佐賀の工場/工房スポット一覧

  • 源右衛門窯
    rating-image
    4.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙2726
    およそ260年の歴史を持つ古伊万里の名窯。伝統的な古伊万里様式に、現代の機能美を加えた独特の作風が特徴。窯元に併設された美術館では、日本各地のみならず世界から収集された古伊万里の数々を鑑賞することができる。平日と一部土曜日のみ見学可能。営業日は公式ホームページを要確認。

    初めて窯元に行きました。たくさんの器があり、見るだけでも十分楽しかったです。 色鮮やかなものからモノトーンまでありましたが、どれも美しかったです。どれも料理が映えそうですね。個人的には小鉢が豆皿がとても可愛かったです。お祝いの贈り物にもぴったりだなと思いました。庭園もきれいでした。 また近くに行ったときはフラッと立ち寄りたいです。

  • 観光酒蔵 肥前屋
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県鹿島市浜町乙2761-2
    鹿島市浜町の国道207号線沿いにある観光酒蔵。国の重要伝統的建造物群保存地区指定の「酒蔵通り」に位置し、4代に渡って日本酒の醸造を営んできた。酒蔵内部や、昭和の歴史にふれられる「昭和の部屋」、通りの観光名所などの見学や、酒の試飲を体験できるほか、直売店では限定商品も販売している。

    佐賀県は九州では珍しい日本酒県なんです。鹿島市の肥前浜という駅の南側には、酒蔵通りという、今でもいくつかのつ酒蔵が残っている通りがありました。その通りの入り口にあったのが、こちらの峰松酒造場でした。 店内に入ると、たくさんの日本酒が並んでいて、試飲もできます。ハンドルキーパーの主人に代わって、いくつか試飲をして、「無濾過原酒 肥前浜宿」というお酒を購入しました。「原酒」だけあって、ちょっとアル...

  • 味の素株式会社九州事業所
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市諸富町諸富津450
    佐賀市諸富町大字諸富津にある「味の素」の工場。工場見学(要予約)を実施しており、アミノ酸の味見体験や、「味の素」の歴史に関する資料展示、バスに乗車しての工場敷地内の周遊などの体験ができる。

    バス案内中心の工場見学です。ネットにて予約可能です。到着すると、控え室に案内され、その後スクリーンを使った味の素の原料や創業や工場などの説明。そして味噌汁に味の素を使用する前と後での比較の試飲。そして、工場内のバス見学へ。要所要所で、バスを停めバス内で映像をつかった施設の説明。最後にお土産売り場や商品展示の施設へ案内され終了でした。お土産は、マヨネーズ、アミノバイタル、スープの素、ミニミニ味の素...

  • 青山窯((株)川副青山)
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市大川内町乙1832
    鍋島藩窯に従事した後、廃藩後に開窯した大川内山の若舗窯元。伝統を守りつつ現在のライフスタイルにあった器を提案している。TVドラマや観光ポスターにもたびたび登場する白壁にレンガ造りの高い煙突が目印。

    焼き物のふるさと、伊万里の大川内山。その入り口にある鍋島焼会館は、たくさんの窯元ごとに作品が展示されていました。ですから、それぞれの窯元の作風がよくわかります。そこで見つけた一番のお気に入りが、青山窯でした。 鍋島山会館を出て坂道を登っていくと、たくさんの窯元が並んでいました。しばらく上って行くと、右手に高い煙突があって、「青山窯」と書かれていました。 ギャラリーは2カ所ありました。高級品の...

  • 隆太窯
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県唐津市見借4333-1
    唐津の見借の里山 ウバンフツクラ(姥の懐)にある窯元。昭和36年(1961)朝日新聞社主催第10回現代日本陶芸展にて、陶彫「双魚」第一席受賞、また昭和60年(1985)日本陶磁協会主催の現代陶芸選抜展賞を受賞した「中里 隆」氏の窯元で、現在親子三代で製作している。見学もできるので事前に問い合わせよう。

    宿で知り中里健太作陶展をみに隆太窯へ。唐津駅からタクシー1500円程。駐車場あるので車で行ってもOK。作品も販売しておりクレジットカード使えます。

  • 副島硝子工業株式会社(肥前びーどろ)
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    佐賀県佐賀市道祖元町106
    佐賀市の重要無形文化財に指定されている手作りの宙吹きガラス食器の伝統工芸、肥前びーどろの製作会社。創業明治36年(1903)で佐賀市で110年以上、肥前びーどろでしかない技術やオリジナル性の高いガラス食器を作り続けている。小学3年生(9歳)から大人まで楽しめる体験工房も毎月第3週土曜日に開催している。事前に電話での確認をしよう。

