西陣周辺のスポット一覧

  • 元離宮二条城
    rating-image
    4.5
    6983件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
    慶長8年(1603)、関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が上洛の際の宿泊所として築城。のちに3代将軍家光が大改修し現在の姿となった。城内全体が国の史跡に指定されている他、国宝の「二の丸御殿」、重要文化財の「本丸御殿」、特別名勝に指定されている「二の丸庭園」など歴史的に価値のある建造物や美しい景色が残っている。

    大政奉還の場といえば二条城。 二の丸御殿では人形を配し、大政奉還の場となった大広間ではそのようすを再現してあります。内部は写真撮影厳禁。模写とはいえ素晴らしい障壁画の数々に目を奪われます。 国宝なのにいたずら書きのひっかき文字が大量にあったりして残念な一方、鶯張りの廊下を歩くと聴こえてくる音は江戸の当時にも聞かれていた音と思うと不思議な感覚。唐門、二の丸庭園ともども、長く続いた江戸時代に思いを馳せ...

  • 北野天満宮
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区馬喰町
    「北野の天神さん」として親しまれている、京都市上京区の神社(天満宮)。天暦元年(947)創建。学問の神として知られる菅原道真を祀る全国12000の天満宮・天神社の総本社である。一年を通して多数の受験生や学生が参拝に訪れる。慶長12年(1607)に建立された国宝・本殿は華麗な桃山建築。梅の名所としても有名で、2/25の梅花祭では上七軒の芸妓による華やかな野点が行われる。また、毎月25日の天神市は多数の露店と人々で賑う。

    毎月25日にある市に2回行きました。神社の横と後ろまで広がっていますが、実はある程度分かれているので、買い物が思う以上に楽です。神社に面して、右の道は古着屋が主です(着物、帯、生地など)。真ん中の道は主に食べ物屋です。そして、左側の道はその他です(陶器、アンティーク、古道具、など)。 初めて市に行った時、全部回ろうとしましたが、疲れて無理でした!2回目は店の方に右、左、真ん中の道の違いを教えても...

  • 晴明神社
    rating-image
    4.0
    333件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)
    平安時代中期に活躍した陰陽師・安倍晴明公を祀る神社。寛弘4年(1007)、その御霊を鎮めるために一条天皇の勅命により創建された。魔除け、厄除けのご利益があり、厄を払うために訪れる参拝客も多い。鳥居や提灯、絵馬には五芒星が描かれ、式神の石像があるなど、陰陽道を色濃く感じられる神社である。

    平安時代の陰陽師・安倍晴明公を祀る神社です。一条戻橋・晴明神社前バス停で降りれば目の前です。境内は元々安倍晴明公の屋敷跡とのことで、往時はかなり広大な敷地を有していたようですが、都市開発等で徐々に狭まり、現在の境内はそれほど広くありません。 陰陽師として著名な安倍晴明公が住んでいた場所、っていうのが主な理由のようですが、パワースポットとして有名なようです。次から次へと参拝の方が訪れていました。あと...

  • 西陣織会館
    rating-image
    3.5
    173件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区堀川通今出川南入西側
    「西陣織」を中心に和装の魅力を紹介する会館で、関連資料を常時展示している。2階では爪で糸をかき寄せて織る「西陣爪掻本綴織」の技法を見学することが可能だ。ショーステージや予約制の手織体験教室もあり、見て、織って、体験して楽しみながら学べる施設である。和装雑貨や純国産絹糸を使ったマフラーなど和小物の販売もあり。

    古い建物ですが、団体旅行や外国人の受け入れを行っており、スタッフの方も慣れているようでした。訪れたときは1階はネクタイ販売、2階では小物おみやげ販売、3階では天皇家の絹織物展示と着物ショーが行われていました。買い物メイン的でもいい場所だと思います。

  • 大将軍八神社
    rating-image
    4.0
    42件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区一条通御前西入西町48
    平安京遷都が行われた延暦13年(794)、桓武天皇が王城鎮護のため、星神大将軍を勧請したとされる神社。創建当初は陰陽道のお堂として建てられたため、「大将軍堂」と称していた。江戸時代に入ってから大将軍村の鎮守社として祀られるようになる。重要文化財に指定されている木造の大将軍神像は80体。方除け厄除けの神である。

    多大な数の文化財の神像(大将軍像)を有している神社とはとても思えないほどの小さな神社です。しかも創始、1200年も経過している古社中の古社。相変わらず、平日でもあるのに私以外の参詣者が居たのは本日廻った地区の10数社寺ではここだけでした(天神さんは除く)。特定の期間しか公開されない「方徳殿」(宝物殿)内には80を超える重文が安置されています。今はその時期じゃないので・・・春と秋に年2期間だけです...

  • knot cafe(ノットカフェ)
    グルメ/お酒
    京都府京都市今小路通七本松西入東今小路町758-1
    北野白梅町駅から徒歩約15分。歴史と最先端が調和するスタイリッシュなカフェ。すっきりとした店内は、ナチュラルテイストで落ち着いた雰囲気。ニューヨーク・ブルックリンからセレクトしたコーヒー豆や「nunu chocolates」のチョコレートと老舗のお菓子がコラボしたスイーツの他、分厚い出し巻きサンドが話題となり、各種メディアにも紹介された。コーヒーは、深煎りのガルーダコーヒーとニューヨークのグランピーから選べ、和と洋のコントラストが楽しめる。
  • 鶴屋吉信 本店
    お買い物
    京都府京都市上京区今出川通堀川西入
    京都の町家を生かした外観に代表銘菓の「柚餅」と書かれたけやきの大看板が映える京菓子店。四季折々の展示物が出迎える入り口を入ると、1階は広々とした売り場になっている。2階は京町家風の茶庭を望むお休み処があり季節の生菓子と抹茶のセットなどが味わえる。また、オーダーした生菓子を職人が目の前で作ってくれるカウンター式の「菓遊茶屋」は、目でも楽しめると人気。
  • とようけ茶屋
    rating-image
    4.0
    80件の口コミ
    グルメ/お酒
    京都府京都市上京区今出川通御前西入紙屋川町822
    昼営業限定の豆腐料理店。明治30年(1897)創業の豆腐店が手がけている。できたての豆腐や湯葉、生麩などを使った定食や丼のほか、湯豆腐や奴豆腐などの一品料理、豆乳を活かしたデザートなども。ビール、日本酒も扱っているので、昼から湯豆腐で一杯という楽しみ方も。

    訪れた6月中旬の平日13時頃は、雨が降りそうで、観光客は少ないだろうと北野天満宮へ行くことにしました。思った通り、付近を歩く人はほとんどおらず、「とようけ茶屋」の店頭には誰も待っていませんでした。並ばず入れる時はランチをすることにしています。既に一番人気の「京野菜と生湯葉膳」は売り切れだったので、「湯豆腐膳」にしました。「寄せ豆腐」と「シナモン豆腐」の試食を頂きましたが、どちらも美味しかったです...

  • 釘抜地蔵
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区千本通上立売上ル花車町503
    弘法大師により弘仁10年(819)に創建されたと伝えられる石像寺は、釘抜地蔵という通称で知られている。ご本尊である地蔵菩薩は、弘法大師が唐から持ち帰った石を彫ったものと言われ、苦しみを抜き取ってくれることから「苦抜地蔵(くぬきじぞう)」と呼ばれ、それがなまって釘抜地蔵となった。苦抜き祈願をした人達が、苦しみから解き放たれた際に奉納した、2本の釘と釘抜きをくくりつけた絵馬が本堂を埋め尽くしている。

    釘抜地蔵は、「苦抜き」という意味を持っています。様々な苦しみを抜き取ってくれるという釘抜地蔵尊。 この釘抜地蔵尊で知られる石像寺は、819年に弘法大師によって開創されたお寺です。本堂の裏側には、奉納された無数の絵馬がありました。その絵馬は、2本の釘と釘抜きがセットになったもので、心とからだの痛みがとれましたという御礼の意味で奉納されているそうです。

