NAVITIME Travel

丸亀・琴平の寺院スポット一覧

  • 金刀比羅宮御田植祭
    旅行/観光
    香川県仲多度郡琴平町五條
  • 弥谷寺
    rating-image
    4.5
    28件の口コミ
    旅行/観光
    香川県三豊市三野町大見乙70
    山岳霊場のため本堂まで540段を要する弥谷寺は、四国霊場第71番で日本三大霊場のひとつに数えられていたとされる。また霊場有数の難所と知られていて病厄に霊験ありと伝えられてきた。現在は足腰に不安のある参拝者向けのシャトルバスも用意されている。

    四国四県の中では地形柄、いちばん穏やかな讃岐のお遍路ですが、それでもいくつかの山道に出くわします。 のどかな田園から七十一番札所の標識に導かれ、少し山というか丘を駆け上がったところの駐車場で車を停めます。ここからは、マイクロバス(往復750円)に乗り換えるか徒歩でお参りとなります。バスを利用た場合でも100-200段ほど、すべて歩きだと550段は自力で登ることになります。私は迷わず前者を選びました...

  • 金倉寺
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    旅行/観光
    香川県善通寺市金蔵寺町1160
    子授けや安産、また子供や女性の守り神さまとして古くから信仰されてきた「金倉寺」は、地元の人々から「おかるてんさん」の愛称で親しまれてきた。金倉寺の訶利帝母(かりていも)さま。 鬼子母神(きしもじん)さまとも呼ばれている。祈願をはじめる前に、おかるてんさんの象徴でもあるこのザクロの香りを練り込んだ塗香「柘榴香」で清めるが、リラックス効果も抜群なのでお土産にも最適だ。

    善通寺市街の賑わいがまだ続く街中にあります。金蔵寺という駅や善通寺I.C.も近く交通面でも賑やかなところです。このあたりも人気のうどん屋など多く、選択肢もいいのですが、どこも人気で大行列。便利なようで不便。結局うどんは回避して、少しルートから外れますが、金比羅さん方面いって食事しました。 食事を終え、あらためて金倉寺さんへお参りです。時間が経ってみてると、周辺の記憶に比べてお寺さんの事があまり思い...

  • 萩原寺(萩寺)
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    香川県観音寺市大野原町萩原2742
    四國三十六不動霊場二十八番・四國別格二十霊場十六番・四国讃州七福之寺弁財天である「萩原寺」。毎年9月第2土曜-末日まで行われる「萩まつり」が有名だ。境内に萩の花が咲き乱れ露天や骨董市も出店し賑わいをみせる。本堂をはじめ、登録有形文化財に指定されている建築物が多い。

    四国別格二十霊場の第十六番札所でもありますが、地域に密着した出店なども多く、いつも、休日などは、にぎわっています。また、この地でも、立派な萩がたくさん咲くことでも有名でありますので、萩寺としましても地域の人に親しまれています。

  • 五穀山 神野寺
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    香川県仲多度郡まんのう町神野45-12
    四国八十八箇所霊場の第十七番別格である「五穀山 神野寺」は、弘法大師が満濃池の修築工事を手がけた際、この地に留まられ、後に満濃池鎮護として寺を建てられたとされる。戦火で廃寺となっていたが昭和9年(1934)に有志により堂宇の一部を再建された。本尊は薬師如来。

    日本最大の灌漑用水と知られますため池、満濃池に寄り添うように、建立されています。満濃池が、圧倒されるほど大きいため、その存在感に、かなりひっそりとたたずんでいる感じの霊場です。この霊場には、大師堂はありません。本堂の横の階段を昇って行きますと、大きな弘法大師像があります。

