NAVITIME Travel

京都のスポット一覧

  • 清水寺
    rating-image
    4.5
    10589件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市東山区清水1-294
    京都府京都市東山区にある寺院。宝亀9年(778年)に延鎮上人が音羽の滝の上に千手観音像を祀ったのが起源と言われている。十一面千手観音立像を安置する本堂は、寝殿造り風の優美な建築様式。断崖にせり出した「清水の舞台」は、桜や新緑、紅葉など四季の風景と京都の市街地を一望できる絶好のフォトスポット。3筋に分かれて落ちる音羽の滝には延命などのご利益があり、行列ができる人気ぶり。修学旅行生や国内外の観光客で賑う、京都の一大観光スポットである。

    紅葉の季節、夜間拝観で訪れました 昼間よりも人も少なくゆっくり紅葉を楽しむことができました 夜9時までですが、おススメです

  • 伏見稲荷大社
    旅行/観光
    京都府京都市伏見区深草薮之内町68
    京都市伏見区にある神社で、全国約3万社の稲荷神社の総本宮。商売繁昌・五穀豊穣・開運の神として信仰を集めるほか、「千本鳥居」と称される朱塗り鳥居のトンネルが特に有名。境内には重要文化財の楼門や拝殿、本殿など朱塗りの豪華な建物が並び建つ。千本鳥居は数千から一万基といわれる鳥居がどこまでも続き、壮観である。その先には奥社奉拝所と、無数の小さな「お塚」のある稲荷山への入口がある。関西屈指の初詣スポットであり、毎年多数の参拝者が集まることで知られている。
  • 鹿苑寺(金閣寺)
    rating-image
    4.5
    15343件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区金閣寺町1
    室町幕府の三代将軍である足利義満が西園寺家の山荘をゆずり受け、「北山殿」と呼ぶ別邸をおいたのが始まりである。義光の死後、禅寺へと改められ「鹿苑寺」と名付けられた。舎利殿は三層の楼閣で金色に輝き美しく、鏡湖池によく映える。華やかなその姿は北山文化を象徴する建築であったが、昭和25年(1950)に焼失、昭和30年(1955年)に再建。平成6年(1994)には、ユネスコの世界遺産に登録された。

    龍安寺で心を落ち着けてから、また歩いて金閣寺まで。どの間も程よい距離で良かったです。さすが金閣寺は外国の方々も多いし、お天気が良かったので金色が映えて艶やかでした。池も静かで逆さ金閣寺も綺麗に映し出されていました。入場券がお札というのも楽しい。ここも大昔来たことがありましたが、すっかり忘れていました。お抹茶の席で餡入り金箔らくがんをいただきまったりしました。お抹茶セットは500円ですぐでてきます。

  • 永観堂 禅林寺
    rating-image
    4.5
    1521件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区永観堂町48
    京都市左京区永観堂町にある寺院で、浄土宗西山禅林寺派の総本山。仁寿3年(853)、空海の弟子であった真紹が真言宗の道場として建立したのが始まりである。その後、永観が入寺して以降は浄土教を広め、人々に念仏を勧めながら慈善事業を盛んに行った。永観堂という通称は永観の名に由来する。本尊の阿弥陀如来立像は顔は斜め後ろに向いており「みかえり阿弥陀」として有名。11月に寺宝展を開催するほか、古くから紅葉の名所としても知られる。

    朝9時の開門に並んで行きました 人は少ないことはありませんが、そんなに混雑した様子もなく紅葉を堪能することができたので、朝の時間はお勧めだと思います

  • 北野天満宮(北野の天神さん)
    旅行/観光
    京都府京都市上京区馬喰町
    「北野の天神さん」として親しまれている、京都市上京区の神社(天満宮)。天暦元年(947)創建。学問の神として知られる菅原道真を祀る全国12000の天満宮・天神社の総本社である。冬期の受験シーズンはもちろん、一年を通して多数の受験生や学生が参拝に訪れる。慶長12年(1607)に建立された国宝・本殿は華麗な桃山建築。梅の名所として有名で、2月25日の梅花祭では上七軒の芸妓による華やかな野点が行われる。また、毎月25日の天神市は多数の露店と人々で賑う。
  • 東福寺
    rating-image
    4.5
    1608件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市東山区本町15-778
    東福寺は嘉禎2年(1236)摂政九條道家が、京都最大の大伽藍を安置する大寺院の建立を発願し、19年の歳月をかけ完成させた寺院。境内は広く、国宝に指定されている、日本最古の山門や、重要文化財に指定されている禅宗寺院様式の東司(トイレ)や堂本印象が龍を天井に描いた本堂などが立つ。方丈には、東西南北に四庭が配され、それぞれ趣が異なった景色が広がっている。中でも、苔と敷石で市松模様を描いている北庭は必見。

    11月26日に訪れました。中国や台湾からの観光客がとても多く、混んでいました。しかし、やはり京都では一番人気のある紅葉スポットです。赤だけでなく、橙、黄色、緑とカラフルな庭園の様子は来てよかったと思わせる見事なものでした。

  • 貴船神社
    旅行/観光
    京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
    京都市左京区にある神社で、全国に約500社ある貴船神社の総本社である。古くから祈雨の神として信仰されているほか、全国の料理・調理業や水を取り扱う商売人の人々からも信仰を集めている。そのため、地域名の貴船「きぶね」とは違い、濁らず「きふね」と読む。本宮と奥宮の間にある結社は磐長姫命を祭神とし、縁結びの神として信仰され若いカップルに人気。
  • 八坂神社
    旅行/観光
    京都府京都市東山区祇園町北側625
    「祇園さん」の名で親しまれている、全国に約3000社ある祇園社の総本社。本殿は神殿と拝殿の異なる建物を1つの屋根でおおった祇園造と呼ばれる建築様式で、重要文化財に指定されている。夏の祭礼・祇園祭は、貞観11年(869)の疫病流行の際、その災厄除去を祈ったことに由来している。大晦日-元旦の「をけら詣り」も参拝者が多く、をけらの根を混ぜて焚いた浄火を吉兆の縄に移して持ち帰り、新年の火種にすると、一年を無事に過ごせるといわれている。境内の太田社白髭神社は芸事上達に御利益があるとされ、祇園の芸妓や舞妓もお参りに訪れている。
  • 平等院
    rating-image
    4.5
    1409件の口コミ
    旅行/観光
    京都府宇治市宇治蓮華116
    京都府宇治市にある寺院で、永承7年(1052)に関白・藤原頼通が、父・道長より譲り受けた別荘を寺に改めたのが始まりである。当時の末法思想から浄土信仰が高まり、西方極楽浄土を再現したような阿弥陀堂(鳳凰堂)が完成。鳳凰堂内には仏師・定朝作の阿弥陀如来坐像が安置され、豪華絢爛な寺院となった。鳳凰堂と観音堂、鐘楼を残して焼失したが、平等院ミュージアム鳳翔館では、国宝である屋根上の鳳凰や梵鐘、鳳凰堂内に架けられていた雲中供養菩薩像52躯のうち26躯などを見ることができる。

    1930頃に着いて、平等院のライトアップを拝観に行ってきました。 鳳凰堂が水面に映って絶景でしたが、拝観者の写真撮影のマナーが悪くて興ざめでした。 紅葉も最盛期みたいで大変きれいでした。

  • 東寺(教王護国寺)
    旅行/観光
    京都府京都市南区九条町1
    平安京の遺構として唯一今も残っている「東寺」正式名称は教王護国寺という。平成6年(1994)には世界遺産として登録された。高さ約55メートル、木造の建造物としては日本一の高さといわれる「五重塔」をはじめ、「金堂」「大師堂」などの国宝は見どころの一つ。その他にも、講堂の21対の仏像「立体曼荼羅」など歴史的に貴重な文化財が数多く残っている。
  • 元離宮二条城
    旅行/観光
    京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
    慶長8年(1603)、関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が上洛の際の宿泊所として築城。のちに3代将軍家光が大改修し現在の姿となった。城内全体が国の史跡に指定されている他、国宝の「二の丸御殿」、重要文化財の「本丸御殿」、特別名勝に指定されている「二の丸庭園」など歴史的に価値のある建造物や美しい景色が残っている。
  • 慈照寺(銀閣寺)
    rating-image
    4.5
    4254件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区銀閣寺町2
    室町幕府8代将軍足利義政が、文明14年(1482)に祖父義満の建てた金閣寺にならって建てた山荘。義政の死後、臨済宗相国寺派の禅寺へと改められ、名称も義政の法号にちなみ慈照寺と名付けられた。通称・銀閣と呼ばれる観音殿は質素高貴な意匠であり、東求堂は日本最古の書院造りとして国宝に指定されている。

    秋の紅葉が進む銀閣寺。室町時代後期に足利義政による暮らしの一片を感じることができました。一千年以上の経年も現代においても自然の味わい方がとても新鮮。東求堂内、障子の開き具合に、他らの取り込みを抑え、掛け軸のように風景を切り取る感性は、先人の思いとともに、その豊かさは必見です。

  • 下鴨神社
    rating-image
    4.5
    922件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区下鴨泉川町59
    正式には賀茂御祖(かもみおや)神社といい、京都で最も古い由緒ある神社の一つ。敷地全体は「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。京都の「守護神」と「婦道の守護神」を祀っており、古くから導きの神、勝利の神としての信仰があり、事始めの神社として知られている。また、境内には、縁結びの神様「相生社」や女性の守護神「河合神社」など、女性に嬉しいスポットが点在している。

