佐賀の自然スポット一覧

  • 七ツ釜
    旅行/観光
    佐賀県唐津市屋形石
    佐賀県唐津市の海岸に並ぶ、7つの海食洞。高さ40mに及ぶ玄武岩が荒々しい波によって浸食されてできた景勝地である。遊覧船に乗れば、迫力ある岩を間近で見ることも可能。1925年、「屋形石の七ツ釜」として国の天然記念物に指定された。
  • 見帰りの滝
    旅行/観光
    佐賀県唐津市相知町伊岐佐
    相知町の北部、作礼山に源を発する伊岐佐川にある滝。落差は約100mと言われ、日本の滝百選に選ばれている。渓流釣りのほか、滝と下流の周辺に多くのアジサイが植えられていることでも有名。近くの食堂「清流荘」のおばあちゃんが植えた数株が、市民の手によって約50種4万株までに増え、今では毎年6月に「見帰りの滝アジサイ祭り」が開催されるまでになった。周辺には遊歩道や吊り橋が整備され、夜はライトアップも行われる。
  • 清水の滝
    旅行/観光
    佐賀県小城市小城町松尾
    長崎自動車道「佐賀大和IC」より約25分、全国名水百選のひとつ清水川の上流にある滝。高さ75m、幅13mの清流が垂直に流れ落ちる様子は別名「珠簾(たますだれ)の滝」とも呼ばれている。古くから観世音菩薩信仰が盛んで、滝壺の降り口にある「清水観音宝地院」は滝うけ行の霊場ともなっている。小城の奥座敷として周辺には名物の鯉料理を振る舞う店が軒を連ね、夏季には避暑に訪れる人で賑わう。紅葉に彩られた姿も夏とは違った趣がある。
  • 鏡山
    旅行/観光
    佐賀県唐津市鏡
  • 轟の滝公園
    旅行/観光
    佐賀県嬉野市嬉野町
  • 波戸岬
    旅行/観光
    佐賀県唐津市鎮西町波戸
  • 立神岩
    旅行/観光
    佐賀県唐津市湊町
    長崎自動車道「多久IC」から車で50分。玄界灘に面した景勝地、湊地区の沿岸に多くの巨石が天に向かって立ち並ぶ中でも、特に目を引く2つの巨大な玄武岩の柱。周囲6m、高さ30mの岩は波の侵食作用によってできたもので、互いに寄り添って立っているように見えることから、別名「夫婦岩」とも呼ばれている。立神岩のすぐ西側の海岸は九州のサーフィン発祥地と言われる人気のスポット。一年を通じて、玄界灘の荒波に挑むサーファーが絶えない。
  • 竜門峡
    旅行/観光
    佐賀県西松浦郡有田町広瀬山
    西九州自動車道「波佐見有田IC」より車で約20分。竜門ダムの上流に位置する渓谷で、黒髪山県立自然公園の一角をなしている。流れる水は「名水百選」「水源の森百選」に選ばれるほど清らかで、この水に育まれた鯉やうなぎ、鮎などの川魚料理が名物となっている。渓谷に沿って遊歩道が整備され、春は桜、夏には鮮やかな緑、秋には紅葉を楽しみながら黒髪山までの山歩きが楽しめる。近くにはキャンプ場も整備されている。
  • 加部島
    旅行/観光
    佐賀県唐津市呼子町
    佐賀県唐津市、呼子港の沖約500mの玄界灘に位置する島。平成元年(1989)4月に開通した呼子大橋によって、車でのアクセスも便利。のどかな農村風景や牧草地が広がり、呼子大橋を見下ろす位置には「風の見える丘公園」、観光物産館もあり、観光地として定着しつつある。島の北部にある6世紀初頭の瓢塚古墳、県下最古の神社といわれる田島神社など、古代の歴史も感じることができる。イカをはじめとした新鮮な魚介料理を味わうことも。
  • 虹の松原
    旅行/観光
    佐賀県唐津市鏡
    唐津湾沿いに約4.5km、100万本のクロマツが群生している「虹の松原」。「三保の松原」、「気比の松原」とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別名勝に指定されている。防風と防潮のために植えられた松が曲がりくねる姿は美しく圧巻。昔から語り継がれる「七不思議」も面白い。
  • 樫原湿原
    旅行/観光
    佐賀県唐津市七山池原字樫原
    標高600mに位置し広さは約12ヘクタール、「九州の尾瀬」とも称される美しい湿地帯だ。手つかずの自然が残っており、約60種の湿原植物や昆虫、野鳥が生息している。四季折々にミツガシワ、ジュンサイなど美しい花が咲くが、特に8月に見ごろを迎える「サギソウ」は必見。白いサギが羽を広げ飛んでいるように見える美しい花を見ることができる。
