NAVITIME Travel

全国のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 白川郷
    旅行/観光
    岐阜県大野郡白川村荻町
    岐阜県大野郡白川村荻町にある集落で、急勾配の茅葺屋根が特徴の「合掌造り」の建物が多く残る。現在でも生活の場として機能している貴重な合掌造り集落であり、国の伝統的建造物群保存地区に選定されているほか、ユネスコの世界文化遺産にも登録された。山々を背景に伝統的な家屋が並ぶ風景からは、自然とともに生きる山村の暮らしや工夫を垣間見ることができる。土産物店や飲食店も多く、海外からの観光客も多い人気スポット。
  • 元離宮二条城
    旅行/観光
    京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
    慶長8年(1603)、関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が上洛の際の宿泊所として築城。のちに3代将軍家光が大改修し現在の姿となった。城内全体が国の史跡に指定されている他、国宝の「二の丸御殿」、重要文化財の「本丸御殿」、特別名勝に指定されている「二の丸庭園」など歴史的に価値のある建造物や美しい景色が残っている。
  • 大内宿
    旅行/観光
    福島県南会津郡下郷町大内山本
    昭和56年(1981)に国選定重要伝統的建造物群保存地区に指定された「大内宿」は、会津城下と栃木県日光市今市を結ぶ全長130kmの中で、会津城下から3番目の宿駅として寛永17年(1640)ごろに整備された宿場町だ。江戸時代へタイムスリップしたかのような街並みはどこか懐かしさを感じる。4月末-11月下旬はナイトツアーもある。
  • 吉野ヶ里歴史公園
    旅行/観光
    佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
    「吉野ヶ里公園駅」から徒歩で約15分のところにある弥生時代の遺跡。旧神埼(かんざき)町、旧三田川(みたがわ)町、旧東脊振(ひがしせふり)村の三つの町村に広がる日本最大の遺跡として知られる。有柄銅剣やガラス製管玉等の出土品が多く、古墳等の建築遺跡も出土しており、弥生時代の暮らしぶりや歴史を解き明かす上で重要な役割を担っている。また、当時の建築物などの復元も行われ、歴代王の墓とされる「北墳丘墓」なども見ることができる他、「火おこし」「勾玉づくり」「舞の稽古」など体験コーナーも充実している。
  • 平城宮跡
    旅行/観光
    奈良県奈良市佐紀町
    和銅3年(710)に藤原京から遷都され、以降約70年間日本の首都として政治・文化・経済の中心となった平城宮の跡地。広大な敷地内には復元された大極殿、朱雀門、東院庭園が立ち並び、荘厳な雰囲気を放っている。併設されている平城宮跡資料館・遺構展示館では、出土品や遺構をそのままの状態で展示している。国の特別史跡並びに、考古遺跡としては国内初の世界遺産に指定されている。
  • ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館
    rating-image
    4.5
    316件の口コミ
    旅行/観光
    沖縄県糸満市伊原671-1
    ひめゆり学徒隊最後の地の一つである伊原第三外科壕の上に建てられた慰霊碑。ひめゆり学徒隊とは、太平洋戦争末期、看護要員として沖縄陸軍病院に動員された沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒、引率教師、240名のことである。米軍の侵攻により5月末には沖縄本島南部へと撤退、6月には突然の解散命令が出されたが、100名以上が命を落とした。併設のひめゆり平和祈念資料館は戦争体験や平和の大切さを語り継ぐため、平成元年(1989)に開館した。ひめゆり学徒の遺品や写真、伊原第三外科壕内部を再現したジオラマなどを見ることができる。

    表現が直接的で心に刺さります。 ひめゆりについての説明もありますし、写真もありました。 ひめゆりの塔に訪れてから、是非学んでいただければと思う。

  • 斎場御嶽
    旅行/観光
    沖縄県南城市知念字久手堅地内539
    沖縄県南城市にある史跡。2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産に登録された。御嶽の中には六つのイビ(神域)があり、その中の拝所のひとつ三庫理(サングーイ)からは、神の島と呼ばれる久高島を海の向こうに望むことができる。今も聖地として、多くの人々から崇拝されている。
  • 瑞鳳殿
    rating-image
    4.0
    504件の口コミ
    旅行/観光
    宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
    寛永13年(1636)に70歳で生涯を閉じた伊達政宗公の遺命により造営された霊屋「瑞鳳殿」。本殿、拝殿、御供所、涅槃門からなり、豪華絢爛な桃山文化の特徴を今に伝えていた。昭和6年(1931)に国宝に指定されたが、昭和20年(1945)の戦災によって惜しくも焼失。その後、昭和54年(1979)に再建、平成13年(2001)に大規模な改修工事が行われたことで、美しい色彩が蘇った。

    るーぷるバスに乗って訪れました。バス停から階段の参道をのぼり、瑞鳳寺の先を左にのぼると観覧券の販売ブースがありました。観覧券はるーぷるバスの提示で割引になりました。仙台市の観光名所の先頭に出てくるので、もっと人がごった返しているのかと思いましたが、意外に静かで落ち着いて散策できました。伊達政宗の霊屋になる瑞鳳殿のほかに、善応殿、感仙殿とほかの伊達家藩主霊屋もあります。

