第36番札所 独鈷山 伊舎那院 青龍寺

寺院
土佐ICから車で20分のところにある、四国八十八ヵ所霊場第三十六番札所の寺院。弘法大師が唐に留学していたとき霊場建立の地を祈念し、五鈷杵、三鈷杵、独鈷杵の法具3種を投げ、この地に独鈷杵が刺さり開基したといわれる。本尊は海難守護の波切不動明王。昭和48年(1973)に橋が開通するまで浦ノ内湾を船で渡った。そのため、本堂には船を描いた絵馬が多数奉納されている。本堂に安置されている国の重要文化財でもある愛染明王坐は、見どころの一つ。

スポット詳細

住所
高知県土佐市宇佐町龍163 map map 地図
電話番号
0888563010
駐車場
あり(普通車20台)
※無料

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 急な石段を上がって本堂へ
    3.0 投稿日 : 2024.03.20
    手前の駐車場から境内に進むと急坂の石段が目に入りました。ここを上がらなければ本堂と大師堂に到達出来ず、年配の参拝者には大変そうでした。その本堂と大師堂ですが、傷みも少なく全体に新しい建築のようでした。猶、同寺の奥の院は車で移動するとかなりの大廻りになるようで移動の都合上断念しました。
  • 創建は「あり得ない」伝説に基づくものだが、寺院は間違いなく存在していて、素晴らしい!
    5.0 投稿日 : 2023.06.12
    一級品の素晴らしい寺院です、しかし、ここへはアクセスも悪いし、旅館からの交通手段もタクシーチャーターか旅館の好意で送迎して頂くしか手がない。大型バスでは行ける(通行出来る)ような場所ではない。その昔、空海が師である恵果大阿闍梨さんに真言密教の後継者に指名されてあり得ない伝説に基づいて建立したのが当院とか・・・。開創1200年の古刹。本尊は波切不動明王、真言宗豊山派寺院。ここは行く度にしんどく感じる...
  • 第36番札所
    4.0 投稿日 : 2021.11.13
    第36番札所 青龍寺この旅の最終日はこちらのお寺から。本堂までは170段ほどの石段、雨で滑りやすくなっていましたが逆に雰囲気はよくありがたい感じです。明徳義塾のそばにあり横綱朝青龍関は在校中こちらで鍛錬していたそうでしこ名の由来にもなったそうです。山すそにひっそりとある本堂の静寂も良かったです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました