NAVITIME Travel

北部・名護・恩納の旅行/観光スポット一覧

  • 古宇利島
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
    沖縄本島北部にある屋我地島のさらに北に位置する島である。エメラルドグリーンの海に囲まれ、周囲は約8km。平成17年(2005年)に屋我地島との間に古宇利大橋が開通したことで、本島から車で行ける離島となった。島内には古民家やサトウキビ畑があり、沖縄の原風景が色濃く残っている。古くから「恋の島」や「神の島」とも言われており、訪れるカップルも多い。
  • 万座毛
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡恩納村恩納
    沖縄県国頭郡恩納村にある、沖縄県を代表する人気の景勝地だ。海岸の絶壁に象の鼻を彷彿させる岩があることで有名であり、眼下には澄んだ青い海が一面に広がる。海中の岩などが透けて見えるほど透明度が高い海は息を飲むほどに美しいが、柵がない場所がいくつかあるので注意しよう。
  • 今帰仁城跡
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
    琉球王国成立以前、沖縄本島の北部から奄美地方にかけて治めていた「北山王」が居城した城跡である。平成12年(2000)には世界文化遺産に登録された。標高100mの山頂に位置し、自然の地形を巧みに利用し古生代石灰岩を高く積み上げた城壁の曲線美は必見。「御内原」からの眺めがおすすめだ。
  • サンフーズ港川ファーム
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡東村慶佐次382
  • 屋我地島
    旅行/観光
    沖縄県名護市
    沖縄本島の北部に位置し、羽地内海に浮かぶ島である。面積は約8平方キロメートル。沖縄本島の東側とは屋我地大橋、奥武島、羽地奥武橋で結ばれており、西側とはワルミ大橋で、古宇利島とは古宇利大橋で結ばれている。干潟には高さ10mを超えるオヒルギ(マングローブ植物)が生息しており、渡り鳥が飛来する。昭和51年(1976)に島全域が国指定屋我地鳥獣保護区に指定された。
  • 辺戸岬
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村辺戸
    沖縄島の最北端に位置し、サンゴ質の絶壁から成っている。晴れた日には与論島などを望むことができる景勝地だ。昭和47年(1972)の沖縄返還の折、「祖国復帰闘争碑」が建てられた。北側に位置する辺戸岬ドームは、約二万年前に形成されたといわれる海の中にある鍾乳洞で、絶好のダイビングスポットとして知られている。
  • ブセナ海中公園(休業中)
    rating-image
    4.0
    543件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市喜瀬1744-1
    名護市の部瀬名岬にある海中公園。部瀬名岬の沖合には海中展望塔があり、色鮮やかな魚たちが泳ぐ様子を360度・24面の窓がある展望塔の中から間近に観察することができる。展望塔手前の桟橋からは、船底のガラスの面を通して沖合いの海中散策もできる、クジラ型のグラス底ボードも運行。いずれも有料。グラス底ボートと海中展望塔がセットになったお得なプランも有。

    円筒形の中の階段を下りて行くと魚たちがお出迎えしてくれます。鮮やかな色の魚たちが気持ち良さそうに泳いでいます。ダイビングが苦手な人にはいいですかね

  • オリオンハッピーパーク(オリオンビール名護工場)
    rating-image
    4.5
    346件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市東江2-2-1
    沖縄を代表するビール「オリオンビール」の製造工程をガイド付きで見学できるビール工場。見学の後はオリオンビールの試飲も楽しめる。ドライバーや未成年はソフトドリンクの提供あり。施設内にはできたてのビールと地元の食材を使用した料理が楽しめるレストラン「やんばるの森」があり、レストランのみの利用も可能。工場見学は所要時間60分。電話や公式サイトからの予約可能。

    名護市にあるオリオンビールの工場です。無料で工場見学と試飲をすることができます。始めに工場内のツアーがありとてもわかりやすい説明でビールが出来上がるまでを見学することができます。最後はアルコールの試飲ですが、ノンアルコールも用意されていました。車が必須なので一人は犠牲になる必要があると思います。

  • 瀬底島
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡本部町瀬底
    沖縄本島から全長762mの瀬底大橋を渡って行ける離島。周辺は約8km。車で簡単に行ける手軽さから、多くの観光客で賑わっている。特に人気があるのは、島の西側に位置する「瀬底ビーチ」。エメラルドグリーンの海と白い砂浜のコントラストが素晴らしい。また美しい夕陽を眺められることでも有名な瀬底島。のんびりとした時間を満喫できる離島である。
  • 道の駅許田(やんばる物産センター)
    rating-image
    4.0
    98件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市許田17-1
    名護の国道58号線沿いにある道の駅。農家直送の新鮮な野菜や果物、名産品やお土産を販売している。施設内にはフードコートやパーラーをはじめとする沖縄グルメも揃っている。道路情報や休憩ラウンジ、仮眠室も完備。

    お土産、食事、テイクアウト、なんでもあります。 ビールにとて合うガーリックステーキがお気に入りです。(車なのでノンアルコールが多いですが・・・) もちろん、ライスにもOK!!

  • ハートロック
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
    古宇利島の北部に位置するビーチ「ティーヌ浜」にある岩。古宇利島はアダムとイヴのような伝説が残っていることや、「こうりじま」と読む地名が恋島が訛ったものという説があることから「恋の島」と呼ばれ、人気がある。ハートロックは波打ち際にある二つの岩を特定の方向から見ると重なって見え、その形がハートマークに似ているため、そう呼ばれるようになった。CMの撮影に使われて以降、一躍有名となったスポット。周辺にいくつか駐車場が用意されている。
  • 羽地内海
    旅行/観光
    沖縄県名護市
    名護市にある内海。本部半島と屋我地島、奥武島で囲まれた湾内には干潟が発達しており、貝類をはじめとした貴重な生物が生息している。また、多くの渡り鳥も渡来することから国の鳥獣保護区にも指定されている。同市呉我にある嵐山展望台は、内海を一望できるスポットとして知られている。
  • 名護城跡
    旅行/観光
    沖縄県名護市名護
    名護市名護にある城跡。14世紀初期に地域を統治していた名護按司(あじ)の居城と伝わる名護城の跡地で、現在はその一帯が「名護中央公園」として整備されている。日本で一番早くに開花する寒緋(かんひ)桜の名所として知られており、1月中旬頃から約2万の寒緋桜が開花を迎える。開花に合わせて「名護さくらまつり」も開催。
  • 茅打バンタ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村宜名真
    沖縄本島の最北端に位置する国頭村にある景勝地で、バンタとは沖縄の言葉で崖のこと。東シナ海へ向かって切り立つ崖の高さはおよそ80m、そこから沖縄海岸国定公園の海を一望できる。展望台の下は断崖絶壁、周辺は美しい海と豊かな緑に囲まれ、遊歩道を散策するのはもちろん、東屋でゆったりと時間の流れを感じながらの休憩も。晴れた日には、穏やかで美しい海と宜名真漁港を眼下に、反対側には険しくも美しい山々を眺めることができる。
  • ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森(2020/5/31まで休業中)
    rating-image
    4.5
    96件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村字安田1477-35
    国頭村安田にあり、国の天然記念物・ヤンバルクイナを間近に観察できる観光施設。平成25年(2013)にオープンした館内には、ヤンバルクイナの生態などがまとめられた資料展示コーナーや、実際の生息環境を再現した観光ブースがあり、目の前でヤンバルクイナの様子が観察できることで人気を集めている。個人や家族で訪れるのはもちろん、団体訪問にも対応しており、施設育ちの人懐こいヤンバルクイナを観察したり、学べるスペースも設けられている。

    国頭の自然体系を考える上にも是非とも訪問して欲しい施設です。貴重なヤンバルクイナを保護しつつ、自然体系への復帰を目指している中でヤンバルクイナを間違いなく目の前で見ることが出来る施設です。施設内のガイドさんが面白楽しく説明してくれます。普通にはヤンバルクイナを見つけることは不可能ですから是非とも「クー太」君の動くを観察しながら考えて欲しいものです。特に昨年(2019年)はロードキル(自動車事故)で...

  • ヤンバルクイナ展望台
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村辺戸
    国頭村にある展望台。山の上に姿を見せるのは、高さ11.5メートルの巨大なヤンバルクイナをモチーフにした展望台で、宇佐浜ビーチや辺戸岬、その周辺の雄大な景勝地を望むことができる。足元からくちばしまで、リアルに象ったヤンバルクイナの胸元と胴体横部分の二ヶ所が展望室となっており、よりスケールの大きい眺望となっている。ずっと与論島方向を見ているクイナの周辺には遊歩道もあり、景色を楽しみながらの散歩にも最適。
  • グラスアート藍
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市中山211-1
    沖縄県名護市は国道84号線沿いにある平成10年(1998)に創業のガラス工房。やさしい色合いで女性への贈り物にぴったりなBRUNCHSTYLEや、シックなブランドDINNERSTYLEなどの器を展開。また工房内ではパイプを使った宙吹ガラス体験やバーナーで作るアクセサリーガラス体験、砂を入れてパーツを選んで作るカラフルなジェルキャンドル作り体験といった琉球ガラス体験を行うことができる。

    個人のガラス作家さんのお店です。こじんまりしてて可愛いお店です。 体験も出来て、非常に可愛い作品が並んでます。ただ、品数は少なめです。スタッフの方も親切丁寧な対応でした。

  • DINO(ディノ)恐竜PARK やんばる亜熱帯の森(休業中)
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県名護市中山1024-1
    名護市中山、御菓子御殿名護店に併設されていた森の中にある公園。背の高い亜熱帯の原生林のに80体以上の恐竜が動き出す迫力と鳴き声に冒険心がくすぐられる。パーク内は遊歩道が整備され、コース終盤には触って乗って遊べるキッズスペースや、恐竜グッズが並ぶショップもあり、大人から子どもまで楽しめる。タブレットを利用すると動く3Dの恐竜を見ることもでき、季節によって変化する季節の花々も魅力。亜熱帯の珍しい花も見所の一つ。

    VRまだメンテナンス中とのこと。 復旧の時期を尋ねると「来年(2020年)の1月ごろかと…」とはっきりした返事でらありませんでした。休日のお昼に行きましたが4.5組くらいしかおらず、ほとんど外国の方でしたね。 所々恐竜にも蜘蛛の巣が張られていたり、植木鉢が無造作に置かれていたり、立ち入り禁止区域も多くてなんだか楽しめませんでした。 隣のお土産屋さんは多少賑わっていましたが。 総合的にがっかりでした...

  • ワルミ大橋
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡今帰仁村天底
    沖縄本島と屋我地島を結ぶ全長315mのアーチ橋である。本島北部にある沖縄美ら海水族館などの観光地から古宇利島へのアクセスとしても便利な橋だ。眼下にはエメラルドグリーンのワルミ海峡を望め、通行は無料。
  • 比地大滝
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡国頭村字比地781-1
    沖縄本島の北部・国頭村にあり、26mもの落差を誇る沖縄本島最大の滝だ。白い水しぶきを上げながら流れ落ちる様は、まさに亜熱帯のオアシス。大滝までは遊歩道が整備されており、徒歩約40分程の道のりとなっている。遊歩道は木を使った階段や橋が多く、急斜が続く為、足元には注意が必要。滝の周辺には貴重な植物が繁茂し、エビやカニやハゼなどといった生き物も見ることができる。

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す