    お土産を買うのに連れていってもらった店、 と言うか工房。 大皿にほしいのがあったが値段も張るので 台付き鶴首という細長い花瓶が面白く値段も手頃だったので購入。 ほかに釉離銀彩洗鉢というひび割れた銀箔を貼ったような小振りの器に ちょっと引かれましたが15㎝くらいで1万円は高すぎるように感じました。 体験工房もあり9歳からできるそうです。 子どもは喜びそうです。

  • うれしの お茶ちゃ村
    旅行/観光
    佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内之3537
    嬉野市嬉野町大字岩屋川内の国道34号線沿いにある製茶工場。茶畑に囲まれた工場内で、お茶の仕上げ製造の様子を見学することができる。お茶の試飲もできるほか、できたての茶葉を工場直売のリーズナブルな価格で購入できる。
  • 松浦一酒造株式会社
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市山代町楠久312
    伊万里市山代町楠久にある酒蔵。正徳6年(1716)に創業し、銘酒「松浦一」などを醸造している。酒蔵見学では、昭和30年代まで使用されていた酒造りの道具や古い農耕機具などの資料のほか、水の守り神であるカッパのミイラなどが見学できる。また、事前に予約をすれば蔵の案内も受けられる。
  • 陶咲花
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市大川内町乙1810-1
    伊万里市大川内町にある窯元。江戸時代から明治にかけて鍋島藩の御用窯が置かれ、「大川内鍋島窯跡」として国の史跡にも指定されている大川内山にある窯元の1つ。窯主の手により絵付けされた、伝統的な技法の焼物に現代的なデザインを取り入れた作品を販売している。
  • 色鍋島公法窯 大川内ギャラリー
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市大川内町乙1175-3
    伊万里市大川内町、鍋島焼の里「大川内山」に建つ窯元。主人が30年近くにわたって色鍋島を研究し、習得した高い技術で製作されたオリジナルの作品を購入することができる。店内には型紙摺りの小皿や手書きの作品など見ているだけでも十分に楽しめる美しい作品たちが並んでいる。
  • 呼子海舟こだわり工房 いかしゅうまい工場
    旅行/観光
    佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦552-2
    唐津市呼子町殿ノ浦にある呼子名物「いかしゅうまい」の工場。いかしゅうまいの製造工程をガラス越しに見学できるほか、商品の直売も行っている。また、隣接する「呼子海舟本店」では、呼子のイカをはじめ、旬の魚介を使った定食や会席などを提供している。
  • 魯山窯
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市大川内町大川内山
    伝統ある「色鍋島」の窯元、魯山窯は、江戸時代に肥前鍋島藩主鍋島家が献上等を目的として釜を設けたことから始まった技法の流れを引き継いでいる。厳選された素材を使い作り上げた色絵磁器は、落ち着きのある美しい品ばかり。伝統技法と時代の要請に応える姿勢が作品から覗える。筑肥線「上伊万里駅」から車で約10分。
  • 畑萬陶苑
    旅行/観光
    佐賀県伊万里市大川内町大川内山乙1820
    かつて鍋島藩窯として優品を焼き続けた大川内山の窯元。昭和元年(1926)の創業以来、作り手から使い手へと思いを込めた伊万里鍋島焼を作り続けている。直営店には製造工場とショールームを併設。革のような質感と光沢が美しい「キュイールデザイン」や光を透す特殊陶土を施した「レジェシリーズ」などの作品を、実際に手に取ってから購入できる。希望者には工場見学の案内も行っている。
  • しん窯 青花
    旅行/観光
    佐賀県西松浦郡有田町黒牟田丙2788
