東京都現代美術館

美術館

家族で気軽にアートを楽しめる清澄白河のランドマーク

1995年(平成7)の誕生から東京、ひいては日本の美術カルチャーを支え続ける人気の美術館。旬の作品を展示する施設でありながら、リニューアルしたばかりの美しい館内は存在そのものがアートな空間となっている。

1995年(平成7)オープン。設計は、株式会社 柳澤孝彦+TAK建築研究所 1995年(平成7)オープン。設計は、株式会社 柳澤孝彦+TAK建築研究所

巨大な公園のお隣、気軽に寄りたい美術館

東京都現代美術館があるのは近年、若いカップルやファミリーも行き交うことが増えた街、清澄白河。東京メトロ半蔵門線清澄白河駅から徒歩9分、都営大江戸線清澄白河駅から徒歩13分の場所にあり、東京ドーム5個分という広大な敷地面積を誇る「木場公園」に隣接している。その立地もあり公園で散歩をしたり家族でのびのびした帰りにも気軽に寄れる美術館として知られる。地域住民だけでなく多くの人から愛されている施設だ。

アート好きも唸るさまざまな企画展が人気 アート好きも唸るさまざまな企画展が人気

美術の過去と現代をつなぐ美術館

年間を通し8-9つ程度の企画展を催し、複数の展示会を同時に開催するというのがこの美術館の特徴だ。学芸員がキュレーションするまさに「今」見てほしい展示に加え、ぜひこの場所で展覧会を開きたいというアーティストなどからの持ち込み企画もあるそう。企画展のチケットは展覧会により価格が異なるが、そのチケットで常設展にあたる「コレクション展」も観覧できる。5500点に及ぶコレクションのなかからテーマを決め展示を行うため、何度行っても楽しめるのが魅力だ。「コレクション展」だけなら500円で観覧可能なので、近くに立ち寄ったらぜひ気軽にアートを眺めてみたい。撮影可能な展示も多くSNS上でも近年話題を呼んでいるという。1926年(大正15)に誕生した日本初の公立美術館、「東京都美術館」所蔵の品々も受け継いでいるため、「現代」という名前が冠せられてはいるものの歴史ある作品も多い。そのコレクションの幅広さもあり、幅広い年代のアートファンが楽しめる場所となっているのだ。

温かみを感じられる空間

2016年(平成28)から3年にわたりリニューアル工事を行い、以前以上にバリアフリーを意識したつくりになっただけでなく、さらにくつろげる空間に生まれ変わった。展覧会を楽しんだあとは、ぜひ広々とした美術館の建物をも満喫してほしい。硬質なイメージがある美術館だが、館内サインやベンチに木やコルク材を活用することで施設全体に温かみを感じられるように進化している。また、新しい見どころも登場している。1階のミュージアムショップから外に出たところにある「中庭」はこのリニューアルで整備され、出入り可能となった。ここから地下にある「水と石のプロムナード」につながっていて、迷路を歩くようなワクワク感を楽しむことができる。

「中庭」などパブリックスペースが進化した 「中庭」などパブリックスペースが進化した

アート好きにはたまらない資料がたくさん

資料総数約27万冊を誇る「美術図書館」も東京都現代美術館の大きな見どころのひとつだ。洋の東西を問わず美術に関する図書、カタログ、雑誌などを収集、保存。貸し出しはしていないが閲覧は展覧会を見ていない人でも自由にできる。誰でもすぐに美術の世界に身を浸すことができるのだ。

図書館だけの利用も可能。「こどもとしょしつ」も併設している 図書館だけの利用も可能。「こどもとしょしつ」も併設している

東京都現代美術館にはほかにもミュージアムショップ「NADiff contemporary(なでぃっふ こんてんぽらりぃ)」、レストラン「100本のスプーン」、カフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」と展覧会のチケットがなくても利用できるスポットがたくさんある。清澄白河、深川界隈に来た折はついつい足を延ばしたくなるスポットなのだ。

誰でも買い物が楽しめる、ミュージアムショップ「NADiff contemporary」 誰でも買い物が楽しめる、ミュージアムショップ「NADiff contemporary」

レストラン「100本のスプーン」は家族で楽しめることで人気 レストラン「100本のスプーン」は家族で楽しめることで人気

スポット詳細

住所
東京都江東区三好4-1-1 木場公園内
電話番号
05055418600
時間
10:00-18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
休業日
月(祝日の場合は翌平日)、展示替期間、年末年始
料金
展覧会により異なる
駐車場
あり(約90台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、nanaco、WAON、楽天Edy、LINE Pay、メルPAY、auPAY、ALIPAY)
英語メニュー
あり
車椅子での入店
可(インフォメーションで車椅子の無料貸出あり)
乳幼児の入店
可(インフォメーションでベビーカーの無料貸出あり・授乳室あり)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 子供ファーストなアートレストラン
    4.0 投稿日:2019.04.09
    3月末にリニューアルオープンしたので、遊びに行きました。二子玉川にある100本のスプーンがレストランとして入ったので行ってみました。美術館の中にあるレストランらしく、アートにあふれていました。ウエイティングブースには木のおもちゃがあったり、メニューに、ぬりえが出来るようになっていて飽きずに待っていられました。ソファ席も多く用意されていました。離乳食を無料で用意してくれるサービスがあるので...
  • 2019年春にリニューアルして、サンドイッチ店になりました!
    4.0 投稿日:2019.04.07
    現代美術館の2階、場所は依然と同じですが、メニューが変わりました。以前はベトナムカフェでしたが、今度はサンドイッチ店になりました。サンドイッチ、パン類は自分でトレーにとり、飲み物はレジで注文する方式です。屋外の席でいただくことも可能です。ソフトクリームいただきました。
  • カフェですが軽食もOK
    3.0 投稿日:2018.06.21
    地下1階から2階まで階段をぐるぐる上っていくとカフェテリアにたどり着きます。カフェテリアは、丸い円盤のような形にのスペースです。窓からの眺めは周囲が現代美術館の建物で囲まれているので楽しめません。セルフサービス方式ですがカフェですがメニューは豊富でケーキ・あんみつ・オレンジシャーベットなどドリンクのほか牛丼、ミートソース、ハヤシライス、ピザトースト、ホットケーキなどの軽食もあります。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          深川・清澄エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました