沖縄の名所スポット一覧

  • 大石林山
    rating-image
    4.5
    378件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
    2億年前の石灰岩が、長い年月をかけ雨水などの浸食されたことでできた、日本唯一の亜熱帯カルスト地形である。はるか昔から聖なる地として伝えられてきた地であり、奇岩や巨石、亜熱帯の森といった大自然を4つのトレッキングコースによって楽しめる。バリアフリーコースも用意されているため、お年寄りや子どもでも安心。大自然が作り出した楽園を堪能することが出来る。

    石とか好きなので、石の博物館だけでも十分に楽しめましたが、カルスト台地の地形は絶景。 山を登りながら、いろいろな形の石灰岩にネーミングしているのを見るのも楽しかった。 沖縄のパワースポットとも呼ばれており、ガンが治ったという投稿もありました。 とりあえず、ガンザバイバーの私もそこでパワーをもらってきました。 山の上からの景色は最高です。

  • ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森
    rating-image
    4.5
    98件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村字安田1477-35
    国頭村安田にあり、国の天然記念物・ヤンバルクイナを間近に観察できる観光施設。平成25年(2013)にオープンした館内には、ヤンバルクイナの生態などがまとめられた資料展示コーナーや、実際の生息環境を再現した観光ブースがあり、目の前でヤンバルクイナの様子が観察できることで人気を集めている。個人や家族で訪れるのはもちろん、団体訪問にも対応しており、施設育ちの人懐こいヤンバルクイナを観察したり、学べるスペースも設けられている。

    辺戸岬に行くときに寄るんですが、小さなミニゴルフ場も併設してあり、かわいいくーちゃんが一匹でいます。二匹にすると縄張り争いで喧嘩するそうです。

  • 座間味村ホエールウォッチング協会
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村座間味地先1
    毎年12-4月ごろ、ザトウクジラをはじめとするさまざまな種類のクジラが繁殖・子育て期を迎え、座間味近海に里帰りする。期間中、座間味沖に里帰りするクジラを観察するツアーを開催している。※見つからなかった日はツアーが行われないこともある。※人気ツアーのため、当日申込を受け付けない場合もある。

    もうただただ感激! 会えます…丘から監視員さんがウォッチングしてポイントへ誘導 慣れたものです。クジラも船を怖がりません。座間味に感謝です

  • 金武鍾乳洞 古酒蔵
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡金武町金武245
    沖縄県金武町にある天然の鍾乳洞。長さは270m地下30mあり、龍神信仰の発祥地として祈りを捧げた拝所が数箇所残っている。現在は洞内の自然環境を活用した古酒蔵として利用されており、古酒のボトルキープサービスを提供している。5年、12年、20年の貯蔵後に発送してくれる。また11時、14時、15時半に鍾乳洞古酒蔵見学ツアーも行っており、内部を見学することができる。駐車場あり。

    鍾乳洞は熟成の為の温度が年間を通じて一定で最適なんだそうです!!・・5年物の焼酎を置かせて頂いて5年たつと発想して、自宅まで送ってくださいます。以前は名物おばあちゃんが対応してくださいましたが、大が変わってもお世話になっています。感謝!!

  • 久米島町奥武島の畳石
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町字奥武島
    久米島の東、奥武島の海岸にある岩畳である。国が指定した天然記念物の奇岩郡だ。干潮時に顔を見せる岩の形が五角形や六角形であることから「亀甲岩」とも呼ばれ、その数は約1,000個以上。表面は波の浸食で平らになっており、自然が産み出した芸術品だ。

    砂浜の先から波打ち際まで、亀の甲羅のような形をした岩がびっしり。 直径1メートル以上の四角、五角、六角形の大きなタイルのようですが、薄い板状ではなく高さ100メートルにも及ぶ柱なのだそうです。柱状節理というらしい。国の天然記念物です。