  • 屏風浦 海岸寺
    旅行/観光
    香川県仲多度郡多度津町西白方997
    弘法大師誕生ゆかりの寺であり、四国別格二十霊場・四国三十六不動霊場・讃岐十二支霊場の「海岸寺」。毎月28日お不動さまの縁日の午前10時より、山の不動坊にて「悪縁悪霊断ち不動護摩」を厳修していることでも有名だ。清浄の気にふれることにより様々な祈願にご利益がある。
  • 総本山 善通寺
    旅行/観光
    香川県善通寺市善通寺町3-3-1
    香川県善通寺市にある真言宗善通寺派の総本山で、四国霊場八十八ヶ所の第75番札所。弘法大師(空海)の誕生地として知られ、父の寄進を受けた弘法大師自身が、大同2年(807)から6年かけて建立した寺である。弘法大師三大霊跡のひとつとして古くから信仰を集め、広大な境内には弘法大師ゆかりの国宝や多数の重要文化財を収蔵。「誕生院」と呼ばれる西院には、弘法大師誕生の地を拝観する「戒壇巡り」の道がある。
  • 観音寺・神恵院
    rating-image
    3.5
    39件の口コミ
    旅行/観光
    香川県観音寺市八幡町1-2-7
    共通の山門をもつ境内に2つの札所がある珍しい霊場で、香川県観音寺市の「琴弾公園」内の琴弾山中腹にある。神恵院が四国八十八箇所霊場の第68番札所、観音寺が第69番札所。日証上人により「琴弾八幡宮」の別当として創立され、後に弘法大師が自作の聖観世音菩薩像を本尊として七堂伽藍を建立、寺名を「観音寺」とした。明治初年になると、神仏分離により琴弾八幡宮が琴弾神社と神恵院に分離。神恵院は観音寺の西金堂に本堂を移し、同一境内となった。山の斜面を利用した庭園はツツジの名所として知られるほか、寺宝を多数納めた神恵院の宝物館など、境内には見どころが多い。

    一山二霊場の珍しい場所。殆ど車で行けて、何の心配もありません。特別なものは有りませんが、山頂からは「寛永通宝」の巨大な砂絵がみられます。海岸沿いの松並木の中に一際目立っています。江戸中期に丸亀藩主の視察を歓迎して彫られたとのことです。夕暮れ時は一際きれいです。夜間は青くライトアップされています。ここにも車で上がれます。近くには天空の鳥居で有名な高屋神社もあります。

  • 本山寺
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    香川県三豊市豊中町本山甲1445
    香川県三豊市豊中町にある高野山真言宗の寺で、四国八十八箇所霊場の第70番札所。平城天皇の勅願により大同2年(807)に弘法大師が創建した。その際、本堂はわずか一夜ほどで建立されたという伝説が残る。本尊は、大師が彫造したとされる馬頭観世音菩薩像。現在の本堂は正安2年(1300)に再建された一重寄棟造り・本瓦葺きの建物で、国宝に指定されている。境内には五重塔や鎮守堂、大師堂などが立ち並び、見どころが多数。毎年7月の土用の丑の日に行われる「きゅうり加持」が有名である。

    善通寺は別にして、遍路寺で五重塔がある寺院はそう多くはありません。ここもその一つです。ここの本堂は何でもないようなものだが、国宝指定されています。これは殆どの寺院が長宗我部と云う文化的価値を理解していない分不相応な野蛮人によって焼失させられたからです。ここは偶然にも焼失させられなかったから国宝になっている。こんな蛮勇が登場しなかったら、四国の国宝は現在の100倍は存在することになったであろうに...

  • 小松尾山 不動光院 大興寺
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    旅行/観光
    香川県三豊市山本町辻4209
    香川県三豊市山本町の真言宗善通寺派の寺、四国八十八箇所霊場の第67番札所。天平14年(742)に東大寺の末寺として創建され、その後弘法大師が再興したと伝えられている。最澄の影響で天台宗となった歴史があり、境内には真言宗の弘法大師堂と天台宗の天台大師堂が共存。仏師・運慶の作と伝わる金剛力士像は、四国霊場の中で最大級とされる。病気平癒・安産・良縁などにご利益がある「七日燈明」、弘法大師が手植えしたというカヤとクスノキの巨木も必見。

    力感溢れる仁王像、運慶作の傑作です。堂塔は余り印象に残ってはいません。寺院そのものは創建、1300年弱の古寺です。が、ここは四国の蛮勇、破壊者の長曾我部によって焼失させられており、文化財は国宝とかはありません。

  • 郷照寺
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    香川県綾歌郡宇多津町1435
    四国八十八ヶ所霊場の第78番札所。四国霊場の中では珍しく、時宗に属する。725年に行基菩薩が阿弥陀如来として開基。のちに弘法大師様が訪れて、大師自身の姿を彫像し、伽藍を整備した。このときの木像は「厄除うたづ大師」の名前で長く信仰を集めている。その後、理源大師や恵心僧都など著名な僧が修業のために訪れている。1288年に一遍上人がここに踊り念仏の道場を開いたことにより、真宗、時宗のふたつの宗派が同居することになった。

    ここは遍路寺としての印象は薄いものの、「さぬきの三大ポックリさん」が気に入っています。長生きなんて望みでは全くありません。それよりも死ぬその瞬間まで「痛くなく」「しんどくなく」ポックリと行くのが希望ですから。従って、都合、2000か寺以上は参拝したものの、延命地蔵と云うものの前では一度も拝んだことがありません。ここで気に入らないのは「淡島明神さん」、女性のための・・・が実に気に入らない。男性の為の...

