NAVITIME Travel

沖縄のその他観光スポット一覧

  • 国際通り
    旅行/観光
    沖縄県那覇市
    沖縄観光の顔であり、那覇の中心街である「国際通り」。戦後の焼け野原から目覚ましい発展を遂げたことで「奇跡の1マイル」とも称される、約1.6kmの通りである。飲食店や土産物屋がずらりとならび、沖縄土産を選ぶならここに足を運べば間違いなし。「よしもと沖縄花月」などエンターテインメント施設もある。毎週日曜の12-18時は歩行者天国になり、一般車両は通行禁止となり、ミニライブや大道芸など様々なイベントが行われている。
  • 壺屋やちむん通り
    旅行/観光
    沖縄県那覇市壺屋
    国際通り近くにある「壺屋やちむん通り」。やちむんとは、沖縄の言葉で焼きもののこと。約330年前、琉球王府が各地の陶工を那覇の壺屋に集めたのが、壺屋焼のはじまりと言われている。石畳や石垣、赤瓦の屋敷など、通りはかつての面影を色濃く残しており、技を受け継ぐ窯元、やちむんやシーサーの販売店、飲食店などが軒を連ねている。
  • 池間大橋
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良
    総工費99億円をかけ1992年2月に開通した、宮古島と池間島とを結ぶ全長1,425mの橋である。透明度が高いエメラルドグリーンの海上を走れるこの橋は、絶好のドライブコースとして人気だ。宮古空港から車で約35分。
  • ブセナ海中公園
    rating-image
    4.0
    500件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市喜瀬1744-1
    名護市の部瀬名岬にある海中公園。部瀬名岬の沖合には海中展望塔があり、色鮮やかな魚たちが泳ぐ様子を360度・24面の窓がある展望塔の中から間近に観察することができる。展望塔手前の桟橋からは、船底のガラスの面を通して沖合いの海中散策もできる、クジラ型のグラス底ボードも運行。いずれも有料。グラス底ボートと海中展望塔がセットになったお得なプランも有。

    小さな小窓から水中を覗くだけの施設。 狭いし階段は急だし、修学旅行生でいっぱいでした。 天気がよければシュノーケリングをオススメします。 天気が悪かったり、寒い時期に海に入れないなら行くのもありかもしれません。

  • 玉取崎展望台
    旅行/観光
    沖縄県石垣市伊原間
    石垣島の美しい海を一望できる展望台。正面にはエメラルドグリーンの伊原間湾、左手には「シーサーのしっぽ」と呼ばれる平久保半島を一望することができる。駐車場から展望台へ向かう遊歩道には、ハイビスカスやソテツ、アダンの木などが咲き、南国ムードを楽しみながら散策できる。
  • 海中道路
    旅行/観光
    沖縄県うるま市与那城屋平
    うるま市にある通行無料の道路。勝連半島(与勝半島)から平安座島を結ぶ約5.2kmの道路はドライブコースの定番。橋の両側には遠浅の海が広がり、絶景スポットして人気。道路の途中には海の駅「あやはし」があり、地元の特産品などのお土産を販売している。
  • 道の駅許田(やんばる物産センター)
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市許田17-1
    名護の国道58号線沿いにある道の駅。農家直送の新鮮な野菜や果物、名産品やお土産を販売している。施設内にはフードコートやパーラーをはじめとする沖縄グルメも揃っている。道路情報や休憩ラウンジ、仮眠室も完備。

    軽食の他、沖縄そばやステーキなどもあります。 A&Wで有名なルートビアもあり、お値段も安くドライブのお供に最適です☆ 混んでいることはあまりありません、店員さんも淡々と商品を渡してくれます。

