沖縄のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 斎場御嶽
    rating-image
    4.0
    1044件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県南城市知念字久手堅
    沖縄県南城市にある史跡。平成12年(2000)12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産に登録された。御嶽の中には六つのイビ(神域)があり、その中の拝所のひとつ三庫理(サングーイ)からは、神の島と呼ばれる久高島を海の向こうに望むことができる。今も聖地として、多くの人々から崇拝されている。

    コロナの影響で入場制限されていましたが神聖な気持ちで静かに過ごせました。 スコールの影響もあって少し足元が気になりました。山道ですのであまり踵の高い靴や滑りやすいサンダルは避けたほうがいいです。

  • ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館
    rating-image
    4.5
    424件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県糸満市伊原671-1
    沖縄戦で亡くなった、沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校の生徒や教師のための慰霊碑。沖縄戦の翌年、両校で最も多くの犠牲者を出したガマ(鍾乳洞)の上に建てられた。沖縄戦では、両校から240人が沖縄陸軍病院に動員され、136人が亡くなった。ひめゆり平和祈念資料館は、ひめゆり学徒隊の体験を通して平和の大切さを語り継ぐため、平成元年(1989)に開館。令和3年(2021)4月には若い世代にもわかりやすく伝えるために、展示をリニューアルした。ひめゆりの生徒たちの学校生活の写真や、体験者の証言映像、ひめゆりの塔のガマのジオラマなどを見ることができる。

    友人2人と訪問。 日本で唯一、地上戦が行われた沖縄。 沖縄 女子学生さん達が行った事に敬意! 資料館で更に衝撃‼︎ 戦争の悲惨さ‼︎ 無知だった自分が悔やむ。 沖縄に来た際には必ず行きましょう‼︎

  • 玉陵
    rating-image
    4.0
    414件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県那覇市首里金城町1-3
    1501年、尚真王が父・尚円王の遺骨を改葬するために築いたもので、その後、第二尚氏王統の歴代国王が葬られることになった陵墓。墓室は三つに分かれ、中室は洗骨前の遺骸を安置する部屋。東室には王とその王妃の骨が、西室にはその他家族の骨が葬られている。全体は当時の板葺き屋根の宮殿を表した石造建造物となっていて、墓域は2,442平方メートル。2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された。

    静かでした、余り人も居なく、手入れやチケット販売、チケットを確認する人、スタッフの方が多いくらいです。先にここの内容と展示物を見せてくれたので、良く解って見学出来ました。

  • 糸数アブチラ ガマ案内センター
    rating-image
    4.5
    42件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県南城市玉城糸数667-1
    沖縄本島南部の南城市玉城字糸数にある自然洞窟。もとは糸数集落の避難指定壕だったが、日本軍の陣地壕や倉庫として使用され、南風原陸軍病院の分室となった場所だ。沖縄戦の実相を現在に伝える場所のひとつであり、また戦争というものを考えさせられる場所でもある。

    島内ドライブ中にアポ無しで訪れました。 ひめゆりの塔→平和記念公園→糸数アブチラガマ の行程が良いと思います。 見学には予約が必要との事でしたが、施設の職員の方が大変親切で見学が出来るように、ガマ内の見学を案内してくれる方を手配をしていただきました。 沖縄へ来たらレジャーも良いですが、是非とも1度は訪れて欲しい場所だと思います。 この施設は沖縄の小学生は必修化だと言っていました。 日本全...

  • 浦添グスクようどれ
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県浦添市仲間2-53-1
    西原ICから車で約5分。1265年からの咸淳年間に英祖王が築いたといわれる琉球王国初期の王陵。岸壁に横穴を掘って作られた墓室には英祖王、尚寧王が眠っているとされ、ようどれ(夕凪・死者の世界)と呼ばれている。石の階段を降りた先に前庭、加工された岩盤と石積みでできたトンネルの通路、一番庭、二番庭と順路に沿って紹介されている。二番庭からは浦添市、宜野湾市を一望。周囲は浦添城跡公園となっており、ゆっくりと歴史散策を満喫できる。

    世界遺産浦添城跡にしては小さな資料館ですが、館長?か学芸員?の方が詳しい説明をしていただき、とても感激しました。最初に観るDVDがとても参考になります。浦添丘陵地帯が沖縄戦の舞台になったハクソー・リッジの映画が放映され、一気に有名になった観光スポットでしょう。

