金鱗湖

湖沼

朝霧に包まれた幻想的な光景を堪能できる湖

一周400mの遊歩道をのんびりと散策 一周400mの遊歩道をのんびりと散策

JR久大(きゅうだい)本線由布院駅から、土産物屋や食事処が立ち並ぶ賑やかな湯の坪街道をゆっくり歩いて約30分。辺りが急に静かになり、緑多い住宅地となる場所に、由布院を代表するスポットのひとつ、金鱗湖がある。1884年(明治17)に儒学者の毛利空桑(もうりくうそう)が、湖で泳ぐ魚の鱗が夕日に照らされて光るのを見て「金鱗湖」と名づけたといわれている。湖底から温泉と清水が湧き出る珍しい湖だ。温泉の影響で湖水の温度が高いため、秋から冬にかけての朝方や夕方には、温度差の影響で水面から霧が立ち上る幻想的な光景が見られ、由布院の代表的な景観となっている。湖畔の遊歩道は一周約400mほど。のんびりと散策しながら、さまざまな淡水魚や水鳥たちを見て癒やされよう。

静寂に包まれた湖。風のない日には水面に山の緑を映し出す 静寂に包まれた湖。風のない日には水面に山の緑を映し出す

金鱗湖についてひととおり読んでから散策しよう 金鱗湖についてひととおり読んでから散策しよう

水鳥も間近で観察できる 水鳥も間近で観察できる

スポット詳細

住所
大分県由布市湯布院町川上

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          由布院・九重エリアのおすすめスポット

          大分のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました