富山の文化/見学スポット一覧

  • 砺波チューリップ公園
    rating-image
    4.0
    96件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県砺波市花園町1-32
    砺波市花園町の国道359号線沿いにある公園。700品種300万本のチューリップが植えられ、春の見頃には「となみチューリップフェア」が開催される。公園のシンボル「チューリップタワー」や、チューリップに関する資料展示なども行う「チューリップ四季彩館」、国内最大級の「五連揚水水車」なども見どころ。

    GWに開催されるとなみチューリップフェアは、有料ですが、通常は無料で入園できます。普通の市民公園として長閑でゆっくりでき、ジョギングや散歩をしている人を見かけました。チューリップが咲いていない時の公園内のシンボルである高さ21.9mチューリップタワーは何故か違和感があり、寂しげに感じました。

  • 魚津水族館
    rating-image
    3.5
    78件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県魚津市三ケ1390
    魚津市三ケにある水族館。日本海側初の水族館として大正2年(1913)に開館し、現在のものは2度の閉館を経て昭和56年(1981)に開館した3代目。「北アルプスの渓流から日本海の深海まで」、「富山湾を科学する」をテーマに、日本初の全面アクリル製水中トンネルなどを使い、富山の水生生物などを展示する。また、「田んぼの生物多様性」のコーナーではトノサマガエルやアオダイショウなどの両生類、爬虫類も展示。

    本来エースとなるべきペンギンが水族館の外で無料で観られました。これで経営上問題無いのかはわかりませんが、ミラージュランドのついで、近くを通ったついでに観て見ると良いでしょう。

  • 富山市ファミリーパーク
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市古沢254
    「動物」「里山」「地域」をテーマにした「富山市ファミリーパーク」は、緑豊かな里山の自然環境の中で家族で楽しめる施設だ。動物コーナー・芝生広場コーナー・遊園地コーナーと三区画があり、自然体験やバーベキューで楽しむこともできる。ナイトズーをはじめとしたイベントも豊富で、様々な角度から動物と触れ合い、またその生態などを知ることができるのも人気の理由だ。北陸自動車道「小杉IC」より車で10分。

    ファミリーパークを初訪問です。 小さい子供も楽しめる動物園ですね!! 自然の中にあるので、歩きやすい靴などがおすすめです!!

  • 魚津埋没林博物館
    rating-image
    4.0
    57件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県魚津市釈迦堂814
    北陸自動車道魚津ICから車で約10分の位置にある、埋没林と蜃気楼、自然の不思議に出会える博物館。館内エントランスから続く連絡通路では、37億5000万年前から掘り起こされる富山県東部一帯の大地の歴史を紹介している。また、特別天然記念物に指定されている魚津埋没林や蜃気楼のしくみ、水循環のコーナーなどをわかりやすく展示している。埋没林が保存・展示されている幻想的な水中展示館は必見だ。屋上展望台からは富山湾を中心とした大パノラマを望める。

    水に浸かった埋没林を地下から見るのが最高に美しかったです。入館料も手頃で、蜃気楼も見られる(かもしれない)ことも考えればお得です。

  • 富山県水墨美術館
    rating-image
    4.5
    49件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市五福777
    日本の近代以降の水墨画を中心に展示する美術館。市電「富山トヨペット本社前(五福末広町)」から県道56号線を北上して徒歩10分の位置にある。平屋造りの和風な建物が特徴だ。横山大観や竹内栖鳳といった近代を代表する画家や、下保昭をはじめ富山県に縁のある画家の作品を常設展示している。また館名の「水墨」には、水墨画だけでなく広く日本の美を表す意味をこめ、庭園や茶室といった豊かな自然と心静かに落ち着ける環境が整備されている。

    とても優雅な美術館。駐車場もゆったり、広い展示室、素敵なロビー、茶室に庭。普段見ることのない近代の水墨画家の作品をゆっくり鑑賞できてよかった。ただ、展示が少ないし、駅からも遠い。集客しようという気はあまりないように感じました。なんだかもったいないですね。建てればいいという感じで。