  • 海底遺跡
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡与那国町
    与那国島の南岸にある新川鼻という岬から、わずか100メートル沖合の海底に眠っている「海底遺跡」と呼ばれる神秘の構造物。人工的に作られた遺跡なのか、自然が創り出した産物か、それはいまだ謎に包まれている。岩礁には階段やテラスらしきものが見られる不思議な世界だ。ダイビングやグラスボートなどで見ることが可能。
  • マリリンの像
    旅行/観光
    沖縄県島尻郡座間味村座間味
    映画「マリリンに遭いたい」のロケ地となった座間味島。島には、主人公の犬・シロが住む阿嘉島の方を向き、シロが海を渡って会いに来るのを待っているマリリンの像が建っている。ぜひ、阿嘉島のシロの像とセットで訪れよう。
  • 平和の塔(糸満市)
    旅行/観光
    沖縄県糸満市喜屋武
    糸満市喜屋武岬の喜屋武灯台近くにある慰霊碑。昭和27年(1951)10月に喜屋武集落の人々が部落内やその周辺海岸に散在する将兵並びに住民の遺骨1万余柱を収集して建立された。昭和44年(1969)3月には現在の場所に改修移転された。
  • 平和の礎
    旅行/観光
    沖縄県糸満市摩文仁444 平和祈念公園内
    沖縄県糸満市の平和祈念公園内にある、平成7年(1995)6月23日に太平洋戦争・沖縄戦終結50周年を記念して建設された祈念碑。沖縄戦などで亡くなられたすべての人々の名前が刻まれている。
  • 摩文仁の丘
    旅行/観光
    沖縄県糸満市摩文仁444
    国立沖縄戦没者墓苑や府県、団体の慰霊塔が50基建立されている丘で、平和祈念公園にある。太平洋戦争の組織線最後の砦となった場所で背後には崖がそびえており、現在は祈り場として多くの観光客が訪れる。また広い芝生があり、憩いの場としても利用されている。
  • 玉城朝薫の墓
    旅行/観光
    沖縄県浦添市前田(前田トンネル上)
    前田西入口バス停から徒歩で約10分。JICA沖縄国際センターの近く、隣にゆいレールが通る前田トンネルの上にある墓跡で、浦添市指定史跡となっている。1718年に冊封使を歓待する際、踊奉行に任じられた玉城朝薫が眠っている。翌年朝薫は5つの組踊を創作し、沖縄に伝わる故事を題材としたストーリーが好評を博して、その創始者として広く知られることになった。形状から17世紀後期から18世紀前期頃に作られたとされ、内部には厨子甕が収められている。
  • 人頭税石(ブバカリ石)
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市平良字荷川取90
    平良港から車で約5分、宮古空港からは約25分。仲宗根豊見親の墓から道を北進した場所にある石で、地元ではぶばかり石と呼ばれるその由来は、かつて島民たちがこの石よりも身長が高くなると税が課せられる、賦計りが古くから行われた言い伝えがあることから。財政に窮した琉球王府が1637年にこの人頭税を課し、15歳から50歳までの35年間、男性は粟、女性は宮古上布を納めることを義務付けた。それが明治36年(1903)まで続いた苦しみを現在に伝えている。
  • 芳魂之塔
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村西江前
    伊江港から車で約2分、徒歩では約16分。伊江村立伊江中学校と道を挟んですぐ向かい側にある高台の上の史跡。沖縄戦の際激戦の舞台となった伊江島。当時犠牲になった島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人、計3,500人の冥福を祈って合祀している。塔隣には礎が併設されており、村外での戦没者も含めそこに刻み込まれている。また、島出身の歌人である名嘉元浪村の歌も見られる。この地での戦闘が終結を迎えた毎年4月21日に平和祈願祭が開催。
  • 公益質屋跡
    旅行/観光
    沖縄県国頭郡伊江村東江上75
    伊江村役場から通りを北に進んだ場所にある建物跡。第二次世界大戦の沖縄戦によって、島民約1,500人と守備軍将兵約2,000人の合わせて3,500人程が犠牲になったとされる。大きな被害を受けたのは建物も同様で、多くの建物が焼き払われて消失した中、現在でも原型を残しているのがこの建物で、元は昭和4年(1929)に政府の融資によって作られた村営の金融機関だった。壁に大穴が空き、弾痕が残るなど、悲惨な様子を今に伝えている。
  • 海軍壕公園
    rating-image
    4.0
    74件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    沖縄県豊見城市豊見城236番地

    斜面をうまく利用した作りです。 なかなか面白いです! 小さい子供がいるのなら、ぜひ行ってみてもいいと思います。 しかし、太陽さんさんの暑い日だと、全てが暑いので、注意が必要です。

  • 日本最南端の碑
    旅行/観光
    沖縄県八重山郡竹富町
  • サバウツガー
    旅行/観光
    沖縄県宮古島市伊良部
  • 摩文仁の丘周辺
    旅行/観光
    沖縄県糸満市摩文仁 平和祈念公園内
    平和記念公園内、沖縄戦最後の激戦地となった丘。付近全体が沖縄戦跡国定公園となり、戦地跡としては国内唯一の国定公園。その悲劇と恐怖の時代を忘れないよう、様々な県、団体、組織が慰霊塔(慰霊碑)を建立した。丘の上には、各地に安置されていた戦没者の遺骨を納骨合祀した国立沖縄戦没者墓苑や、平和・友情・師弟愛の思いを込めて建てられた3人の少年の像が立つ。
  • フルスト原遺跡
    旅行/観光
    沖縄県石垣市大浜
    石垣市大浜にある遺跡。丘陵に「グスク」とも類似する遺構が保存されおり、島の豪族・オヤケアカハチの居城跡とも言い伝えられているが、現在では屋敷囲いの石垣であったとする説が有力。国の史跡にも指定されている。
  • 白梅之塔
    旅行/観光
    沖縄県糸満市国吉

沖縄の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

沖縄の写真集

目的から探す