東京都 多摩動物公園

動物園

自然豊かな多摩丘陵に広がる、動物たちの楽園

約50万平方メートルの広大な敷地に約300種の動物を飼育展示する、日本でも有数の規模を誇る動物園。多摩丘陵の自然をそのまま生かした開放的な空間で、ありのままに近い動物たちの姿を観察できる。

巨大なゾウのモニュメントが迎えてくれる多摩動物公園の正門 巨大なゾウのモニュメントが迎えてくれる多摩動物公園の正門

緑のなかをハイキングしながら動物たちと出合う

1958年(昭和33)に開園した多摩動物公園は、柵がないことを観覧の基本とした日本で最初の動物園。檻の代わりに堀で仕切ったり、巨大なケージの中を歩きながら鳥たちを観察できる「ウォークインバードケージ」など、できるだけ自然に近い環境で動物を観察できるのが特徴だ。また世界初の「ライオンバス」や昆虫生態園を導入し、日本で初めてコウノトリのふ化に成功したことでも知られる。

野生で群れをつくる動物はなるべく群れで飼育するなどの工夫がされている 野生で群れをつくる動物はなるべく群れで飼育するなどの工夫がされている

京王線・多摩モノレールの多摩動物公園駅から徒歩1分。正門を入ると左側に「ウォッチングセンター」があり、1972年(昭和47)に日本へ初めてやってきたジャイアントパンダ「カンカン」と「ランラン」のはく製が置かれているので立ち寄ってみよう。園内はアジア園、オーストラリア園、アフリカ園、昆虫園の4つのゾーンに分かれている。小さな子ども連れなど敷地を徒歩で移動するのが大変な場合は、無料のシャトルバスをうまく利用したい。園内にはフードショップや無料休憩所が数か所にあり、お弁当の持ち込みもできるので、ピクニック気分で訪れるのも良いだろう。

無料のシャトルバスがアジア園を10分間隔で運行している 無料のシャトルバスがアジア園を10分間隔で運行している

オランウータンの空中散歩を見学できるアジア園

敷地の南側には、トラやアジアゾウ、レッサーパンダ、ユキヒョウなど、おもにアジアの動物が飼育されている。白黒のツートンカラーの姿がかわいらしいマレーバクは、水が大好きで、プールのガラス越しに泳いでいる姿を見られることも。また鎧(よろい)をまとったようなインドサイは、その大きさに圧倒されることだろう。

プールに浸かって気持ち良さそうな表情を見せるアムールトラ プールに浸かって気持ち良さそうな表情を見せるアムールトラ

アジア園のなかでも人気なのが、西端にあるボルネオオランウータン舎。1973年(昭和48)生まれの「チャッピー」とその家族たちが暮らしている。タワーに上ったりロープにぶらさがったり、かわいらしい仕草でエサを食べたりと、ずっと見ていても飽きない。また、高さ約15mのロープをオランウータンが軽やかに渡る「スカイウォーク」(開園-13:30頃)は、園最大の見どころのひとつ。ただしオランウータンの気分次第なので、見られたらラッキーだ(雨天・猛暑日・冬期のほか、オランウータンの体調によっては休止)。

多摩動物公園ではオランウータンの繁殖にも取り組んでいる 多摩動物公園ではオランウータンの繁殖にも取り組んでいる

オーストラリア園の目玉は愛らしいコアラ

敷地の北西に位置するのがオーストラリア園。ここでの人気ものは、なんといってもコアラ。長時間眠る性質のあることで知られるが、木にしがみついてじっと寝ている姿は、まるでぬいぐるみのように愛らしい。起きているときは、ユーカリの葉を食べる様子も観察できる。多摩動物公園では、園内外で育てた20種類ほどのユーカリのなかから、毎日8種類を与えているそうだ。このほかオーストラリアの動物では、絶滅危惧種に指定されているタスマニアデビルのほか、ワラビー、カンガルー、エミューなども観察できる。

一日のほとんどを木の上で過ごし、約20時間眠るといわれるコアラ 一日のほとんどを木の上で過ごし、約20時間眠るといわれるコアラ

バスに乗ってライオンに会いに行こう!