    創業天保年間(1830)の有田焼窯元。「器との語らい、器は人なり」を信条に、伝統の「手づくり手描き」を守り、染付を中心にくらしの中に息づく器を作り続けている。段差の少ないバリアフリー設計になっている工房内と敷地内は車椅子でも工場見学もできる。またロクロ体験・絵付け体験・手びねり体験などの体験工房も開催している。
  • 今右衛門窯
    旅行/観光
    佐賀県西松浦郡有田町赤絵町2-1-15
    寛永17年(1640)から慶安2年(1649)頃からの約370年の歴史と伝統を誇る窯元。江戸時代は、鍋島藩による将軍家への献上品として造られた色鍋島の御用赤絵師を継承した家系だ。国の重要無形文化財の保持団体として認定を受けている。文化庁や東京国立近代美術館をはじめ、多くの美術館に作品が所蔵されている。
  • 鏡山窯
    旅行/観光
    佐賀県唐津市鏡4614-1
    昭和44年(1969)に開窯して以来、成形はもちろん、土作り・釉薬作り・登窯での焼成と手間のかかる仕事を続けている窯元。工房では予約制で、工房で手びねりの作陶体験、あらかじめ素焼きした皿や湯呑に絵付けをする絵付け体験が可能だ。電気ロクロの体験はできないので注意したい。
  • 鳴滝酒造
    旅行/観光
    佐賀県唐津市神田3272-1
    宝永2年(1705)より酒造りを営んできた、太閤酒造を中心とした酒造3社の企業合同で昭和49年(1974)創業した酒造。以来、代表銘柄の「聚楽太閤」は唐津の地酒として、九州北部を中心に多くの支持を得てきた。佐賀県産の高品質な米と極めてなめらかな仕込水の特性を活かし、丁寧な発酵管理を行っている。口当り柔らかくのど越しなめらかでふっくらとした味わいの、優しさの感じられる酒が人気だ。
  • 土平窯
    旅行/観光
    佐賀県唐津市鎮西町野元1315-3
    イカの町として知られる呼子や国指定特別史跡名護屋城跡から近い山あいで、緩やかな斜面に構える窯元。茶陶・食器に加え、楽器や動物をアレンジした置物など様々な種類の焼き物を製作している。年に4回、日用食器から茶道具・花器・酒器・オブジェなどをまとめて展示している。お茶と昼食付きになっている。
  • 丸田宣政窯
    旅行/観光
    佐賀県武雄市武内町真手野24704-2
    黒牟田の古窯跡の陶片に伝統陶技を見出し、現代感覚を加えている窯元。桃山末期の慶長・元和の頃、朝鮮の陶工宗伝と共に帰化した群団陶工の開窯で、開窯以来、窯の炎は燃えつづけ肥前一円の庶民の日常雑器のすべてを焼成してきた。素朴な親しみ易い意匠形状と釉調が特徴だ。訪問の際は事前に連絡を取りたい。
  • 多々良焼 金子窯
    旅行/観光
    佐賀県武雄市武内町大字真手野32095
    「たたき手」と呼ばれる多々良の伝統技法を守る武雄にある窯元。多々良地区はかつて、米や麦などの穀類やみそ・しょうゆの貯蔵に欠かせない大瓶の産地で「大がめの里」として知られていた。その後生活様式の変化などにより需要が落ち込むが、昭和48年(1973)に叩き手技法が文化庁の無形文化財技術記録の保存対象に選定され、それを機に復興した窯元だ。

佐賀の主要エリア

around-area-map

佐賀県は、北にはリアス式海岸の玄界灘、南は有明海と、南北を海に挟まれた地域です。県内には佐賀空港がありますが、直行便の数は少なく東京からは羽田空港から1日4便ほどです。大阪、名古屋からは、一度福岡空港に行った後、そこから高速バスで長崎を経由する必要があります。 佐賀県北側の唐津エリアでは、日本の特別名勝である「虹の松原」や、荒波の浸食によってできた奇岩「七ツ釜」など、特徴的な海の景観を楽しめます。また、佐賀県の西部の嬉野市では日本三大美肌の湯と言われている「嬉野温泉」、武雄市では春夏秋冬でさまざまな景色を楽しめる庭園「御船山楽園」など、内陸にも見どころはたくさんあります。有田・伊万里エリアには有田焼を扱うお店が数多くあります。お土産に買って帰ったり、工房を見学したりするのも楽しい過ごし方です。 海の恩恵は食の面でも受けており、きれいに透き通った身のイカの活け造りや、ガザミと呼ばれるワタリガニの塩茹でなど、海の幸も豊富です。他には高級肉としても有名なブランド牛・佐賀牛などもあり、おいしい名産品が多く存在します。

佐賀の写真集

目的から探す