高知のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 坂本龍馬像
    旅行/観光
    高知県高知市浦戸 桂浜公園内
    高知市浦戸の「桂浜公園」内に建つ坂本龍馬の銅像。地元の有志の募金活動によって建設資金を集め昭和3年(1928)に完成。高さは台座を含めて約13.5mで、和服にブーツ姿の坂本龍馬が桂浜の高台から太平洋を見つめている。春と秋には、像の横に同じ高さの特設展望台を設置する「龍馬に大接近」が開催される。
  • 岩崎彌太郎銅像
    旅行/観光
    高知県安芸市井ノ口甲
    昭和60年(1985)に岩崎彌太郎生誕150年を記念して建てられた銅像。当初は安芸市役所近くの上江ノ川公園内に建っていたが、平成27年(2015)に岩崎彌太郎生家前へ移設された。和服姿で海に向かって立つ弥太郎をイメージした像は高さ3.3m、台座の高さ.1mの巨大な像。その堂々とした姿には偉人のもつ独特の雰囲気が漂っており、見応えも抜群だ。力強く右手をあげ、時代の激風に向かって立つ威風堂々とした姿に並んで記念撮影する観光客の姿も多い。
  • 維新の門
    旅行/観光
    高知県高岡郡梼原町川西路2352-1
    志士の足跡が残る地を選び八志士の群像を大志を抱き、峻険を駆け抜けた男たちの決意を偲んで建立された門。郷土を誇りとする青年たちの情熱と維新の里の発展を希求する町内外の多くの有志の熱い想いが込められている。
  • 浜田の泊り屋
    旅行/観光
    高知県宿毛市山奈町芳奈字宮の下1307
    幕末から明治にかけて、幡多地区の各部落では泊り屋を建てて若い衆が宿泊する風習があった。 幡多地区の泊り屋(「やぐら」とも言った)は、すべて高床式の独立家屋で、百数十ヵ所も設置されていた。現在では、この芳奈部落に四つの泊り屋が残っている。
  • 為松公園(中村城跡)
    旅行/観光
    高知県四万十市中村
    四万十市立郷土資料館の近くにある市民公園。応仁の乱の際に為松氏によって築城された「中村城(別名、為松城)」の跡地を整地した公園。碁盤の目状に広がる小京都中村の街を一望できる高台にあり、桜の名所として知られる。園内には約500本のソメイヨシノが植栽され、例年3月下旬から4月上旬のシーズンには満開の桜と、「四万十川花絵巻 桜の巻」の期間中には、夜間にボンボリが点灯し幻想的な夜桜を楽しむことができる。
  • 安徳天皇陵墓参考地(横倉山県立自然公園)
    旅行/観光
    高知県高岡郡越知町越知丁2332-4
    越知町西方に屹立し、標高774mの山である横倉山や仁淀川などが見どころの横倉山県立自然公園の中にある墓参考地。国の指定を受けている。安徳天皇が都を忍び従臣と共に蹴鞠をして遊んだ場所として伝えられている。県内で唯一の宮内庁所轄地だ。
  • 吉村虎太郎銅像
    旅行/観光
    高知県高岡郡津野町新田
    津野山郷芳生野の庄屋として生まれた吉村虎太郎の銅像。24歳のときに土佐勤王党に加盟。勤王の志に燃え二度の脱藩を経て天誅組を組織し、総裁をつとめた。天誅組の行動は明治維新のさきがけとなったことで有名だ。
  • ゆすはら座
    旅行/観光
    高知県高岡郡梼原町梼原1496-1
    昭和23年(1948)に梼原町の町組によって北町に建設され平成7年(1995)に東町に移転復元された建物。大正時代の和洋折衷様式を取り入れた建造物で、モダンな外形に花道のついた舞台・2階の桟敷席・天井の木目の美しさが素晴らしい。また、高知県下では唯一の木造りの芝居小屋でもある。
  • 六志士の墓
    旅行/観光
    高知県高岡郡梼原町梼原1561
    梼原町にゆかりの勤王志士である吉村虎太郎・那須信吾・那須俊平・前田繁馬・中平龍之介・掛橋和泉を分霊した墓地。幕末時代に尊皇攘夷論を唱え、国事に奔走して殉死した彼らの墓地は梼原町の指定文化財にもなっている。
  • 東町 茶堂
    旅行/観光
    高知県高岡郡梼原町梼原1565
    梼原町各地に今も現存するお茶堂。慶長9年(1604)から11年にかけて津野山郷各村々に茶堂を建て、弘法大師・考山霊・三界万霊を祭り、厄払招福の祭りをする申し合わせがなされたと、その起源について伝えられている。広さは2間(3.6m)に1間半(2.72m)くらいで現在町内には13棟が保存されている。
  • 長宗我部元親公初陣の像
    旅行/観光
