂」として愛された。坂をのぼりきると、海に向かってまっすぐ伸びた美しい道に圧倒される。季節ごとに違った表情があるのも魅力。坂上までは手すり付きの階段が整備されている。
  • 道の駅 みそぎの郷 きこない
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    交通
    北海道上磯郡木古内町本町338-14
    北海道上磯郡木古内町の北海道道383号沿いにある道の駅。北海道新幹線「木古内駅」の駅前にあり、「観光コンシェルジュ」が常駐している。「みそぎの塩ソフト」や奥田政行シェフ監修のイタリアンレストラン「どうなんde's Ocuda Spirits」などが人気。また建物は、地元特産の「道南杉」を使用している。

    木古内駅前にある道の駅で、列車利用客にも便利でした。館内に入ると道の駅定番の土産物ショップと飲食店等が営業していました。オフシーズンで閑散としているかと思いきやそれなりに利用者があり、特にベーカリーショップには行列が出来ていました。

北海道の主要エリア

around-area-map

北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

北海道の写真集

目的から探す