NAVITIME Travel

岐阜の文化/見学スポット一覧

  • 世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ
    rating-image
    4.5
    122件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県各務原市川島笠田町1453
    館内は長良川の源流から始まり河口までと世界の淡水魚を中心に自然環境が再現されている。展示数は魚類・両生類が約220種20,000点、水生植物が約30種2,000点。特長は世界最大級の河川環境学習ゾーンと世界有数の淡水生物飼育展示種類があること。全館バリアフリー対応で、レストランやオリジナルグッズを扱うショップもある。閉館後の水族館とレストランをイベント会場として貸し切ることも可能。

    淡水魚たちをたくさん観察できます。途中鳥にも出会えましたが繋がれていて少しかわいそうでした。土曜日の12時ごろ到着しましたがチケット売り場も全く並んでおらずすぐ購入できスムーズでした。

  • 茶の湯美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市千島町1070
    人間国宝や優れた作家の作品や、日本唯一の茶道具を展示し、伝統文化の世界を紹介。
  • 古今伝授の里フィールドミュージアム
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市大和町牧912-1
  • 日下部民藝館
    rating-image
    4.0
    62件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市大新町1-52
    岐阜県高山市にある、元々幕府の御用商人として栄えた日下部家の邸宅。現在の建物は明治12年に建てられたもので、豪快に組み上げられた梁組みと広い土間が表す空間美は、江戸時代の技法を最大に生かした民家建築の集大成とも言える。一番の見どころは、当時300両かけて(現在の1億円の価値といわれる)作られた豪華絢爛な仏壇。明治8年の大火の際も運び出され、今に続くきらびやかなその姿は高山のパワースポットしても知られている。

    高山のハイライトでありながらがっくりの屋台会館の近くなので、寄ってもいいとは思いますが、豪商の贅を尽くした建物です。外観だけでも充分楽しめます。 しかし、入場料500円は高いでしょう。高山全体には観光地料金が横行していますね。

  • 飛騨高山まちの博物館
    rating-image
    4.0
    128件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市上一之町75
    岐阜県高山市にある博物館で、高山市を中心とした民俗資料約7万5000点を所蔵し、そのうち900点を常時展示する。城下町の形成と町家文化をテーマとした14の展示室では、高山祭や町家、城下町の成り立ち、また郷土ゆかりの文人や美術、飛騨にゆかりの深い円空などを展示している。建物は明治8年(1875)に建てられた旧永田家の檜造りの土蔵をそのまま使用しており、情緒溢れる佇まいも魅力。観覧料無料。

    無料とは思えないくらい立派な施設です。高山の歴史や、祭り、昔のくらしなどに関する資料が展示されています。時間がなかったのでさらっと回りましたが、興味深い資料が並んでいました。

  • 飛騨高山獅子会館からくりミュージアム
    rating-image
    4.5
    33件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市桜町53-1
    岐阜県高山市にある、からくり人形を中心に展示する博物館。からくり人形とは、日本三大美祭のである高山祭で市内を曳かれる屋台にも設置されている機械仕掛けの人形や模型のことで、糸やぜんまい、バネなどで操るもの。施設内では、ミシュランガイドでも1ツ星を獲得している「からくり人形の実演」も行われ、人形師の神技を体感できる。また、全国から集めた獅子頭約300点を展示しており、日本で唯一の獅子頭展示場として重要有形民俗文化財にも指定されている。

    高山の一番端に近い櫻山八幡宮のすぐ近くにある穴場の観光施設です。何と言ってもからくりが5体あり、すべて実際に動きます。実に不思議な世界が広がります。ただ、実演のタイミングと合うかどうかですね。 獅子頭は多数ありましたが価値がわかりませんでした。

  • 飛?高山美術館
    rating-image
    4.5
    125件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市上岡本町1-124-1
    岐阜県高山市にある、ガラス工芸と世紀末芸術を中心に収蔵する美術館。19世紀末、ヨーロッパで華麗に花開いたアール・ヌーヴォー様式の装飾芸術にスポットを当て、その後に続くアール・デコや現代ガラスなど約1,000点に及ぶ作品を収蔵している。自然との調和が美しい建物は世界的にも評価が高く、2007年にはフランスのミシュラン社の「ミシュラン・オレンジガイド・ジャポン(施設が対象)」で、また2009年には「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(旅行版)」でともに最高評価の三ツ星を獲得している。

    高山の旅で一番がっかりした場所。展示数が少なく、すぐ見終わった。よっぽどエミール・ガレが好きな人なら見に行ってもいいのかも知れないが、そうでない人は、入館料の高さを考えると、わざわざ行く必要はないと思う。

  • 岐阜県美術館
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
    岐阜県岐阜市にある「美とふれあい、美と対話する」をテーマとした美術館。 館内は全館バリアフリーで、緑豊かな広々とした敷地に立体造形作品が点在し、鑑賞しながら散策することができる。岐阜県出身者やゆかりのある画家・ 芸術家の作品を多数収蔵する一方、象徴主義を代表するフランスの画家、オ ディロン・ルドンの作品「眼をとじて」、「神秘的な対話」などを多数収蔵している。JR「西岐阜駅」から徒歩15分。

    荒川豊蔵の器もあれば、川合玉堂の日本画もあり、どういうわけかベーコンの版画もあります。県民のための美術館ですから、網羅的な展示なんです。ルドンなんて若干マイナーな作品がなんでここにあるの、なんて不思議がる必要もなく、楽しみましょう。もうすぐ改修に入るので、どんなに良くなるか、楽しみです。

  • 名和昆虫博物館
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県岐阜市大宮町2-18 岐阜公園内
    岐阜県岐阜市にある、現存する日本最古の昆虫専門博物館。ギフチョウの発見で知られる名和靖によって設立された名和昆虫研究所の付属施設として、大正8年(1919)に開館した。世界各国の昆虫約18,000種類、300,000点以上の標本を所有し、それ以外にも様々な昆虫の飼育、研究を行っている。明治洋風建築の建物は開館当時のもので、登録有形文化財に登録されている。JR「岐阜駅」・「名鉄岐阜駅」よりバス長良方面行き乗車後、「岐阜公園・歴史博物館前」下車徒歩2分。

    金華山の麓の岐阜公園入口歴史博物館の隣りに建つ日本最古の昆虫博物館。ギフチョウの発見で知られる名和靖により明治29年に設立された名和昆虫研究所、その付属施設として大正8年(1919年)に開設されたようです。昆虫好きにはたまらない施設です、子供にもいい施設ですね。

  • サイエンスワールド(岐阜県先端科学技術体験センター)
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県瑞浪市明世町戸狩54
    中央自動車道「瑞浪IC」より車で3分、全国でも珍しい体験型の科学館。展示物はほとんどなく、館内で展開される様々な実験や工作を楽しみながら、科学への興味や関心を深めることができる。スクリーンに映し出される映像とステージでの実験を組み合わせた約1時間の「サイエンスショー」や、目の前で実験ショーが楽しめる「スペシャルワークショップ」など、様々な実験や体験が楽しめる。科学を深く追求する公開講座なども開かれている。

    クーラーもきいていて親子で一緒に作れて最高の場所です。お財布に優しいし、子供も新たな発見があり生き生きしています。

  • 大垣市スイトピアセンター・こどもサイエンスプラザ・水のパビリオン・コスモドーム
    遊ぶ/趣味
    岐阜県大垣市室本町5-51
    名神高速道路「大垣IC」または「大垣西IC」より車で5分。文化会館や学習館などの文化施設が一体となった、水の都「大垣」の中心となる生涯学習の場。学習館には、都市・人とくらし、地球・自然のちから、宇宙の神秘をテーマにした科学館「こどもサイエンスプラザ」や、コンピュータ制御によるプラネタリウムが楽しめる「コスモドーム」、水の不思議を楽しく学べる「水のパビリオン」などがある。
  • 藤橋歴史民俗資料館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見
    名神高速道路「大垣IC」より約90分。緑に囲まれた鶴見地区に移築・復元された茅葺き民家5棟が目印の野外博物館。棟内には紙漉きやトチノキの木挽き、木製品などの民具や郷土の民俗資料などが展示され、実際に使われていた家屋、道具の持つ生活の息吹を見て、感じることができる。通りを挟んだ向かい側には現代に造られた天守風の「藤橋城」があり、こちらでも民俗資料などが展示されている他、プラネタリウムを楽しむこともできる。
  • 飛騨・世界生活文化センター
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市千島町900-1
    高山市千島町にある複合施設。最大収容人数2,000人の「飛騨コンベンションホール」と500席を備えた「飛騨芸術堂」の2つの多目的ホール、会議室やレストランを備えた「食遊館」、飛騨の家具などの展示を行う「ミュージアム飛騨」などからなる。「ウエルカムプラザ」では、横16mにおよぶ飛騨のパノラマ画や、「鉄腕アトム」の撮影に使用されたセル画アニメ撮影台なども展示。
  • 神戸町日比野五鳳記念美術館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県安八郡神戸町大字神戸1220-1
    現代仮名書壇の最高位にあられた故・日比野五鳳氏の代表作品を所蔵する美術館。日本芸術院賞や文部大臣賞など数多くの賞を受けた名作283点が収蔵されている。日比野五鳳氏の作品が展示されるのは、4月下旬から5月下旬までの春季展、11月上旬から下旬にかけての秋季展、年2回の会期中のみ。6月下旬から7月上旬にかけては絵画や彫刻、書や写真など様々な部門からなる神戸町美術展を開催している。
  • つちのこ館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県加茂郡東白川村神土426-1
    幻の生き物「つちのこ」に関する資料を展示している日本で唯一の資料館。東白川村はつちのこ目撃情報が日本で最も多い地域。目撃情報から忠実に再現したつちのこの模型や、つちのこについての様々なグッズ販売を行っている。懸賞金をかけたイベントも開催しており、つちのこ捜索はもちろん、マスつかみやクラフト体験、抽選会や餅投げなど様々な催しが行われる。同施設では上質な味わいの白川茶をはじめとした村の特産品や、自社商品のトマトジュース「とまとのまんま」やトマトケチャップなども販売している。
  • 若宮修古館
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市白鳥町長滝138
    奈良時代以降、鎌倉・室町時代を中心に隆盛を極めていた白山長瀧神社の社家。若宮家は代々白山長瀧神社の祭祀を司ってきた家柄で、祖先は奈良の朝廷に仕えた公卿と伝わる。およそ1250年も前に奈良からこの地に至り、代々神主執行として仕えてきた長い歴史を持つ家柄だ。白山信仰の隆盛を偲ばせる古美術品や民芸品などの文化財が多数陳列されており、冬期間(12月中旬から3月中旬)以外にはそれらを見学することが可能。谷崎潤一郎の著書「細雪」の舞台のひとつにもなった「爛柯亭」が移築されている。
  • 白山文化博物館・白山瀧宝殿
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市白鳥町長滝402-11 白山文化博物館
    白山文化の里のシンボル的存在として設立された博物館。養老元年(717)に開山した白山の神を祀る「白山信仰」に関する様々な史料を展示している。白山をイメージした外観が特徴で、300インチ3画面の大映像で白山の登拝を体感できる。館内には白山文化を紹介する展示をはじめ、各地の史跡を紹介するインフォメーションプラザ、文化財を展示する文化財展示室、郡上で起きた大規模な一揆・郡上一揆に関する資料展示なども設置されている。別館・白山瀧宝殿に展示されている木造釈迦三尊像・四天王像は国指定の重要文化財だ。
  • 慈恩禅寺
    旅行/観光
    岐阜県郡上市八幡町島谷339
    慈恩禅寺、または?草園(てっそうえん)の名前で知られる臨済宗妙心寺派の寺院。慶長11年(1606)に時の郡上八幡城主・遠藤慶隆が開基となって創建された古刹だ。本尊は釈迦如来。薬師如来や弁財天、鳥枢沙摩明王や観世音菩薩なども祀られている。?草園は慈恩禅寺の奥庭の名前。東殿山麓の巨岩をいかした豪壮な室町様式庭園だ。春には花々の芽吹き、夏には新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と1年を通じて趣深い四季の移り変わりを味わうことができる。
  • 郡上八幡樂藝館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県郡上市八幡町島谷789-1
    郡上八幡駅から車で約5分、郡上八幡旧庁舎記念館そばにある洋館風の建物。明治37年(1904)に建てられた当初は「林寮院」と呼ばれる民間の病院だった。現在は画廊や展示室、民俗資料室等に使用されており、郡上八幡の文化創造や文化交流の場となっている。四棟のうち看護婦棟・本館・レントゲン棟は国指定の登録文化財。トラス組の漆喰壁で仕上げられた本館が建築当時の景観を今に伝えている。本館左の看護婦棟は江戸時代の足軽屋敷の古材を活用して建設されたものだ。

    郡上市役所の旧八幡町庁舎のすぐ近くあります。。 明治37年に建てられた林療院の建物だそうで明治の面影を残す洋館です。 すぐ前には市営駐車もあります。

  • 高原の画廊 飛騨乃風
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高 しらかば平駅1F
    日本で唯一の2階建てロープウェイ「新穂高ロープウェイ」が繋ぐしらかば平駅内にある画廊。飛騨の自然や風物をメインテーマとした絵画や写真、工芸品などを紹介している。特別展示以外の見学は無料なため、新穂高ロープウェイ乗り継ぎ時に気軽に立ち寄ることが可能だ。飛騨の風物や北アルプスの自然から受けた感動を表現した作品を展示しており、貸画廊として利用することもできる。

    今回は高山市在住の画家、日本山岳画協会会員清水一好氏の作品が展示されていました。北アルプスなどを描いた絵画で自然の美しさが表現されており、作家の感動が伝わってきました。入場は無料です。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す