高知の資料/郷土/展示/文学館スポット一覧

  • 高知よさこい情報交流館
    rating-image
    4.0
    70件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市はりまや町1-10-1
    昭和29年(1954)に誕生した「よさこい祭り」。その歴史や魅力を紹介する施設である。150インチの大型スクリーンで、臨場感たっぷりによさこい祭りの歴史を伝える「よさこいシアター」、実際に踊ったり衣装を身に着けられる「よさこい体感コーナー」などがあり、大人も子どもも楽しめる。

    はりやま橋観光バスターミナルが最寄りのバス停です。高知よさこい情報交流館は、歴史や魅力を紹介する所です。館内には、歴史と知識のエリア「よさこいサークル」と、進化と体験のエリア「よさこいスクエア」があります。よさこいシアターでは、迫力ある150インチの大型スクリーンで、よさこいの60年の歩みを見ることができます。

  • 高知県立文学館
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市丸ノ内1-1-20
    高知城のふもとにどっしりと佇む文学館。日本文学史初の日記文学である『土佐日記』の作者・紀貫之から、有川ひろをはじめとする現代作家まで、高知ゆかりの文学者・作家約40名に関する資料や作品を、時代やテーマごとに紹介している。没後周年にあたる文学者や話題の文学者をローテーションで紹介するユニークな常設展示が特徴的で、来館の度に新しい文学の知識に触れることができる。館内には高知出身の物理学者・随筆家である寺田寅彦の記念室、宮尾文学の世界の特別展示室が併設されており、原稿や書簡、絵画等の貴重な資料が展示されている。

    高知城の城郭の周辺には今工事中の県立図書館や歴史博物館がありますが、外壁が石張りの重厚な建物が、高知県ゆかりの作家や作品を紹介する文学館になっていました。 古くは土佐日記の紀貫之や、近代では、司馬遼太郎、大岡昇平、井伏鱒二、高浜虚子など読書家には必見の文学館です。

  • こうち旅広場内 「龍馬伝」幕末志士社中
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高知市北本町2-10-17
    幕末にタイムスリップしたような感覚が楽しめる場所。龍馬ブームを巻き起こした「龍馬伝」で撮影に使用された、坂本龍馬の生家を再現してある。龍馬と高知の幕末の偉人紹介コーナーや写真撮影コーナーなども設けてあり、高知の特産品や銘菓・龍馬グッズ・茶屋メニューなどがある売店も楽しい。

    大河ドラマ「龍馬伝」で使用した龍馬の生家を再現していました。生家の中には、無料で入れます。生家の中の龍馬の部屋や台所が凄いリアルでした。駅構内にも土産物屋がありますが、ここでの商品には違いがあるようなので、買い物忘れないようにしてください。

  • 高知県立歴史民俗資料館
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    高知県南国市岡豊町八幡1099-1
    南国市岡豊町八幡にある資料館。隣接する国指定史跡「岡豊城跡」や土佐の大名・長宗我部氏の歴史に関する資料展示を行う長宗我部展示室と、原始から現代までの高知の歴史と文化を辿る総合展示室を備える。阿波中富川合戦時の長宗我部軍本陣の再現や、江戸時代に土佐藩の藩窯で焼かれた尾戸焼などの常設展示のほか、土佐の歴史や民俗と関連した企画展や、ミュージアムトーク、ワークショップなども開催する。

    少し高台にあります。 資料館の展示はもちろんですが、岡豊城跡地であり、公園になっていますので、ハイキングにも適しています。

  • 中岡慎太郎館
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    高知県安芸郡北川村柏木140
    安芸郡北川村柏木にある資料館。坂本龍馬と共に薩長同盟締結に大きな役割を果たした中岡慎太郎に関する資料展示を行っている。映像やパネルで中岡慎太郎の生涯を辿る展示や、貴重な歴史資料の展示、また幕末に関する企画展も開催。

    中岡慎太郎生家(なかおかしんたろうせいか)は、高知県安芸郡北川村柏木(こうちけんあきぐんきたがわむらかしわぎ)にある古民家だ。 幕末の偉人「中岡慎太郎」が生まれた家が復元されている。 この日はモネの庭マルモッタンを見学した。 そこから車で、中岡慎太郎生家にやってきた...

