長野の文化/見学スポット一覧

  • 地獄谷野猿公苑
    rating-image
    4.5
    2740件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県下高井郡山ノ内町平穏6845
    長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷にある野性のニホンザルの生態の観察ができるスポット。雪のある環境下で生きるサルたちは通称「スノーモンキー」と呼ばれ、世界中から訪れる人々に愛されている。

    当然ながら、完全なハイキングです。舗装された山道で、悪天候では中止すべき。個人的にトレッキングシューズをお勧めします。靴匂いと汚れます。 飲料や食べ物は一切禁止、見せては行けない。外国人95%でしたがマナーの良い方ばかりでトラブル感じませんでした。 奥の方に給水とトイレできる売店のような建物、ここだけが公園内で休めるところです。 大自然で一切人間に興味を示さない猿との不思議な時間に、とても癒されま...

  • 安曇野ちひろ美術館
    rating-image
    4.5
    182件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北安曇郡松川村西原3358-24
    長野県北安曇郡松川村の「安曇野ちひろ公園」内にある美術館で、絵本画家・いわさきちひろを始め世界の絵本画家の作品を収集・展示している。館内には、ちひろの代表作やゆかりの品、その生涯に関する展示のほか、絵本の歴史や世界の絵本の原画コレクションなどを紹介。約3000冊の絵本が読める図書室や小さな子供のためのプレイスペースなど、子供が喜ぶ設備も充実している。北アルプスを眺めながら休憩できる絵本カフェも併設。12月-2月の冬期は休館となる。

    松川村の道の駅から、山側、つまり西側の山すその丘陵地帯に、安曇野ちひろ美術館がありました。この「ちひろ」は、「いわさきちひろ」です。 館内にはいわさきちひろの世界が広がっています。そして、そればかりではなく、美術館が建っているのは安曇野ちひろ公園と言って、緑がとても美しい、広々とした公園なんです。 ちひろの絵をたっぷりと見た後に売店を見ていると、世界的に有名な絵本「はらぺこあおむし」のTシャ...

  • 軽井沢千住博美術館
    rating-image
    4.5
    168件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉815
    世界で活躍する現代日本画家・千住博氏の作品を所蔵展示する個人美術館で、長野県北佐久郡軽井沢町にある。建築家・西沢立衛氏が設計を手掛けた建物は、明るく開放的な総ガラス張り。木々や花が美しいガーデンもあり、自然と調和した独創的な空間となっている。館内では千住氏の作品を紹介する展覧会やテーマに沿った特別展を開催。ベーカリーカフェやショップもあり、アートと自然をゆっくりと楽しむことができる。

    千住博さんの贅を尽くした斬新なデザインは、まず小さいけれど庭園からの導入に始まり曲線が醸し出すガラス張りの壁、そしてすばらしいアンジュレーションの床。まさに一般の美術館とは一味違います。また出掛けてみたい美術館のひとつです。

  • 美ヶ原高原美術館
    遊ぶ/趣味
    長野県上田市武石上本入2085-70
    ビーナスラインの終点、八ヶ岳中信高原国定公園内の標高2000mに広がる天空の美術館。北アルプスなど360度のパノラマと200種を超える高山植物を楽しみつつ、約350点の現代彫刻をじっくりと見て歩こう。
  • 松本市時計博物館
    rating-image
    4.0
    130件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市中央1-21-15
    古時計の研究者である本田親蔵氏から寄贈されたコレクションを中心に、さまざまな時計が展示されている。所蔵品は計1000点にも及び、可能な限り動いた状態で展示を行うことを方針としている。時計の歴史と関連が深い、蓄音機の展示も行っている。建物の中心に組み込まれた、日本有数の大きな振り子時計が目印。

    松本市の観光スポットの一つ、中町通りのすぐ近くに、松本市時計博物館がありました。 こちらの時計博物館の交差点の角にあたる部分に、とてつもなく大きな振り子時計があるんです。外からもよく見えるこの振り子時計は、なんと、日本一の大きさなんだそうですよ。