  • 甲山寺
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    香川県善通寺市弘田町1765-1
    四国八十八ヶ所霊場の第74番札所。弘法大師様が寺の建立場所を探していたところ、老爺が現れこの地に寺をつくるとよい、とお告げをした。弘法大師様は毘沙門天を彫像し岩窟に安置して供養。その後、四国最大のため池「満濃池」の補修を朝廷より命じられ、岩窟にて完成祈願を行った。弘法大師を慕って人が集まり、工事は無事完了。その褒美の一部を使って伽藍を作ったことが始まりとされる。現在も大師堂の奥の岩窟には、そのとき作られた毘沙門天像が安置されている。

    さりとて特色の無い遍路寺です。寺院としての縁起はなかなかのものらしいが、狭い四国の中に88もの遍路寺があると、印象が強い寺と弱い寺との差が大きい。ここは印象が薄い遍路寺です。

  • 天皇寺
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    香川県坂出市西庄町字天皇1713-2
    四国八十八ヶ所霊場の第79番札所。行基菩薩により開基され、弘法大師様によって再興されたと伝えられている。そのときの霊験があらたかであったため、長く栄えたとされる。院号は高照院であったが、怨霊伝説で有名な崇徳上皇の御廟が建てられ供養されたことから、寺号が天皇寺となった。鳥居が三つ組み合わさったような、全国でも珍しいデザインの三輪鳥居が有名。

    寺院等は普通であり、ここの希有な鳥居「三輪鳥居」の存在を考慮すると当然、評価も〇5なのだが・・・口コミページが「天皇寺」でいいものを、何故か?「天皇寺高照院」となっている。坂出市には他にも「天皇寺」と云う寺院があるのかな?無いでしょうに!じゃ、何故、この寺院だけ髙照院と云う名称にしてあるのか?誰か、論理的に納得性ある説明をしてほしい。ここは当然、天皇寺と云う名称に施設ページを修正すべき。ここは崇徳...

  • 道隆寺
    旅行/観光
    香川県仲多度郡多度津町北鴨1-3-30
    四国八十八ヶ所霊場の第77番札所。かつてこの地方の領主であった和気道隆公が桑の大木から薬師如来像を彫像し堂宇を建てたことが始まりとされる。この桑の仏像には不思議な伝説がある。桑の木が毎夜怪しい光を放っていることをいぶかしんだ道隆公が矢を射ると、乳母が死んでいた。嘆き悲しんだ道隆公が桑の木で仏像を作り安置すると、乳母が生き返ったと伝えられる。
  • 出釋迦寺
    rating-image
    3.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町1091
    JR善通寺駅から車で10分のところにある、弘法大師にまつわる伝説が残る寺院。四国八十八ヵ所霊場第七十三番札所。見どころは、7歳の弘法大師が断崖絶壁を飛び降りたとき天女に命を救われ、願いが叶うことを示された奥の院「捨身ヶ嶽禅定」。本堂からは徒歩だと50分ほどだが、車で登ることもできる。途中に「香川の保存木ヒノキ」、「与謝野晶子・寛庭園」、「柳の水」があり、奥の院禅定からは、讃岐平野と瀬戸内海を望む絶景ポイント。

    曼荼羅寺からはとても近く車だとすぐなのですが、住宅の合間を抜けるような感じです。徒歩でもずっと登るような感じです。境内はこぢんまりとしていますが、徒歩で45分-1時間弱分ほど山道を行けば、弘法大師の逸話が伝えられる捨身ヶ嶽遙禅定があります。境内にはそこへ行ったと同じ御利益が得られるという捨身ヶ嶽遙拝所があります。禅定まで行くか、行かないかは、体力と時間(スケジュール)との相談です。

  • 白峯寺
    rating-image
    4.0
    37件の口コミ
    旅行/観光
    香川県坂出市青海町2635
    坂出北IC、高松檀紙ICより車で約20分。香川県の霊峰である五色台の白峯の山腹にある古刹。四国八十八ヶ所霊場の第八十一番札所。ご本尊は千手観音で、すべての干支の守り本尊が各お堂に祀られ、四国で唯一の御陵である白峯陵に隣接し、日本八天狗の白峯大権現(相模坊)を祀っている。参道からは瀬戸内の雄大な景色や県内最大落差を誇る稚児の滝が望める。見所は、本堂をはじめとする境内のほとんどの建造物が重要文化財であり、春は桜、夏は紫陽花、秋は紅葉の美しい風景が楽しめる。

