NAVITIME Travel

上野・浅草・両国の文化/見学スポット一覧

  • 上野動物園
    rating-image
    4.0
    2680件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園9-83
    台東区の上野恩賜公園内にある都立動物園。明治15年(1882)に開園した、日本最古の動物園。園内で飼育されている動物は500種を超え、特にジャイアントパンダが有名。また、パンダとあわせて世界三大珍獣とされるコビトカバ、オカピも飼育・展示されている。1990年代から飼育環境の整備が進み、より自然に近い状態の動物たちを観察できる場となった。

    生パンダを見たことがなかったので訪問しました。 入場料は600円。 パンダ舎は入り口の目の前ですが大行列です。 今回は平日の金曜日に伺いましたが午後3時で 110分待ちのプラカードが。 実際は90分並んで入場し、パンダとの対面 時間は約6分でした。 昼間は屋外展示ですが夕方4時に屋内に移動 する為10分程観覧を止めるそうです。 600円でパンダを見るだけでも価値はあると 思いま...

  • 国立科学博物館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園7-20
    明治10年(1877)に設立された日本最大級の総合科学博物館。常設展は、地球の生命史や人類・科学技術のあゆみをテーマとする「地球館」、日本の自然や日本人の歴史をテーマとした「日本館」、360度に映像が映し出される「シアター36○」がある。企画展・特別展は年に数回行われており、休日は行列ができるほど多くの人が来館する人気スポット。
  • 上野の森美術館
    rating-image
    3.5
    159件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園1-2
    上野恩賜公園内に位置する美術館。昭和47年(1972)4月の開館以来、様々なジャンルの美術品を紹介展示している。常設展示は行っておらず、定期的に独創的な企画展を開催。アートスクールも開講しており、受講レベルは初心者から熟練者まで幅広く対応している。

    6年前のツタンカーメン展以来久し振りに上野の森美術館に来ました。 今回は、フェルメールということで時間指定の予約制。それでも日曜日の朝一は行列です。 フェルメールの絵は一つの部屋でまとめて展示されてましたが、混んでたとはいえ、近寄ることもでき十分見られる状態でした。

  • 東京国立博物館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園13-9
    上野恩賜公園内にある国立博物館。明治5年(1872)創設。本館を含め6つの展示館があるほか、資料館もある。コレクション数は膨大であり、日本を中心に11万6000件以上もの東洋美術と考古遺物を収蔵。中には、国宝・重要文化財も多数含まれている。企画展示である特別展は年3-5回ほど開催。
  • 東京都美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園8-36
    東京都台東区の「上野恩賜公園」内にある日本初の公立美術館で、開館は大正15年(1926)。すべての人に開かれた「アートへの入口」を目標として、国内外の名品を紹介する特別展や美術団体による公募展、書作品を中心としたコレクション展など、一年を通して様々なジャンルの展覧会を開催している。喫茶や軽食が楽しめるカフェのほか、コース料理が自慢のレストラン、ミュージアムショップも併設。
  • すみだ水族館
    rating-image
    4.0
    754件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5・6F
    東京スカイツリータウン(R)内の東京ソラマチ(R)5階と6階にある水族館。世界自然遺産である小笠原の海を再現した東京大水槽、幻想的な和の空間で金魚を展示する江戸リウム、飼育スタッフがクラゲの繁殖や研究を行う姿を見られるアクアラボの導入など、水族館の既存イメージを覆す展示で話題になっている。屋内開放型としては国内最大規模のプール水槽でのびのびと泳ぐペンギンの展示が人気。

    都心のスカイツリーにある水族館。こじんまりとした感じがあり、構造上大きな水槽が設置不可とあるもペンギンを間近で見られたり、かわいいちんあなごが個人的には好き。

  • 東京都江戸東京博物館
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区横網1-4-1
  • 相撲博物館
    rating-image
    3.0
    36件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区横網1-3-28(国技館1F)
    両国国技館に併設された博物館。日本の国技である相撲に関する資料を収集・保存している。錦絵や番付、化粧廻しなど、相撲ファンはもちろん外国人や子どもでも楽しめる展示が魅力。年6回のペースで展示替えを行うほか、常設展として歴代横綱の写真が飾られている。入館無料(東京本場所中は大相撲の観覧券が必要)。

    とても小さな博物館です。ちょっと立ち寄るにはよいかもしれません。 両国国技館の隣に、相撲博物館があります。両国国技館を訪れた時に、ちょっと寄ってみてもよいかもしれません。私が訪れた時には歴代の横綱の写真が飾られてありました。 無料ですし、ちょっと寄り道して、相撲博物館に立ち寄るのもよいかもしれません。

  • 春花園BONSAI美術館
    rating-image
    4.5
    52件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都江戸川区新堀1-29-16
    数々の受賞歴を持つ盆栽作家小林國雄が800坪の土地に10億の私財を投じて創設した数寄屋造りの美術館。錦鯉が悠然と泳ぐ池と、千鉢を超える名品が四季ごとの変化に合わせ室内の床の間へ飾られる調和の美は圧巻。盆栽の有料体験教室も開催しており、外国人が多く訪れる都内有数の観光スポットである。

    江戸川区に住んでいながら最近まで知らなかった観光スポット。 聞けば来場者の8割は外国人の観光客とのこと。 しかも、数千万円する盆栽を中国やアラブのセレブが買っていくらしい。 なかには成田空港から観光バスで乗り付けてごっそり買って行く人も… 樹齢数百年の盆栽が沢山あるのは驚きだが、それらが海外に売られていくと聞くと、 かつて北斎の浮世絵や古伊万里が海外に売られていくことに通じているのかなぁなんて考え...

  • たばこと塩の博物館
    rating-image
    4.0
    55件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区横川1-16-3
    東京都墨田区横川にある企業博物館で、かつて専売品であった「たばこ」と「塩」の歴史・文化に関する資料の収集と展示を行っている。平成27年(2015)に現在地へ移転した。3階では、アメリカ大陸で生まれ世界に広まった「たばこ」について紹介している他、江戸時代のたばこ文化に関する資料も展示。2階は塩に関する歴史や知識を展示とクイズで学べるフロアになっている。年に数回、たばこと塩に限らない、幅広いテーマで特別展を開催している。

    とても興味深い「たばこと塩の博物館」でした。お勧めします。 オートバイで、錦糸町から押上のほうへ行くときに、偶然、「たばこと塩の博物館」の看板を見ました。こんなところになんでと思いながら、ちょっと興味深かったので、そのまま立ち寄りました。 博物館では、歴史、文化の流れとともに、「塩」、「たばこ」が展示、紹介されてありました。とても分かりやすい解説で、よかったでした。また、日本の塩、たばこだけではな...

  • 堀切菖蒲園
    rating-image
    4.0
    63件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都葛飾区堀切2-19-1
    葛飾区堀切にある植物園。江戸時代から観光名所として栄えた花菖蒲園の内の一つ「堀切園」を起源とする。6月の上旬から中旬に見頃をむかえる菖蒲の他、梅や牡丹、冬桜、藤などが季節ごとに鑑賞できる。また、園内では、季節の和食などを提供し、気軽に利用できる喫茶コーナーも備えた「静観亭」も営業している。

    花しょうぶの見頃になる6月に訪問 綺麗に整備された公園は葛飾区で運営しているようでなんと入園は無料でした。 園内は本当に綺麗に整備されていて、色鮮やかな菖蒲が咲き誇っていました。 おすすめの観光スポットですよ

  • 江戸川区自然動物園
    rating-image
    4.5
    98件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都江戸川区北葛西3-2-1 行船公園内
    江戸川区北葛西3丁目にある動物園。レッサーパンダやフンボルトペンギン、コモンリスザルやホウシャガメなどの動物を飼育展示している。また、ウサギやモルモット、ヤギやヒツジなどとふれあえるコーナーや、河川と海に囲まれた江戸川区の環境を活かし、淡水や、淡水と海水が混ざった汽水に生息する魚などを展示する水生コーナーも。

    サイクリングついでに見つけた動物園です。 なんで?!ここに動物園?それにペンギン?(嫁がペンギン大好きなのです) それも無料なのは、江戸川区の懐の大きさというか感激です! レッサーパンダもかわいい、プレーリードックのかわいらしさ。 それに、フクロウまで!かっこいいです。 ペンギンの写真上げますが、南国雰囲気でペンギンもすっごくお茶目ですよね。 ず-っと頑張ってほしいです。

  • 東武博物館
    rating-image
    4.5
    84件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区東向島4-28-16
    墨田区東向島、東向島駅近くにある博物館。平成元年(1989)に東武鉄道創立90周年を記念して開館。蒸気機関車などの車両の実物などの資料展示や、シミュレーターなどの体験型展示などを通して東武鉄道について学ぶことが出来る。また、博物館の真上を走行する東武スカイツリーラインの電車を至近距離から観察することが出来るコーナーも。

    東向島駅下なので、雨でも傘をささずにアクセスできる。この手の博物館としては、それなりに広く充実している。 場所柄子どもが多い。オムツ交換、トイレなども小さな子向けにしっかり設備が整っていて、安心できる。館内にはジュースの自販機がある。過去の車両の椅子を含め、座れる場所はたくさんある。ミュージアムショップは、もうちょっと充実していてもよかったのではという印象。蒸気機関車の車輪を回して汽笛を鳴らす...