    高知県高知市長浜6600 若宮八幡宮外苑
    長宗我部元親は長宗我部氏第21代当主。土佐の国人から戦国大名へと成長し、土佐統一を経て四国全土をほぼ統一した人物として有名だ。若宮八幡宮は、長宗我部元親が出陣の際の戦勝祈願の社として崇敬していた神社で、像は長宗我部元親公没後400年に当たる平成11年(1999)に、地元有志「一領具足会」の発案により若宮八幡宮内に建立された。
  • 旧立川番所書院
    旅行/観光
    高知県長岡郡大豊町立川下名28
    日本後記に延暦16年(797)に丹川すなわち立川駅が置かれたとある、古い歴史を持つ立川下名口番所(立川関)。藩主参勤交代の本陣として重要視され、岩佐口番所、池川口番所とならんで土佐の三大番所の一つだった。現在の建物は昭和48年(1973)に町が譲り受け、昭和49年(1974)に旧立川番所書院として国の重要文化財に指定された。
  • お龍・君枝姉妹像
    旅行/観光
    高知県安芸郡芸西村和食甲
    「琴ヶ浜 松原野外劇場入口」の看板から300mほど進んだ先にあるブロンズ像。眼前に黒潮の太平洋、背後に緑濃い松並木が続く琴ヶ浜に高さ1.7メートルの姉妹像が立っている。平成5年(1993)に除幕したこの像は「姉妹愛と共に龍馬・覚兵衛を記念しよう」という芸西村の思いから建設されたもの。坂本龍馬の妻・お龍とその妹、君枝が眺めるのははるか遠い桂浜の龍馬像だ。この琴ヶ浜には龍馬を失ったお龍が龍馬遺品の短銃で雀を撃って戯れたり、ここを去る際に保存していた龍馬からの手紙を焼き捨てるよう依頼した等のエピソードが残っている。
  • 岡御殿
    旅行/観光
    高知県安芸郡田野町2147-1
    天保15年(1844)に建築された田野の豪商・岡家の屋敷。かつては参勤交代や東部巡視の本陣として使用していた建物を一般公開している。敷地内には御殿をはじめ茶の間や土蔵、御成門などが保存復元されており、藩政末期の様子を偲ぶことが可能。面を取った角柱と敷詰の畳からなる御殿は高知県東部において最高の格式をもった建物だ。政治や経済、文化の中心として繁栄した田野の面影を残し、当時の建築様式を現代に繋いでいることから県の有形文化財に指定された。
  • 日根野道場跡
    旅行/観光
    高知県高知市上町2-13
    龍馬誕生地から徒歩でも5分ほどの場所にあった龍馬ゆかりの地。龍馬はここで14歳から19歳まで修業し、剣法や居合・槍・棒・薙刀・騎射・水泳・水馬などの武芸を身につけた。道場跡を決定づけるものは何もないが頑丈な石垣や、土用竹の生垣は道場ありし頃の光景を彷彿させる。
  • 中岡慎太郎 銅像
    旅行/観光
    高知県室戸市室戸岬町
    室戸岬の先端近くに太平洋を見据えるように建っている明治維新の勤王の志士 中岡慎太郎の像。中岡慎太郎は、海援隊長の坂本龍馬とともに活躍し慶応3年(1867)11月15日に京都河原町の近江屋で刺客に襲われ、龍馬とともに落命した。この像は、昭和10年(1935)安芸郡青年団が主体となって建てられた。
  • 武市半平太 旧宅・墓
    旅行/観光
    高知県高知市仁井田3021
  • 柏島石堤
    旅行/観光
    高知県幡多郡大月町柏島
  • 千尋岬の化石連痕
    旅行/観光
    高知県土佐清水市
  • 安徳天皇御陵参考地
    旅行/観光
    高知県高岡郡越知町

高知の主要エリア

around-area-map

四万十川や仁淀川、物部川、安田川など多くの川が流れている高知県。 カヌーやラフティング・釣りなど観光名所としても有名で、水辺利用率は常に全国トップクラスを誇ります。 高知龍馬空港を利用すれば国内各地からのアクセスも良好で、羽田空港から約1時間半、関西の伊丹空港から約45分です。 高知県はミュージアムが多く、特にアンパンマンの作者であるやなせたかしの故郷に建つ「香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館」はファミリーに人気の観光スポットです。 また「海洋堂かっぱ館」には、カッパのフィギュアを競う四万十川カッパ造形大賞の全応募作品を収蔵されており、四万十川の河童伝説を楽しむことができます。 高知と言えばカツオの一本釣りが有名で、名物ももちろんカツオです。それ以外にも香南ニラ塩焼きそば、シャモ鍋、四万十ポーク丼などたくさんのご当地グルメを堪能できます。

高知の写真集

目的から探す