    ここは山門以外には余り印象に残っているものがない遍路寺。山門だけは19世紀初頭の建立に過ぎないが、「七棟門」と云われている珍しい形式で、高麗門形式と呼ばれている。正門の左右に2棟の塀をくっつけた門で、棟数は実に七つもある。この門は珍しいだけで別に重文でも何でもないが、頓証寺殿の勅使門に掲げられている扁額は後小松天皇が奉納したもので重文に指定されているらしい。

  • 曼荼羅寺
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町1380-1
    善通寺市にある真言宗善通寺派の寺院。四国八十八ヵ所霊場第七十二番札所。起源は古く、推古4年(596)に讃岐の豪族・佐伯氏の氏寺として建立。その後、唐から帰国した弘法大師が大日如来を祀り、金剛界と胎蔵界の曼荼羅を安置し、「曼荼羅寺」と改名した。境内には「笠松」と呼ばれた樹齢約1200年とされる「不老松」があったが、害虫の被害で伐採。その後、幹の部分に大師の姿を刻み、「笠松大師」と呼ばれ親しまれている。

    弥谷寺からはそれほど離れていないのですが、こちらは平地の里にあり、全く違った趣があります。境内には西行が昼寝していたと伝わる昼寝石があるのですが、意識していないと見落としてしまいます。霊山の風格がある山寺から一転して里山の周囲の民家と調和してるかのようなのどかなお寺さんに、これも八十八カ所の魅力だと感じました。

  • 聖通寺
    旅行/観光
    香川県綾歌郡宇多津町2805
    坂出北ICから約10分の距離にある薬師の寺。「さぬき三十三観音霊場」の第三十一番札所として千手観世音菩薩・薬師如来を本尊に祀っている。正確な創建は明らかになっていないが、弘法大師が巡錫した際に千手観音を自刻して安置したのが始まりと伝えられている。その後貞観10年(868)に中興開山として現在の寺号に定められ、宇多天皇の勅願所、藩主生駒親正・松平頼重の祈願所となり、現在の寺号へと至った。
  • 正覚院(山寺)
    旅行/観光
    香川県丸亀市本島町泊842
    本島のほぼ中央に位置する真言宗の寺院。地元住民からは「山寺さん」の愛称で親しまれている。開創は天平年間(729-748)と伝わる古刹で、本尊の聖観世音菩薩像は33年に一度開扉される秘蔵だ。檜の聖観音像は鎌倉時代初期に作られたものと言われており、国の重要文化財に指定されている。毎年7月第3日曜日に開催される夏祭りでは湯加持や火渡り修行などが行われ、多くの参拝者や観光客で賑わう。
  • 七仏薬師
    旅行/観光
    香川県善通寺市吉原町三井ノ江
    JR土讃線・善通寺駅から徒歩約15分の距離に佇む薬師如来。善通寺伽藍から東に延びる「善通寺赤門筋商店街」の1画に石造りの像が立っている。元々は吉原大池のほとりに本尊があったが善通寺創建1200年を機に吉原町七仏薬師寺から現在の地に勧請された。お参りすると母乳の出がよくなると言われていることから「乳薬師」の愛称で親しまれる七仏薬師だ。毎月8日に行われる法要では「赤門八日市」も開催され、多くの地域住民で賑わう。

香川の主要エリア

around-area-map

通称「うどん県」としても知られている、讃岐うどんが有名な香川県。 飛行機なら、高松空港には羽田空港から1時間半ほどです。新幹線では、岡山駅でJR快速マリンライナーに乗り換え5駅で高松駅に到着です。所要時間は、4時間半ほど。 香川県は3つのエリアに分けられます。琴平町や丸亀市には、うどん作り体験ができる中野うどん校や、「こんぴらさん」で親しまれる金刀比羅宮があります。銭形砂絵や世界のコイン館などお金に関するスポットが有名な観音寺市も人気です。 高松市には、桃太郎伝説で有名な鬼ヶ島大洞窟や、源平合戦の古戦場として知られる溶岩台地の屋島が人気です。小豆島では、オリーブの木やハーブが栽培されており、実写版『魔女の宅急便』のロケ地にもなった「小豆島オリーブ公園」、国の登録有形文化財にも指定されている「マルキン醤油記念館」などがあります。 ほかにも、イルカとの触れ合える日本ドルフィンセンターや、日本の渚百選にも選ばれた琴林公園の美しい浜辺など、随所で観光を楽しむことができるでしょう。 うどん、骨付鳥、オリーブは、香川県に行ったら必ず味わいたいグルメです。

香川の写真集

目的から探す