  • ジョン万次郎資料館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    高知県土佐清水市養老303
    土佐清水市養老にある資料館。土佐出身で、日本人ではじめてアメリカに渡った人物として知られるジョン万次郎に関する資料展示を行っている。壁面グラフィックやプロジェクションなどを駆使した展示でジョン万次郎の生涯を辿ることができるほか、海を描いたトリックアートを使った記念撮影なども楽しめる。施設内にはレストラン「海風食堂」も併設。

    こから黒潮に流されて漂流して生きて戻れたと思うと凄いなと実感! しかし万次郎が住んでいた家が想像よりも小さく住みづらいかと感じました。

  • 海洋堂 かっぱ館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高岡郡四万十町打井川685-1
    高岡郡四万十町打井川にある展示施設。フィギュアの制作メーカーとして知られる「海洋堂」が主催したカッパのフィギュアの造形コンテスト「カッパ造形大賞」の応募作品を展示している。約2km離れた県道55号線沿いには「海洋堂ホビー館四万十」も。

    入館料は500円。ホビー館と共通入場券は、1300円。 河童の展示物がたくさんあり、河童亭という、レストランもありました。河童カレーが、河童のキャラクターを取り入れたカレーでした。

  • 四万十市郷土博物館
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    旅行/観光
    高知県四万十市中村2356 為松公園内
    四万十市中村の「為松公園」内にある郷土資料館。山内一豊の弟である山内康豊の居城・中村城の城跡に位置し、四万十川沿いの歴史と文化に関する資料展示や、古文書や美術品などの郷土資料の展示を行っている。城を模した建物の天守部分には、市街地を一望できる展望施設も備えている。

    為松公園には幾つもの駐車場があるようだが、四万十市立郷土博物館をカーナビに入れたら、車がすれ違えないような道だった。

  • 佐川町立青山文庫
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    高知県高岡郡佐川町甲1453-1
    田中光顕が収集した幕末維新期の遺墨コレクションを主に展示している施設。武市半平太・坂本龍馬・中岡慎太郎ら土佐を代表する志士たちの資料や、水戸・長州・薩摩などの列強雄藩、朝廷や幕府の関係者の資料などを収蔵している。年4回程度の展示替えを行いながら特別展・企画展・小展など開催。

    多くの偉人を輩出した佐川町にゆかりのある人物を中心に、歴史的な資料が展示されています。 周辺は司牡丹酒造や牧野公園があり、散策にも適しています。 旧の建物も近くにあります。

  • 安芸市立歴史民俗資料館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    高知県安芸市土居953-イ
    戦国時代の土佐藩家老・五藤家が居を構えた安芸城跡に佇む資料館。藩政期の土佐藩を知る上で貴重な資料である五藤家文書をはじめ、地元にゆかりのある美術工芸品や武具、民具などを収蔵している。常設展では三菱グループの創業者・岩崎彌太郎に代表される安芸ゆかりの偉人たちを紹介。市内から出土した考古資料や古文書なども展示されており、気軽に安芸の歴史をたどることが可能だ。明治から大正、昭和にかけての雛人形などを一同に展示した企画展も年に2、3回の頻度で行われている。

    歴史民族資料館であり安芸城跡です。 鎌倉時代から安芸氏のお城でした。 山ノ内一豊の時代に家老の五藤氏の城となり資料館内は五藤氏の物も展示されてました。

  • 創造広場「アクトランド」
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    高知県香南市野市町大谷928-1
    香南市野市町大谷にあるテーマパーク。リアルな蝋人形を駆使した「龍馬歴史館」と「世界偉人館」をはじめ、幕末の絵師・絵金(弘瀬金蔵)やガーナ出身のアーティストであるフランシス・クワティ・ニーオなどの作品展示施設、世界のモデルカーやクラシックカー、ボンネットバスの博物館などを備える。

    2015年にリニューアルオープンしたテーマパークです。前身は1988年から2012年まで運営していた蝋人形の館「龍馬歴史館」。2020年現在、トリップアドバイザーにはこの「創造広場アクトランド」のページと別に龍馬歴史館のページもまだ存在しているみたいです。アクトランドは遊具などのフリースペースと入館料が必要な8つの展示館で構成されており、龍馬歴史館はこの展示館の1つになっていて1500円で入館でき...

  • 海のギャラリー(土佐清水市立貝類展示館)
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    高知県土佐清水市竜串23-8
    巨大なコンクリートを2枚合わせた合掌造りで真っ白なオオシャコガイをイメージしてデザインされている展示館。館内に展示している貝はすべて、土佐清水市在住の洋画家「黒原和男」のコレクション。学術的にも貴重な貝を含む色とりどりの美しい貝達が、約3000種類5万点あり、展示されている。

    ガラスに展示上はホコリだらけで虫の死骸がまるで展示物のように沢山あります。お客さんは私たちを含め6人 忙しそうには見えなかったですが、受付の方もチケットを渡すだけの淡々とした作業。。 貝はとても綺麗でしたが、もう一度行きたいとは思いませんでした。