  • 大茶樹
    旅行/観光
    佐賀県嬉野市嬉野町不動山乙2491-1
    嬉野市のシンボルのひとつで、樹高4.6メートル・枝張約80平方メートルの巨大なお茶の木。1600年代に嬉野茶の茶祖といわれる吉村新兵衛が皿屋谷一帯に茶の栽培を奨励した当時の1本が残り、樹齢350年を経ているといわれている。不動山皿屋谷には今も見渡すかぎり茶畑がひろがっている。
  • 洞鳴の滝 ふれあい館
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2648-3
    佐賀市に伝わる心中話「洞鳴の滝情死悲話」の舞台になった佐賀市三瀬村にある小さな滝。かつてはまだ大きく落差もあり、滝を落ちていく水の音が龍の鳴き声のように聞こえたため、この名が付けられたと云われている。嘉瀬川の上流部の鳴瀬川のほとりに「洞鳴の滝ふれあい館」もある。
  • 川上峡
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市大和町大字川上
    別名九州の嵐山と言われ、風光明媚なこの地は与止日女さんのお気に入りの場所。上流の桜並木は美しくリバーサイドパーク川上は憩いの場となっている。4月-5月上旬には鯉の吹流し、8月には花人大会・灯ろう流しが行われる。
  • 北山湖
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市富士町藤瀬
    富士町と三瀬村にまたがる北山ダムのダム湖。季節ごとに移り変わる自然の表情が魅力。夏は山々の緑がまぶしく、湖のほとりには涼を求める人々が集まってくる。春の桜、秋は紅葉も絶景だ。湖一帯に広がる大自然のワンダーランド「21世紀県民の森」もある。
  • 浜崎海岸
    旅行/観光
    佐賀県唐津市浜玉町浜崎
  • 伊万里湾カブトガニ繁殖地
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市瀬戸町
    伊万里は全国有数のカブトガニの繁殖地。産卵のため、7月中旬-8月上旬の大潮を中心に満潮に乗ってこの海岸にやってくる。毎年7月中旬-下旬には「産卵を観る会」を開催し、成体の説明などを行っている。平成27年(2015)10月に国天然記念物「伊万里湾カブトガニ繁殖地」として指定されている。多々良海岸から徒歩2分の場所には伊万里湾カブトガニの館があり、1年を通して飼育されたカブトガニを観察できる。カブトガニの館に隣接して子孫繁栄・夫婦和合などカブトガニにあやかったカブトガニ神社が設置されている。
  • 洞鳴の滝
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市三瀬村三瀬(広瀬地区)
    鳴瀬川の中流にある滝。勢いよく流れる水の轟音が、洞窟に響き渡るように聞こえることから命名された名瀑だ。延宝9年(1681)、身分の違う恋に思い悩んだ音成[おとなり]家の御曹司善忠と村娘のお仙が、一緒に滝壺に身を投じたという悲話も残されている。
  • 高島
    旅行/観光
    佐賀県唐津市高島643-3
    唐津湾に浮かぶ、周囲約3kmの台形の島。港から徒歩3分の宝当[ほうとう]神社(境内無料、時間:8-17時)が注目を集めている。その名の縁起のよさから、宝くじが当たるようにと参拝にくる人で賑わう。島内には縁起小物や宝くじを販売している所もある。
  • 馬渡島
    旅行/観光
    佐賀県唐津市鎮西町馬渡島
    名護屋港から12kmの位置に浮かぶ周囲14kmの小さな島。白亜のカトリック教会天主堂が島のシンボル。島原の乱を逃れ、隠れキリシタンが移り住んだというカトリックの新村と仏教の本村に分かれており、厚い信仰で知られる。野生のキジやヤギ、マダラシマイワマツなど珍しい動植物も生息する。

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す