NAVITIME Travel

福井の工場/工房スポット一覧

  • 越前竹人形の里
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    福井県坂井市丸岡町上久米田63-1
    九頭竜川の鳴鹿橋の近くにあり、竹人形を職人が作っている製造行程の見学や、一品作、代表作のある展示館の見学が楽しめる。

    竹すみロールやカステラ、で一息つきました。新しく、おしゃれな雰囲気で、お土産コーナーのすみにありました。 甘さもほどほどで、美味しかったです。 クマ笹や竹墨を練りこんでいるとのことで、色も鮮やかで、見た目も楽しめました 普段とはちょっと違ったデザートがよかったです

  • 美浜原子力PRセンター
    rating-image
    4.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    福井県三方郡美浜町丹生66

    浜岡や女川などこの手のピーアールセンターとしては撮影禁止箇所もなく意外と拍子抜け。東京電力福島第一原子力発電所事故の概要が矢鱈詳しく分析されています。それを受けての関西電力における美浜発電所の安全対策や安全性向上対策の取組み状況のコントラストが印象的。トイレの温水洗浄便座が機能していれば猶良し。

  • 三宅彦右衛門酒造(有)
    rating-image
    4.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    福井県三方郡美浜町早瀬21-7

    福井県若狭に来ると飲みたくなるお酒「早瀬浦」、小浜線美浜駅からタクシーもしくは徒歩で行きますが、今回は電車時間の関係でタクシー往復しました。若奥様が朝の忙しい時間の中対応してくれました。決めておいたお酒を3本購入し、持ってきたペットボトルに仕込み水を入れてもらいました。この仕込み水が美味しかったこと。前回訪問した時に赤ん坊だった子供はもう8歳になった由。時の経つのは早いものです。今度、訪問するのは...

  • タケフナイフビレッジ
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市余川町22-91
    昭和54年(1979)に全国打刃物業界では初めて、伝統工芸品として国の指定を受けた「越前打刃物」は、およそ700年も昔からの伝統と歴史があるとされている。「タケフナイフビレッジ」では工場見学や体験教室を開催しており、伝統工芸士の技を見たり実際自分でペーパーナイフなどを作ってみたり、と貴重な体験ができる。

    あるのでしょうか? 商売気のない人達が武生以外の産地、しかも県外の商品を販売している。 しかも手頃な商品をだ。 越前刃物が近づき難い商品となり、がっかりしてしまいました。

  • 久保田酒造
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    福井県坂井市丸岡町山久保27-45
    宝暦3年(1753)の創業以来、愛され続けている「久保田酒造」。一筆啓上で名高い丸岡町にある蔵元で、山田錦の栽培から手掛けた日本酒はどれも人気が高い。定員40名までで酒造見学も随時受け付けているが、希望の際は電話での申し込みが必要となっている。

    酒蔵見学では酒米と市販米との違いや 酒米からの作り方等を説明して頂き、実に分かりやすい! その後は新米の漬け込みを見学し、試飲、購入と流れる。 私は酒を飲まないので酒饅頭を購入してきました。 (酒粕があれは良かったね!)

  • 若狭シーサイドブルワリー
    旅行/観光
    福井県三方郡美浜町坂尻43
    三方郡美浜町坂尻の県道225号線沿いにあるビール工場。若狭湾に面した海岸に位置し、フルーティな味わいと香りが特徴の北陸初の地ビール「若狭ビール」を製造している。製造工程の見学や商品の購入ができるほか、併設のミニミュージアムには全国の約2,000銘柄の地ビールを展示。隣接するドライブイン「若狭海遊バザール千鳥苑」では、若狭ビール飲み放題の海鮮バイキングも実施している。
  • 南部酒造場
    rating-image
    4.5
    5件の口コミ
    旅行/観光
    福井県大野市元町6-10
    大野市元町の七間通り沿いにある酒蔵。「手造りに徹して目の届く量を丁寧に醸し、より高品位の酒を世に送り出す」の理念の元、酒造好適米「五百万石」の産地としても知られる福井において純米酒にこだわりを持った酒造りを行っている。銘酒「花垣」などの日本酒を販売。

    旅行に出かけると必ず気になるのがその土地の地酒。一年おきくらいに芦原温泉グランディア芳泉に行ってますが、そこで堪能した花垣。まるでワインのようなフルーティーで華やかな口当たりでとても気に入りました。愛知への帰り道、何時もは越前海岸を下って敦賀経由なのですが今回は大野市経由に変更。私はドライバーなので妻にお店で試飲してもらい、昨夜の晩酌のお供は大吟醸酒に相違なしを確認してもらい家路につきました。そも...

