東京国立博物館

博物館/科学館

コレクションの質・量ともに日本最大級の博物館

1872年(明治5)、「湯島聖堂」で開催された展覧会が発祥。日本と東洋の美術や考古学など、さまざまな分野の文化財を収集し展示するとともに、保存、修理、管理、調査研究や教育普及事業も行う。日本で最も長い歴史をもつ博物館だ。

現在の本館は、銀座和光(旧服部時計店)を手がけた渡辺仁の設計 現在の本館は、銀座和光(旧服部時計店)を手がけた渡辺仁の設計

日本で最初の博覧会をきっかけに博物館が誕生

「トーハク」の愛称をもつ東京国立博物館(以下、トーハク)。その歴史は1872年(明治5)3月10日、御茶ノ水の「湯島聖堂大成殿」で開催された博覧会から始まる。日本で最初の博覧会は翌年、オーストリアで開催されるウィーン万国博覧会の参加準備も兼ねて、全国に展示品の出品を呼びかけた。集まったものは、文化財や歴史ある神社仏閣の所蔵品など600点以上。なかには名古屋の金の鯱(しゃちほこ)もあり、入場制限が出るほどの人気だったという。これがきっかけで恒久的に展示をする博物館が誕生した。その後、内山下町(現在の千代田区内幸町)に移転。1881年(明治14)には、「鹿鳴館」を手がけたジョサイア・コンドル設計の博物館新館(旧本館)が上野公園内に竣工し、翌1882年(明治15)に開館。さらに1908年(明治41)には、古代ギリシャ・ローマ様式の「表慶館」が完成した。関東大震災による被災を受けたのち、現在の本館が開館したのは1938年(昭和13)。上野公園の一角に本館、表慶館、東洋館、法隆寺宝物館など7つの建物のほか庭園・茶室も有する、日本最大級の博物館になっている。

本館(右)と表慶館はどちらも重要文化財に指定されている 本館(右)と表慶館はどちらも重要文化財に指定されている

まずは本館で本物の日本美術史にふれる

初めてのトーハクでまず訪れたいのが、日本の美術、工芸、歴史資料などを展示する本館。コンドルが設計した旧本館は関東大震災により大きな被害を受け、その後、昭和天皇の行幸を仰いで開館したのが現在の展示館だ。コンクリートの建築に瓦屋根を載せ、日本趣味を基調とする東洋式を強く打ち出しているのが特徴で、1930年代に多く用いられた和洋折衷の「帝冠様式」の代表的建築とされている。1階では彫刻、陶磁、刀剣など、ひとつの分野の作品をじっくり鑑賞でき、2階では縄文時代から江戸時代まで、時代を追って日本美術の流れを知ることができる。吹き抜けのエントランスは、大理石の階段が圧巻。ステンドグラス、壁時計などの装飾も素晴らしく、思わず見とれてしまう。本館は2001年(平成13)、重要文化財に指定されている。

本館では日本の美術史をじっくりたどってみたい 本館では日本の美術史をじっくりたどってみたい

本館エントランスの階段はCMやドラマにも登場する名物スポット 本館エントランスの階段はCMやドラマにも登場する名物スポット

洋風建築が美しい表慶館と、アジア・エジプトの名品が並ぶ東洋館

トーハクで最も古い建造物が、白い外壁に緑色のドーム屋根が美しい「表慶館」。1900年(明治33)の皇太子(のちの大正天皇)の成婚を記念して、1909年(明治42)に開館したものだ。コンドルの弟子で、「赤坂迎賓館」なども手がけた宮廷建築家の片山東熊(とうくま)が設計を担当した。特別展、イベント開催時以外は休館中だが、美しい外観を見るだけでも価値がある。「東洋美術をめぐる旅」をコンセプトにしているのが「東洋館」。地下1階から地上5階に、中国、朝鮮半島、東アジア、さらに西域、インド・エジプトなどの美術と工芸、考古学遺物などを展示する。実際にアジアからエジプトまで旅する気分を味わえるのが楽しい。ほかにも、話題の特別展開催とともに考古の展示をする「平成館」、トーハクが所蔵する法隆寺献納宝物を保存・展示する「法隆寺宝物館」、洋画家・黒田清輝の作品を展示する「黒田記念館」、四季折々の花を楽しめる庭園や茶室など、見どころは尽きない。主要館にはレストラン、カフェ、ミュージアムショップがあり、博物館全体がひとつの街のよう。美術鑑賞三昧の一日を過ごすのにぴったりの場所だ。

平成館1階の考古展示室では古墳時代の埴輪が人気 平成館1階の考古展示室では古墳時代の埴輪が人気

「鳥獣戯画」の手拭い(1100円)、「はにわソックス」(440円)、尾形光琳作・国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱(やつはしまきえらでんすずりばこ)」モチーフの缶入りクッキー(1080円) 「鳥獣戯画」の手拭い(1100円)、「はにわソックス」(440円)、尾形光琳作・国宝「八橋蒔絵螺鈿硯箱(やつはしまきえらでんすずりばこ)」モチーフの缶入りクッキー(1080円)

スポット詳細

住所
東京都台東区上野公園13-9
電話番号
05055418600
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
[ホテルオークラレストラン ゆりの木]11:00-17:00(L.O.16:20)
休業日
月(祝日の場合は翌平日)
※時期により変動あり
料金
【入館料】
[一般]1,000円
[大学生]500円

※特別展は別途
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は総合文化展については無料(入館の際に年齢のわかるものをご提示ください)
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳等をご提示ください)
駐車場
なし
クレジットカード
可(Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、DISCOVER)
Wi-Fi
あり
喫煙
英語メニュー
あり(日英併記)
備考
[公式HP]https://www.tnm.jp/
お知らせ
・営業時間は諸事情により変更する場合がございます。詳細は公式HP等でご確認ください。

・2022/4/1より事前予約なしでご入館いただけます(2022/3/31までは事前予約<日時指定券>推奨です)。

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

アニメ・時をかける少女に登場する、間宮千昭がタイムリープしてまで見たかった絵画がある美術館のモデル。また、刀剣乱舞の刀剣男士のモチーフとなった刀も数多く所蔵している。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 博物館裏手
    3.0 投稿日:2020.07.24
    平成館と本館の間の通路階段を通り庭園へ。蚊もいそうなので虫対策必要。池には蓮があり、茶室もある。いくつか建物あり趣き深い。
  • 広い庭園でした。
    4.0 投稿日:2019.12.03
    広い庭園に移築した茶室が2つぐらいありました。せっかくのかやぶき屋根に針金が浮いてるのが少し残念でしたが散策が楽しかったです。庭園だけの入場券はないので常設券の購入が必要でした。
  • 相輪に龍が絡みついている《五重塔》は珍しく 見逃さないことをお薦めします
    4.0 投稿日:2019.07.19
    日本国内に種々の《五重塔》がありますが 相輪に龍が絡みついている《五重塔:高さ 570cm...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          上野・谷根千エリアのおすすめスポット

          東京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました