和歌山の文化/見学スポット一覧

  • 京都大学白浜水族館
    rating-image
    4.0
    117件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町459
    京都大学の臨海実験所の付属施設で、水槽室を有料の水族館として一般公開している。展示室は4つに分かれており、サメやエイ、大型回遊魚、近海の魚類、淡水魚など多彩な水生生物を展示。中でも無脊椎動物は国内有数の収集数を誇り、イソギンチャクやナマコなど様々な種類を見ることができる。250t級の大型水槽も備え、レジャー施設として人気。学術的にも見ごたえがある。

    白浜のホテルを出発する前にこちらのHPを見たら、ちょうど冬休みで特別開催中の解説ツアーに間に合う時間だったため急いで行きました。 券売機で入館チケットを購入後、窓口でツアー申し込みをしたところ、運良く解説ツアーとその後のバックヤードツアーに参加できました。 解説の先生は甲殻類がご専門とのことで、お話がとても分かりやすく、時々専門用語も出てきますが、それも楽しく感じられるほどでした。どちらも30分で...

  • 和歌山城公園動物園
    rating-image
    3.5
    81件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市一番丁3
    南海和歌山市駅から徒歩で約10分、和歌山インターチェンジから車で約15分。和歌山城の敷地内にある、全国でも珍しい動物園。大正4年(1915)に作られた「鹿、猿、水禽の飼養場」が現在の動物園の大本となっており、戦争の影響で一時閉園した後、昭和45年(1970)に再開している。現在は、ほ乳類13種、鳥類 17種 、合計 30種の動物を飼育。ツキノワグマがいるクマ舎のほか、童話園と水禽園の二つのエリアに分け、散歩やエサやりなどの体験も実施。

    和歌山城に隣接してある動物園で、和歌山城の天守閣に向かう道からは、動物園の全体を見下ろすことができました。和歌山城の石垣と濠を再現したような白鳥の池があり、鳥が逃げないようにかぶせてある鳥かごのような大きなネットが特に目を引きました。

  • 太地町立くじらの博物館
    遊ぶ/趣味
    和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
    東牟婁郡太地町太地にある博物館。太地町の400年以上に及ぶクジラとの関わりや、古式捕鯨、クジラの生態などを資料展示を通して学ぶことが出来る。また、海を区切って作った自然プールでは、ゴンドウクジラのショーが行われるなど、クジラを間近で観察することもできる。屋外に展示されている世界最大の動物、シロナガスクジラの原寸大の全身骨格標本は迫力満点。
  • すさみ町立エビとカニの水族館
    rating-image
    4.0
    32件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1
    江住駅から徒歩で約8分の水族館。廃校となった旧江住中学校の体育館を再利用したもので、約150種のエビやカニを中心とした甲殻類を常時展示している。潜水艇をイメージした水槽で小さなエビカニ達を見られる「海底探検潜水艇」を始め、甲羅の大きさが世界最大になる「オーストラリアンキングクラブ」など珍しい甲殻類も展示。中でも、「すさみの海水槽」はギネスブック認定の海中ポストを再現。また、季節に応じて館内の生き物を使った実験などが行われる「海の環境学習館」も開設している。

    旅行中に道の駅を次々に辿っていて、道の駅すさみで休憩と買い物をして、別棟にエビとカニの水族館があることを知った。エビとカニ、されど150種も展示があるとは想像していなかっただけに、うれしい不意打ちを食らった。世界中から採取した色とりどりのイセエビ、世界中から来ているのに何でイセエビ?プールのタラバガニは手で触ることもできる、熱帯魚も一緒に泳いでいるし、揺らぐ水草や砂の上にいる極々小さなエビは赤と白...

  • 九度山・真田ミュージアム
    rating-image
    4.0
    54件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県伊都郡九度山町九度山1452-4
    平成28年(2016)にオープンした和歌山県伊都郡九度山町のミュージアムで、戦国武将の真田昌幸から子の幸村・孫の大助までの真田3代の軌跡を紹介している。館内では、幸村が生涯で一番長い時間を過ごした九度山での生活をパネル展示や映像を使って解説。真田3代の綿絵や書物、大坂夏の陣での幸村の戦いぶりを描いた屏風なども展示されている。常設展のほか、不定期で企画展も開催。

    真田家に関しては、長野や群馬で数多くゆかりの地があり、大河放映時に開設されたミュージアムの類いも多く、本館に来て新しく知ることや独自の企画があるわけではありません。ただ九度山という場所が、近くには真田庵もあり、幸村庵という名前の美味しいそば屋もあり、世界遺産の慈尊院というお寺さんもあったりして、高野山詣での道中や帰途に1セットで立ち寄りやすいと思います。町営の駐車場にとめて、全部ぐるっと見回っても...

  • 白浜エネルギーランド
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町3083
    「人と自然のエネルギー」をテーマにした不思議いっぱいの体験型テーマパーク!様々な仕掛けをクリアしてゴールを目指す「Da 迷路」や自然エネルギーについて学習できる「太陽の街」、目の錯覚を利用した、不思議な写真が撮れる「トリックアートハウス」など遊びながら学べるアトラクションが盛りだくさん!
  • 和歌山県立自然博物館
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県海南市船尾370-1
    豊かで美しい和歌山県の自然を紹介する施設。第1展示室は水族館ゾーン、第2展示室は動物や植物、地質、化石の標本、ジオラマなどのゾーンとなっている。博物館内でのイベントや、野外での自然観察、発掘などのイベントも随時開催しており、和歌山の豊かな自然について学ぶことが出来る。

    即位礼正殿の儀の慶祝行事として、入館料が無料となっていました。全滅となったと報道されていた大水槽も復旧していました。早く、以前のように、多く、大きな魚が、泳ぎ回る姿を見たいものです。

  • 養翠園
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市西浜1164
    紀州藩の第10代藩主・徳川治寶により造営された広大な大名庭園で、和歌山県和歌山市西浜にある。海水を引き込んだ池が全国的にも珍しい池泉回遊式庭園。庭園内には見事な松や季節の花木が植えられ、天神山と章魚頭姿山を借景に直線状の三ツ橋を渡した構図が美しい。御茶屋「養翠亭」や表千家の茶室、移築された徳川家の「湊御殿」なども見どころ。国の名勝にも指定されている。

    東京の浜離宮恩賜公園のように海水を取り入れた池を巡る回遊式庭園です。中国の西湖に造られた堤防を模して造られた三ツ橋、中島が見られます。変化のある散策路ですので歩いていても飽きることがです。中国の景色を借りた日本庭園だと思います。

  • 和歌山県立近代美術館
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市吹上1-4-14
    和歌山城の敷地に隣接して建つ近代美術館で、現代的かつ洗練されたデザインの外観が特徴。明治時代から現代までの美術を中心に収集・展示している。和歌山県ゆかりの作家の作品をはじめ、佐伯祐三の油彩13点やピカソ、ムンクの版画など、1万点以上のコレクションを所蔵。企画展やコレクション展を開催し、随時展示替えを行いながら公開している。

    毎月第1日曜日は、入館無料とのことで、行ってみました。地下駐車場も400円のところサービス券が貰えて無料となりました。

  • 稲むらの火の館
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県有田郡広川町広671
    安政元年(1854)、安政の大地震により発生した津波から村人を救うため、自身の田の稲むらに火を放って逃げ道を示した濱口梧陵。「稲むらの火の館」は、梧陵の生涯や人柄に触れるエピソードを紹介する「濱口梧陵記念館」と、地震・津波災害の脅威や防災の知識を伝える「津波防災教育センター」で構成されている。防災に関する「応急・復旧・予防」について、ゲーム形式の展示や映像、シミュレーターを通してわかりやすく学べるスポット。最寄は湯浅駅。

    稲村の火の館は有料ですが、併設されている地域交流センターの濱口梧陵記念館は入館無料です。濱口梧陵の生家で、展示により、その偉業を知ることができます。

  • 万葉館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市和歌浦南3-1700-2
    片男波公園内にある万葉集の資料館。万葉集の時代の背景や風土、人々の生活を実物や複製、解説パネル、タッチパネルなどを使い、さまざまな視点から万葉集を多角的に見せる展示を行っている。ビデオプロジェクターとマルチスライドを組み合わせ、多彩な演出で万葉の世界を物語にして見せてくれる万葉シアターやギャラリー展示もあり、訪れた人々を楽しませてくれる。

    和歌浦にある県立の施設で、入場無料でした。隣接のレストランで食事するなどすると駐車場も無料になります。万葉集の中で風光明媚で有名な和歌浦がよく詠まれていることにちなんでこの地に建てられたそうです。

  • 和歌山県立博物館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市吹上1-4-14
    和歌山県和歌山市の和歌山城近くにある県立博物館で、設立は昭和46年(1971)。平成6年(1994)に現在地へ移転・開館した。建築家・黒川紀章氏が設計した建物は、ガラス張りで明るく、現代的なデザイン。和歌山県ゆかりの文化財や歴史資料を収集・展示しており、高野山や熊野信仰・熊野古道に関する資料、紀州徳川家旧蔵品など収蔵品の数は1000点を超える。常設展では和歌山県3万年の歴史を紹介しているほか、年に数回特別展や企画展を開催。

    以前に、来たことがあったのですが、毎月第1日曜日が、入館無料となったため、来てみました。良い取り組みだと思います。

  • 串本応挙芦雪館
    rating-image
    4.5
    13件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県東牟婁郡串本町串本833
    串本駅から徒歩10分の寺院「無量寺」境内にある美術館。同寺の寺宝の保存・公開に加え、現代美術や郷土資料の収集を行っている。日本一小さい美術館と言われているが、円山応挙と弟子の長沢芦雪をはじめ、狩野探幽や白隠などの近世絵画を多数収蔵。円山応挙の「波上群仙図」や長沢芦雪「龍虎図」など55面の障壁画は、国の重要文化財に指定されている。

    本堂や収蔵庫は案内してもらわないと入れないので、他のお客さんとバッティングすると待たないといけません。本堂の襖絵のレプリカは撮影可能です。収蔵庫は平成2年に建てられたそうですが、中がとても綺麗で、そこで見る本物は圧巻でした。ずーっと見ていたいけど、案内の方を待たせるのも…ともどかしい思いでした。 お寺の周りの道はとっても狭いので運転にはご注意ください。(ミニバンで幅ギリギリでした)

  • 熊野古道館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県田辺市中辺路町栗栖川1222
    和歌山県田辺市中辺路町にある無料休憩所で、12の王子社をもつ中辺路町と熊野古道の観光案内施設を兼ねている。12の王子社にちなんだ12角形の建物が目印。中辺路を紹介する映像や熊野古道に関する資料、滝尻王子社の所蔵品などを展示しているほか、平安衣装を着て記念撮影ができるコーナーもある。地元の陶芸グループの作品やグッズ販売コーナーも併設。

    中辺路にある12の王子にちなんで十二角形の建物になっています。ここは滝尻王子所蔵品などの展示や熊野古道のビデオ紹介などをしています。紀伊田辺からバスで滝尻王子まで行き、ここから中辺路を歩く方も多いようです。また滝尻茶屋もあり早朝から営業しているので食事をすることもできます。店頭には「荷物の配送もできます」と書いてありました。

  • 角長(民具館)職人蔵
    rating-image
    4.0
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県有田郡湯浅町湯浅7
    醤油発祥の地として知られる湯浅で天保12年(1841)から続く老舗の醤油醸造元「角長」に併設された施設。慶応2年(1866)に建てられた仕込蔵を利用し、古くから伝わる「仕込桶」や「足踏み小麦ひき割機」などの醸造道具や製造法の資料を展示している。敷地内には「醤油資料館」もあり、ジオラマやパネル展示を通して醤油作りを学ぶことができる。いずれも入館無料・要予約。

    大通りに湯浅醤油の工場・店舗があり試飲の種類も多彩でよかったが、もう一軒老舗の店があるというので、角長さんへも行った。資料館の2階へ行くと動画で製法や歴史の説明が聞ける。その上説明の補足を館内の物知りおばさんがタイムリーに入れてくれるので、なるほどそうか、とよく分かった。白板に原料の大豆と麦の比率がいろいろ書かれていたので、何なのかと質問すると、待ったましたとばかりに、醤油の原理について詳しく教え...

  • 和歌山市立博物館
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市湊本町3-2
    和歌山市駅から徒歩で約5分、和歌山インターチェンジから車で約20分。和歌山市民図書館の隣にある、昭和60年(1985)にオープンした博物館。「資料が語る和歌山の歴史」をテーマとした常設展示を行なっており、原始から近代までの時代を追った5つと農家の様子を復元した民俗の計6つのコーナーがある。特別展や企画展では時代や土地を絞って紹介しているほか、講座や体験学習なども実施。また、ショップでは過去の展示の図録も販売している。

    南海電鉄「和歌山市」駅からまっすぐ歩いて10分程のところにあります。外観はいかにも公共施設ですが、一歩中に入ると天井の高い石造りで靴音や声がよく響くコンサートホールのような建物で驚きました。 特別展「お殿様の宝物─南葵文庫と紀州徳川家伝来の美術─」が開催中でした。江戸時代の大名には親藩・譜代・外様の別がありますが、親藩のなかでも尾張・紀州・水戸は将軍を輩出できる別格の扱いとされました。現在、尾張...

  • 和歌山県植物公園 緑花センター
    遊ぶ/趣味
    和歌山県岩出市東坂本672
    岩出根来インターチェンジから車で約4分、紀の川インターチェンジからは約6分。根来寺から東に向かった場所にある植物公園。温室や芝生公園の正面にあるパノラマ花壇で四季折々の草花が見られるほか、バラ園やあじさい園など特定の品種を一ヶ所に集めたエリアも点在している。また、園の南にある池には鮮やかなピンク色のハスが咲いており、浮見堂から鑑賞可能。展示会や体験教室なども多く開催している。
  • 紀州博物館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県西牟婁郡白浜町2054-4
    紀州の名門小竹家が代々収集してきた美術工芸品や貴重な浮世絵など約1000点が展示されている。館がある平草原は風光の地でもある。

    無料の博物館だと勝手に思って中に入ったら美術品などが展示されていて、有料とのことでしたので入ることなく、帰りました。

  • 和歌山市立こども科学館
    rating-image
    3.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市寄合町19
    国際児童年と和歌山市制90周年を記念して昭和56年(1981)に開館した科学館。和歌山の自然に関する展示や、運動、音、光、電気などの仕組みを学べる体験型の展示などを行う。併設のプラネタリウムではその日の星空の解説付きで番組を上映。科学教室や自然工作教室、天体観察会などのイベントも開催している。

    メインはプラネタリウム(4F)の観賞であるが、1F〜3Fの各フロアーにも 子供の科学的な興味を引く実験道具的なものが豊富に準備され、2〜3時間は ゆうに遊べる 内容になっている。プラネタリウムは通常の星座や天体観測の他に ドラえもんの宇宙旅行が併映され、子供達は大いに楽しんでいた。

  • 紀州高野紙伝承体験資料館 紙遊苑
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県伊都郡九度山町慈尊院749-6
    弘法大師から九度山町の住人へ伝授されたと言われる手漉き和紙「高野紙」。その高野紙の伝統と技術を伝える博物館が紙遊苑である。場所は道の駅柿の郷くどやまから北西にある勝利寺のとなり。最盛期の高野紙作成風景をジオラマで展示しており、他にも高野紙で作った和凧や障子紙・カッパ・提灯といった小物類などを展示している。また紙漉き体験も要予約で開催。ハガキ大からA3の大きさの和紙を作ることが可能だ。

    紙の原料のコウゾから紙漉き体験ができます。町営で昔は150件の紙すき職人がいたことを聞きました。伝統技術の伝承は課題を改めて認識しました。

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す