静岡のその他の史跡/建造物スポット一覧

  • 土肥金山
    rating-image
    4.0
    225件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県伊豆市土肥2726
    江戸時代から昭和にかけて国内2位の生産量を誇った金山で、静岡県伊豆市土肥にある。閉山後の昭和47年(1972)から観光施設として整備され、一般に公開された。敷地内は、全長350mの坑道に江戸時代の作業風景を再現した「観光坑道」のほか、ギネスブックに認定された250kgの巨大金塊が見られる「黄金館」、砂金採り体験ができる「砂金館」、食事処やお土産ショップがある「本館」に分かれている。お土産の一番人気は金箔を散りばめた「金箔カステラ」。

    あまり期待はしていませんでしたが、予想以上に楽しかったです。洞窟の中に昔の様子を再現してあり良かったです。あとはギネスに載った? 大きなる巨大金塊も見れました。本物か疑いましたが本物らしいです。

  • 浜松市気賀関所
    rating-image
    3.5
    54件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県浜松市北区細江町気賀4577
    浜松市北区細江町気賀にある歴史的建造物の復元施設。江戸時代に姫街道を往来する人や荷物監視の役割を果たした気賀関所を、元の場所から約600m西の地点に再建したもの。内部では江戸時代の関所に関する資料などの展示を行っている。

    天竜浜名湖鉄道の気賀駅の南側で、徒歩数分の距離に位置します。 今年の4月より有料化されました(がっかり・笑)。

  • 新居関所
    rating-image
    4.0
    50件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県湖西市新居町新居1227-5
    新居町駅から徒歩で約10分、浜松西ICから車で約30分。新居町駅前交差点から国道301号線を西に進むと右手に見える史跡。国内で現存する唯一の関所であることから国の重要文化財にも指定されている。元は1601年に徳川家康の命により設置されたもので、今切関の名で通っていたが津波の被害を受けた後にこの地に移された。箱根のものと合わせ東海道における大きな役割を担った関所でもあり、面番所や復元された設備、隣には史料館も見られる。

    近くの「旅籠紀伊國屋」とセットで420円でした。 国指定特別史跡で、現存する唯一の関所だそうで、見応えがありました。 展示も人形などを使って昔の様子がよくわかるようにされていて、興味深く見学する事ができました。

  • 特別史跡 登呂遺跡
    旅行/観光
    静岡県静岡市駿河区登呂5-10
    静岡市駿河区にある特別史跡。弥生時代の集落と水田の遺跡で、国の特別史跡に指定されている。戦時中の軍事工場建設の際に発見され、戦後間もないころに、発掘調査が実施された。調査では、水田の跡や竪穴式住居の遺構が発見されている。現在では「登呂公園」として整備され、住居が復元されているほか、市立登呂博物館が隣接している。
  • 新居宿旅籠紀伊国屋資料館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県湖西市新居町新居1280-1
    新居町駅から徒歩で約12分、三ヶ日ICから車で約30分。新居町駅前交差点から国道301号線を西に進むと左手に見える史跡。新居宿に存在した20数軒の旅籠のうち、現在の和歌山県にあたる紀州藩御用達の宿を再建したものを資料館として解放している。明治初期に建て直されたが一部には江戸時代によくあった建築様式が見られ、市に有形文化財として指定されている。当時宿泊していた人々が眺めた光景を楽しめる貴重な施設。

    「新居関所」とセット券で420円。 当時の様子がよくわかるように展示されていて楽しく見学できます。 台所、お風呂、中庭、2階の客間がみられます。 当時の宿の夕食のサンプルもありました。 お風呂場には水戸黄門の由美かおるさんの写真がありました。

  • 吉田松陰寓寄処
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県下田市蓮台寺300
    下田市蓮台寺の天神神社近くにある、静岡県の指定文化財。元は医師の村山行馬朗の邸宅であったが、皮膚病の湯治のため蓮台寺を訪れた吉田松陰と懇意になり、松蔭が黒船に乗船して海外に渡航しようと企てた際に数日間身を寄せたことから現在はこう呼ばれる。有料での参観が可能。

    のどかな住宅街にひっそりと佇むお家が、吉田松陰が黒船に密航する直前まで身を潜めた家です。 電車なら伊豆急蓮台寺駅から15分ほど、バスなら弥五郎が100メートルほどのところにあります。 駐車場も2台用意されていました。 入館料100円では申し訳ないくらい詳しく解説をしていただき、とても勉強になりました。 江戸幕末から明治維新の歴史好きには堪らないものがあります。 松陰が使った食器や机などが展示...

  • 新居関所史料館
    旅行/観光
    静岡県湖西市新居町新居1227-5
    新居町駅から徒歩で約8分、浜松西ICおよび三ケ日ICから車で約30分。1600年に徳川家康の命によって設けられた関所で、現在は国指定の特別史跡となっている。約100年もの年月、江戸幕府直轄の関所として入鉄砲と入り女を厳重に取り締まっていた。現在の建物は関所が廃止される10年程前に再建されたものとなっている。新居宿史跡案内人によるガイドは10日前までに予約が必要。
  • 貫一お宮の像
    旅行/観光
    静岡県熱海市東海岸町
    静岡県熱海市の「熱海サンビーチ」近くにある銅像で、文豪・尾崎紅葉の小説「金色夜叉」に登場する貫一とお宮がモデル。貫一との結婚を前に富豪に見初められ、嫁ぐお宮。激怒した貫一が熱海のこの地でお宮を問い詰め、足蹴にした名シーンを再現している。日没後から22時までは銅像のライトアップもあり。すぐそばには二代目「お宮の松」が植えられており、熱海を代表する観光スポットになっている。
  • 伊豆文邸
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡松崎町松崎250-1
    静岡県賀茂郡松崎町にある無料休憩所。明治43年(1910)に建てられた店舗兼住宅と2つの土蔵で、外壁の見事な漆喰細工となまこ壁が見ものである。元は呉服商が営まれており、地域の活性化のために町に寄付され、補修工事を経て一般に開放された。内部にはかつて使われていた帳場や土間が残り、懐かしい家具と調度品が置かれている。隣接の公園には屋根付きの足湯もあり。
  • ペリー艦隊来航記念碑
    旅行/観光
    静岡県下田市3-6
    下田市3丁目の県道117号線沿い、「ペリー上陸記念公園」に設置されている記念碑。安政元年(1854)、日米和親条約に付帯する下田条約締結のため下田に上陸したペリーとその一行を記念して建てられた。ペリーの胸像とともに、アメリカ海軍から寄贈された錨も飾られている。
  • お湯かけ弁財天
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡東伊豆町熱川温泉
    伊豆熱川駅から徒歩2分にある弁財天の像。この土地の所有者が、夢枕に立った弁財天のお告げの通りに土地を掘って温泉を掘り当てたことに由来して祀られている。お湯をかけて願掛けをすると願いが叶うとされる。
  • 志太郡衙跡
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県藤枝市南駿河台1-12
    大井川を形成する丘陵地の一画にある国指定史跡。奈良平安の時代、現在の藤枝市から西側から島田市にかけてを治めていた「駿河の国志太郡」の役所跡だ。掘立柱建物や門、道路などの遺構群は昭和52年(1977)の発掘調査で発見されたもの。「志太」の郡名や官職名など記した大量の墨書土器類を出土したことが奈良・平安時代の郡役所であったことを裏付けている。資料館では遺跡の発見から復元整備までの様子を展示しており、古代郡役所の生活について学べる。

    藤枝市に日本の古代歴史の遺跡があるなんて知りませんでした。 学生時代に勉強した歴史にも出てこなかったような?そんな思いでした。 資料館には、復元された模型や資料がたくさん展示されています。ビデオプログラムを見るとよりわかると思います。 屋外展示場も見事に再現されています。 古代の歴史がわかる資料館、入場が無料と言うのもうれしいですね!

  • 凌寒荘
    旅行/観光
    静岡県熱海市西山町12-18
    三重県出身の国文学者・佐佐木信綱の旧宅。趣のある屋敷内には、信綱が詠んだ歌の説明板や、万葉集に歌われた草木が生い茂る庭園などがある。国文学者・歌人として活躍した信綱は特に「万葉集」の研究者として優れた業績を残した人物。病気療養と著作のため昭和19年(1944)に温暖な熱海に居を構え、昭和38年(1963)に亡くなるまでの時間を過ごした。建物の内部に入ることはできないが、庭園の草木や荘厳な屋敷の佇まいに往時を偲ぶことができる。
  • 二俣城跡
    旅行/観光
    静岡県浜松市天竜区二俣町二俣
    浜松市天竜区二俣町二俣にある史跡。武田軍と徳川軍による「二俣城の戦い」の舞台として知られる。築城時期は正確には定かではないが、1560年の「桶狭間の戦い」以降に築かれたと考えられている。発掘調査により、現在では天守台の基礎などの遺構が発見されている。
  • 按針碑
    旅行/観光
    静岡県伊東市和田1-16-1
    JR「伊東駅」から徒歩約15分。松川の河口にある川口公園に建つ、「青い目のサムライ」三浦按針の功績を記した石碑。按針(本名ウィリアム・アダムス)は徳川家康の信任を得て外交顧問となった英国人で、家康の命によりこの地で「砂ドック方式」を採用した日本最初の西洋式帆船を建造した。それを記念して、毎年8月には「按針祭」が開催されている。石碑の他に造船の様子を描いたタイル絵や、按針音頭の歌碑などがある。
  • 龕附天正金鉱
    旅行/観光
    静岡県伊豆市土肥2851
    伊豆箱根鉄道「修善寺駅」から東海バスで約50分、バス停「湯の川」下車徒歩約2分。1577年に開発された金鉱で、伊豆最古級の手掘りの坑道跡。後北条氏の時代に掘られた竪坑の下に横から斜坑を掘り進めたものと考えられている。内部はほぼ当時のまま残されており、一番奥に山の神の象徴が彫られた「龕」がある珍しい作りとなっている。内部は解説付きで見学が可能で、見学後は当時のように槌と石ノミを使った金銀鉱脈の手掘り体験ができる。
  • 川端康成文学碑
    旅行/観光
    静岡県伊豆市湯ケ島
    伊豆箱根鉄道「修善寺駅」から東海バスで約40分、バス停「水生地下」下車徒歩約5分。踊り子ラインの天城大橋から旧道に300mほど入った杉林の中にひっそりと立つ文学碑。伊豆を舞台にした川端康成の小説「伊豆の踊子」の「道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思ふころ…」という有名な冒頭部分が、作者本人の直筆を元に刻まれている。川端康成の横顔の銅版製レリーフも設置されている。
  • なまこ壁の家
    旅行/観光
    静岡県下田市1
    伊豆急行「伊豆急下田駅」から徒歩約15分。下田市街に点々と残る、黒地に白い格子模様の「なまこ壁」が使われた建築群。なまこ壁とは、竹の骨組の上に土を何層にも重ねて平瓦を張り、継ぎ目を漆喰で固めたもの。耐火性や防湿に優れ、江戸時代から土蔵や民家の壁に多く使われていた。約200年前に建てられた「雑忠家」は、下田を代表するなまこ壁の民家として有名。
  • 伊豆の踊子文学碑
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡河津町湯ケ野
    伊豆急行「河津駅から東海バス修善寺駅行きで約14分、バス停「湯ケ野」下車、徒歩約5分。この地が川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台となったことを記念して作られた文学碑。ゆかりの旅館「福田屋」の庭に設置され、昭和40年(1965)11月12日の除幕式には川端氏本人も参列した。毎年11月には「伊豆の踊子文学祭」が開催され、踊り子と学生に扮した地元の若者による文学碑への献花などが行われる他、福田屋の文学資料室が無料公開される。
  • ねずみ塚・ねこ塚
    旅行/観光
    静岡県御前崎市御前崎
    御前崎灯台の北と西にそれぞれ位置する史跡で、塚のてっぺんに猫もしくはねずみが乗った石でできた塚が見られる。昔この地にあった偏照院というお寺の住職がある時に難破船からどうにか陸に辿り着いた子猫を助け、十年後に大ねずみが旅僧に化けてやってきた際に隣家の猫と協力して大ねずみを退治したという。その際に亡くなった二匹の猫を弔ったのが猫塚で、一度夢枕に現れて改心の意を示した大ねずみのために建てられたのがねずみ塚となっている。

静岡の主要エリア

around-area-map

富士山や緑茶で有名な静岡県。JR東海道・山陽新幹線を利用したり、車なら新東名高速道路・東名高速道路が使えたりと、アクセスの良い観光地といえます。 静岡県の観光エリアは、主に四つあります。鰻で有名な浜松市がある「西部」、県庁所在地の静岡市がある「中部」、富士山が位置する「東部」、温泉地として有名な「伊豆」エリアです。 浜松・浜名湖エリアには、植物が楽しめる「浜名湖ガーデンパーク」や「はままつフラワーパーク」、中部の寸又峡には美しい湖面が見える「夢の吊橋」があります。 御殿場・富士方面には、日本一の山・富士山はもちろん、一日中ショッピングが楽しめる「御殿場プレミアム・アウトレット」があり観光スポットとしても人気です。 熱海~伊東~伊豆にかけては、海や山、温泉、歴史的な建造物などバラエティ豊かな観光が満喫できます。 ご当地グルメでは、B-1グルメでおなじみの富士宮やきそば・みしまコロッケ、静岡名物の浜松餃子・静岡おでんが人気です。また、生シラスや桜エビなどの海の幸も外せません。

静岡の写真集

目的から探す