オーストラリア園から木立のなかを10分ほど歩いてアフリカ園へ。ライオン、キリン、チンパンジーなどの動物が群れをなして暮らし、ゾウやフラミンゴも飼育されている。バスに乗ってライオンを近くから観察するサファリ形式の「ライオンバス」は、1964年(昭和39)に多摩動物公園が世界に先駆けて開始した人気の展示方法。ときにはライオンがバスの窓をのぞき込むこともあり、迫力満点だ。またバスに乗らなくても、バスステーション内1階の観覧エリアからもライオンを見ることができる。

ミニサファリ気分を楽しめる「ライオンバス」は子どもにも大人にも人気 ミニサファリ気分を楽しめる「ライオンバス」は子どもにも大人にも人気

アフリカ園の南側にある「昆虫園」にも立ち寄ってみよう。チョウやバッタのさまざまな成長段階を展示しているほか、ハキリアリなど日本ではここでしか見られない昆虫や、サカダチコノハナナフシやオオコノハムシといった巨大な外国産の昆虫に出合える。また大温室は、一年を通して数百匹ものチョウが乱舞する、まさにチョウのユートピアだ。

スポット詳細

住所
東京都日野市程久保7-1-1
電話番号
0425911611
時間
9:30-17:00(最終入園16:00)
休業日
水(開園の場合あり、祝日の場合は翌日)、年末年始
料金
【入園料】
[一般]600円
[中学生]200円
[65歳以上]300円
[小学生以下]無料
※みどりの日、開園記念日、都民の日は無料公開
※都内在住・在学の中学生は無料
※11/29(日)までの土日祝は、事前予約が必要
駐車場
なし
※駐車場は園周辺の有料駐車場を利用
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(売店で下記すべて利用可能。その他施設では対応していないQRコード決済あり
Suica、PASMO、QUICPay、PayPay、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY、ALIPAY、WeChatPay、Fami Pay、ギフティプレモplus、atone、ANA Pay、EPOS Pay、K PLUS、一部銀行Pay)
Wi-Fi
あり(ソフトバンクWi-Fiスポット、WiMAX、Free Wi-Fi&TOKYO)
※各サービスにおける利用可能エリアについてはホームページ「園内利用施設のご案内」(https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/facilities.html)をご参照ください。
喫煙
不可
英語メニュー
あり
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

サーバルキャットをはじめ、けものフレンズの作中に登場する動物が見られることから、ファンの間で聖地として扱われるようになった。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • キリンの頭数が多い
    4.0 投稿日:2020.07.22
    入園料大人600円より駐車所料金のほうが高いです。入り口に近いと1200円、少し歩く駐車場だと800円です。入り口で検温の実施はありませんでした。広い園内は坂道が多く、歩いてすべて回るとかなりしんどいので、是非歩きやすい恰好で来てください。ベビーカーを押して歩く方も非常に多いですが、むちゃくちゃ体力使います。象やチンパンジーなどは15時過ぎると舎内に戻ってしまいます。夕方だとみられない動物も結構...
  • あめ よい
    4.0 投稿日:2020.03.15
    雨の日は逆にオススメ!最近はコロナもあり、空いてると思い、敢えて雨の日の日曜日に行きました。ガラガラ。かなり空いていて、ゆっくりと動物が見れました。幸い、雨も途中で止んで、傘もいらなかったです。昼はラーメンを食べました。高いですが、こうゆう所はどこも高いので、許容範囲内です。
  • サーバルキャットが見所です
    4.0 投稿日:2020.03.05
    敷地は広く、アップダウンが激しい。サーバルを見たくなったら此処がオススメ。ユキヒョウなんて珍しい動物もいて見所の多い動物園です。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          多摩南部エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました