関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

サンシャイン水族館

サンシャイン水族館は「天空のオアシス」をコンセプトとする水族館。池袋のランドマークであるサンシャインシティ内にあり、国内外の観光客が訪れるほか、都心の憩いの場としてカップルや友人同士、ファミリーなど幅広い年齢層に愛されている。サンゴ礁の海や湖、川など実際の風景をイメージした展示のほか、2020年7月9日にリニューアルオープンした新エリア「海月空感」も人気となっている。屋外エリアでは、空を飛ぶように泳ぐペンギンやアシカの姿を見ることができる。

place

東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 (池袋・巣鴨エリア)

phone 0339893466

サンシャイン水族館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/08/26 クラゲエリアでのんびりできました
予約入場制でしたのでnetで10時のチケットを購入して訪問しました。入場時に検温があるためか入場列ができていて7分待ちました。中は空いていてゆっくり見ることができました。
海月エリアがのんびり見ていられて気持ちよく思えました。最初は海月エリアがわからず2Fに行ってしまい,戻ってスタッフの方に場所を教えてもらいました。
イカ,ドラド,アシカ,ペンギンに給餌しているのを見ることができました。
東京都の...
投稿日:2020/08/21 予約アプリ バグが!
予約アプリにバグが有る様で、予約確認から購入へ進もうとすると予約確認へ戻ってしまう。
受付の係員に何度も指摘して、ようやく一緒にスマホ操作を確認しチケットを買えたけど、バグは修正出来たのかな?
客を疑って掛かるのは、いただけない。
投稿日:2020/06/14 ネット予約がおすすめ
今はコロナの営業で入場制限しています。
12:30くらいに行ったら次入れる整理券が
は18:00〜となってました。
行くなら事前にネット予約をおすすめします。

入場制限しているので館内は空いていてゆっくり観ることが出来ました。
ショーは全てやっていないので、アシカショーなど見れなかったのが残念です。

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 [地図]
エリア
池袋・巣鴨エリア
電話番号
0339893466
時間
[春夏]9:30-21:00
[秋冬]10:00-18:00

※入場方法がチケット事前購入制に変わりました。
詳細はサンシャイン水族館公式ホームページをご確認ください。(https://sunshinecity.jp/aquarium/)
※当面の間、水族館への再入場はお断りさせていただきます。
※最終入場は終了1時間前。
※上記内容は変更の可能性がございます。
料金
【入館料】
[大人]2,400円
[小・中学生]1,200円
[4歳-小学生未満]700円
駐車場
あり(1,800台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club、UC、MUFGCARD、その他)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、ALIPAY、WeChatPay)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
【夜】1,001-3,000円
滞在目安時間
60分以上
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。