  • 富山市郷土博物館 富山城
    rating-image
    3.5
    55件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市本丸1-62
    富山城址公園の一角に建つ城。「浮城」とも言われ、「続日本100名城」の一つに数えられている。1543年(天文12年)頃に神保長職が家臣の水越勝重に命じて築城したとされるが、天守閣は戦災後1954年に建設されたもので、当時を残すのは堀や石垣などだけとなっている。城の内部は富山市郷土博物館になっており、戦国時代に築城されてから現在にいたるまでの富山城の歴史を知ることができる他、4階の天守展望台からは江戸時代の富山城の範囲を実感することができる。前田利長が使用したといわれる高さが140cmもある兜は一見の価値あり。

    城の建物は模擬天守ですが、中は富山城の建築の経緯から現代の富山まで充実した展示になっています。200円で入れるのでちょっと寄ってみるだけでもおすすめです。

  • 富山県中央植物園
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市婦中町上轡田42
    JR富山駅前よりバスで「中央植物園口」停留所下車、そこから徒歩約15分の位置にある植物園。日本と世界の植物約4,900種が展示されており、なかでも中国雲南省の植物は100種類以上で日本一の規模を誇る。毎年4月上中旬には全長300mのサクラ並木や、ライトアップされた夜桜を楽しむことができる。他にも夏にはオオオニバスに乗ってみる体験や、2日間限定の夜間開園も行っている。また植物園クラブでは季節の植物で工作をしたり、クリスマスミニコンサートもある等、季節や世代を問わず楽しめる植物園だ。

    温室だけでも数棟、そのほかに広大な敷地で、結局全部は見切れませんでした。じっくり回ったら半日-一日くらいかかるかな。地図や看板で見どころをわかりやすくまとめてあるので、新しい発見もあり、とても楽しかったです。次は時間に余裕をもって、のんびり回りたいです。

  • 富山県 立山カルデラ砂防博物館
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂68
    富山地方鉄道立山線の終点、立山駅より徒歩1分のところにある博物館。地質・地形・生物などに大きな特色を持つ立山と、日本有数の大規模崩壊地である立山カルデラの歴史や自然を紹介している。室内展示館では、カルデラ内部からの眺めを再現したジオラマや、シミュレーションゲームなどから立山カルデラと砂防の様子をわかりやすく学ぶことができる。アルペンルートのリアルタイムの情報も紹介している。

    立山黒部アルペンルートの観光客で賑わう立山駅そばに ありながら立ち寄る人は少ないですが、富山平野を守るために 立山カルデラでは長年砂防事業が行われており、最近の日本で 起こっている災害を知る上でも訪れる価値大です

  • 富山市科学博物館
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市西中野町1-8-31
    富山市城南公園の北に隣接した、主に富山の自然や特徴をテーマに紹介する科学博物館。入口では大昔の富山に存在したナウマンゾウの骨格模型や生体模型が出迎える。また動く恐竜「ティラちゃん」をはじめ、ダイナミックな大型模型が来館者の目を引きつける。他にも立山連峰をはじめとした富山の自然を紹介するブースでは、ダイヤモンドダストなどの珍しい現象を体験することができる。また3階部分では、最新の宇宙の姿や隕石などを紹介。定期的にプラネタリウムの公演も行っている。

    プラネタリウムを楽しむことができましたよ。 コロナの影響で今はプラネタリウムの投影が中止に なっているのが残念ですね。 恐竜などの展示は迫力ありますよ!!

  • 高岡市美術館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県高岡市中川1-1-30
    能越自動車道「高岡北IC」から車で約10分の所にある美術館。美術工芸、金属造形を中心に、全国的・国際的にも優れた企画展を開催している。「公共建築百選」のひとつにも選ばれている美術館の設計は、建築家の内井昭蔵氏が設計。1階は吹き抜けのアートホールを中心に企画展示室が3室、2階は郷土の美術を紹介するギャラリーや「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」が、地階にはショップやティーラウンジなどが設けられている。

    高岡市は藤子先生の郷里です。心が癒されますね。(^^♪もう一度伺いたいですね。デートコースにいいと思います。

  • ミュゼふくおかカメラ館
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県高岡市福岡町福岡新559
    カメラと写真・映像文化の魅力を伝えるミュージアムとして平成12年(2000)にオープンした。開館以来、カメラ資料の収集・展示と第一線で活躍する写真家の展示会の2つを活動の支柱としている。収蔵品を紹介するコレクション展は常時開催しており、テーマや視点を変えながら年に3回の展示替えを行っている。

    たまたま開かれていた安珠さんという写真家のトークイベントに参加することが出来ました。ただ話を聞くだけのイベントでは無く、その方の撮った写真を見ながら、場内を巡ってお話を聞くというもので、その時初めて知った方でしたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。 常設は全国から集めたカメラの展示などが中心の様ですが、カメラに興味が無かったので、どれほどすごいものかは分かりませんでしたが、やはり何かの写真展...

  • 富山市佐藤記念美術館
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市本丸1-33
    富山市本丸の「城址公園」内にある美術館。砺波市出身の実業家で茶人の佐藤助九郎氏が主導し昭和36年(1961)に開館。陶磁器や絵画など、アジアの古美術を中心としたコレクションを収蔵している。展示館のほか、佐藤家から寄贈された「柳汀庵」と「助庵」の2つの茶室も併設。

    砺波市の出身の佐藤さんが中心に開館した美術館でした。 2つの茶室は素敵でしたね。 歴史も感じられるので、外国人の方にもおすすめです!!

  • ほたるいかミュージアム 道の駅 ウェーブパークなめりかわ
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県滑川市中川原410
    「道の駅 ウェーブパークなめりかわ」にある「ほたるいかミュージアム」は、ほたるいかの発光ショーが見られるライブシアターや深層水で飼育している富山湾の生き物とふれあえる「深海不思議の海」など、ほたるいかや富山湾について楽しく学べる体験型ミュージアムだ。北陸自動車道「滑川IC」より車で約10分。

    滑川のほたるいかミュージアムに併設している道の駅。コンクリート打ちっぱなしの外観の中に展望台+観光案内所+トイレそこまでは普通の道の駅。ミュージアム側の建物には売店等あります。どこまでが道の駅かはわかりません。

  • 五箇山民俗館
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県南砺市菅沼436
    富山県五箇山の菅沼合掌造り集落にある博物館。菅沼で最も古い合掌造りの内部を改装して作られている。館内には、先人たちの知恵が活かされた生活用具約200点を展示。隣接する「塩硝の館」では、かつて五箇山の一大産業だった塩硝について、材料の採取、塩硝作り、出荷におけるまでの過程を人形や影絵で紹介している。

    菅沼合掌造り集落にあります。一階に囲炉裏、二階には養蚕作業場が展示されていました。興味深い内容でした。 10メートル離れた所にある塩硝の家との共通券が300円でした。

  • 富山県 [立山博物館] 展示館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
    JR富山駅から車で約45分のところにある博物館。立山山麓の芦峅寺にあるこの博物館では、「立山の自然と人間の関わり」について学術的・総合的に調査研究し、その成果を紹介している。13ヘクタールという広大な敷地内は、教界・聖界・遊界と名付けられた3つのゾーンに分かれており、展示館や遙望館など様々な施設がある。重要文化財の「銅造帝釈天立像」や、重要有形民俗文化財の「立山信仰用具」などの展示も行っている。

    映画点の記で剣岳山頂において発見された銅製の錫杖が展示されている。 立山信仰の概要が大体わかるので良い。女人禁制であったために姥堂が立てられそこに行くために布橋が架けられたが、廃仏毀釈によりほとんどが破壊されたとのこと。 立山信仰の歴史を知るにはよいところだが、ブナやカモシカ見てもあまり面白くないな

  • 黒部峡谷セレネ美術館
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県黒部市宇奈月温泉6-3
    平成5年(1993)黒部峡谷の玄関口 宇奈月温泉郷に誕生した施設の中の美術館。現代日本画壇を代表する7名の画家に作品の制作を依頼し、開館当初は1点も無かった黒部峡谷取材作品が現在、画家たちの熱心な取り組みのおかげで作品27点、スケッチや下図34点を所蔵するまでになった。一部を入れ替えながら常設展示している。

    黒部渓谷の大自然を楽しむことができる美術館でした。 造りが美しい美術館で、中は平山郁夫など7名の画家の美術館が協力して 作品を創作したようです!!

  • 秋水美術館
    rating-image
    4.5
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市千石町1-3-6
    JR富山駅から国道41号方面へまっすぐ南下した、山王町交差点にある「森記念秋水美術館」。全国でも珍しい刀剣を中心とした美術館である。平安時代中期から現代までおよそ200振りの日本刀を収蔵し、富山県を代表する「則重」や天下三作のひとり「郷義弘」など、北陸ゆかりの名刀工の作品をメインに展示している。また横山大観や川合玉堂など、近代美術史を代表する絵画なども見ることができる。1階にはショップやカフェも併設されており、刀剣好きな女子にも訪れやすい雰囲気が魅力である。

    富山市で美術館巡りです。 リードケミカル株式会社が主に天然記念物や刀剣などを 中心に展示する美術館で、重みを感じましたね!!

  • 氷見市海浜植物園
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県氷見市柳田3583
    JR氷見線島尾駅より徒歩約15分の「松田江の長浜」にある植物園。日本各地の海浜植物をはじめ、さまざまな草木をおよそ300種類植栽する。温室園ではヤシ類やハイビスカスといった熱帯植物のほか、生きた化石とも呼ばれるソテツなどが見られ、海浜散策園では遊歩道をゆったりと散策しながらの植物観察を満喫できる。4階にある全面ガラス張りの展望レストランは、富山湾を一望しながら美味しいイタリアンを味わえることで有名。家族連れに人気のスポットだ。

    景色が良い植物園です。晴れた日はとても眺望が良いので、ぜひお勧めです。あまり混んでないところもポイントです。

  • 高岡市立博物館
    rating-image
    3.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県高岡市古城1-5
    高岡古城公園内にある市立博物館。歴史的な資料として高岡市指定文化財に指定された「前田利長書状」や「戸出野開御印状」の他、「渾天儀(こんてんぎ)」、「鍛鉄地竹虎文金象嵌鍔」などの民俗資料や美術資料など、貴重な資料を多数見ることができる。高岡市の歴史・民俗・伝統産業など公開する常設展「高岡ものがたり -楽しく知ろう!ひらめき・ミュージアム-」は、通年開催されている。開館時間は9:00から17:00まで(入館は16:30まで)。入館料は無料。

    高岡市立博物館は高岡古城公園の大手門の奥にあります。 江戸時代には大手門と搦手門だけが本丸とつながっていて、現在のように赤い橋で公園内を自由に行き来できるようになったのは明治時代以降です。 築城の名手の高山右近が設計した高岡城の大手門から高岡市立博物館へ続く道は、わずかに勾配がついていて、敵の侵入を防げるように設計されています。 高岡市立博物館の駐車場車に車を停めて、自然いっぱいで各所にブロンズ像...

  • 砺波市美術館
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県砺波市高道145-1
    チューリップ公園東に隣接し、砺波市の文化ゾーンの一角を構成している美術館。大規模な展覧会の開催が可能な「企画展示室」・美術館が収集する郷土作家作品、世界の写真作品、優れた日本の工芸作品を展示する「常設展示室」・広く一般の作品を展示する「市民ギャラリー」がある。週末などは企画展関連のワークショップや講演会なども開催されている。

    1997年に開館した美術館です。企画展ではとなみ野作家シリーズ5「柳田邦男展−問わず語り」展が開催中でした。柳田邦男さんという洋画家についての知識はありませんが、不思議な色調の幻想的な作品に興味を持ちました。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す