NAVITIME Travel

三重の記念館スポット一覧

  • 芭蕉翁記念館
    rating-image
    3.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊賀市上野丸之内117-13
    伊賀市の上野公園内にある、俳聖・松尾芭蕉に関する記念館。神部滿之助氏の寄付により昭和34年(1959)に開業した。館内には、芭蕉直筆の「たび人と我名よばれむ初しぐれ」の色紙や遺言状のほか、連歌俳諧についての資料などを保管・展示。芭蕉が旅した5つのルートがわかる電光掲示板も置かれている。企画展は年に4回開催。

    伊賀上野城の上野公園内にある資料館ですが、展示室1室の「こじんまり」とした資料館です。入館料は300円ですが、蓑虫庵との共通券を購入すれば500円です。 芭蕉フアンなら必見の場所?と思いますが、一寸展示作品が少ない気がしないでもないですね。 その中で、初めて知った事ですが、芭蕉も絵を描いたんですね。芭蕉の弟子の「許六」を芭蕉が「師」として絵を教わったとの事。 芭蕉の描いた「万菊丸いびきの図」は...

  • 本居宣長記念館
    rating-image
    4.0
    27件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市殿町1536-7
    江戸時代の国学者、本居宣長の旧宅(鈴屋)を公開し、古事記伝などの自筆稿本類や遺品、自画像などを公開している「本居宣長記念館」は、約16000点の収蔵品がある。そのうち467種1949点が国の重要文化財で、20種31点が県の有形文化財だ。展示・催し物も数多く、本居宣長という人物についてと18世紀後半の日本文化が学べる。JR松阪駅から徒歩約15分。

    松阪城跡を巡った後、御城に隣接している場所に、本居宣長の関連施設がありました。旧宅や本居宣長ノ宮という神社と、この記念館がありました。記念館は有料で、となりの鈴屋という旧宅との共通入場券になっていました。 こちらの展示室には、『古事記伝』などの自筆稿本類や遺品、自画像などが展示されていました。

  • 江戸川乱歩館(鳥羽みなとまち文学館)
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    三重県鳥羽市鳥羽2-5-2
    画家・風俗研究家の岩田純一が生前に暮らしていた家を利用した文学施設で、三重県鳥羽市鳥羽にある。小路に沿って「岩田準一と乱歩・夢二館」「乱歩館・鳥羽文学ギャラリー」「幻影城」があり、昭和レトロな空間を再現。岩田の書簡や生活用具、乱歩の作品や愛用品などを展示しているほか、三島由紀夫ら鳥羽ゆかりの文学者に関する資料も紹介している。

    鳥羽駅から徒歩で少し歩いた場所にあり、有料です。江戸川乱歩の作品が床一面に展示してあったり、宙に浮くコインなど展示してありました。乱歩の作品を読んだ方が訪れるには良いかもしれないです〇

  • 徳力富吉郎版画館
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治中之切町(おかげ横丁内)
    多色刷り木版画の第一人者であり、伊勢とのゆかりが深い徳力富吉郎の業績を称えるために造られた記念館。伊勢志摩の四季の行事や風物など365日を描いた伊勢連作をはじめ、1500点以上もの作品を収蔵している。館内では、テーマごとに展示替えを行いながら多彩な収蔵品を公開。絵葉書の販売コーナーや休憩ができる茶室も併設。同じ建物内に「山口誓子俳句館」がある。
  • 大黒屋光太夫記念館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    旅行/観光
    三重県鈴鹿市若松中1-1-8
    近鉄「伊勢若松駅」より徒歩15分、または「白子駅」より車で約10分。江戸時代にロシアに漂着し、その地での経験を初めて持ち帰った日本人、大黒屋光太夫を紹介する施設。光太夫がもたらした情報は多くの政治家や学者に注目され、蘭学の発展に貢献したことで知られている。館内には光太夫が書いたロシア語の墨書やロシア使節の人相書、漂流記、古文書などが収蔵されている。常設展は行わず、季節ごとの特別展や企画展が主体となっている。

    伊勢神宮に行く前日に立ち寄りました。 白子駅からタクシーで1,700円くらい。 帰りは伊勢若松駅まで800円でしたので 伊勢若松駅でタクシーを呼んだ方がいいかも。 展示は一部屋だけで数は多くないが 船の模型や 当時の人々の 光太夫に対する興味を感じさせる 色あざやかな漂流譚、 光太夫が扇子にロシア語で “鶴亀”と書いたものなど 楽しく拝見させて頂きました。 受付では六月大歌舞伎での光太夫役...

  • 御木本幸吉記念館
    旅行/観光
    三重県鳥羽市鳥羽1-7-1 ミキモト真珠島内
    真珠王として有名な御木本幸吉の記念館です。 館内には写真やパネルを始めとした彼の生涯や業績に関する資料や、彼がかつて愛用した品や彼がコレクションしていた品々の展示があります。
  • 門野幾之進記念館
    旅行/観光
    三重県鳥羽市鳥羽1-10-48
    幕末、鳥羽藩家老の家に生まれた門野幾之進は14歳で慶應義塾に入塾。卒業後は同塾の教頭になり、多くの学生を指導した。また、保険制度を事業化。千代田生命保険の創立者でもある。記念館では幾之進の生涯と業績をわかりやすく展示している。
  • 伊勢志摩サミット記念館 サミエール
    旅行/観光
    三重県志摩市阿児町神明747-17 近鉄賢島駅2F
  • 関の山車会館
    旅行/観光
    三重県亀山市関町中町531
  • 幽静館・木村記念館
    rating-image
    2.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    三重県員弁郡東員町大字北大社837

    地域発展に貢献した国会議員木村家に関する資料館とのことです。上げ馬神事で有名な猪名部神社のすぐ近くにあります。土日祝日のみの開館とのことなんですが、その日に行っても二回とも閉館していました。一度見学してみたいです。

  • 高田本山専修寺宝物館
    旅行/観光
    三重県津市一身田町2819
  • 佐佐木信綱記念館
    旅行/観光
    三重県鈴鹿市石薬師町1707-3
    生涯を歌道と万葉集研究に捧げた歌人及び国文学者・佐佐木信綱の記念館です。 館内には信綱の著作や遺品等が展示されています。
  • 松浦武四郎記念館
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市小野江町383
    「北海道の名付け親」として有名な偉人・松浦武四郎の記念館です。 館内には松浦家から松阪市に寄贈された、松浦武四郎に関する貴重な資料が数多く展示されています。

    北海道の名付け親として有名ですが、三重県での知名度はいま一歩か?昔から記念館があることは知っていたのですが、この度近くに用があり、ついでですみませんが立ち寄らせて頂きました。広々とした駐車場はガラ-ンとしており、訪問者は我々2名のみ。でもゆっくりと観覧させて頂きました。改めて、「武四郎さんは偉い」。北海道へ通算で6回も隅から隅へと探検し、アイヌとの信頼関係を築きました。健脚で好奇心旺盛だったのかな...

三重の主要エリア

around-area-map

海と山に囲まれて自然に恵まれている三重県は、伊勢神宮や熊野古道、ナガシマスパーランドなど観光が産業として成り立っている県です。名古屋や大阪を経由すれば、新幹線、電車、バス、フェリーなどを使って簡単にアクセスができます。 伊勢神宮で有名な三重件ですが、ほかにも鈴鹿サーキットやナガシマスパーランドなどアミューズメント施設があり、伊賀・名張は忍者体験や名水スポットで訪日外国人からも人気のある場所です。伊勢・志摩・鳥羽エリアには伊勢神宮や鳥羽水族館など観光スポットが多く、足を伸ばせば熊野古道や鬼ヶ城など自然景観が美しい熊野・東紀州エリアにも日帰りで行き来できます。 伊勢エビや的矢かき、あのりふぐ、伊賀牛など贅沢グルメから伊勢うどんやとんてき、めはり寿司などの親しみやすい味まで楽しめるのも三重県ならではです。

三重の写真集

目的から探す