NAVITIME Travel

東京の美術館スポット一覧

  • 国立新美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都港区六本木7-22-2
    六本木にある、日本最大級の延床面積を持つ美術館。日本で5番目の国立美術館として平成19年(2007)に開館した。14,000平米の展示スペースを生かして多様な展覧会を開催している。日本を代表する建築家・黒川紀章が手がけた最後の美術館としても有名。逆円錐の最上部にあるユニークなティーサロンは、映画などにも登場する人気スポット。
  • 上野の森美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園1-2
    上野恩賜公園内に位置する美術館。昭和47年(1972)4月の開館以来、様々なジャンルの美術品を紹介展示している。常設展示は行っておらず、定期的に独創的な企画展を開催。アートスクールも開講しており、受講レベルは初心者から熟練者まで幅広く対応している。
  • 三鷹の森ジブリ美術館
    rating-image
    4.5
    1862件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都三鷹市下連雀1-1-83 都立井の頭恩賜公園西園内
    スタジオジブリの宮崎駿氏が館主を務めるアニメーション美術館で、「迷子になろうよ、いっしょに。」がキャッチコピー。館内には、歴代ジブリ作品の絵コンテや関連する資料のほか、アニメ製作スタジオの風景の再現、美術館用の短編アニメ作品の上映など、アニメーション見方が広がる様々なコーナーを常設。ノスタルジックな建物と緑が融合した順路のない構造で、大人から子供まで思い思いの楽しみ方ができる。入館は完全予約制。最寄は三鷹駅。

    三鷹にあるジブリ美術館。 何度か行こうとしたのですが、いざ目の前にしてチケットがないと入れないという事を知り断念。ようやくチケットを手に入れ行ってきました。 ジブリが好きな私はテンション上がり、ウキウキ気分でした。 見逃していた作品の展示物もあり、帰ったらdvd借りてみようと思いました。

  • 国立西洋美術館
    rating-image
    4.5
    891件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園7-7
    東京都台東区の「上野恩賜公園」内にある美術館で、西洋の美術品を専門に収集・展示している。フランスの建築家のル・コルビュジエが設計を手掛け、平成28年(2016)に世界文化遺産に登録された建物も見どころの1つ。フランス政府から寄贈返還された実業家・松方幸次郎の収集品「松方コレクション」を中心に、モネやルノワールなど中世末期から20世紀初頭の西洋絵画と、フランス近代彫刻などを常設展示。企画展も年数回開催している。

    「ハプスブルク展」目当てで行きましたが、いつもこちらの常設展である松方コレクションの充実度に感動します。 また、常設展エリア内で毎回企画展示があることも楽しみです。 世界遺産に認定されたことは建築物的に喜ばしいことですが、海外旅行で見学する世界遺産と比較すると年代も新しいですし、敷地も狭いので、建築ファンでないと魅力は少ないように思います。 特に無料で入れる前庭はちょっとした植込みと数点の彫刻のみ...

  • 東京都美術館
    rating-image
    4.0
    536件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都台東区上野公園8-36
    東京都台東区の「上野恩賜公園」内にある日本初の公立美術館で、開館は大正15年(1926)。すべての人に開かれた「アートへの入口」を目標として、国内外の名品を紹介する特別展や美術団体による公募展、書作品を中心としたコレクション展など、一年を通して様々なジャンルの展覧会を開催している。喫茶や軽食が楽しめるカフェのほか、コース料理が自慢のレストラン、ミュージアムショップも併設。

    入り口はエスカレーターで門から下がった場所にあり、荷物を預けるロッカーや鍵付きの傘立てが多数あり、楽に鑑賞できます。

  • 東京国立近代美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区北の丸公園3-1
    皇居に近い北の丸公園の南側入り口にたつ、日本最初の国立美術館。開館は昭和27年(1952)。12,500点を超えるコレクションの中から選りすぐりの約200点を展開する「MOMATコレクション」展では、20世紀初頭から現代に至るまでの日本画や洋画、水彩、彫刻、写真など多彩なジャンルの作品を展示。年に数回、独自のテーマに基づいた企画展も開催している。
  • 三菱一号館美術館
    rating-image
    4.5
    428件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区丸の内2-6-2
    近代美術中心の展覧会を開催する丸の内の美術館。建物は、明治27年(1894)に建てられた丸の内初のオフィスビル「三菱一号館」を復元したもので、設計は英国人建築家のジョサイア・コンドル。常設展示はなく、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。館内には、ミュージアムカフェ・バーとミュージアムショップのほか、丸の内の歴史を体感できるスペース「歴史資料室」が併設されている。

    英国人建築家のジョサイア・コンドルの設計により、三菱が1894年に東京・丸の内に建設した、初めての洋風事務所建築「三菱一号館」。 それを復元した赤煉瓦の美しい建物は2010年より美術館となっています。 本来は18時で閉館なのですが、特定日のみ18時半から入場できるという特別鑑賞プランです。 現在開催しているのは「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」です。 作品は撮影禁止ですが...

  • 森美術館
    rating-image
    4.5
    1089件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
    六本木ヒルズ森タワー53階に位置する国際的な現代アートの美術館。年間を通して多彩な企画展が開催されており、会期中は22時まで開館している(火曜を除く)ため、仕事帰りや食事のあとにも観賞できるのが魅力。52階には「東京シティビュー」及びカフェ&レストランがあり、東京を一望する絶景とともに食事やお茶を楽しめる。最寄り駅は「六本木」駅。

    未来と芸術展で伺いました。 大晦日だったからか街の人は少なかったですがチケット購入で数十分待ちでした。 エレベーターで52階まで行って、さらにエスカレーターで登って美術館です。 未来都市と新芸術の展示です。

  • 根津美術館
    rating-image
    4.5
    872件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都港区南青山6-5-1
    南青山にある美術館。東武鉄道の社長などを務めた初代根津嘉一郎(1860-1940)の収集品を展示・保存するため、昭和16年(1941)に開館した。日本・東洋古美術を中心に7,400件を超える所蔵品を有し(2016年3月末時点)、その中には国宝、重要文化財、重要美術品が多数含まれている。展示室のある本館のほか、茶室や石仏、石灯籠などが点在する日本庭園も見学可。また庭園を見おろせるカフェもくつろぎのひとときを過ごす場として人気が高い。

    表参道駅から歩いて割とすぐ、青南小学校の近くにあります。 高校生くらいまではこの辺りによくきたのですが、根津美術館には足を運ぶ機会がなく、そのまま歳月流るる如し。 入口に長い廊下?みたいなのがあり、皆さん狂ったように写真を撮っていました。 隈研吾マニアにとってグッとくるものがあるのでしょうか。 今回は川上不白の展示を観に行きましたが、常設の平家物語絵巻、古代中国の陶器など見所は多かったです...

  • 山種美術館
    rating-image
    4.0
    144件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都渋谷区広尾3-12-36
    東京都渋谷区広尾にある昭和41(1966)年開館の美術館で、日本画を専門に所蔵・展示している。山種証券(現・SMBC日興証券)の創業者・山崎種二が蒐集した日本画コレクションを中心に、近代・現代日本画など約1800点余りを所蔵。速水御舟の≪炎舞≫≪名樹散椿≫など6点の重要文化財やカフェ、日本画史において重要な画家の作品が揃っている。常設展示はなく、年数回の展覧会を開催。ミュージアムショップでは、作品をモチーフにした和菓子やオリジナルグッズが人気である。

    恵比寿駅から坂道を登り、徒歩10分位の所にあります。駅からバスでも行けるみたいです。 今回は同美術館の広尾での開館10周年を記念した作品展「大観・春草・玉堂・龍子-日本画のパイオニア-」を観ました。作品も見易く、導線も良いのでじっくり観賞できました。 ギフトショップも充実していて、ちょっとした小物などセンスのよい品揃えに思えます。 1階には喫茶があり、作品展とのコラボメニューもありました。基本...

  • パナソニック 汐留ミュージアム
    遊ぶ/趣味
    東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
    東京都港区・パナソニック東京汐留ビル4Fにある美術館。2003年に開館。20世紀を代表するフランス画家・ジョルジュ・ルオーの作品展が常設されているほか、さまざまな展覧会やアートイベントも随時開催。「次世代照明」を採用し、館内の消費電力を約50%削減。地球環境に配慮した「やさしいライティング」が特徴。作品本来の美しさを引き出す照明環境を実現している。ミュージアムショップも併設。
  • Bunkamura ザ・ミュージアム
    遊ぶ/趣味
    東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
    JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩約7分のBunkamuraにある自由形美術館。スタイリッシュで洗練された空間では、近代美術の流れに焦点をあてた展覧会を多く開催。日本では紹介されることが少なかった作家の個展や海外の有名な美術館の名品展など、テーマ性や先見性、話題性を持って開催される展覧会は、国内にとどまらず国際的にも評価が高い。金・土曜日は気軽に美術を楽しめるように夜間開館を21時まで行っている。
  • 東京都庭園美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都港区白金台5-21-9
    港区白金台にある美術館。国の重要文化財にも指定されている昭和初期のアール・デコ様式の建築「旧朝香宮邸」を利用しており、アール・デコなどをテーマにした様々な展覧会を開催している。また、平成26年(2014)には新館を改築、その後もエレベーターの設置や庭園整備を継続し、平成30年(2018)3月にすべての工事が完了し総合開館した。
  • 東京富士美術館
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都八王子市谷野町492-1
    八王子市谷野町、創価大学近くにある美術館。創価学会インタナショナルの池田大作会長により設立され、ルネサンスから現代に至る流れをたどることが出来る西洋絵画のコレクションや、写真誕生からの歴史を俯瞰できる写真のコレクションをはじめ、幅広い時代、地域の絵画や写真、版画、彫刻、工芸など約30,000点を所蔵する。

    創価大学隣接の美術館、東京富士美術館。 入館料は1300円、割引き料金は1000円です。 館内にカフェもあります。 お土産コーナーの脇にには無料のラウンジがあって、給茶器もあるので優しさを感じます。

  • 東京都写真美術館
    rating-image
    4.0
    179件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
    平成7年(1995)にオープンした、写真と映像の総合美術館。写真・映像作品の収集、展示に加え教育普及活動も行っている。平成28年(2016)にリニューアルを行った。各フロアごとに別テーマでさまざまな展示を行っている。入館料金は、各フロアの企画展の内容によって変動。年一回、2月に行われる恵比寿映像祭を開催している。定期的に、写真・映像に関するワークショップが行われている。

    目黒から歩くと登ったり下ったり大変だけど、恵比寿からならスカイウオークで水平移動。玄関に行くと何やら行列が。聞くとポーランド映画祭だそうで、ぐるっとパスが使える展覧会は今はないとのこと。またとないチャンスなので、さっそくチケットを買って2本の映画と監督のトークショーを楽しみました。

  • 森アーツセンターギャラリー
    遊ぶ/趣味
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F
    六本木ヒルズ森タワー52階にある、展望台と同じフロアに造られたギャラリー。世界的な美術館と協力した企画展のほか、アニメ、漫画、ゲームなどのクールジャパンアートの展覧会も多数行う。同タワーの53階にある森美術館と共に、ジャンルや既存の枠組みにとらわれない、質の高い芸術を堪能できるスポットとして人気。
  • 世田谷美術館
    rating-image
    4.0
    90件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都世田谷区砧公園1-2
    東京都世田谷区の「砧公園」内にある美術館で、緑豊かな景観と一体化した建物は建築家・内井昭蔵の作。アンリ・ルソーの 「フリュマンス・ビッシュの肖像」や北大路魯山人の「年魚図」、世田谷区にゆかりのある作家の作品などを含め、収蔵品は約16,000点にものぼる。収蔵品をテーマにそって入替え展示するコレクション展のほか、国内外の美術館・博物館と協力しての企画展も開催。砧公園を望むフランス料理レストランも人気。

    砧公園内にあるので、アート鑑賞と公園散策で一日過ごせる場所です。車で公園に行く場合、駐車場が世田谷美術館の丁度横にあり便利です。世田谷美術展は、企画展の選定に特徴があり、上野あたりの趣向とはやや違いがあり気に入ってます。私はチェコデザイン展を見ましたが、ミシャなどアールヌーボー、デコに始まり、特に、第二次世界大戦中や社会主義時代のデザイン作品や時代の雰囲気も紹介されており、ユニークでした。他にパラ...

  • 東京おもちゃ美術館
    rating-image
    4.0
    133件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
    中野におもちゃを「見る・遊・作る・調べる」美術館として創設され、現在は旧四谷第四小学校校舎に移転。西洋・東洋を問わず、良質なおもちゃ「グッド・トイ」や伝統的なおもちゃを多数展示しており、大部分のおもちゃは実際に触って遊ぶことができる。おもちゃの遊び方やゲームを教えるおもちゃ学芸員が常駐。ファミリーだけでなく、デートや友人同士での来館もおすすめ。

    二歳の子どもと休日昼に行きました。 木で出来たいわゆる「おもちゃ」が校内に沢山あり、大喜びでした。 トイレの設備が少ないのが難点。

  • 21_21 DESIGN SIGHT(デザインサイト)
    rating-image
    4.5
    279件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都港区赤坂9-7-6
    六本木駅直結の複合施設「東京ミッドタウン」内にあり、デザインに関連する展覧会を行っている。従来の美術館とは違い、「デザインを通じて日常的なものごとをあらためて考え、ものづくりを行い、提案、発信する場」として創設された。企画展をメインとして、トークイベントなども開催している。安藤忠雄が建築設計を手掛け、1枚の鉄板を折り曲げて作られた屋根など、独創的な外観。

    導線や階段(すれ違うのがやっと)など、デザイン性が優先されてしまって人にやさしみを感じない。車いすやベビーカーなどがスムーズに入ることができない施設なので、入館前にご注意です。

  • パナソニックセンター東京
    rating-image
    4.0
    132件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都江東区有明3-5-1
    東京都江東区有明にあるパナソニックセンター東京は、パナソニックグループの最新製品や技術を体感できるショールーム。現代から近未来の暮らしをパナソニックの技術とともに体験できる場や、任天堂の新作ゲームを大画面でプレイできるブース、数学・理科の魅力を発見できるミュージアムなどがあり、幅広い年代で楽しめる。3階「リスーピア」を除き入場無料。

    パナソニックセンターでは最先端な映像技術を駆使してインターラクティブな展示が行われている。特に各種スポーツを楽しませるコーナーが印象的である。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す