関連する記事

関連する観光コース

- 沖縄 PHOTO ALBUM -

banner_photo

ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

沖縄戦で亡くなった、沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の生徒や教師のための慰霊碑。沖縄戦の翌年、両校で最も多くの犠牲者を出したガマ(鍾乳洞)の上に建てられた。沖縄戦では、両校から240人が沖縄陸軍病院に動員され、136人が亡くなった。ひめゆり平和祈念資料館は、ひめゆり学徒隊の体験を通して平和の大切さを語り継ぐため、平成元年(1989)に開館。令和3年(2021)4月には若い世代にもわかりやすく伝えるために、展示をリニューアルした。ひめゆりの生徒たちの学校生活の写真や、体験者の証言映像、ひめゆりの塔のガマのジオラマなどを見ることができる。

place

沖縄県糸満市伊原671-1 (那覇・南部エリア)

phone 0989972100

ひめゆりの塔の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/11/29 伝えたい
友人2人と訪問。
日本で唯一、地上戦が行われた沖縄。
沖縄 女子学生さん達が行った事に敬意!
資料館で更に衝撃‼︎ 戦争の悲惨さ‼︎
無知だった自分が悔やむ。
沖縄に来た際には必ず行きましょう‼︎
投稿日:2020/10/09 語り継がれるもの
那覇市内からバスを乗り継ぎ約1時間。数年前に訪れたことがありますが、周りのお土産店などすべて閉店してとても以前の面影はありません。ですが、やはり考えさせられる場所です。そして、一番驚いたのは資料館、ひめゆりの塔どちらも若い学生の男の子達が沢山いたこと。彼らが一つ一つ展示物を真剣に読んでいる姿には本当にに驚きました。ひめゆりの塔の前でもお父さんが娘さんに真剣にひめゆりの塔について説明している姿には心...
投稿日:2020/10/01 悲惨な過去
日本の負の遺産の1つに向き合う為にも、是非訪問すべきであるが来訪者が減り、周りの飲食店はコロナも手伝って閉店状態、献花の花屋も閉店であった。
学徒たちに代表される罪のない沖縄住民を捨て石にして、見捨てたという過去に向かい合うべきである。

おすすめ記事

詳細情報

住所
沖縄県糸満市伊原671-1 [地図]
エリア
那覇・南部エリア
電話番号
0989972100
時間
9:00-17:25(最終入館17:00)
休業日
無休
料金
【資料館 入館料】
[大人]450円
[高校生]250円
[小、中学生]150円

【資料館 入館料(団体)】※20名様以上
[大人]400円
[高校生]200円
[小、中学生]110円
駐車場
あり(100台)
※周辺のお土産屋さんの駐車場をご利用ください。
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club、その他)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(敷地内に喫煙所あり)
英語メニュー
あり
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。