  • 室戸世界ジオパークセンター
    旅行/観光
    高知県室戸市室戸岬町1810-2
    室戸ユネスコ世界ジオパークの拠点施設である。ビジターセンターやインフォメーションセンターがあるので、ジオパークに訪れる際はまずはここに足を運ぼう。「ジオシアター」では、大型スクリーンを用いた迫力ある映像で室戸世界ジオパークを紹介。グッズや各種体験プログラムの案内も行っている。
  • 大原富枝文学館
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    高知県長岡郡本山町本山568-2
    大原富枝の生涯の歩みと作品を展示室で紹介している文学館。生原稿など貴重な資料展示に加えて、代表作の「婉という女」にスポットを当てた大原富枝の世界を展開している。また大原富枝の心を現した「茶室・安履庵」も広く解放している。

    本山城跡に行った後に都合により寄りましたが失礼ながら誰かも知りませんでした。正直採算が非常に気になりました。

  • 安芸観光情報センター -彌太郎こころざし社中-
    rating-image
    3.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    高知県安芸市矢ノ丸1-4-32
    安芸の中心部に位置する観光情報センター。安芸を中心に高知県東部地域の情報発信基地として最新のイベント情報やおすすめスポットなどを紹介している。「志国高知龍馬ふるさと博」の開催に伴ってオープンした施設内には三菱グループの創始者・岩崎弥太郎について詳しく紹介するコーナーを完備。家系図や龍馬達との相関図等が展示されており、激動の時代を生きた岩崎弥太郎の生涯に触れることが可能だ。お土産・物産品の販売やレンタサイクル無料貸し出しなども行っているため、安芸散策の拠点に最適。

    竜馬パスポートの青色から赤色への変更手続きができる施設と 案内があったので、利用させていただきました。 国道沿いの広い駐車スペースのある施設で便利でした。 施設内には、各種のパンフレット類も豊富に置いていて 良かったです。 お土産類もありますが、これは普通かも。

  • お宝屋敷・おおとよ
    旅行/観光
    高知県長岡郡大豊町穴内2210
    国道から見える「鬼」が目印の展示施設。昭和レトロがコンセプトで本館は昭和初期から30年代までを中心に、昔を知る人には懐かしい、知らない人には珍しい品々を展示。別館には昭和後期を中心とした品からアイドル最盛期の物までが展示されている。
  • 竹林寺宝物館
    旅行/観光
    高知県高知市五台山3577
  • カルスト学習館
    旅行/観光
    高知県高岡郡津野町芳生野4921-48
    四国カルスト高知県立自然公園指定天狗高原にある自然学習の出来る施設。四国カルストは山口県秋吉台・福岡県平尾台と並び、日本三大カルストのうちのひとつ。延長東西約25km、標高は1000-1400mの山頂にあり、延長と標高は日本一。学習館には天狗高原ジオラマ・山野草写真・剥製・カルストの生立ち・カルストの生き物など、さまざまな展示がある。
  • 高知市田中良助旧邸資料館
    旅行/観光
    高知県高知市柴巻381
    坂本龍馬がしばしば遊びに訪れた屋敷で、そこで過ごす龍馬の伝承が多く残る田中邸。敷地は強風から家を守るための高い石塀で囲まれ、家屋は切妻造り桟瓦葺きの平屋建てで、山村の豪農であったことを思わせる屋敷構えになっている。
  • 高知市大川筋武家屋敷資料館(市指定有形文化財・旧手嶋家住宅)
    旅行/観光
    高知県高知市大川筋2-2-15
    土佐藩の武士 旧手嶋家の住宅で当時の武家の建築様式を残している城下では唯一の建造物。平成8年(1996)に高知市有形文化財に指定し復元され、同年11月に武家屋敷資料館として開館した。見学するだけでなく、主屋にある大・小二つの座敷を貸室として活用できるようにもなっている。

高知の主要エリア

around-area-map

四万十川や仁淀川、物部川、安田川など多くの川が流れている高知県。 カヌーやラフティング・釣りなど観光名所としても有名で、水辺利用率は常に全国トップクラスを誇ります。 高知龍馬空港を利用すれば国内各地からのアクセスも良好で、羽田空港から約1時間半、関西の伊丹空港から約45分です。 高知県はミュージアムが多く、特にアンパンマンの作者であるやなせたかしの故郷に建つ「香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館」はファミリーに人気の観光スポットです。 また「海洋堂かっぱ館」には、カッパのフィギュアを競う四万十川カッパ造形大賞の全応募作品を収蔵されており、四万十川の河童伝説を楽しむことができます。 高知と言えばカツオの一本釣りが有名で、名物ももちろんカツオです。それ以外にも香南ニラ塩焼きそば、シャモ鍋、四万十ポーク丼などたくさんのご当地グルメを堪能できます。

高知の写真集

目的から探す