NAVITIME Travel

群馬の文化財スポット一覧

  • 旧時報鐘楼
    旅行/観光
    群馬県伊勢崎市曲輪町28-23
    伊勢崎藩陣屋敷の敷地内になる旧時報鐘楼は群馬県最古の鉄筋コンクリート構造の建築物。横浜で薬種商を営んでいた小林桂助の寄付によって大正5年(1916)竣工。以降昭和12年(1937)まで市内に時報を届けていた。戦時の金属回収により釣り鐘や塔屋を供出されたが、戦後に復旧。市政施行五十周年の記念に大正当時の姿に復元された。レンガ積みの外壁やルネッサンス風の窓、そしてドーム屋根に大正ロマンを感じられる。
  • 旧曽我織物工場
    旅行/観光
    群馬県桐生市本町1-7-15
    JR桐生駅から北に徒歩20分の場所にある旧曽我織物工場。明治期に生糸商の奉公から糸相場で財を成した曽我助松により現在地を購入。大正11年(1922)二代目喜一郎の結婚を機に建造されたのがこの工場である。大谷石造り5連のノコギリ屋根工場で、昭和45年(1970)頃まで絹織物の操業を行っていた。現在は国登録有形文化財として保存されており、外観のみ見学可能。桐生市のかつての雰囲気を残している。
  • 臨江閣
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    群馬県前橋市大手町3-15
    前橋市大手町にある近代和風の木造建築で、本館・茶室は県指定、別館は市指定の重要文化財となっている。本館は明治17年(1884)に迎賓館として、別館は明治43年(1910)に貴賓館として建てられた書院風建築。明治17年(1884)建築の茶室はわびに徹した草庵茶室。イベントや催事利用の他、事前に申請すると結婚式の前撮り等、撮影することも可能。別館1階には売店もあり、前橋の土産品などが購入できる。

    建物も何とか保存されており、地元の方々の努力を感じられます。歴史を知るうえで大切なものです。お庭も手入れされており、散策に最適です。観光としてはまだまだこれからで、伸びしろのある、見せ方ではもっと良い観光スポットになると思います。これが無料で拝見できるなんて、とにかく地元の協力と地元愛を感じられます。

群馬の主要エリア

around-area-map

群馬県は、上州名物「空っ風」でも有名な内陸の県です。 東京からアクセスする場合は、上越新幹線で高崎まで50分で着きます。大阪や名古屋からアクセスする場合は、直通で行く方法がなく、電車やバスを乗り換える必要があります。 群馬県は山が多く、浅間山はじめ活火山は6つもあります。そのため温泉地も数多くあり、関東一の温泉県とも呼ばれています。宿泊施設を伴う温泉地は99カ所あり、その中でも「草津温泉」「伊香保温泉」「水上温泉」「四万温泉」は人気の高い温泉地です。泉質や風景の違いなど楽しみつつ、さまざまな温泉地を巡るのもいいでしょう。 また、群馬県ではうどんが有名で水沢うどん、館林うどん、桐生うどんを「ぐんま三大うどん」と呼んでいます。おっきりこみというほうとうのような料理もあり、さまざまなうどん料理を楽しめます。その他には、焼きまんじゅうや、みそおでんも群馬の定番グルメです。

群馬の写真集

目的から探す