NAVITIME Travel

神奈川のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 旧華頂宮邸
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市浄明寺2-6-37
    報国寺からさらに山奥へ進んだ場所にある旧華頂宮邸は、昭和4年(1929)に宮家である華頂博信侯爵の邸宅として建てられた洋風建築である。フランス式の庭園部は四季折々の花と豊かな緑に囲まれ「日本の歴史公園100選」にも選ばれている。平成8年に鎌倉市が土地と建物を取得し、平成18年(2006年)には市の景観重要建築物と国の登録有形文化財(建造物)に指定されている。
  • 朝夷奈切通
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市十二所、横浜市金沢区朝比奈町
  • 龍恋の鐘
    旅行/観光
    神奈川県藤沢市江の島2-5
    江の島の弁財天と五頭龍の伝説にちなんでつくられた、カップルの名所。見晴らしのいい丘の上に大きな鐘が据えられ、南京錠がいくつもつけられた金網が周りをぐるりと囲んでいる。恋人同士でこの地を訪れて鐘を鳴らし、金網に南京錠をつけると永遠に結ばれると言われている。江ノ電「江ノ島」駅から徒歩25分。
  • 六地蔵
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市由比ヶ浜
    由比ガ浜大通りの交差点に置かれている六体の地蔵。鎌倉時代、この付近に刑場があったと伝えられており、処刑者の魂を鎮めるために祀られている。その六体の地蔵はそれぞれ、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の人間が輪廻する6つの世界を表している。地蔵の傍には「夏草やつはものともが夢のあと」と刻まれた松尾芭蕉の句碑がある。
  • 横浜関帝廟
    rating-image
    4.0
    277件の口コミ
    旅行/観光
    神奈川県横浜市中区山下町140
    「三国志」で有名な武将・関羽を神格化し、商売繁盛の神様として祀っている中華街のシンボル。日本が開国し、横浜の港が開かれた1859年。その3年後に、一人の中国人が関羽の木造を抱いてささやかな祠を開いた。これが横浜の關帝廟の始まりといわれている。初代は明治期に建てられ、現在のものは1990年に再建された4代目。中国の伝統的な建築工芸技術が詰まった豪華絢爛な建物は見ごたえがある。

    中華街で食事をするときに少し時間があったのでのぞきました。一段と高くなったところに鎮座した中華の神様です。 商売に関するところが中国らしいね・・・

  • 箱根旧街道石畳
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡箱根町畑宿
    神奈川県足柄下郡箱根町の旧東海道に残る箱根越えの道。急な坂の多い天下の難所「箱根八里」を行く旅人のために、延宝8年(1680)に石畳が施設された。現在はハイキングコースとしても親しまれており、緑濃い箱根の自然を感じながら旅人気分で散策が楽しめる。雨天時に雨水を流すための排水路など、険しい山道を歩きやすく整備した跡も見ることができる。
  • 畑宿一里塚
    旅行/観光
    神奈川県足柄下郡箱根町畑宿173 付近
    箱根町畑宿に江戸幕府が旅人のための目印として築いた、日本橋から23里目の地点であることを示す塚。かつては箱根や湯本茶屋にもあったが、その中で現在唯一形をとどめている(ただし後に復元されたものである)。
  • 横浜外国人墓地
    旅行/観光
    神奈川県横浜市中区山手町96
    元町・中華街駅から徒歩3分。港の見える丘公園の近くにある、外国人専用の墓地。安政元年(1854)にペリーが来日した際、戦艦ミシシッピ号で事故死したロバート・ウィリアムズがここに葬られたのが始まり。鉄道の創始者のモレル、フェリス女学院の創立者キダーら著名人も多く眠っている。墓地入り口の横には外人墓地資料館が建てられ、著名人らの名簿やパネル、横浜の歴史などが展示されている。資料館のステンドグラスは見ごたえあり。
  • 横浜税関資料展示室
    旅行/観光
    神奈川県横浜市中区海岸通1-1
    みなとみらい線日本大通り駅から徒歩3分。「クイーンの塔」として親しまれている横浜市認定歴史的建造物の本関庁舎。大正12年(1923)の関東大震災で倒壊焼失し、昭和9年(1934)に復興。緑青色のドームがシンボルで、神奈川県庁本庁舎(キングの塔)、横浜開港記念会館(ジャックの塔)とともに「横浜三塔」の一つに数えられる。高さ51mの塔の屋根は銅板一文字葺きで、年月とともに赤銅色から緑青色に変化。夜間はライトアップされ、季節によって違った表情を堪能できる。
  • 横濱媽祖廟
    旅行/観光
    神奈川県横浜市中区山下町136
    みなと横浜にふさわしい海の安全を守る媽祖を祀る文化施設「横濱媽祖廟」は、平成18年(2006)に落慶開廟した。ここの5つの香炉は有名で、祀られている神々の香炉を線香を備えながら順に参拝する。華僑にとって心のよりどころとも言える媽祖を、是非参拝したい。東急みなとみらい線「元町中華街駅」3番出口より徒歩3分。
  • 名越切通
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市・逗子市
    鎌倉と三浦半島とを結ぶ要路の一つ「名越切通」は、周辺に切通の防衛にも関係すると考えられる平場や切岸、やぐらや火葬跡など葬送に関する遺構も多く分布していて、中世都市の周縁の歴史的景観を良く残している。切通路部分とまんだら堂やぐら群エリア・大切岸をはじめ、そのその範囲は全体でおよそ10haにもなる場所だ。
  • あしがり郷瀬戸屋敷
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    神奈川県足柄上郡開成町金井島1336
    開成町北端の金井島地区にある屋敷林に囲まれた大きな屋敷があしがり郷「瀬戸屋敷」。代々この地区の名主を務めてきた瀬戸家の茅葺きの古民家だ。屋敷の敷地内に流れる水路にはほたるのエサであるカワニナが生息。初夏にはほたるが飛び交う。

