中津・耶馬溪・国東の旅行/観光スポット一覧

  • 宇佐神宮
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    大分県宇佐市南宇佐2859
    全国に4万社あり、応神天皇の聖徳を八幡神として奉るとともに、仏教文化と神道を習合したものと考えられる八幡宮の総本社として知られている。八幡大神、比売大神、神功皇后を祀り、神亀2年(725)に創建された。境内は広く、本殿(国宝)は丘の上の上宮と、麓に鎮座する下宮に分かれている。上宮の一之御殿には金運や仕事運、二之御殿、三之御殿には縁結びや安産の御利益があるとされる。

    八幡神社の総本社、宇佐神宮の鳥居、さすがに総本社に相応しい立派な鳥居です。参道もきれいに整えられていて、心もひきしまります。

  • 中津城(奥平家歴史資料館)
    rating-image
    4.0
    173件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市二ノ丁本丸
    黒田官兵衛が山国川(当時高瀬川)河口に築城したのが始まりの城。城郭の形が扇に似ていることから「扇城」とも呼ばれた。その後、細川、小笠原、奥平氏と続いた。現在の天守閣は昭和39年(1964)に再建されたもので、刀剣や衣装、古文書など、奥平氏に関する歴史資料が展示されている。

    黒田官兵衛が築城した当時から天守閣はなかったとのことですが、旧藩主の奥平家が中心となって、中津市民からの寄付金も併せて昭和39年に鉄筋コンクリート造の模擬天守が建設されました。内部は資料館になっていて、刀剣や陣道具、古絵図、古文書など奥平家に関する資料が展示されています。

  • 青の洞門
    rating-image
    4.0
    130件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市本耶馬渓町樋田・曽木
    江戸時代、難所であった道で人馬が命を落とすことに心を痛めた禅海和尚が、雇った石工達とともに三十年の時をかけノミと鎚だけで堀り、完成させたトンネルである。菊池寛の小説「恩讐の彼方に」のモデルともなった。現在もトンネル内の一部に、ノミの跡などが残っている。

    岩を削り道を通して、便利にした古の方々の苦労に思いを馳せます。 日本最初の有料道路も納得できます。 川とあわせて眺めがすは

  • 富貴寺
    rating-image
    4.5
    106件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染蕗2395
    豊後高田市の県道655線沿いに、ひっそりと佇む天台宗の寺院。平安時代に宇佐神宮大宮司の氏寺として開かれ、本尊の木造阿弥陀如来座像は重要文化財に指定されている。境内の富貴寺大堂は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、国宝に指定されている九州最古の木造建築。富貴寺大堂に隣接する旅庵「蕗薹」はゆっくりしたい人にオススメ。

    秋には紅葉・春には桜と四季折々に美しい景色と調和する仏の里国東半島の富貴寺・真木大堂特に天台宗のこの蓮華山富貴寺は六郷満山の中で満山を統括した高山寺の末寺の一つと言われていますぜひ行ってみてはいかがでしょうおすすめです。

  • 道の駅 なかつ
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    交通
    大分県中津市大字加来814
    中津市大字加来の中津バイパス沿いにある道の駅。県内の道の駅の中でも最大の規模を誇る直売所を有し、農産物をはじめ、畜産物や海産物も販売している。レストランは「定食コーナー」、「からあげコーナー」、「スイーツ&カフェコーナー」からなり、特産のハモなどの海の幸や、中津名物のからあげ、コーヒーとスイーツのセットなどが味わえる。

    この日は道の駅豊前おこしかけ、宇島の四季旬海、道の駅中津と三店舗に立ち寄り買い物をしました。野菜に種類などを始めとして数が多く店内が広かったのは道の駅中津でした。 そしてここの道の駅が特に良いと思ったのはクレジットカードでの支払いが出来たことです。それが分かっていればもう少し購入したのにと少々残念でした。 レストランにも行きたかったのですが午後6時までで閉店時間が迫っており利用できませんでした。

  • 熊野磨崖仏
    rating-image
    4.0
    111件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市田染平野
    平安時代末期に岩肌を彫って作ったといわれる国内最古の仏像。約8mの高さの不動明王像、約6.7mの大日如来像の二体があり、どちらも国内最大級の磨崖仏で、国の重要文化財、および史跡に指定されている。参拝するためには、急な石段を登らなければならず、歩きやすい靴で出かけるのがオススメ。杖のレンタルも可能。拝観時間は夕方頃まで。

    赤鬼が一晩で積んだとされている100段の階段を登れば岩に刻まれた不動明王と大日如来が現れます。登りは20分程度でかなり疲れるのですが、杖を貸してくれたので助かりました。昭和39年に国指定重要文化財に指定されました。