  • 東京藝術大学大学美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園12-8
    台東区上野公園、東京藝術大学内にある美術館。大学の前身である東京美術学校が設置される以前から収集されている美術資料約29,000点を収蔵、研究、展示を行っている。学生食堂やミュージアムショップ、画材店も併設されている本館のほか、陳列館、正木記念館などの施設も企画展などに利用される。
  • 東京おりがみミュージアム
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区本所1-31-5
    墨田区本所にある折り紙の展示施設。折り紙の作品の常設展示の他、折り紙教室や折り紙の関連図書などの資料も所蔵している。また、日本折紙協会発行のものを含めた雑誌や書籍、折り紙用紙などの販売も行っている。

    大江戸線の蔵前駅から厩橋を渡って徒歩10分くらいです。日本の伝統的な折り紙だけでなく、現在風のものや、海外の折り紙作品が所狭しと展示されていて、かわいかったです。

  • 池波正太郎記念文庫
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区西浅草3-25-16 台東区生涯学習センター1階 台東区立中央図書館内
    時代小説の傑作を多数発表した 池波正太郎の業績や作品の世界を広く伝えるために、平成13年(2001)開設された「池波正太郎記念文庫」は、作品に関するさまざまな資料を収蔵し、書斎の復元や著作・自筆原稿・絵画等の一部を常時展示している。また時代小説コーナーも設けられている。

    江戸時代の下町を舞台にした、鬼平犯科帳など、時代小説を世に出してきた池波正太郎の著作本や、直筆原稿などを展示しています。

  • 郵政博物館
    rating-image
    3.5
    42件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F
    東京スカイツリータウンのソラマチ9階にある、郵便関係の博物館。「心ヲツナグ 世界ヲツナグ」をコンセプトに、日本最大の約33万種の切手や資料など約400点を展示。館内には、郵便の歴史などを7つに分けて紹介する常設展示ゾーンを始め、企画展示ゾーン、手紙ラウンジ、イベントスペースなどがあり、ゲームやスクリーンシアターなどの体験・体感型のコンテンツも多数。来館記念には、スカイツリーの風景入り日付が押されるスカイツリー型のポストに手紙をどうぞ。

    時間があったので暇つぶしで行きました。入場料300円は、わりと妥当な価格かと思います。あまり期待せず、暇つぶしだと思って行くくらいでちょうどいいと思います。ちなみに他のお客様はいなくて、私1人だけでした。奥の方に、世界の切手コレクションがたくさんあります。1つ1つ見てる時間はとてもないので、興味あるところだけでもだいぶ楽しめると思います。

  • 公益財団法人 大谷美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都北区西ケ原1-27-39 旧古河庭園内
    駒込駅から徒歩12分のところにある洋館。石造りの洋館で旧古河邸。鹿鳴館を設計したイギリス人建築家・コンドルが設計。本館は2階建地下1階。1階は洋室、2階は寝室以外伝統的な和室で、巧みな構成で和洋の調和を図っている。素朴で重厚な外観はスコットランドの建築や英国の別荘建築に近い。古河邸内では、ガイドが案内してくれ、所要時間は1時間ほど。庭園はバラの名所で、見ごろは5月中旬から6月中旬、10月中旬から11月下旬ごろまで。見学には往復ハガキで予約が必要。
  • 台東区立朝倉彫塑館
    rating-image
    4.5
    114件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区谷中7-18-10
    明治から昭和にかけて活躍し、文化勲章も受章した彫刻家、朝倉文夫の作品を展示する美術館。朝倉のアトリエ兼自宅を公開している。敷地全体が、「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されており、建物は国有形文化財に登録されている。中庭は水と石と樹木で構成された濃密な空間。天気が良ければ屋上庭園の見学もできる。

    個人邸を美術館施設として開放している谷中の街中にある施設。期待せずに行ったが、8月の実習で一番印象に残ったここ。作品と施設の融合が半端なく、空間の中で時代を飛び越えるような気持になれる。管理が行き届いていて、公開されている部屋で庭を眺めながらずっと座っていたい。屋上まで上がれば周辺が見渡せる。それもまた素晴らしい。植栽や手作りの野菜&ハーブに管理者の真心が垣間見える。

  • ぬりえ美術館
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都荒川区町屋4-11-8
    東京メトロ千代田線町屋駅、一番出口より徒歩15分。赤い旗が目印のぬりえの美術館。絵の中に描いた夢や憧れ、愛情や友情がつまったぬりえを展示。寄贈されたものを中心に、きいちのぬりえ、日本のぬりえだけでなく海外のぬりえや昔の子供たちの遊び道具などのコレクションも展示している。中には戦前のものも。エントランスは月ごと、季節ごとのイメージに合ったものが展示され、常設の展示室では、年に数度の企画展を開催。来館者がぬりえを楽しめるコーナーも。

    子供は無料ですので、楽しめます。テレビや雑誌で紹介されたしているかくれたメジャー施設で、週末の開設のみですの事前に確認が必要です。昭和の雰囲気の塗り絵になつかしさがこみ上げてきます

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す