    上賀茂神社からバスで移動しました。拝殿は参拝客で賑わっていました。十二支をまつった社があり、自分のえとの社で参りました。参道を歩くと、台風の被害で樹木や鳥居が倒れていました。御朱印は五人ぐらい並んでいました。

  • 三千院
    rating-image
    4.5
    730件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区大原来迎院町540
    三千院は延歴年間(782-806)に最澄が比叡山東堂に一院を開いたのが始まりとされており、明治4年(1971)に現在の場所を本坊とした。境内には往生極楽院のほか、宸殿、客殿などの歴史的な建造物が多く、境内南側にある阿弥陀堂の内部には国宝の阿弥陀如来及両脇侍像が安置されている。また、庭一面の苔が美しい、聚碧園や有清園など、見どころが多く、春は桜、秋は紅葉と一年を通して、四季折々の花が楽しめる場所でもある。

    京都駅の案内人に聞いて市電とバスの一日券を購入しました。900円です。バスは丁度1時間くらい乗っていますが、終点なのでうとうと寝てしまいました。山に登って行くので、少し並んでも座れた方が良いです。バス停おをりて、看板の案内に従って山を登って行きます。一キロくらいでしょうか。お土産屋さんもあるので、景色と楽しみなが歩けます。最後の階段を登りきったら、三千院です。 多分先週が紅葉のピークだったのでは...

  • 南禅寺
    旅行/観光
    京都府京都市左京区南禅寺福地町
    京都市左京区南禅寺にある寺院で、臨済宗南禅寺派の大本山。正応4年(1291年)に亀山法皇の離宮「禅林寺殿」を無関普門が開山したのが始まり。京都五山と鎌倉五山の上におかれる格式高い禅寺である。京都三大門のひとつである三門は、歌舞伎「楼門五三桐」の劇中で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」の名台詞を廻す舞台として有名。狩野探幽の襖絵「水呑の虎」など重要文化財を多数所蔵している。境内には旧御所と伏見城殿舎を移築した国宝・方丈があり、前庭は江戸初期を代表する枯山水庭園となっている。
  • 平安神宮
    旅行/観光
    京都府京都市左京区岡崎西天王町97
    京都府京都市左京区にある神社で、平安遷都1100年を記念して明治28年(1895)に創建された。祭神は桓武天皇と孝明天皇。社殿は、桓武天皇時代の平安京の正庁である朝堂院を8分の5の規模で再現したもの。朱塗りに緑釉瓦の荘厳な建築物が立ち並び、広い境内に敷き詰められた一面の白砂は壮観である。周囲にある日本庭園「平安神宮神苑」は4苑に分かれており、それぞれ季節の花木が見事な池泉回遊式庭園。枝垂れ桜など桜の名所としても知られている。
  • 高台寺
    旅行/観光
    京都府京都市東山区高台寺下河原町526
    豊臣秀吉の菩提を弔うため、正室・ねねが慶長11年(1606)に創建した、京都府京都市東山区にある寺院。二人を弔う霊屋をはじめ、伏見城の遺構である表門や傘亭、時雨亭、愛用の品が使用された開山堂や観月台など(全て重要文化財)が現存する。霊屋内の須弥壇や厨子には桃山美術の傑作ともいえる優美な蒔絵が施され「高台寺蒔絵」として有名である。国の史跡・名勝に指定されている池泉廻遊式庭園も見どころ。春の桜、夏の夜間、秋の紅葉、大晦日にライトアップも行われる。
  • 京都国立博物館
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市東山区茶屋町527
    明治30年に「帝国京都博物館」として開館した東山区茶屋町の博物館。昭和27年に現在の名称に改称した。絵画、彫刻、書跡、工芸など、(約14,000件の蔵品の中から選ばれた作品を名品ギャラリーで展示している。また、決められたテーマに基づいた特別展を定期的に開催している。)
  • 錦市場
    お買い物
    京都府京都市中京区錦小路通 寺町・高倉間
    四条通の一本北、錦天満宮から烏丸通に至る通りに軒を連ねる商店街。1615年に江戸幕府から魚問屋の称号を許可されて以来、およそ400年の歴史を誇り、「京の台所」とも呼ばれる。390mほどの長さの通りには、鮮魚や京野菜などの旬の食材や、京漬物、佃煮、乾物、豆腐、調理器具や食器などの雑貨を扱う商店が居並ぶ他、食事処やカフェも。
  • 渡月橋
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵐山
    嵐山の紅葉を見渡せる、桂川にかかる全長155mの橋。承和年間(834-48)に僧・道昌が架橋したことが始まりと伝えられており、現在の位置には江戸時代初期、角倉了以が架けた。亀山上皇が橋の上高くを移動していく月をご覧になり「くまなき月の渡るに似る」と言われたことから名づけられたという渡月橋は、嵐山の風景に溶け込んだ風情あふれる橋である。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す