  • 真名鶴酒造合資会社
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    福井県大野市明倫町11-3
    大野市明倫町にある酒蔵。1751年に創業した老舗で、酒造好適米「五百万石」の産地としても知られ名水も湧き出る越前大野の地で、伝統的な手法を用いた酒造りを続けている。「純米大吟醸 奏雨-sow-」などの日本酒は、国内外の品評会でも高い評価を得ている。

    越前大野の街なかにはいくつか酒蔵があり、こちらもそのひとつです。場所は七間通りの元町会館から五番通りを南に歩いたあたり。古い趣のある店構え。入口の上には、「清酒真名鶴」の看板があがっています。お店の向かいに五番名水庵清水の湧水があります。

  • 金津創作の森ガラス工房
    旅行/観光
    福井県あわら市青ノ木44-10-37
  • 越前和紙の里 卯立の工芸館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市新在家町9-21-2
    江戸時代中期の紙漉き家屋を平成9年(1997)に移築・復元した。1階では、伝統工芸士が昔ながらの道具を使って和紙を漉いている。原料の調達から屋外での天日干しなど、和紙が作られる一連の工程を見ることができる。2階のギャラリーでは、和紙にまつわる様々な企画展が随時行われている(紙漉き見学は16時まで:約20分間)。

    テレビで見たことのある紙すきの実演を見ることができます。建物の中に入ると、原料(コウゾまたはミツマタ)の何とも言えない臭いが漂ってきます。おばあさんが実演してくれましたが、「学はありませんが、この腕一つで長年生計を営んできました。」と説明を受け、とても感心いたしました。元気でいてほしいです。先程の話とは異なり、ミツマタの花は良い香りがします。不思議ですね。

  • 木とぬりの工房こばし
    旅行/観光
    福井県鯖江市河和田町8-2
    漆器作家の小橋さんが原木から成形、仕上げの塗りまで一貫して行う。分業制の漆器業界では珍しい作り方で、遠方から見学に来る人も。工房では、作業の見学や展示品の購入ができる。テーブル、衝立、まな板が人気。まな板は全商品国産のいちょうで柿渋塗りと漆塗りのもの。柿渋は抗菌作用と防カビ効果、漆には殺菌作用があり、大変長持ちする。事前に電話して行くのがおすすめ。
  • 一本義久保本店
    旅行/観光
    福井県勝山市沢町1-3-1
    創業は明治35年(1902)。一本義とは、かつて勝山小笠原藩の御用酒として命名されていた酒名で、禅語「第一義諦」に由来。酒造りには、霊峰白山の伏流水を仕込み水に使用している。蔵内や作業風景の見学は事前予約が必要。
  • 朝日酒造(株)
    旅行/観光
    福井県丹生郡越前町西田中11-53
  • 池田酒造(株)
    旅行/観光
    福井県福井市本堂町70-1
  • 伊藤酒造(資)
    旅行/観光
    福井県福井市江上町44-65
  • 井波酒造(株)
    旅行/観光
    福井県鯖江市有定町1丁目1-22
  • 児嶋酒店
    旅行/観光
    福井県あわら市北5-86
  • 片山酒造(株)
    旅行/観光
    福井県越前市余田町51-18
  • (株)宇野酒造場
    旅行/観光
    福井県大野市本町3-4
  • (株)越の磯
    旅行/観光
    福井県福井市大宮5丁目8-25

福井の主要エリア

around-area-map

日本海と面した自然豊かな福井県は県内の空港に定期路線がなく、電車でのアクセスが基本となります。東京からは約3時間30分で到着します。 福井の定番観光スポットと言えば、日本の名勝にも指定されている「東尋坊」です。ここは、日本海に突き出した断崖絶壁になっており、その高さは25mもあります。また、近くには明治に開業した「あわら温泉」があり、のんびり温泉に入りたい方にはおすすめのスポットです。また、福井市には国の特別名勝にも指定されている「一乗谷朝倉氏遺跡」があります。戦国時代の風景がそのまま保存された遺跡で、当時の町並みをリアルに感じ取れる観光スポットです。福井県には他にも文化財が数多くありますので、史跡をめぐる旅もノスタルジックを感じて楽しめるでしょう。 グルメでは、県内で水揚げされる越前ガニが有名で、それを使ったカニ料理は絶品です。他にも越前そば、鯖寿司なども有名です。

福井の写真集

目的から探す