山口のその他観光スポット一覧

  • 関門トンネル人道
    rating-image
    4.0
    389件の口コミ
    旅行/観光
    福岡県北九州市門司区
    福岡県北九州市と山口県下関市を結ぶ全長780mの歩行者用海底トンネル。入り口から地下までエレベーターで降り、関門海峡の海底を徒歩で渡ることができる。道中には全国でも珍しい海底に設置された県境の標識も。トンネルの両側で記念スタンプを押して提示すると「関門TOPPA!記念証」がもらえる。

    有料かと思ったら無料で渡れるんですね。自転車は20円?払う義務あるようです。国道2号線?扱いだから??片道1km弱の北海道道路的な直線のトンネルでした。福岡県側は地上に出ても昔ながらの飲食店1件と神社がある程度です。特別感はありませんが地元の人はランニングコースにしているご様子でした。

  • 角島大橋
    旅行/観光
    山口県下関市豊北町
    山口県下関市豊北町神田と「角島」を繋ぐ橋で、離島に架かる橋のうち無料一般道路としては国内屈指の長さを誇る。エメラルドグリーンの海「海士ヶ瀬」と一直線に伸びる橋の風景が美しく、TV番組やCMのロケ地としても人気。まるで海外のような雄大な景色が望めることから、1年を通して多くの観光客が訪れるスポットである。橋の中央部の非常駐車帯での写真撮影は禁止。
  • 毛利氏庭園
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    旅行/観光
    山口県防府市多々良1-15-1
    国の名勝に指定されている、8万4千平方メートルもある広大な庭園である。ひょうたん池を取り囲むように石組や植栽、芝生や石橋、回遊路が配置されている池泉回遊式庭園で、客殿・書院前の平庭が最も豪華だ。紅葉の名所としても知られており、例年11月中旬から下旬にかけて見頃を迎える。

    比較的新しい庭園ではあるが、池を中心にモミジが何本もあって綺麗だった。通路が決まっているわけでなく、自由に歩ける。その分、どこの国とは言わないが、女性の外国人旅行者のグループがモミジの木に登り、枝を揺らしてわざとモミジの葉を散らせ、SNSの投稿に使うのだろうか、「映え」を狙った写真を撮っていたのには、呆れて声が出なかった。もう少し長期間、いろんな人がモミジの紅葉を楽しめただろうに、と残念な限りだっ...

  • 長府庭園
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    山口県下関市長府黒門東町8-11
    下関市にある庭園。長府毛利藩の家老格であった西運長の屋敷跡で、池を中心に書院や茶屋、あずまやが残されている。園内に点在する蔵では、下関の銘菓や小物販売店、作家の展示即売、観光資料コーナーなどで構成されている。緑に触れながら広い園内を自由に散策することができる。

    JR下関駅からバスを利用して行きました。庭園には孫文が長府に来住した時に渡した中国古蓮を育成して発芽させた「孫文蓮」がありました。天気が悪かったですが、落ち着いた雰囲気の庭園で良かったですね○

  • 秋吉台カルスト展望台
    旅行/観光
    山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台
    「秋吉台東台」の南部に位置する展望台。二階部分は円形となっており、360度のパノラマを堪能できる展望台となっている。秋吉台のカルスト地形や、草原地帯を一望できるほか、草原と森林の境界が確認できる。また展望台には、車いす用のスロープも整備されている。
  • 宗隣寺庭園・龍心庭
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    山口県宇部市小串210
    宇部市小串の宗隣寺境内にある庭園。14世紀の南北朝時代に造園された県内最古の庭園で、国の名勝に指定されている。池畔に敷いた小石で潮の満ち引きを表現した「干潟様」は、この庭園と平泉の毛越寺の庭園の2ヶ所にしか現存しない貴重なもの。

    中国観音霊場の札所。凛とした雰囲気のお寺です。本堂と横に観音堂。本堂裏に名勝庭園があります。参拝のあと、ご朱印をいただき、庭園を観賞させていただきました。庭園観賞は有料で、案内のテープを流していただけます。縁側に腰かけて、無の境地で庭園を観賞させていただきました。池の中の石が見事です。

  • 笠戸大橋
    旅行/観光
    山口県下松市洲鼻
    山口県下松市の笠戸湾に架かる橋で、下松市と笠戸島を結ぶ。昭和45年(1970)に完成し、中央径間が深紅に塗装された美しいトラス橋で、下松市のシンボルともなっている。「笠戸島」は、佐々木小次郎が宮本武蔵を追い、九州に下る際に立ち寄った島と言われている。
  • 関門トンネル
    旅行/観光
    山口県下関市椋野町(車道部)・下関市みもすそ川町(人道部)
    下関市と福岡県北九州市を通るトンネル。山口県と福岡県を隔てる関門海峡の下を通っている。歩行者・自転車・50cc以下の原動付自転車が利用できる人道トンネルがあり、ジョギングやウォーキングコースとして利用されている。そのほか関門トンネルには、高速道路を通るトンネルと山陽本線が走る鉄道用のトンネル、山陽新幹線が走る新関門トンネルがある。
  • 大島大橋
    旅行/観光
    山口県大島郡周防大島町・柳井市
    山口県柳井市と大島郡周防大島町に架かる橋で、全長は1020m。橋脚に受ける潮流抵抗をさけるため、世界初の試みである「多柱式基礎」の上に、連続トラスで構成されている。橋の東側には歩道が設置されており、徒歩や自転車で渡ることもできる。映画やプロモーションビデオのロケ地としても多く使用されている。
  • 海峡ゆめタワー
    旅行/観光
    山口県下関市豊前田町3-3-1
    1996年に開業した関門海峡のランドマークで、全長153mの高さを誇る。山口県下関市にある山口県国際総合センター(通称・海峡メッセ下関)の中心となる建築物で、高さ143mの展望室からは、眼下の関門海峡をはじめ、巌流島から対岸の九州、響灘まで一望できる。響灘に沈む夕日や夜景がロマンチックで、夜間はライトアップを実施。「恋人の聖地」に認定されており、カップルでの来館も多い。
  • 関門橋
    旅行/観光
    福岡県北九州市門司区、山口県下関市
    本州と九州を繋ぐ全長1068mの巨大な海上橋。関門海峡の上を通過する形で架けられており、高速道路の一部として自動車のみ橋を渡ることができる。開通は昭和48年(1973)で開通当時では東洋最長の橋と言われていた。橋を眺めるなら本州側の壇ノ浦PAか九州側のめかりPAから鑑賞可能。特にめかりPAからは関門橋だけでなく壇ノ浦や下関市を望める展望スペースが設けられている。夜にはライトアップが施され、街の夜景と合わせて抜群のビュースポットとなる。
  • 柳井市白壁の町並み
    旅行/観光
    山口県柳井市柳井3714-1
    江戸時代に岩国藩のお納戸として栄え、産物を積んだ大八車が往来してにぎわった町筋で、柳井を代表する観光地となっている。約200mにわたり、当時の商家や町家の白壁と格子窓の町並みが続く。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、商家博物館むろやの園や、重要文化財の国森家住宅、国木田独歩旧宅など、見どころがいっぱい。夏の金魚ちょうちん祭りの前後には、金魚提灯が軒に吊るされ、幻想的な雰囲気をかもし出している。
  • 菊屋横町
    旅行/観光
    山口県萩市呉服町-南古萩町
    春若町から南古萩町に至る全長0.5mの通り。徳川幕府巡見使の宿として、本陣に宛てられた菊屋家住宅の脇を通る横丁から名前が付けられている。町筋は碁盤目状に区画されており、城下町ならではの風景が現在も残されている。また、沿道には高杉晋作や田中義一の誕生地である旧宅が残されている。
  • 角島灯台
    旅行/観光
    山口県下関市豊北町大字角島2343-2
  • 上盛山展望台
    旅行/観光
    山口県熊毛郡上関町長島
    上盛山の頂上に立つ標高314mの展望台。晴れた日には遠く四国佐田岬や九州国東半島を望むことができる。2月中旬から3月中旬にかけては約1万本もの水仙が花開き、春には桜が咲き誇る県内屈指の花の名所としても有名。展望台にたどり着くまでの道路脇にも水仙が続いており、水仙ロードと呼ぶにふさわしい景色が広がっている。山頂の駐車スペースが狭いため、出入りには十分注意が必要。
  • 平安古鍵曲
    旅行/観光
    山口県萩市平安古
    鍵曲(かいまがり)とは左右を高い土塀で囲み、道を鍵の手(直角)に曲げた独特な道筋のこと。城下に進入した敵を迷わせて追い詰めるための工夫の一つで、別名「追廻し筋」と呼ばれている。重臣たちの屋敷を守るために造られた鍵曲は、旧田中別邸近くに位置する平安古のほか、堀内地区の口羽家住宅そばや大児玉横町でも見ることができる。夏蜜柑が実る季節に土塀の上から黄色の果実がのぞく風景は萩ならではの景観。現在では、昔ながらの萩らしい風情を残す閑静な散策道として親しまれている。
  • 堀内鍵曲
    旅行/観光
    山口県萩市堀内
    鍵曲(かいまがり)とは左右を高い土塀で囲み、道を鍵の手(直角)に曲げた独特な道筋のこと。城下に進入した敵を迷わせて追い詰めるための工夫の一つで別名「追廻し筋」と呼ばれている。藩政時代の城内三の丸にあたる堀内地区は藩の諸役所や毛利一門、永代家老や寄組といった大身の武家屋敷が並んでいた地域。現在は、昔ながらの萩らしい風情を残す閑静な散策道となっている。
  • 萩の寺町
    旅行/観光
    山口県萩市
    常念寺界隈から熊谷美術館あたりにある寺町。このように寺院が密集する寺町も城下の守りのひとつだ。寺院は戦闘の際、兵舎に代わるものとして考えられ、張りめぐらされた土塀や、堅固な建物は、単に寺の威信だけではなく、いざという場合のことも考慮して造られている。城下町の守りの堅さを偲ばせる。
  • 独歩曽遊の道
    旅行/観光
    山口県柳井市姫田
    国木田独歩は柳井在住時代、自宅から北東の光台寺へ向かう道を好んで散策したという。真山青果編の『独歩病床録』によると、柳井が舞台とされる『少年の悲哀』のヒロインの娼婦は、この散歩道で出会った少女がモデルという。独歩は彼女を「ほとんど毎日のごとくこの山上にて会いたる女あり。十六七の、顔青ざめて背のすらりと高き少女なりき」と言っている。一目でいかがわしい商売の女とわかったものの、少女は強い印象を独歩に与え、10年後、小説に登場することになる。光台寺山門前には石碑「独歩曽遊の地」が立っている。
  • みすゞ通り
    旅行/観光
    山口県長門市仙崎
    幼い頃にみすゞが過ごし、童謡にも詠われている仙崎駅から北へ延びる道。民家の軒先には、みすゞの詩を書いた手作りの詩札がかけられ、ほのぼのとした雰囲気が漂う。

山口の主要エリア

around-area-map

本州の最西端に位置する山口県。日本海、瀬戸内海、響灘と3つの海に面し、美しい海と砂浜が特徴的です。 県外からのアクセスは山口宇部空港・新山口駅が便利で、羽田空港からは約1時間半、大阪・名古屋からは新幹線で2時間半ほど。 山口県は、下関市のある「西部」、長門市のある「北部」、山口市のある「中部」、岩国市のある「東部」に分かれています。 西部・下関市には、ドラマやCMのロケ地として有名になった「角島大橋」があり、エメラルドグリーンの海と白い橋のコントラストがとてもきれいな人気スポットです。 北部・長門市にある「元乃隅稲成神社」は123基の赤い鳥居が100m以上にわたって並び、赤、青、緑のコントラストが美しい景色は、CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれています。 中部・山口市では「龍福寺(大内氏館跡)」や「国宝瑠璃光寺五重塔」が有名です。 東部の鉱山跡を利用したテーマパーク「地底王国美川ムーバレー」では、洞窟探検アトラクションが楽しめます。 グルメは、フグ、クルマエビ、笠戸ひらめ、ケンサキイカなどの海鮮が楽しめます。

山口の写真集

目的から探す