  • 大報恩寺(千本釈迦堂)
    rating-image
    3.5
    8件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通七本松上ル
    承久3年(1221)に義空が開基し、「千本釈迦堂」の名で知られる寺院。幾多の戦火を逃れた本堂は、創建時からそのままの姿を残し、京都市内最古の建造物として国宝に指定されている。境内の「おかめ塚」にちなみ、縁結びや夫婦円満、子授けにご利益があるとされ、全国から参拝者が絶えない。 12月には、鎌倉時代に僧侶が大根の切り口に梵字を書いて息災祈願行ったのが起源とされる「大根焚き」が行われ、京都の冬の風物詩となっている。

    大報恩寺の境内に「おかめ塚」がありました。 あのふくよかな笑顔の「おかめ」は実在した人だったんですね。「おかめ」は、本堂建築で棟梁を務めた大工「長井飛騨守高次」の奥さんでした。おかめさんは、夫の間違えを助言して窮地を救ったんですが、上棟式を迎える前に自害したそうです。おかめ塚には、そのおかめさんの像もありましたよ。

  • 千本ゑんま堂 引接寺
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
    高野山真言宗に属する寺院で、閻魔法王を本尊とする。「千本ゑんま堂」の通称で知られている。2月の節分会では、厄除けの「こんにゃく煮き(だき)」が振る舞われるほか、5月には「千本ゑんま堂狂言」を開催。また、寺務所では「えんまさまのお目こぼし」というかき餅が売られている。

    2021年京都観光検定、夏のテーマが「鬼や妖怪、伝説等」なので実地見学を兼ねてきました。この寺は、通称千本ゑんま堂、開基はこの世とあの世を行き来した小野篁です。境内には大きな閻魔様の像が有ります。有料のようですが、お堂内の閻魔様の像を見ることが出来ます。また紫式部を供養する十重石塔は重要文化財です。

  • 神泉苑
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市中京区門前町167
    二条城の南にある苑地で、元々は平安京大内裏に接する禁苑(天皇のための庭園)であった。竜神が住むと言われる大池や浮かぶ中島、小川、森林などを配した大規模な庭園であり、天皇や公家・貴族が遊宴を行ったとされる。貞観5年(863)に疫病の流行により苑内で行われた御霊会が祇園祭の起源となった。源義経と静御前が出会った地という伝承も残る。神泉苑祭を含む毎年5/1~4日の間は狂言堂で大念仏狂言が催される。
  • 水火天満宮
    rating-image
    3.5
    31件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722-10
    京都市上京区の堀川通にある神社。日本で最初の天満宮であり「菅原道真(すがわらのみちざね)」の神霊を祀っている。また、水難除け・火難除けのご利益があるとして、多くの参拝客が訪れる。境内に咲く「紅しだれ桜」は、花見の穴場スポットとしても注目されている。

    今回は昨年京都観光検定に出た「登天石」を見学に来ました。石の上に道真の霊が現れ、ここから天に登ったと伝えられています。神社そのものは小ぶりですが、天神社の象徴たる梅が綺麗に咲き始めていました。

  • Cafe Bibliotic Hello!(カフェ ビブリオティック ハロー)
    グルメ/お酒
    京都府京都市中京区二条通柳馬場東入ル晴明町650
    店の前に植えられた大きなバナナの木が目印の老舗のブックカフェ。店内には暖炉と2階まで続く巨大な本棚があり、書斎のような落ち着いた雰囲気。ベーカリーやギャラリーも併設されており、年代を問わず多くの人に利用されている。
  • Cafe Rhinebeck(カフェ・ラインベック)
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    グルメ/お酒
    京都府京都市上京区大宮通中立売上ル石薬師町692
    京都府京都市上京区にある古い京町家を利用したカフェで、庭の緑を眺めながらモーニングやティータイムが楽しめる人気店。注文を受けてから1枚ずつ焼き上げるパンケーキは、とろけるような食感の生地にシロップの甘さが絡む看板メニュー。一番人気は、たっぷりのフルーツとクリームが載った「フルーツガーデンパンケーキ」である。店内には通常のテーブル席やカウンター席のほか、女子会にぴったりのソファ席もあり。

    近くの果物店から、フルーツを仕入れているそうです。 ふわふわの厚みのパンケーキじゃなくて、スフレのようなパンケーキです。

  • 京都市考古資料館
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265-1
    バス停「堀川今出川」で下車して徒歩で約2分、「今出川大宮」で降りてすぐのところにある資料館。大正3年(1914)に建てられ、市の文化財に登録されている旧西陣織物館を使用している。京都市で発掘された貴重な史料を多く展示していて、その数はおよそ1000点にも及ぶ。代表的な遺跡とそこから出土した遺物の紹介を行っているほか、時代別に史料がまとめられていて、イラストやレプリカもあるのでとても分かりやすいのが魅力。

    無料で入れる市の資料館です。展示物は出土した土器などが中心、訪問時は展示物の入れ替え作業中の為か2階部分しか見れませんでした。

  • CAFE1001
    グルメ/お酒
    京都府京都市上京区泰童町288
    京都市上京区にあるカフェ。チョコミントスイーツが有名で「チョコミントパフェ」や「チョコミントタルト」などが人気。また「チョコミントの聖地」と呼び親しまれており、開店前から行列ができていることも。地元の人々だけでなく、遠方からも多くの人々が訪れている。
  • 粟餅所・澤屋(あわもちどころ さわや)
    グルメ/お酒
    京都府京都市上京区北野天満宮前西入ル南側
    学問の神様として有名な北野天満宮のすぐそばにある和菓子屋。江戸創業の老舗で、当代で13代目。12代目、14代目と3代揃って仕事を守る。名物のあわ餅は作りおきをせず、蒸した粟を臼でついて餅にし、これにこし餡やきな粉をまぶして提供される。テイクアウトも可能だが、店内ではつきたての粟の風味を味わうことができる。
  • 手織ミュージアム 織成舘
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町693
    平成元年(1989)に伝統的な家屋「西陣織屋建」を生かして開館したミュージアムで、京都の伝統的な手織物「西陣織」をはじめ、日本の手織物にまつわる資料や機道具などを展示している。江戸時代後期から昭和初期にかけての時代衣装や復原能装束、現代では消滅してしまったものを含む全国約90点もの手織物などを保管しており、テーマに合わせて展覧会が行われる。工房見学のほか手織り体験もあり、作った作品は持ち帰りできる。

    他の方も書いていましたが、男性のスタッフの方の接客があまり不愉快で驚きました。何も悪いことをしてないうちから、お茶をこぼすな、戸をしっかり閉めろ、バッグが土壁にあたると大変だ、とドタバタと走ってきて大きな音を立てていうので帯を優雅に見る気持ちがなくなりました。帯自体はすばらしかったと思いますが、あんな接客をされた後だと、どんなに美しいものを見ても美しく見えません。残念です。

  • 首途八幡宮
    rating-image
    3.5
    19件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区智恵光院通今出川上ル桜井町102-1
    京都市上京区にある、旅立ち、旅行安全を祈願する神社として知られている。大内裏の鬼門に位置したため王城鎮護の神とされ、「内野八幡宮」といわれていたが、かつてこの地に金売吉次の屋敷があったと伝えられ、源義経が奥州平泉に赴くに際し、道中の安全を祈願して出立したといわれることから、「首途八幡宮」と呼ばれるようになった。「首途八幡宮」には、家運繁栄のお守りとしてカイコのまゆを俵型に重ねた「繭守り」や、旅行安全のお守りで鳩の形をした「鳩守り」、開運厄除のお守り「鈴守り」など様々なお守りがある。

    義経が奥州に旅立つ際に行路の安全を祈願したといわれる社。 節分の前日、境内で二三人の参詣者を見かけただけでひっそりとしていました。 冬ざれた境内で、絵馬と千羽鶴だけが華やいで見えました。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す