NAVITIME Travel

東京の文化/見学スポット一覧

  • 国立新美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都港区六本木7-22-2
    六本木にある、日本最大級の延床面積を持つ美術館。日本で5番目の国立美術館として平成19年(2007)に開館した。14,000平米の展示スペースを生かして多様な展覧会を開催している。日本を代表する建築家・黒川紀章が手がけた最後の美術館としても有名。逆円錐の最上部にあるユニークなティーサロンは、映画などにも登場する人気スポット。
  • 上野動物園
    rating-image
    4.0
    2680件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園9-83
    台東区の上野恩賜公園内にある都立動物園。明治15年(1882)に開園した、日本最古の動物園。園内で飼育されている動物は500種を超え、特にジャイアントパンダが有名。また、パンダとあわせて世界三大珍獣とされるコビトカバ、オカピも飼育・展示されている。1990年代から飼育環境の整備が進み、より自然に近い状態の動物たちを観察できる場となった。

    生パンダを見たことがなかったので訪問しました。 入場料は600円。 パンダ舎は入り口の目の前ですが大行列です。 今回は平日の金曜日に伺いましたが午後3時で 110分待ちのプラカードが。 実際は90分並んで入場し、パンダとの対面 時間は約6分でした。 昼間は屋外展示ですが夕方4時に屋内に移動 する為10分程観覧を止めるそうです。 600円でパンダを見るだけでも価値はあると 思いま...

  • 国立科学博物館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園7-20
    明治10年(1877)に設立された日本最大級の総合科学博物館。常設展は、地球の生命史や人類・科学技術のあゆみをテーマとする「地球館」、日本の自然や日本人の歴史をテーマとした「日本館」、360度に映像が映し出される「シアター36○」がある。企画展・特別展は年に数回行われており、休日は行列ができるほど多くの人が来館する人気スポット。
  • 上野の森美術館
    rating-image
    3.5
    159件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園1-2
    上野恩賜公園内に位置する美術館。昭和47年(1972)4月の開館以来、様々なジャンルの美術品を紹介展示している。常設展示は行っておらず、定期的に独創的な企画展を開催。アートスクールも開講しており、受講レベルは初心者から熟練者まで幅広く対応している。

    6年前のツタンカーメン展以来久し振りに上野の森美術館に来ました。 今回は、フェルメールということで時間指定の予約制。それでも日曜日の朝一は行列です。 フェルメールの絵は一つの部屋でまとめて展示されてましたが、混んでたとはいえ、近寄ることもでき十分見られる状態でした。

  • 三鷹の森ジブリ美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都三鷹市下連雀1-1-83 都立井の頭恩賜公園西園内
    スタジオジブリの宮崎駿氏が館主を務めるアニメーション美術館で、「迷子になろうよ、いっしょに。」がキャッチコピー。館内には、歴代ジブリ作品の絵コンテや関連する資料のほか、アニメ製作スタジオの風景の再現、美術館用の短編アニメ作品の上映など、アニメーション見方が広がる様々なコーナーを常設。ノスタルジックな建物と緑が融合した順路のない構造で、大人から子供まで思い思いの楽しみ方ができる。入館は完全予約制。最寄は三鷹駅。
  • マクセル アクアパーク品川
    遊ぶ/趣味
    東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテル内
    東京都港区の「品川プリンスホテル」内にある、水族館を中心とした都市型エンターテイメント施設。目玉は円形プールで行われるイルカのパフォーマンスで、美しい音と光の演出を織り交ぜた大迫力のショーが鑑賞できる。ジャングルをイメージしたゾーンでは淡水魚や爬虫類のほか、人気のカピバラも展示。その他にも、幻想的なクラゲゾーンや約20mのトンネル水槽、各種アトラクションなどが楽しめる。
  • 東京国立博物館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園13-9
    上野恩賜公園内にある国立博物館。明治5年(1872)創設。本館を含め6つの展示館があるほか、資料館もある。コレクション数は膨大であり、日本を中心に11万6000件以上もの東洋美術と考古遺物を収蔵。中には、国宝・重要文化財も多数含まれている。企画展示である特別展は年3-5回ほど開催。
  • 国立西洋美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園7-7
    東京都台東区の「上野恩賜公園」内にある美術館で、西洋の美術品を専門に収集・展示している。フランスの建築家のル・コルビュジエが設計を手掛け、平成28年(2016)に世界文化遺産に登録された建物も見どころの1つ。フランス政府から寄贈返還された実業家・松方幸次郎の収集品「松方コレクション」を中心に、モネやルノワールなど中世末期から20世紀初頭の西洋絵画と、フランス近代彫刻などを常設展示。企画展も年数回開催している。
  • サンシャイン水族館
    遊ぶ/趣味
    東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
    サンシャイン水族館は「天空のオアシス」をコンセプトとする水族館。池袋のランドマークであるサンシャインシティ内にあり、国内外の観光客が訪れるほか、都心の憩いの場としてカップルや友人同士、ファミリーなど幅広い年齢層に愛されている。サンゴ礁の海や湖、川など実際の風景をイメージした展示のほか、マンボウやサメなど大型の魚も飼育。屋外エリアでは、空を飛ぶように泳ぐペンギンやアシカの姿を見ることができる。
  • 東京都美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園8-36
    東京都台東区の「上野恩賜公園」内にある日本初の公立美術館で、開館は大正15年(1926)。すべての人に開かれた「アートへの入口」を目標として、国内外の名品を紹介する特別展や美術団体による公募展、書作品を中心としたコレクション展など、一年を通して様々なジャンルの展覧会を開催している。喫茶や軽食が楽しめるカフェのほか、コース料理が自慢のレストラン、ミュージアムショップも併設。
  • 東京国立近代美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区北の丸公園3-1
    皇居に近い北の丸公園の南側入り口にたつ、日本最初の国立美術館。開館は昭和27年(1952)。12,500点を超えるコレクションの中から選りすぐりの約200点を展開する「MOMATコレクション」展では、20世紀初頭から現代に至るまでの日本画や洋画、水彩、彫刻、写真など多彩なジャンルの作品を展示。年に数回、独自のテーマに基づいた企画展も開催している。
  • 日本科学未来館
    遊ぶ/趣味
    東京都江東区青海2-3-6
    お台場にある国立の科学館。常設展では、日々の素朴な疑問から最新テクノロジー、地球環境、宇宙の探求、生命の不思議まで、幅広く展示している。3D映像による科学的な映像作品や立体視プラネタリウム作品などが鑑賞できるドーム型シアターも人気。館長は宇宙飛行士として有名な毛利衛氏。
  • すみだ水族館
    rating-image
    4.0
    754件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5・6F
    東京スカイツリータウン(R)内の東京ソラマチ(R)5階と6階にある水族館。世界自然遺産である小笠原の海を再現した東京大水槽、幻想的な和の空間で金魚を展示する江戸リウム、飼育スタッフがクラゲの繁殖や研究を行う姿を見られるアクアラボの導入など、水族館の既存イメージを覆す展示で話題になっている。屋内開放型としては国内最大規模のプール水槽でのびのびと泳ぐペンギンの展示が人気。

    都心のスカイツリーにある水族館。こじんまりとした感じがあり、構造上大きな水槽が設置不可とあるもペンギンを間近で見られたり、かわいいちんあなごが個人的には好き。

  • 科学技術館
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区北の丸公園2-1
    科学技術館サイエンスホールは410名収容の本格的な劇場型ホールだ。講演会やセミナー・シンポジウム・各種発表会に最適な施設となっている。
  • 三菱一号館美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区丸の内2-6-2
    近代美術中心の展覧会を開催する丸の内の美術館。建物は、明治27年(1894)に建てられた丸の内初のオフィスビル「三菱一号館」を復元したもので、設計は英国人建築家のジョサイア・コンドル。常設展示はなく、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。館内には、ミュージアムカフェ・バーとミュージアムショップのほか、丸の内の歴史を体感できるスペース「歴史資料室」が併設されている。
  • しながわ水族館
    遊ぶ/趣味
    東京都品川区勝島3-2-1 しながわ区民公園内
    品川区と関わりの深い「海と川」をテーマにした水族館で、東京都品川区の「しながわ区民公園」内にある。川から干潟、東京湾の海と、川の流れに沿って自然を再現した水槽では、身近に生きる魚や水中の生き物たちを紹介。全長22mのトンネル水槽では、900尾の魚たちに囲まれての海中散歩が楽しめる。コミカルなアシカショーや大迫力のイルカショーなど、スタジアムでのパフォーマンスも必見。最寄は大森海岸駅。
  • 森美術館
    rating-image
    4.5
    969件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
    六本木ヒルズ森タワー53階に位置する国際的な現代アートの美術館。年間を通して多彩な企画展が開催されており、会期中は22時まで開館している(火曜を除く)ため、仕事帰りや食事のあとにも観賞できるのが魅力。52階には「東京シティビュー」及びカフェ&レストランがあり、東京を一望する絶景とともに食事やお茶を楽しめる。最寄り駅は「六本木」駅。

    六本木ヒルズ内にある美術館です。常設展であれば森タワーのチケットで入れます。都会っぽい雰囲気なので、地方から来た方は喜ばれます^^

  • 小石川後楽園
    遊ぶ/趣味
    東京都文京区後楽1-6-6
    江戸時代初期に水戸徳川家の屋敷内に築かれた日本庭園。国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。敷地は7万平方メートルを超え、琵琶湖を表現した池「大泉水」を中心に、梅や桜など季節の花木が植えられている。中国の名所の名前をもつ景観が点在し、中国趣味豊かであるのも特徴。園の北側では、稲田を含むのどかな田園風景を鑑賞できる。日程により庭園ガイド(無料)あり。
  • 葛西臨海水族園
    遊ぶ/趣味
    東京都江戸川区臨海町6-2-3
    葛西臨海公園内にあり、世界的にもめずらしいマグロの回遊を見ることができる水族館。東日本で最も人気のある水族館といわれ、平成元年(1989)の開園時には、355万人もの来場者を記録した。ガラスドームの本館と淡水生物館、屋外エリアがあり、クロマグロが回遊するドーナツ型の大水槽や、国内最大級のペンギン展示場など見どころが多い。オーストラリア近海や極地の魚など、めずらしい生物も多数展示している。
  • 根津美術館
    rating-image
    4.5
    784件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都港区南青山6-5-1
    南青山にある美術館。東武鉄道の社長などを務めた初代根津嘉一郎(1860-1940)の収集品を展示・保存するため、昭和16年(1941)に開館した。日本・東洋古美術を中心に7,400件を超える所蔵品を有し(2016年3月末時点)、その中には国宝、重要文化財、重要美術品が多数含まれている。展示室のある本館のほか、茶室や石仏、石灯籠などが点在する日本庭園も見学可。また庭園を見おろせるカフェもくつろぎのひとときを過ごす場として人気が高い。

    展示も素晴らしいが、都心の一等地にこれだけの庭があるのに驚かされます。春夏秋冬、どの季節に訪れても季節ごとの佇まいが楽しめます。また、庭が見えるカフェもあり、食事もできます。意外にもハンバーグが美味しい。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す