  • 仁徳天皇陵
    旅行/観光
    大阪府堺市堺区大仙町7-1
    大阪府堺市堺区にある前方後円墳で、全国の古墳の中で最大の規模。クフ王のピラミッドや秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓に数えられ、5世紀の中頃に約20年かけて造られたと推定されている。明治5年(1872)に刀剣や甲冑、壺、皿などが出土した。宮内庁により第16代仁徳天皇の陵とされているが、実際の被葬者は特定されておらず、近年は「大仙古墳」の名称が用いられる。周囲には周遊路が整備されており、徒歩なら約1時間で1周できる。
  • 伊賀上野城
    rating-image
    4.0
    194件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊賀市上野丸之内106
    白く輝く三層の城郭が、まるで鳳凰が翼を休めている姿に見えることから「白鳳城」とも呼ばれている。もとは伊勢国津藩の藩主に着任した築城の名手・藤堂高虎が五層の天守閣を造ったが、慶長17年(1612)の大暴風で倒壊。現在の天守閣は昭和10年(1935)に復元されたものである。高さ30mもある美しい石垣と内堀は、高虎が築城した当時のまま現存しており、昭和42年(1967)に国の史跡名勝記念物に指定、天守は昭和60年(1985)に伊賀市有形文化財に指定された。

    日本100名城のひとつ、藤堂高虎の城。復元された天守だが、ビジュアルは元より、中に入ってみると、木造の柱や床や壁などの内装が本物っぽく感じる。石垣も立派。広い境内、隅から隅まで楽しめた。

  • 金森赤レンガ倉庫
    旅行/観光
    北海道函館市末広町14-12
    函館駅より徒歩15分、ベイサイドに位置する複合商業施設。明治時代に営業倉庫として建造された金森倉庫群を改装し、現在は「BAYはこだて」「金森洋物館」「函館ヒストリープラザ」「金森ホール」の4つの施設で構成されている。館内にはカフェやレストラン、土産物屋などが入り、ショッピングやグルメが楽しめる。函館ベイエリアの顔ともいえる赤レンガ倉庫の佇まいに、異国情緒を満喫できる人気スポットだ。
  • 赤坂港跡
    旅行/観光
    岐阜県大垣市赤坂町
    江戸と京を結ぶ中山道の途中にあり、57番目の宿場として賑わった港跡。現在は廃港しているが、往時をしのぶ常夜灯が残されている。
  • 阿騎野・人麻呂公園
    旅行/観光
    奈良県宇陀市大宇陀中庄
    持統6年の冬、柿本人麻呂氏が文武天皇のお供で、狩りをしに来た時の宿泊した施設を復元した建物や、馬に乗った人麻呂像などがある。中之庄遺跡を整備した公園。
  • 旧華頂宮邸
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市浄明寺2-6-37
    報国寺からさらに山奥へ進んだ場所にある旧華頂宮邸は、昭和4年(1929)に宮家である華頂博信侯爵の邸宅として建てられた洋風建築である。フランス式の庭園部は四季折々の花と豊かな緑に囲まれ「日本の歴史公園100選」にも選ばれている。平成8年に鎌倉市が土地と建物を取得し、平成18年(2006年)には市の景観重要建築物と国の登録有形文化財(建造物)に指定されている。
  • 朝夷奈切通
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市十二所、横浜市金沢区朝比奈町
  • 龍恋の鐘
    旅行/観光
    神奈川県藤沢市江の島2-5
    江の島の弁財天と五頭龍の伝説にちなんでつくられた、カップルの名所。見晴らしのいい丘の上に大きな鐘が据えられ、南京錠がいくつもつけられた金網が周りをぐるりと囲んでいる。恋人同士でこの地を訪れて鐘を鳴らし、金網に南京錠をつけると永遠に結ばれると言われている。江ノ電「江ノ島」駅から徒歩25分。
  • 六地蔵
    旅行/観光
    神奈川県鎌倉市由比ヶ浜
    由比ガ浜大通りの交差点に置かれている六体の地蔵。鎌倉時代、この付近に刑場があったと伝えられており、処刑者の魂を鎮めるために祀られている。その六体の地蔵はそれぞれ、天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道の人間が輪廻する6つの世界を表している。地蔵の傍には「夏草やつはものともが夢のあと」と刻まれた松尾芭蕉の句碑がある。
  • 恵美須ケ鼻造船所跡
    旅行/観光
    山口県萩市大字椿東5159-14
    山口県萩市にある史跡。幕末の時代に長州藩が洋式帆船を建造した造船場の跡地で、世界遺産の「明治日本の産業革命遺産製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」の構成する資産の一つになっている。石造りの防波堤から、海を眺めることができるスポットとなっている。
  • 前原一誠旧宅
    旅行/観光
    山口県萩市土原315-1
    山口県山陽小野田市にある史跡で、明治9年(1878)に起きた、萩の乱の中心人物である前原一誠の旧宅跡。二度に渡って改築が行われているが、古井戸やカキの古木などは残っており、当時の時代を感じることができる。個人所有のため、見学は外観のみ可能。
  • 大村益次郎生誕宅跡
    旅行/観光
    山口県山口市鋳銭司5669
    JR山陽本線「四辻駅」から、徒歩約3分にある史跡。幕末期の長州藩の医師・西洋学者・兵学者であり、維新の十傑の一人である大村益次郎の生家跡地で、現在は碑が立っている。周囲は駐車場のある公園として整備されており、散策することができる。

写真から観光情報を探す

目的から探す