  • イムギャーマリンガーデン
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市城辺字友利605-2
    宮古島南部にある、美しい自然の入江を利用した海浜公園。半島に囲まれた入り江の一部が公園として整備されていて、付近にはトイレ・シャワーもあり無料で利用できる。半島に囲まれている湾の内側は波も穏やかで、子ども連れの磯遊びでにぎわう姿も見られる。海底にはリーフが点在し、さまざまな魚が生息しているのでシュノーケルポイントとしても人気。湾の周囲に沿って遊歩道があり、丘の上の展望台までつながっている。展望台では海を一望できる。
  • 羽地内海
    旅行/観光
    沖縄県名護市
    名護市にある内海。本部半島と屋我地島、奥武島で囲まれた湾内には干潟が発達しており、貝類をはじめとした貴重な生物が生息している。また、多くの渡り鳥も渡来することから国の鳥獣保護区にも指定されている。同市呉我にある嵐山展望台は、内海を一望できるスポットとして知られている。
  • 首里森御嶽
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里 首里城公園内
    首里城の城壁手前に位置する礼拝所で、城内にある10箇所の御嶽・十嶽のうちの一つ。首里城築城前から存在したと伝えられている琉球開闢神話の聖地で、琉球最古の歌謡集「おもろさうし」にも首里森御嶽に関する詩歌が数多くある程、歴史が長い。現在の首里森御嶽は平成9(1997)年12月に復元されたもの。 首里城公園並びに有料施設を含む園内全施設は、現在2019年10月31日に発生した火災の影響により、臨時休業となっております。今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、首里城公園公式ホームページをご参照ください。
  • 平和の火
    旅行/観光
    沖縄県糸満市字摩文仁444番地(平和祈念公園内)
    沖縄県糸満市にある「平和祈念公園」平和の広場中央にある「平和の火」。沖縄戦で、米軍が最初に上陸した座間味村阿嘉島で採取した火、広島の「平和の灯」、長崎の「誓いの火」から分けられた火を合火し、1991年から灯し続けられていた火を平成7年(1995)6月23日、「慰霊の日」に移して灯したものである。
  • 北谷公園サンセットビーチ管理事務所
    旅行/観光
    沖縄県中頭郡北谷町字美浜2
    アメリカンレッジに隣接する、美しい夕陽が見られることで有名なビーチである。夕暮れ時になると混み始めるので、少し早めの移動がおすすめだ。
  • 浦添大公園
    旅行/観光
    沖縄県浦添市伊祖115-1
    多くの自然林が残る丘陵を利用した総合公園。浦添市の仲間、伊祖、当山の3地区にまたがる広い公園で、3つのゾーンに分けられている。県文化財指定を受けた浦添ようどれと浦添城跡があるAゾーンは歴史的・文化的価値の高いゾーンだ。B・Cゾーンは憩いのスペースとして遊具で遊んだりピクニックをしたりと多彩な楽しみ方が可能だ。
  • 仲原馬場・松並木
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村越地
    沖縄県今帰仁村、国道505号沿いにある松並木。松並木は幅約30m、長さ約250mあり今帰仁小学校の校門まで続く。かつては馬場としても利用され、戦前は地域の民俗行事や、草競馬などが盛んに行わた交流の場だった。植えられている松は18世紀の政治家、蔡温(さいおん)が植樹を進めたと言われる琉球松。かつては沖縄の各地に馬場があったが、耕地や宅地として元の形を失っており、仲原馬場は往時の面影をとどめる貴重な場所となっている。
  • 念頭平松
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡伊平屋村田名
    島尻郡伊平屋村田名にあるリュウキュウマツの木。樹齢は200年から300年と言われており、久米島の「五枝の松」と並び沖縄の二大名松と称される。国の天然記念物にも指定されており、一帯が「念頭平松公園」として整備されている。
  • おばけ坂
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡久米島町具志川
    島尻郡久米島町具志川にある坂道。「おばけ」と呼ばれているが、心霊スポットではない。道と周囲の景色の関係により、坂の上りと下りが逆に見える錯視が引き起こされるスポットとなっており、上り坂を車が勝手に上って行く、というような不思議な感覚を味わえる。
  • 竹富観光センター
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町字竹富441
    八重山郡竹富町字竹富にある観光センター。重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている竹富島の集落を巡る水牛車や、日本最大のサンゴ礁海域「石西礁湖」に属する竹富の海を観察できるグラスボートのツアー、レンタサイクルの貸し出しなどを実施している。近隣では島の食材を使った郷土料理などを提供する「お食事処かにふ」も営業。
  • 豊崎海浜公園
    旅行/観光
    沖縄県豊見城市豊崎5-1
    豊見城市豊崎にある公園。県内最大級の「豊崎美らSUNビーチ」を中心とした海浜公園で、展望台やバーベキューエリア、ビーチサッカーやビーチバレー、バスケットボールなどのスポーツ施設(利用は要予約)や屋外ステージなどの施設を備える。体験シュノーケリングやバナナボートなどの様々なマリンスポーツも楽しめ、年末には「光のガーデンイルミネーション」も開催される。
  • 渡名喜島
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡渡名喜村
    那覇市の北西約58kmに位置する島。渡名喜島と入砂島の二島からなり、面積はあわせて3.84平方km。人口は約450人と沖縄県最小の村で、人が住むようになったのは約3500年前といわれる。戦後も昔の面影をそのまま残し、石垣や福木林に囲まれた赤瓦屋根の主屋などが集落を形づくっている。平成9年(1997)、渡名喜県立自然公園に指定。平成12年(2000)には、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。伝統と自然が息づく島として注目される。
  • 長幕
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡北大東村
    洗面器型をした南北大東島の外周には、幕とよばれる丘陵があり、環状に内陸部を囲んでいる。幕より内陸側は幕下[まくした]、海岸側は幕上[まくえ]といい、幕下は幕により風や潮から守られている。北大東島には東西約1200mわたって続く幕があり、石灰岩の切り立つ絶壁で、長幕とよばれている。大東諸島は独自の植生を持つが、なかでも長幕一帯に生育する植物群落にはダイトウワダン、ダイトウビロウなどの固有種や、ヒメタニワタリなど植生分布の研究上貴重な種が残り、国の天然記念物に指定されている。
  • 倉敷ダム
    旅行/観光
    沖縄県うるま市石川楚南879-1
    比謝川水系与那原川上流に建設されたダム。ダム湖である倉敷湖の周辺は、芝生を敷きつめた5つの広場が整備されている(ダム周辺広場は料金:無料、時間:8-21時、無休)。また、映像やパノラマなどでダムの概要を説明する資料館(料金:無料、時間:9-17時、12月29日-1月3日は休館)や、高さ41.5mの展望タワー(料金:無料、時間:10時-16時30分、12月29日-1月3日は休み)が立つ。資料館、展望タワーは点検等で休館の場合あり。
  • 名護中央公園
    遊ぶ/趣味
    沖縄県名護市名護
    標高345mの名護岳に位置する名護市民の憩いの場所。14世紀に今帰仁[なきじん]城主の弟にあたる名護按司[あじ]が居城としていたところで、現在は城壁なども残っていないが、周辺は公園として整備されている。長い石段を登ってたどり着く展望台からは、名護湾や市街を一望できる。また、桜が咲く花見の名所としても有名で、1月の下旬にはカンヒザクラが咲き誇り、さくら祭りが盛大に催される。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す