  • ヤンバルクイナ展望台
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村辺戸
    国頭村にある展望台。山の上に姿を見せるのは、高さ11.5メートルの巨大なヤンバルクイナをモチーフにした展望台で、宇佐浜ビーチや辺戸岬、その周辺の雄大な景勝地を望むことができる。足元からくちばしまで、リアルに象ったヤンバルクイナの胸元と胴体横部分の二ヶ所が展望室となっており、よりスケールの大きい眺望となっている。ずっと与論島方向を見ているクイナの周辺には遊歩道もあり、景色を楽しみながらの散歩にも最適。
  • ワルミ大橋
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村天底
    沖縄本島と屋我地島を結ぶ全長315mのアーチ橋である。本島北部にある沖縄美ら海水族館などの観光地から古宇利島へのアクセスとしても便利な橋だ。眼下にはエメラルドグリーンのワルミ海峡を望め、通行は無料。
  • ニライ橋・カナイ橋
    旅行/観光
    沖縄県南城市知念吉富
    県道86号から国道331号線へと下る、全長1,200mの橋である。ニライカナイとは、はるか海の彼方、神々の住む理想郷という意味。大きなカーブを描く橋はまるで宙に浮いているようで美しく、橋の頂上付近、トンネル上にある展望所からの眺望は素晴らしいの一言。太陽の光を受けて輝く、コバルトブルーの海を堪能することができる。
  • ユーグレナモール
    旅行/観光
    沖縄県石垣市大川208
    石垣島の繁華街、飲食店や土産物屋が100店舗以上も軒を連ねる「ユーグレナモール」。鮮魚や精肉のお店、三階には食堂もある「石垣市公設市場」のほか、雑貨やアクセサリー、地元品などを買えるお店が多数あり、お土産探しや食べ歩きに最適。
  • 伊計大橋
    旅行/観光
    沖縄県うるま市与那城伊計
    昭和57年(1982)に開通した、赤いアーチが印象的な「伊計大橋」。沖縄本島から3つの小島を繋ぐ「海中道路」は全長約4.75kmの海上の道であり、人気のドライブルートである。その最後を飾るのが、最も沖合にある伊計島へと繋ぐ「伊計大橋」。青い海の上を走るドライブを満喫しよう。
  • 浜比嘉大橋
    旅行/観光
    沖縄県うるま市勝連浜比嘉
    平安座島と浜比嘉島を結ぶ、全長1,430mの真っすぐに伸びた橋である。眼下には透明度の高い海が広がっているため、歩いて渡ってみることもおすすめしたい。
  • 伊良部大橋
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良久貝
    伊良部大橋は、宮古島と伊良部島を結ぶ橋として平成27年(2015)1月31日に開通。地元の要請から40年を経て完成に至った。全長は3540mにわたり、通行料が無料の橋としては国内最長である。ダイビングスポットとしても知られる宮古島の海を渡るため、絶景スポットとしても注目されている。
  • 屋我地大橋
    旅行/観光
    沖縄県
    屋我地島と奥武島を結ぶ、全長300mの橋である。歩道も整備されており、橋の上からは遠浅な海を楽しむことができる。
  • 古宇利大橋
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
    古宇利島と屋我地島を結ぶ、全長1,960mの橋である。平成17年(2005)の開通以来、まるで海の上を走っているかのような爽快感がすばらしく、人気のドライブコースとなっている。視界いっぱいに広がるエメラルドグリーンの海と潮風を感じながら、開放感あふれるドライブを楽しむことができる。
  • 湧出展望台
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江上3674付近
    伊江島の貴重な水源地として知られる「湧出」にある、景観の名所として知られる展望台。青く美しい海と60mを越える断崖絶壁が織り成す絶景や湧き出す清水が海中に流れ込む様子を一望することができる。空気が澄んでいるため、晴れた日の夜には満天の星空を眺めることができる。
  • コザゲート通り
    旅行/観光
    沖縄県沖縄市上地4
    米軍基地ゲートを起点する異国情緒あふれるショッピングストリート。外国人経営者のお店が軒を連ね、まるで外国を歩いているような雰囲気が味わえる。おしゃれな看板も多いため、撮影スポットとしても人気。飲食店はもちろん、雑貨屋さんも多いのが特徴で、日本では扱っていないようなレアなものにあえる可能性も。
  • KOURI OCEAN TOWER(コウリ オーシャン タワー)
    rating-image
    4.0
    42件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
    本部半島の北側の海に位置する古宇利島にある「古宇利オーシャンタワー」。海抜82mの高さにある展望塔からは、古宇利大橋とブルーがきれいな海が一望できる。タワーまではカートに乗っていくため、潮風を感じながら、ゆったりとした時間を楽しむことができる。亜熱帯植物が茂る庭園を楽しみながら絶景を後ろに写真撮影も可。タワーの中には、1万点以上もの貝が展示されており、中にはハート型やカラフルな貝も。海を眺めながら食事ができるレストランや、古宇利島限定の工場直売のオリジナルスイーツなどが購入できるショップもある。

    最高のロケーションで食事ができます! 沖縄の綺麗な海を一望できる所で食事を楽しめます。 普段の疲れが癒される場所で、本当に良い食事が出来たと思います。 また行きたいと思うクオリティーでした。

  • 海中道路ロードパーク
    旅行/観光
    沖縄県うるま市与那城屋平
    沖縄本島と平安座島とを結んでいる海中道路にある公園。公園と浜辺が一体となっておりリゾート感にあふれている。平安座海中大橋を超えてすぐの場所に位置し、海に面した場所にベンチも設けられている。晴れた日はハングライダーやモーターボートを楽しむ人々を眺めながらほっとひと息つける場所だ。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す