NAVITIME Travel

沖縄の自然スポット一覧

  • 宮古島
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市
    沖縄本島から南西約300kmに位置する島である。東平安名崎、池間大橋などの景勝地を有し、コバルトブルーの海と白い砂浜のコントラストが美しい。また宮古島の北方には日本最大級のサンゴ礁群「八重干瀬」があり、ダイビングやシュノーケルスポットとして人気だ。
  • 古宇利島
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
    沖縄本島北部にある屋我地島のさらに北に位置する島である。エメラルドグリーンの海に囲まれ、周囲は約8km。平成17年(2005年)に屋我地島との間に古宇利大橋が開通したことで、本島から車で行ける離島となった。島内には古民家やサトウキビ畑があり、沖縄の原風景が色濃く残っている。古くから「恋の島」や「神の島」とも言われており、訪れるカップルも多い。
  • 石垣島
    旅行/観光
    沖縄県石垣市
    沖縄県で、沖縄本島、西表島に次いで三番目に大きな島である。八重山諸島の経済、観光、交通の中心地で、離島巡りの際は石垣島から出発する。市街地には土産物屋や飲食店が多くあるため沖縄文化に触れることができる一方、郊外では亜熱帯の木々やコバルトブルーの海や白い砂浜を楽しめる。
  • 佐和田の浜
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市伊良部佐和田
  • 伊計ビーチ
    旅行/観光
    沖縄県うるま市与那城伊計
  • 瀬底ビーチ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡本部町字瀬底
  • 新原ビーチ
    旅行/観光
    沖縄県南城市玉城字百名
  • ムーンビーチ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡恩納村字前兼久
  • 石垣島サンセットビーチ
    旅行/観光
    沖縄県石垣市字平久保234-323
  • 屋我地島
    旅行/観光
    沖縄県名護市
    沖縄本島の北部に位置し、羽地内海に浮かぶ島である。面積は約8平方キロメートル。沖縄本島の東側とは屋我地大橋、奥武島、羽地奥武橋で結ばれており、西側とはワルミ大橋で、古宇利島とは古宇利大橋で結ばれている。干潟には高さ10mを超えるオヒルギ(マングローブ植物)が生息しており、渡り鳥が飛来する。昭和51年(1976)に島全域が国指定屋我地鳥獣保護区に指定された。
  • 辺戸岬
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村辺戸
    沖縄島の最北端に位置し、サンゴ質の絶壁から成っている。晴れた日には与論島などを望むことができる景勝地だ。昭和47年(1972)の沖縄返還の折、「祖国復帰闘争碑」が建てられた。北側に位置する辺戸岬ドームは、約二万年前に形成されたといわれる海の中にある鍾乳洞で、絶好のダイビングスポットとして知られている。
  • 阿嘉島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村阿嘉
    慶良間諸島に属する島で、沖縄県島尻郡座間味村に属する。対岸の座間味島にいた雌犬マリリンに逢うために、海を泳いで渡った雄犬シロの実話がもととなった映画「マリリンに逢いたい」の舞台である。島にはシロの像も設置されている。慶留間島とは阿嘉大橋で、外地島とは慶留間大橋でつながっているため車や自転車で行き来できる。
  • 座間味島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村
    沖縄県那覇市から40km西方、慶良間諸島にある座間味村の主島。真っ白なコーラルサンドとエメラルドグリーンの海の対比が素晴らしく、世界中からダイバーが集まる。豊かな珊瑚礁は生き物をはぐくむ海域として、2005年、ラムサール条約登録地となった。2015年には登録要件を満たすエリアが拡大されたため、登録区域が拡大された。また砂浜はウミガメの産卵地でもあり、冬にはザトウクジラの群れが出産と子育てのために訪れる。大自然を体感できる美しい島である。
  • 渡嘉敷島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡渡嘉敷村
    那覇市の西方30kmに位置する渡嘉敷島。海の透明度は世界屈指のもので、「ケラマブルー」と呼ばれる。阿波連ビーチ・渡嘉志久ビーチなどの美しいビーチがあり、シュノーケルやダイビングを始めとしたマリンスポーツが盛んである。冬場にはザトウクジラの姿も見られる。
  • 久米島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町
    那覇から西に約100km、沖縄諸島の中で最も西に位置する島。琉球王朝時代からその美しさゆえ「球美の島」とも呼ばれた。サンゴでできた真っ白な砂と海のコバルトブルーが美しい砂州「ハテの浜」など、その美しさは東洋一とも。一方で、ザトウクジラやジンベイザメ、イルカなどと遭遇できる格好のダイビングスポットでもあり、久米島の泡盛は数ある泡盛の中でも人気が高い。昭和58年(1983)に、島のほぼ全域が県立自然公園に指定された。
  • 奥武島
    旅行/観光
    沖縄県南城市玉
    沖縄県南城市の沖合い、本島から150mの橋でつながった離島である。車や徒歩で行き来することができるこの島の名物は「沖縄風てんぷら」。沖縄独特の衣が厚めの天ぷらを頬張りながら、のんびりした島の雰囲気を楽しもう。
  • 東平安名崎
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市城辺字保良
    平成19年(2007)に国の名勝に指定された、宮古島を代表する観光地。長さ約2km、コバルトブルーの海に突き出した岬からは美しい沖縄の海を一望できる。岬の先には灯台が設置されており、上に登ることも可能。灯台の上からは水平線が丸く見えるため、初日の出の名所としても知られている。春にはテッポウユリが一面に咲き乱れ、散策スポットとしてもおすすめ。
  • 通り池
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市伊良部字佐和田
    沖縄県宮古島市の下地島にある池。大小二つの円形の池で、大きいものが直径75m、小さいものが直径55m。池は地下部分で繋がっており、さらに海とも洞穴で繋がっているため「通り池」と称されている。多種多様な魚が見られる人気のダイビングスポットで、国の名勝および天然記念物に指定されている。
  • イダの浜
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町西表
    西表島南西部、船浮にあるビーチである。透明度の高い海と遠浅な砂浜で、子連れの海水浴にも人気だ。船浮へは陸路がないため、白浜港から定期船に乗って向かうことになる(約10分)。イダの浜は、船浮港から徒歩で約10分ほどである。
  • 浦内川観光
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町上原870-3
    沖縄県西表島にある、県内最長を誇る浦内川のトレッキングやクルーズを提供している観光会社。亜熱帯のジャングルの中を流れる川を遊覧船でクルージングをするも良し、ジャングルのトレッキングやカヌーを楽しむも良し。夜には日本最南の地でしか見られない星空を堪能できるツアーもあり、様々なシチュエーションで浦内川をまるごと楽しむことができる。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す