    それほど敷地が広いわけでもなく、入場料を取るほどのものでもないように思います。併設されているカフェはとても美味しかったです。

  • 市ケ尾遺跡公園
    遊ぶ/趣味
    神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1639-2
    東急電鉄田園都市線の市が尾駅の北方、市ケ尾小学校の北側の高台に、神奈川県指定史跡に指定されている「市ケ尾横穴古墳群」がある。6世紀後半から7世紀後半にかけての古墳時代に造られた横穴墓群で、古墳の保存を目的とした市ケ尾遺跡公園内には、約20基の横穴があり、解説板も設置。中に入ることができる横穴もあるので、古代の人々の営みに触れてみたい。木々の多い園内は散策にもおすすめだ。
  • 岡本かの子文学碑 「誇り」
    旅行/観光
    神奈川県川崎市高津区二子1-4-1 二子神社内
    芸術家・岡本太郎の母であり、歌人・小説家として活躍した岡本かの子を顕彰する文学碑。「誇り」と名付けられた文学碑は、かの子が愛した多摩川の畔にある二子神社の境内に建てられている。「この誇りを亡き一平とともにかの子に捧ぐ 太郎」という台座に刻まれた銘は、制作者の岡本太郎のもの。建設には建築家の丹下健三が協力し、台座と築山を設計。かの子の良き理解者であった文芸評論家の亀井勝一郎による文を小説家・川端康成の書で記した石碑もある。 【写真提供】写真提供:川崎市岡本太郎美術館 撮影:村上圭一
  • 史跡寸沢嵐石器時代遺跡
    旅行/観光
    神奈川県相模原市緑区寸沢嵐568-2ほか
    昭和3年(1928)に神奈川県内で初めて発掘調査された敷石住居跡。敷石住居とは、関東地方の縄文時代中期終末から後期にみられる住居の一形態で、床に河原石を敷きつめ、中央に石で囲った炉が設けられる。徒歩5分にカタクリの郷があり、毎年3月下旬-4月初旬にかけて公開している(料金:300円、時間:10-17時)。
  • 大蔵幕府跡
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市雪ノ下3-11付近
    鶴岡八幡宮の東、雪ノ下一帯が、治承4年(1180)に頼朝が居を構えて鎌倉幕府を開き、嘉禄元年(1225)に北条泰時が若宮大路の宇津宮辻子に幕府を移すまで45年間、武家政治の中心となったところ。清泉女学院小学校の西の角に立つ石碑を中心に敷地は200m四方におよぶ広大のもので、寝殿・公文所・問注所・侍所などの建物があったという。
  • 日蓮上人辻説法跡
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市小町2-22
    建長5年(1253)、日蓮がここで道行く人に法華経の教えを説いたところ。石柱と日蓮腰掛石が並んでいる。
  • 東勝寺跡
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市小町3-10付近
    宝戒寺から滑川を渡り、住宅地の坂道を上り詰めた山間にある史跡。東勝寺は北条泰時が退耕行勇[たいこうぎょうゆう]を開山として創建した北条氏の菩提寺だったが、元弘3年(1333)の新田義貞[にったよしさだ]の鎌倉攻めの際、北条高時をはじめ一族800余名がこの寺に立てこもって火を放ち、自害した。いわば鎌倉幕府終焉の歴史的な場所といえるが、現在は石碑が立つのみとなっている。石碑の先の山腹には、腹切りやぐらとよばれる大きなやぐらがあり、五輪塔や卒塔婆が立つ。
  • 永福寺跡
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市二階堂
    建久3年(1192)、頼朝が平泉の中尊寺の二階大堂を模して建立した大寺院の跡。往時は壮大な伽藍が立ち並んで隆盛を誇った。発掘調査が行われ、国指定の史跡として指定されている。
  • 阿仏尼の墓
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-16
    英勝寺の近くにあるやぐらに六層の石塔が立つ。中世の紀行文の名作とされる『十六夜日記』[いざよいにっき]を書いた歌人阿仏尼の墓と伝えられる。

神奈川の主要エリア

around-area-map

険しい山から風光明媚な海までも有している神奈川県は、東京からは近く、新大阪や名古屋からも新幹線で約1時間15分~2時間でアクセスできます。 神奈川県には、さまざまな観光スポットがあります。鎌倉市は鎌倉時代に栄えた歴史ある神社仏閣が魅力の町で、国の名勝も数多くありますので歴史的な建築物を楽しめます。また、海に浮かぶ島「江の島」やのんびりした雰囲気の逗子海岸など、海も魅力の一つです。また、県の西には温泉地の箱根湯本があり、大涌谷や芦ノ湖など、山の自然も堪能できます。 このように地域によってさまざまな魅力がありますが、グルメでもエリアによって固有のものが存在します。江の島では生しらす丼、三崎港ではまぐろ料理、横須賀ではネイビーバーガーなど、観光エリアによってさまざまなご当地グルメを楽しめます。

神奈川の写真集

目的から探す