  • 一目八景
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬
    険しく岩肌がむき出しになった凝灰岩と、広葉樹林から成る渓谷である。鳶巣山や夫婦岩、雄鹿長尾の峰など8つの岩峰を望めることからこの名がついた。初夏の新緑から秋の紅葉まで四季折々の景観を楽しめるが、特に秋の紅葉が美しい。赤と黄に染まる葉、緑が残る葉、そして黒い岩肌のコントラストが生み出す自然の造形美を一目見ようと訪れる人が後を絶たない。徒歩5分ほどのところに公共駐車場あり。

    深耶馬渓の紅葉も素敵でしたが、ここの展望台から見える紅葉も圧巻でした。無料駐車場も完備されていてとても快適でした。お蕎麦も美味しかったです。

  • 道の駅 いんない
    交通
    大分県宇佐市院内町大字副1381-2
    宇佐市院内町副の国道387号線沿いにある道の駅。名物の「ゆずソフトクリーム」をはじめとした特産の柚子を使った加工品や、高冷地トマトなどの地元の新鮮な農産物などを販売しているほか、レストランや情報展示コーナーを併設。また、国の特別天然記念物でもあるオオサンショウウオを飼育しており、国内で飼育されている中では最も大きい個体を観察することができる。
  • 福沢諭吉旧居・福澤記念館
    rating-image
    4.0
    72件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市留守居町586
    中津市留守居町にある歴史的建造物および資料館。中津藩の下級武士の次男であった福沢諭吉が幼少期を過ごした宅跡と、その後に暮らした旧居が保存されている。また、記念館ではその一生をはじめ、福沢諭吉を様々な観点から見つめた資料展示を行っている。

    ここで、幼少期、福澤諭吉翁が勉学に勤しんでいらしたそうですが。こじんまりしていますが、シックで、懐かしい香りがします。

  • 安心院葡萄酒工房
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    大分県宇佐市安心院町下毛798
    宇佐市安心院町下毛にあるワイナリー。温度差の激しい安心院の気候を活かしてぶどうを栽培し、ワインを醸造している。園内では醸造所やぶどう畑の見学ができるほか、ワインの試飲や購入も可能。秋には「新酒祭」、春には「樽開き」などのイベントも開催している。

    神戸のワイン城よりはるかにいい。2月26日人は少なく、塚原温泉から小倉への帰り道による。素敵な売り場の女性。「天皇陛下の即位の礼で出されたものなんですよ」でも720mlは売り切れ。ハーフでも2000円弱。でも買った。素敵な場所です。

  • 真玉海岸
    旅行/観光
    大分県豊後高田市臼野
    豊後高田市臼野の国道213号線沿いにある海岸。国東半島の周防灘側に面し、夏は海水浴も楽しめる。「日本夕陽百選」にも認定された夕日の名所として知られ、特に干潮時刻と日の入りが重なった時に見られる、干潟の縞模様と夕日が織りなす美しい景色で名高い。
  • 道の駅 やまくに
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    交通
    大分県中津市山国町大字中摩3485-4

    うどんかそばを購入すると地元農家の方々のお野菜ふんだんのお惣菜や天ぷらをバイキングでいただけます 揚げたての椎茸にもありつけ至福のひと時でした。美味しかったです ごちそうさまでした!

  • 両子寺
    旅行/観光
    大分県国東市安岐町両子1548
    国東市安岐町両子にある寺院。国東半島の最高峰・両子山の中腹に位置し、半島で発展した約1300年の歴史を誇る天台宗の寺院群「六郷満山」の総寺院である。境内は瀬戸内海国立公園に含まれ、県の史跡にも指定。「森林浴の森日本100選」に選定されるなど豊かな自然を有し、特に紅葉の季節には多くの参拝客が訪れる。
  • 昭和の町展示館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    大分県豊後高田市中央通691
    豊後高田市中央通にある展示施設。昭和8年(1933)建築の旧大分合同銀行の建物を利用し、昭和の生活用品や年表などの資料を展示。入場料無料で昭和時代の生活用品は触れることもでき、昭和の生活や歴史について学ぶことができる。また、昭和レトロファッションの洋服のレンタルも行っており、昭和のファッションに身を包んで昭和の町・豊後高田を散策できる。

    ここは入場料がフリーなので、昔の自動車を見たり、それから、屋内の昭和を再現した教室で時間を過ごすことができます。

  • 道の駅 くにみ
    交通
    大分県国東市国見町伊美4252-1
    国東市国見町伊美の杵築沿海路沿いにある道の駅。農産物や鮮魚の直売所や、地だこなどの特産や旬の食材を使ったメニューを提供するレストランを備える。「権現崎ふるさと自然公園」や「くにみ海浜公園」の入り口に位置し、キャンプ場も隣接。
  • 東椎屋の滝
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    旅行/観光
    大分県宇佐市安心院町東椎屋
    宇佐市安心院町東椎屋にある滝。高さ85mの直下型の滝で、日光の華厳の滝に姿が似ていることから「九州華厳」とも称される。新緑や紅葉などの渓谷の自然とのコントラストも美しく、「日本の滝百選」にも選出された。

    いい感じに滝があるんですが、写真でとると細いのが残念。でも見る分にはいい感じです。歩くのは10分くらいだったかな。大した距離ではないですよ。

  • 大分県立歴史博物館
    rating-image
    4.5
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    大分県宇佐市大字高森字京塚
    史跡公園「宇佐風土記の丘」の中にあり、大分ゆかりの文化財を中心に保存、展示している博物館。県立宇佐風土記の丘歴史民俗資料館を前身としており、平成10年度に館名をあらため再スタートをきった。国宝の富貴寺や臼杵磨崖仏の実物大模型や重要文化財の免ヶ平古墳出土品などを見学しながら歴史や文化を学べる。

    大分の県立歴史博物館です。宇佐市にあり、古墳が点在する宇佐風土記の丘に隣接して建っています。史跡・文化財の豊富な大分、展示は充実しています。難点は交通アクセス。ローカルの路線バスを調べてみましたがよくわかりません。JR日豊本線柳ヶ浦駅からタクシーが妥当な選択肢でしょうか。私は、宇佐神宮から30分ちょっとかけて歩いて行きました。帰りはタクシーを呼んで柳ヶ浦駅へ行きました。

  • 道の駅 くにさき
    交通
    大分県国東市国東町小原2662-1
    国東市国東町小原の国道213号線沿いにある道の駅。レンタサイクルを提供する「国東市サイクリングターミナル」をはじめ、農産物や特産物の販売施設などを備える。鮮魚や海産物加工品の販売も行う「銀たちの郷」では、地元特産の太刀魚などを使った食事も提供している。
  • 薦神社(大貞八幡宮)
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    大分県中津市大貞209
    中津市大貞にある神社。約1200年前に創建。「外宮」である社殿に対し、境内にある三角池(御澄池)を「内宮」と呼び、御神体としている。境内が県の史跡および天然記念物に指定されているほか、細川忠興により建てられた現在の神門は国の重要文化財に指定。

    宇佐神宮をお参りした後にその始宮と言われるこちらにもお参りしました。広くて壮観な宇佐神宮もとても素敵でしたがこちらの神社の雰囲気が本当に好きで。 樟の大木に出迎えられた後、緑のトンネルの先に神殿(外宮)と池(内宮)があります。 静かで穏やかで少し怖いような、とても雰囲気のある神社でした。

  • 杵築城
    旅行/観光
    大分県杵築市杵築16-1
    八坂川河口近くの台地にそびえる、日本一小さいとされるお城。応永元年(1394)に木付頼直によって建てられ、当時は「木付城」と呼ばれていたものが、幕府朱印状に誤って「杵築」と記載されたためにそれ以降「杵築城」の名前で通るようになった。台地の形が牛が臥した姿に見えることから「臥牛城」とも称される名城だ。現在の天守閣は昭和45年(1970)に建てられたもの。最上階からは杵築市内と守江湾を一望できる。

大分の主要エリア

around-area-map

北部から西部にかけて瀬戸内海と豊前海に面している大分県は、「大分空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは約1時間から1時間35分でアクセスできます。 大分県は、多種多様な温泉が有名な県です。毎年多くの観光客が温泉巡りに赴きます。特に人気の定番温泉地は、「別府」と「湯布院」です。 別府は、湯煙の立ち込める街並みのほかに海岸通りも有しており、趣のある雰囲気の温泉地です。日本の名勝でもある「別府地獄めぐり」といったスポットもあります。 湯布院は、別府と違い「由布岳」という山のふもとにある温泉地です。壮観な山の下には、江戸時代の雰囲気を思わせる情緒豊かな街並みが広がっており、温泉だけでなくお土産物巡りなども堪能できます。 温泉地ではご当地グルメも豊富で、温泉の蒸気を利用して蒸す「地獄蒸し」は、温泉街の代表格グルメです。ほかにも鳥を揚げたとり天やフグ料理、モズクガニを使用したがん汁など、海の幸から山の幸まで楽しめます。

大分の写真集

目的から探す