NAVITIME Travel

愛知のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 松平郷
    旅行/観光
    愛知県豊田市松平町 松平東照宮 松平郷館
    江戸時代の将軍家として栄えた松平家発祥の地。豊田市松平町の、松平東照宮から高月院にかけての2ヘクタールほどのエリアが、歴史と自然の里「松平郷園地」として整備されている。園内の通りは室町期の歴史景観をよく残しており、当時の風情を楽しむことができる。ふるさと市場や歴史館などみどころも多い。武家屋敷風の休憩所「天下茶屋」があり、うどんやそば、天下もちなどを楽しむことができる。
  • 古戦場公園
    遊ぶ/趣味
    愛知県長久手市武蔵塚204
    東部丘陵線(リニモ)「長久手古戦場駅」から徒歩約3分。国指定文化財に登録された、小牧・長久手の戦いにおける主戦場跡地(長久手古戦場)に整備された歴史公園。羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と徳川家康の最後の決戦地であるこの場所には、縮景の手法で古戦場を模した広場や、秀吉方の武将の塚などがある。「日本の歴史公園100選」にも選ばれ、毎年4月上旬には「長久手古戦場桜まつり」が開かれる。
  • 長久手古戦場
    旅行/観光
    愛知県長久手市武蔵塚204
    東部丘陵線(リニモ)「長久手古戦場駅」から徒歩約3分。1584年に羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と徳川家康が激烈な戦いを繰り広げた「小牧・長久手の戦い」の主戦場跡地。同年4月9日、家康の勝利に終わった最後の合戦が行われた場所で、国の史跡に指定されている。この地で戦死した秀吉方の武将、池田恒興(勝入)・元助父子を悼む塚(国指定史跡)などが残されており、現在は「古戦場公園」として整備されている。
  • 芭蕉の句碑
    旅行/観光
    愛知県田原市伊良湖町宮下
    東名高速道路「豊川IC」から車で約90分。伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部の入口近くにある石造りの句碑。1687年11月、松尾芭蕉が保美の里に隠棲していた愛弟子の杜国を訪ね、伊良湖岬を清遊した時に詠んだ句「鷹一つ見つけてうれし伊良湖崎」が刻まれている。芭蕉の来訪から約百年の後、杜国の没後百年忌に地元の俳人によって追善俳諧が開かれ、更にその4年後の1793年に来訪を記念して建立されたもの。
  • 万葉の歌碑
    旅行/観光
    愛知県田原市伊良湖町古山
    東名高速道路「豊川IC」から車で約90分。伊良湖岬の先端、灯台の背後にある古山の斜面に建つ歌碑。昭和36年(1961)に建てられたもので、万葉集巻一に収録された「うつせみの命を惜しみ浪にぬれ伊良湖の島の玉藻刈り食す」の歌が鈴木翠軒の揮毫によって刻まれている。この歌は伊良湖に流された麻績王(おみのおおきみ)が詠んだものとされていたが、現在の研究ではその姿を目にした里人が詠んだもの(作者不詳)とされている。
  • 桶狭間古戦場伝説地
    旅行/観光
    愛知県豊明市栄町南舘11
    豊明市栄町南舘にある国指定史跡。1560年、今川義元の軍勢を織田信長が破った「桶狭間の戦い」の際、織田軍が攻め入った今川軍本陣が置かれていた場所として伝わっており、今川義元が戦死した場所を示す石碑などが残されている。
  • 今川義元公本陣跡
    旅行/観光
    愛知県豊明市栄町南舘3-2 高徳院
    豊明市栄町南舘の高徳院境内にある石碑。1560年、織田信長が今川義元を破った「桶狭間の戦い」において今川軍が本陣を敷いたと伝わる国指定史跡「桶狭間古戦場伝説地」の向かい側に建立されている。
  • 笠寺観音
    旅行/観光
    愛知県名古屋市南区笠寺町上新町83
    笠寺観音の名でも知られている笠覆寺は天平5年(733)に創建された。尾張四観音の一つに数えられている古寺。玉照姫の伝説が残り、古くから縁結びの観音様としても有名。その伝説はある女性が観音像に祈り続けたある雨の日、自分が被っていた笠を観音像にかけた。そこを偶然、京から来ていた藤原兼平に見初められ女性は京に召され玉照姫と呼ばれた。その縁から現在の場所に観音像を祀る寺が建てられ、笠覆寺と名付けられたとされている。
  • 半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)
    旅行/観光
    愛知県半田市榎下町8
    明治31年(1898)カブトビールの製造工場として建てられた。明治時代に建設されたレンガ造りのビール工場の遺構としては大変貴重な建物。国の登録有形文化財にも登録されている。設計者は妻木頼黄で明治建築界の巨匠の一人だ。建物内ではカブトビール誕生の歴史などを紹介した常設展示がされている。また幅広いテーマを扱う企画展や半田赤レンガマルシェも開催。開放感溢れるカフェでは生カブトビールを味わえる。
  • 奥殿陣屋
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    愛知県岡崎市奥殿町字雑谷下10
    岡崎市奥殿町雑谷下にある史跡。奥殿藩の陣屋跡で、現在では土塀や屋敷の一部が残っている。復元された「金鳳亭」は食事処として営業しているほか、資料展示を行う施設や、歴代藩主の廟所、また野菜の売店なども備える。「蓬莱の庭」をはじめ、敷地内に咲く四季の花々も楽しめる。

    新しくオープンしたかき氷屋さん かなり並ぶので早めに行くべき。 お茶屋も風情がありいい。庭が綺麗に整備してある。

  • 新美南吉の生家(渡辺家)
    旅行/観光
    愛知県半田市岩滑中町1-83
    半田市岩滑中町にある、童話作家・新美南吉の生家。29歳でこの世を去るまで「ごんぎつね」や「手袋を買いに」をはじめ、数々の童話や小説、詩などを創作した新美南吉の生家を昭和58年(1983)に半田市が買い取り修復、昭和62年(1987)から一般公開している。
  • ナナちゃん人形
    旅行/観光
    愛知県名古屋市中村区名駅1-2-1
    名古屋駅前の商業施設「名鉄百貨店 本店」のメンズ館1階のエントランス前にある大型のマネキン人形。名鉄百貨店セブン館(後に「ヤング館」に改称、平成23年(2011)に閉館)のオープン1周年を記念し、同館のシンボルとして昭和48年(1973)に制作された。季節ごとに様々なファッションに着せ替えられることでも知られ、待ち合わせスポットとしても頻繁に利用される。
  • 椰子の実歌碑
    旅行/観光
    愛知県田原市日出町骨山
    柳田國男[やなぎたくにお]が明治31年(1899)に伊良湖に滞在し、椰子の実を拾った話を親友の島崎藤村に語ったときにうまれた『名も知らぬ遠き島より流れよるやしの実ひとつ…』の抒情詩が刻まれた碑。
  • 乱橋跡
    旅行/観光
    愛知県知多郡美浜町野間新松下
    長田父子による義朝謀殺の一報を聞き、家臣の渋谷金王丸や鷲栖玄光らは長田邸の湯殿へ急行する。これらを長田家の家臣団が迎え撃ち乱戦した場所がここ。
  • 源義朝公之像
    旅行/観光
    愛知県知多郡美浜町野間田上
    平治2年(1160)の正月三日、初湯に招かれた義朝公が、長田父子に謀殺されたといわれる湯殿跡地。源義朝公之像はそのすぐ横に静かに鎮座している。
  • 血の池公園
    遊ぶ/趣味
    愛知県長久手市城屋敷
    小牧・長久手の戦いで、渡辺半蔵らが血のついた槍や刀を洗って真っ赤になったとされる池を埋めて整備。「毎年、合戦のあった4月9日に池の水が赤くなる」という伝説が残されている。
  • 有楽苑
    旅行/観光
    愛知県犬山市犬山
  • 小長曽陶器窯跡
    旅行/観光
    愛知県瀬戸市東白坂町1-1
    半地下式穴窯。室町時代中期に築かれ、江戸時代まで使用されたと考えられている。
  • 東山給水塔
    旅行/観光
    愛知県名古屋市千種区田代町四観音道西
  • 黒川樋門
    旅行/観光
    愛知県名古屋市北区辻町字古新田

愛知の主要エリア

around-area-map

中部地方最大の人口を擁する名古屋市が県庁所在地の愛知県。 新幹線、電車、飛行機、高速道路、高速船とあらゆる交通機関が整っており、JR東海道新幹線を利用すれば、大阪からは約50分、東京からも約1時間40分で到着します。 名古屋駅前の繁華街はショッピングなどを楽しむ地元の人、観光客で賑わっています。トヨタ産業技術記念館や名古屋港シートレインランドなど博物館・レジャー施設の多く、楽しみ方はさまざま。 また、愛知県というと名古屋のイメージが強いですが、海も山も史跡もグルメも楽しめるスポットがたくさんあります。犬山城や小牧城、明治村など歴史的建造物を満喫することができるのも愛知県観光の魅力。安城産業文化公園デンパークや三河高原キャンプ村など自然豊かなエリアも数多くあります。 県内は電車やバスなどの交通機関が充実しているので、県内をぐるっと巡るのもおすすめです。 個性的なご当地グルメも愛知県を訪れたい理由の一つ。ひつまぶしやみそカツ、台湾ラーメン、おきつねバーガーなどたくさんのグルメがあります。名古屋なら喫茶店のモーニングもおすすめです。

愛知の写真集

目的から探す