  • 碌山美術館
    rating-image
    4.0
    88件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高5095-1
    「東洋のロダン」とも称される荻原碌山の作品を残すことを目的に、昭和33年(1958)に開館された。代表作「女」「デスペア」などの彫刻のほか、碌山と交流の深かった高村光太郎の作品も展示されている。ツタに覆われた教会風の佇まいが印象的な建物は、安曇野地方の象徴的な存在として愛されている。JR穂高駅から徒歩10分。

    安曇野を訪問した際、最も行きたかった美術館。まず、今井兼次設計の赤レンガの美術館そのものが見所満載。ドアの取っ手や、暖炉など細かいところも興味深い。館内の展示も素晴らしい。碌山の代表作、女をはじめとして、時間を忘れてしまいます。美術ファン、建築ファンには強くおすすめです。

  • 松本市美術館
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市中央4-2-22
    松本市の中心部に位置する、私立美術館。世界的に有名な前衛芸術家である草間彌生や、書家・上條信山、終生信州の自然を描いた田村一男など、松本市ゆかりの芸術家たちの作品をコレクションに持つ。年に数回、公募による展覧会や企画展も開催している。鑑賞の場・表現の場・学習の場・交流の場を4つの柱に、地域に根ざす総合美術館だ。
  • 松本市立博物館
    rating-image
    3.5
    123件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市大手3-2-21
    長野県松本市の「松本城」敷地内にある市立博物館で、松本城や地域の歴史・民俗資料などを展示している。常設展示では、松本城についてや城下町のなりたちなど、原始から現代までの歴史を紹介。そのほか、押絵雛・七夕人形・道祖神・年取りのブリなど、庶民の生活や地元に伝わる伝統行事について学べる資料も展示されている。調査で出土した江戸時代の水道など貴重な発掘資料も見どころのひとつ。

    こちらの旧博物館は、2021年に閉館し、2023年10月に大名町に移転オープンしています。 新しい博物館は、松本城の入場チケットでは入れないのでご注意下さい。 新しい松本市立博物館は、常設展は大人500円、高校生以下無料でした。 子どもの遊べる場所があり、そちらの利用は無料でした。 ちなみに火曜日は、お休みです。

  • 真田宝物館
    rating-image
    4.0
    94件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市松代町松代4-1
    昭和41年(1966)、真田家十二代当主・幸治氏より譲られた武具・調度品等を展示する博物館として開館した「真田宝物館」は、国の重要文化財「青江の大太刀」や真田昌幸所用の「昇梯子の具足」、武田信玄・豊臣秀吉・石田三成・徳川家康の書状など、5万点に及ぶ貴重な資料を年4回の展示替えをしながら展示している。ワークショップや体験コーナーもある。上信越自動車道「長野IC」から車で約10分。

    2022年7月2日-12月19日[真田信之 -十万石の礎を築いた男ー]が開催されており(但し 1-3期に分かれる)、この期間中に入館するのであれば 入口に設置されている《展示資料リスト》を入手し 鑑賞スタートすることをお薦めします、第2期を鑑賞しましたが 展示品が97点もありましたので。又 1階に《松代城》と《花の丸御殿(但し 花の丸御殿と新御殿(現:真田邸)は異なります)》の1/250模型が展示...

  • 軽井沢絵本の森美術館(ムーゼの森)
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉182(ムーゼの森)
    軽井沢町長倉にある美術館。「ピーターラビット」をはじめ、絵本に関する資料の展示を行っている。美術館名誉顧問で英米児童文学研究者の吉田新一氏の研究資料や「ピーターラビットのひみつの部屋」を常設展示する第一展示館、企画展を開催する第二展示館のほか、洋書を中心に1,800冊の絵本を閲覧できる絵本図書館や、ミュージアムショップ、様々なイベントが行われるカンファレンスルームを備える。敷地内には、「エルツおもちゃ博物館・軽井沢」や、四季の自然を楽しめる「ピクチャレスク・ガーデン」、カフェ「ルーエ」なども併設。

    2020年10月9日から2021年1月11日まで軽井沢絵本の森美術館でやっている『グリム童話の裏話』を旅行ついでに行ってみました。こじんまりした展示ではありましたが、なかなか興味深い内容で、グリム童話に潜むもの、兄弟・家族観、キリスト教、過激な表現、社会・道徳・世相、ジェンダー等に分けて展示してありました。ちなみに10時〜16時(10/9-12は9時半から17時らしいが時期により時間が違う可能性あ...

  • 長野市茶臼山動物園
    rating-image
    4.0
    46件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市篠ノ井有旅570-1
    長野市篠ノ井の丘陵地帯にある長野市茶臼山動物園。ゾウやキリンなどの大型動物を至近距離で観察できるほか、ライオンやトラも飼育している。また全国的に人気のレッサーパンダも屋内、屋外でたっぷり見ることができ、動物と触れ合うような距離で楽しめるのが魅力だ。

    ミルクが双子を7月に出産しました。女の子でアンコとキナコと命名されました。直ぐ大きくなりますから1年以内に会いに行きましょう。

  • 茅野市尖石縄文考古館
    rating-image
    4.5
    68件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県茅野市豊平4734-132
    諏訪湖から八ヶ岳にかけてのエリアは縄文時代の遺跡の宝庫。特別史跡「尖石(とがりいし)石器時代遺跡」の隣には、八ヶ岳山麓に栄えた縄文時代の遺物を展示する博物館があり、目玉は2点の国宝土偶。いざ縄文へ!

    八ヶ岳の山裾にあるので、まだ残雪も随所に見られる3月に訪れました。 昨今の縄文ブームもあるのでしょうか、 某スピ系チューバーのかたの発信もあり 訪れるかたも増えてきているようです。 現在展示の、縄文のビーナスや仮面の女神” は、レプリカでなく実物ということ でしたので、じかに目にすることができるのも有難いです。 国宝以外の多くの土器が、そのまま展示されているのも...

  • 戦没画学生慰霊美術館 無言館
    rating-image
    4.5
    68件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県上田市古安曽字山王3462
    戦没画学生たちの遺作となった作品を、平成9年(1997)窪島誠一郎氏が信濃デッサン館の分館として開館したのが「無言館」だ。第二次世界大戦中に散った画学生達の作品やイーゼルを収蔵展示している。上信越自動車道「坂城IC」から車で約30分。

    長年訪問したかった「無言館」。 日曜日だったので混雑していてじっくり見ることが出来ず、残念でしたが、やはり心に訴えるものがありました。 戦争という悲しい歴史がなかったら、さぞやご活躍なされただろうと思う方の作品も多くあり、本当に残念な思いがしました。 次回は、ゆっくりじっくり見学したいと思います。

  • 長野市城山動物園
    rating-image
    4.0
    54件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市上松2-1-19
    善光寺近くの城山公園内にある入園無料の動物園。アシカやサル、ピンク色がきれいなフラミンゴなど、かわいい動物たちを身近に感じることができる。小さな遊園地も併設されており、長野市民に親しまれている。

    モルモットとのふれあいのために行きました。 善光寺から歩いて少しのところにあります。 無料で入場出来、数多くの種類の動物が展示されています。 時間が決まっているふれあいコーナーもあり、小さなお子様連れでも楽しむことが出来るかと思います。

  • 蓼科アミューズメント水族館
    rating-image
    3.0
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県茅野市北山4035-2409
    茅野市北山の「ピラタス蓼科スノーリゾート」近くにある水族館。標高1750mと、水族館としては日本一の高さに位置する。淡水魚を専門に扱っており、世界最大級の淡水魚・ピラルクをはじめ、世界の淡水魚を観察することができる。また、ペット連れでの入場も可能で、ドッグランも備える。

    淡水魚しかいないのか、と失礼ながらそれほど期待をせずに入館したのですが、とても楽しめました! マニアックな魚が多く派手さはないものの、見たことのない魚や各水槽の説明文に、こんな生き物がいるの?!という驚きが止まりませんでした。 説明も読みながらじっくり見て回ると、豆知識も増えるし、おもしろかったです。

  • 軽井沢現代美術館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉2052-2
    「海を渡った画家たち」をテーマに作品を収集・展示する美術館。主なコレクションは、草間彌生、奈良良知、藤田嗣治、イサムノグチなど。館内は庭に面してガラス張りになっており、夏は緑光の中でゆっくり作品を鑑賞できる。また、入館料にはお茶のサービスが含まれている。12-4月中旬は冬期休館。

    軽井沢の森の中にこれぞ軽井沢と言った感じの美術館である。 シニア料金は800円、昔は飲み物が出たらしいが、今はクッキー1ケがもらえる。 海を渡ったアーティスト展を開催中であった。 美術館の大きな窓からは、これぞ軽井沢と言った景色が見える。

  • 蓼科テディベア美術館
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ野1522(白樺湖畔)
    北佐久郡立科町芦田八ケ野の大門街道沿いにある美術館。国内外の11,000体のテディベアを所蔵しており、巨大ジオラマ展示やメーカー別のコレクションを鑑賞することができる。また、日本最大のテディベアショップ「テディベアプラザ」も併設しており、美術館に入館せずに利用することもできる。

    宿泊していたホテルの向かい側にあるので、チェックアウト前に見学しました。館内は可愛いテディベアがいっぱい。ウエディングや世界の街角などのセットにいろいろなスタイルをしたテディベアがお出迎えしてくれます。多種多様なシーンを見て楽しめるのが最高です。お土産コーナーも充実。どのテディベアを選ぼうか迷うくらい。小さいお子様連れのファミリーにはオススメのスポットです。

  • KARUIZAWA NEW ART MUSEUM(カルイザワ ニュー アート ミュージアム)
    rating-image
    3.5
    28件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
    日本の戦後から現在までの作品を展示。秀でたアート作品を国内外へ広めていくことを目的として誕生した美術館。企画展は日本の現代アート作家に限らず海外作家も含め開催。世界の美術ファンの期待に応えるため、工夫を凝らした展開になっている。館内にはレストラン・ブックカフェ・ショップがあり、ここでしか購入できない「KaNAM」のオリジナルグッズなどを扱っている。

    初めての軽井沢旅行でした。 受付側のミスにも関わらず、その後の対応も不誠実だった事、大変不快でした。二度と行きません。 目的の隈研吾のガラスのチャペルは美術館の外にあり、こちらの見学料は別料金。受付で見学の旨を伝えると「企画展のチケットを購入頂ければ見学可能です。」と一通り説明を受け、チケットを購入。チャペル見学は一日に決められた時間しか行っておらず、見学まで数時間あった為周辺で時間を潰しました...

  • 高橋まゆみ人形館
    rating-image
    4.5
    52件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県飯山市飯山2941-1
    作家・高橋まゆみによる創作人形の世界と、その舞台であるふるさとの原風景を同時に楽しめる美術館。細やかな人間観察から生み出された人形は、親しみやすい表情ながらも見る人の心を揺さぶる作品ばかり。

    とても人気があります。 平田ますみ先生の和紙創作品が際立ってます。 期間限定ですので是非お立ち寄り下さい。 価値観のある作品です。

  • 野尻湖ナウマンゾウ博物館
    rating-image
    3.5
    46件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県上水内郡信濃町野尻287-5
    長野県上水内郡信濃町にある博物館で、昭和37年(1962)から続く野尻湖の発掘調査の成果を中心に、原始から現在までの野尻湖周辺の自然環境に関する資料を展示している。一番の見どころは、化石を元に復元された実物大のナウマンゾウとオオツノジカ。骨器や石器などの展示も豊富で、本物の化石を触れるコーナーもある。石器づくり体験などのミニ講座・イベントも開催。

    ナウマンゾウの化石発掘で有名な野尻湖畔にある博物館です。ナウマンゾウはもちろん、オオツノジカの化石や石器など考古学的な展示が充実しています。日本にゾウがいたというすごいことに改めて気付かされます。

長野の主要エリア

around-area-map

中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「御嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

長野の写真集

目的から探す