NAVITIME Travel

福井のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 名勝 養浩館庭園
    旅行/観光
    福井県福井市宝永3-11-36
    福井藩主松平家の別邸であった養浩館は、江戸時代には「御泉水屋敷」とも呼ばれていた。大きな池を中心とした回遊式林泉庭園は、様々な工夫がなされており、岸辺の周遊や屋敷内からの眺望を考慮していると考えられている。建物の中心となるのは、池の東にある「御茶屋」と呼ばれる数奇屋造りの建造物。「御月見ノ間」ではお茶とお菓子をいただくことができ、花菖蒲などが池に映える風景を楽しみながら、ゆっくりとした時を過ごせる。
  • 小浜城址
    旅行/観光
    福井県小浜市城内1
    小浜市城内1丁目にある城跡。京極高次により1601年から築城が開始され、後に酒井忠勝が城主となり1636年に天守閣が完成。以来、明治期に至るまで酒井家の居城となった。現在は酒井忠勝を祀る小浜神社の境内に石垣のみが残っている。
  • 一乗谷朝倉氏遺跡
    旅行/観光
    福井県福井市城戸ノ内町
    福井市城戸ノ内町にある、城下町跡の遺跡。朝倉氏が戦国時代、5代103年間に渡って治めた町が発掘されたもので、国指定特別史跡・特別名勝にも指定されている。当時の道路から武家屋敷、町屋などが出土した遺物を元に復元されている他、朝倉義景の館跡や庭園、「朝倉氏遺跡資料館」などによって、朝倉氏繁栄の歴史や当時の文化に触れることができる。
  • 吉崎御坊跡(御山)
    旅行/観光
    福井県あわら市吉崎2西御山148-2
    付近一帯が「蓮如の里」と呼称されている「吉崎御坊跡」は、浄土真宗中興の祖・蓮如上人が北陸での布教の中心拠点に選んだ場所として伝統があり、現在も多くの参拝者が訪れている。吉崎最大の伝統行事「蓮如忌」は、毎年4月末から5月にかけて行われる。
  • 丸岡藩砲台跡
    旅行/観光
    福井県坂井市三国町梶
    坂井市三国町梶の県道7号線沿いにある史跡。1852年に丸岡藩が沿岸警備の目的で築造した砲台の跡で、攻撃を避けつつ射撃をしやすくするため土を盛って作られた胸墻(きょうしょう)の遺構が東西33mに渡って残っている。国の史跡に指定。
  • マーメイドテラス
    旅行/観光
    福井県小浜市小浜日吉
    小浜市小浜日吉の海岸通り沿いにあるテラス。人魚の肉を食べて800年間生きたという八百比丘尼の伝説にちなみ、2体の人魚の像が設置されている。テラスからは海に沈む夕日も観賞できるほか、小浜公園方面へ向かって海岸沿いに遊歩道も整備されている。
  • 杣山城址
    旅行/観光
    福井県南条郡南越前町阿久和
    南条郡南越前町阿久和にある史跡。朝廷が2つに分裂し対立した南北朝時代に南軍の拠点となり、新田義貞が立てこもるなどした杣山城の跡地。標高492mの山頂に位置する本丸を中心に東御殿、西御殿などが築かれいたと考えられ、発掘調査の結果、礎石などの遺構が見つかっている。国の史跡に指定。
  • 西山光照寺跡
    旅行/観光
    福井県福井市安波賀町
    福井市安波賀町、一乗谷駅近くにある史跡。「福井大仏」で知られる同市花月の西山光照寺の旧境内があった場所で、特別史跡「一乗谷朝倉氏遺跡」内に位置する。石仏群が残されているほか、発掘調査によって礎石建物などが確認されており、広大な寺域を有していたと考えられる。
  • 唐門
    旅行/観光
    福井県福井市城戸ノ内町
    寺院「松雲院」の元の入り口。戦国時代、越前一帯を支配していた、朝倉氏ゆかりの寺院で織田勢に滅ぼされたあと、その菩提を弔うために建てられた。現在、松雲院は移転しその門だけがのこされている。この門は、朝倉氏の歴史を伝える「一乗谷朝倉氏遺跡」の一部となっており、遺跡のシンボルとして機能している。
  • 朝倉館跡
    旅行/観光
    福井県福井市城戸ノ内町
    戦国時代、越前を支配していた朝倉氏の館の跡。朝倉氏の歴史を伝える「一乗谷朝倉氏遺跡」の中にある。第5代当主朝倉義景が住んだと伝えられている。広大な敷地は、三方を土塁と堀で囲まれていた。中には会所、主殿、小座敷、台所などが整然と配置されていた。その敷地の中には日本最古とされる花壇も含まれている。美しくデザインされた石組も残されており、大掛かりで洗練された庭園の様子を現在に残している。
  • 湯殿跡庭園
    旅行/観光
    福井県福井市城戸ノ内町
    戦国時代、越前を支配していた朝倉氏の庭園跡の一部。朝倉氏の歴史を伝える「一乗谷朝倉氏遺跡」の中にある。やや高台に位置しており、第5代当主朝倉義景が住んだ朝倉館跡を見下ろすような形となっている。他の庭園とは趣が違っており、荒々しく力強い石が多く配置されている。山際に沿って南から北に水路がめぐらされ、滝口に注いでいる。遺跡の中では最も古い庭園と伝えられている。
  • 北の庄城址・柴田公園
    旅行/観光
    福井県福井市中央1-21-1
    北の庄城の遺跡を利用した城址公園。北の庄城1575年に柴田勝家が織田信長より越前の地を与えられ、築城した平城。9層もの天守と広い城下町をもつ豪壮な城だったが、豊臣秀吉軍に攻められ、わずか8年で落城することになった。公園内には、柴田勝家、お市の方、彼らの3人の娘たちの銅像が飾られている。鬼瓦の一部や船橋の鉄鎖など、当時をしのばせる遺跡も残されている。
  • 朝倉義景史跡(朝倉義景墓所)
    旅行/観光
    福井県大野市泉町10
    越前の戦国武将・朝倉義景の史跡です。 墓所の横には公園も整備されています。
  • 湯殿跡庭園
    旅行/観光
    福井県福井市城戸ノ内町
    一乗谷朝倉氏遺跡内の朝倉館跡を見下ろす山腹にある。4つある特別名勝朝倉氏庭園の中で最古のものと推測され、巨大な山石をふんだんに使った荒々しい石組が残る。室町時代に作られ、後世の改変を受けていない庭園(特別名勝)。
  • 小浜城址
    旅行/観光
    福井県小浜市城内1-7-55
    慶長6年(1601)、京極高次[きょうごくたかつぐ]が築城に着手し、小浜藩祖・酒井忠勝[さかいただかつ]が寛永13年(1636)に完成させた小浜城。以後は小浜藩の居城となったが、明治4年(1871)の出火のため、現在は本丸や天守閣の石塁だけが残る。本丸跡には小浜神社が立つ。
  • 旧逸見勘兵衛家
    旅行/観光
    福井県三方上中郡若狭町熊川30-3-1
    熊川村初代村長の逸見勘兵衛、伊藤忠商事2代目社長・伊藤竹之助翁の生家。江戸時代末期の造り酒屋の主屋と蔵からなり、外観は典型的な町家造に復元し、内部は現代風に改装。週末中心に公開。
  • 時鐘
    旅行/観光
    福井県大野市明倫町3-37
    越前おおの結ステーションのシンボル・時鐘。高さ約10mの木造建築で、金森長近公ゆかりの川湊灯台をモデルに建造。壁4面には電波時計が取り付けられ、かつて消防用に使われていた実物の半鐘が吊り下がる。結ステーション内には、お土産品売り場や郷土料理を扱うレストラン(喫茶)が併設する。
  • 玉川洞窟観音
    旅行/観光
    福井県丹生郡越前町玉川
    丹生郡越前町玉川の漁火街道沿いに祀られている仏像。その昔、地元の漁師の網に偶然かかった十一面観音像を祀ったものと伝わる。元はその名の通り、天然の洞窟内に鎮座していたが、平成元年(1989)に洞窟が事故により崩落。現在はコンクリート製の人工トンネル内で、越前焼の灯りとりに囲まれて祀られている。
  • 三六連隊兵史跡
    旅行/観光
    福井県鯖江市三六町2丁目
  • 大江戸温泉物語 あわら温泉 あわら
    旅行/観光
    福井県あわら市二面48-10

福井の主要エリア

around-area-map

日本海と面した自然豊かな福井県は県内の空港に定期路線がなく、電車でのアクセスが基本となります。東京からは約3時間30分で到着します。 福井の定番観光スポットと言えば、日本の名勝にも指定されている「東尋坊」です。ここは、日本海に突き出した断崖絶壁になっており、その高さは25mもあります。また、近くには明治に開業した「あわら温泉」があり、のんびり温泉に入りたい方にはおすすめのスポットです。また、福井市には国の特別名勝にも指定されている「一乗谷朝倉氏遺跡」があります。戦国時代の風景がそのまま保存された遺跡で、当時の町並みをリアルに感じ取れる観光スポットです。福井県には他にも文化財が数多くありますので、史跡をめぐる旅もノスタルジックを感じて楽しめるでしょう。 グルメでは、県内で水揚げされる越前ガニが有名で、それを使ったカニ料理は絶品です。他にも越前そば、鯖寿司なども有名です。

福井の写真集

目的から探す