NAVITIME Travel

祇園・東山・山科のスポット一覧

  • 清水寺
    rating-image
    4.5
    10589件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市東山区清水1-294
    京都府京都市東山区にある寺院。宝亀9年(778年)に延鎮上人が音羽の滝の上に千手観音像を祀ったのが起源と言われている。十一面千手観音立像を安置する本堂は、寝殿造り風の優美な建築様式。断崖にせり出した「清水の舞台」は、桜や新緑、紅葉など四季の風景と京都の市街地を一望できる絶好のフォトスポット。3筋に分かれて落ちる音羽の滝には延命などのご利益があり、行列ができる人気ぶり。修学旅行生や国内外の観光客で賑う、京都の一大観光スポットである。

    紅葉の季節、夜間拝観で訪れました 昼間よりも人も少なくゆっくり紅葉を楽しむことができました 夜9時までですが、おススメです

  • 東福寺
    rating-image
    4.5
    1608件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市東山区本町15-778
    東福寺は嘉禎2年(1236)摂政九條道家が、京都最大の大伽藍を安置する大寺院の建立を発願し、19年の歳月をかけ完成させた寺院。境内は広く、国宝に指定されている、日本最古の山門や、重要文化財に指定されている禅宗寺院様式の東司(トイレ)や堂本印象が龍を天井に描いた本堂などが立つ。方丈には、東西南北に四庭が配され、それぞれ趣が異なった景色が広がっている。中でも、苔と敷石で市松模様を描いている北庭は必見。

    11月26日に訪れました。中国や台湾からの観光客がとても多く、混んでいました。しかし、やはり京都では一番人気のある紅葉スポットです。赤だけでなく、橙、黄色、緑とカラフルな庭園の様子は来てよかったと思わせる見事なものでした。

  • 八坂神社
    旅行/観光
    京都府京都市東山区祇園町北側625
    「祇園さん」の名で親しまれている、全国に約3000社ある祇園社の総本社。本殿は神殿と拝殿の異なる建物を1つの屋根でおおった祇園造と呼ばれる建築様式で、重要文化財に指定されている。夏の祭礼・祇園祭は、貞観11年(869)の疫病流行の際、その災厄除去を祈ったことに由来している。大晦日-元旦の「をけら詣り」も参拝者が多く、をけらの根を混ぜて焚いた浄火を吉兆の縄に移して持ち帰り、新年の火種にすると、一年を無事に過ごせるといわれている。境内の太田社白髭神社は芸事上達に御利益があるとされ、祇園の芸妓や舞妓もお参りに訪れている。
  • 高台寺
    旅行/観光
    京都府京都市東山区高台寺下河原町526
    豊臣秀吉の菩提を弔うため、正室・ねねが慶長11年(1606)に創建した、京都府京都市東山区にある寺院。二人を弔う霊屋をはじめ、伏見城の遺構である表門や傘亭、時雨亭、愛用の品が使用された開山堂や観月台など(全て重要文化財)が現存する。霊屋内の須弥壇や厨子には桃山美術の傑作ともいえる優美な蒔絵が施され「高台寺蒔絵」として有名である。国の史跡・名勝に指定されている池泉廻遊式庭園も見どころ。春の桜、夏の夜間、秋の紅葉、大晦日にライトアップも行われる。
  • 京都国立博物館
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市東山区茶屋町527
    明治30年に「帝国京都博物館」として開館した東山区茶屋町の博物館。昭和27年に現在の名称に改称した。絵画、彫刻、書跡、工芸など、(約14,000件の蔵品の中から選ばれた作品を名品ギャラリーで展示している。また、決められたテーマに基づいた特別展を定期的に開催している。)
  • 安井金比羅宮
    旅行/観光
    京都府京都市東山区下弁天町70
    京都市東山区にある、「安井の金比羅さん」の名で知られる神社。天智天皇の代に藤原鎌足が一堂を創建し、紫色の藤を植え藤寺と号して、家門の隆昌と子孫の長久を祈ったことが始まり。主祭神の崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮で一切の欲を断ち切って参籠されたことから、古来よりあらゆる悪い縁を切り、良縁を結ぶとして信仰されてきた。良縁に結ばれたご夫婦やカップルがお参りしても縁が切れることはなく、より深く結ばれる御利益をいただけるとされている。
  • 知恩院
    rating-image
    4.0
    584件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市東山区林下町400
    京都府京都市東山区にある寺院で、浄土宗の総本山。浄土宗の宗祖である法然が草庵を結び、没した地に建てられている。その後、徳川家により寺地の拡大と堂舎の造営が進められ、大規模な寺院となった。境内には国宝・御影堂と三門をはじめ、唐門、大鐘楼など重要文化財に指定された建造物が並ぶ。一番の見どころは木造二階二重門である三門で、その大きさは国内最大級。※御影堂は平成32年(2020)まで修理のため拝観不可

    昼間に前を通るときに立派な門だな、というのは感じてましたが、今まで一度も中に入ったことがありませんでした 11/30紅葉のライトアップで初めて訪れてみました まず、参道から見る三門は荘厳で、威風堂々という言葉が浮かんできました 南禅寺の門とはまた違った大きさを感じます 門の上にも上がることができ、庭のライトアップを上から眺めることができます 入って右の枯山水の庭は、ブルーライトで装飾されていて...

  • 毘沙門堂
    rating-image
    4.0
    97件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
    京都市山科区にある天台宗の寺院。七福神の一人、毘沙門天を本尊とし、商売繁盛・家内安全にご利益があるとされる。大宝3年(703)、文武天皇の勅願で僧行基によって開かれた出雲寺が前身で、その後はたび重なる戦乱から苦難の道をたどり、最終的に山科の地に再建された。宸殿を飾る狩野益信作の「動く襖絵」が有名で、どの角度から見ても鑑賞者が中心になるという逆遠近法を駆使している。山科盆地を見おろす山腹に位置し、春の桜、秋の紅葉は知る人ぞ知る京の名所。

    2018年11月23日にでかけた。かつてJR東海のもみじの景色のポスターになったところで、京都中心から離れているとは思えないほどの人出だった。山科駅から住宅街の坂道を20分くらいのぼったところにある。出来ればウオーキングシューズなどの歩きやすい靴で行きたい。 拝観は午前8時半からできるが、時間前から並ぶ状態だった。また拝観料割引は市営地下鉄とバスの一日券だけで、地下鉄のみの一日券はアウトだった...

  • 南座
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市東山区四条大橋東詰
    京都市東山区にある、江戸時代から続くとされる劇場。歌舞伎発祥の地・四条河原で、400年近くにわたり歌舞伎を上演しているという意味で、日本最古の歴史と伝統をもつ劇場といわれる。近代建築に桃山風の意匠を取り込んだ地上4階地下1階の建物は、1996年(平成8年)に国の登録有形文化財にも指定された。毎年11月末日から12月末まで行われる「吉例顔見世興行」は京都の冬の風物詩となっており、役者の名前を勘亭流で書いた「まねき」が劇場の入り口上にずらりと並べられることで有名。
  • 青蓮院門跡
    rating-image
    4.5
    701件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市東山区粟田口三条坊町69-1
    青蓮院は、三千院、妙法院と共に、天台宗の山門跡寺院で、江戸時代には仮御所となったことがあるため「栗田御所」とも呼ばれている。古くより門主(住職)が皇室或いは摂関家によって受け継がれてきたお寺で、皇室と関わりが深く格式の高い寺院とされている。約1万坪の広さのある境内全域が、国の史跡に指定されており、四季折々の景色が楽しめる室町時代の相阿弥の作「池泉回遊式庭園」と、小堀遠州作の「霧島の庭」の2つの庭園は見どころの1つ。毎年、春と秋ごろに大小1000個の照明によるライトアップが行われ、幻想的な風景を楽しむことができる。

    キーヤンの襖絵が見たくて行きました。現代と古代が融合した空間が素敵。 紅葉も綺麗で満足。ゆっくりと過ごせるいい場所です。

  • 建仁寺
    旅行/観光
    京都府京都市東山区大和大路通四条下ル小松町
    京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院で、京都最古の禅寺。建仁2年(1202年)に源頼家の寄進により、栄西禅師が宋の百丈山を模して開山した。俵屋宗達作の国宝「風神雷神図」や重要文化財の襖絵などを多数所蔵していることで有名。白砂に苔と巨石を配したを枯山水庭園など、日本庭園の美しさでも知られる。扉に矢痕の残る勅使門は切妻造りの四脚門。安芸の安国寺から移築された方丈、平成14年(2002)に法堂の天井に奉納された畳108枚分の双龍図も必見。
  • 将軍塚青龍殿
    rating-image
    4.0
    141件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市山科区山科厨子奥花鳥町28
    桓武天皇が平安京遷都に着手した際、都の鎮護のために高さ2.5mの将軍の像を作り塚に埋め、都の安泰を祈った。これが将軍塚の由来である。平成26年(2014)に建立された大護摩堂「青龍殿」の奥殿には、国宝・青不動が祀られており、手前には精巧に製作された複製が祀られている。境内地には清水寺の舞台の4.6倍の広さをもつ木造の大展望台があり、京都市内を一望できる大パノラマが楽しめる。

    夜景は静かで雰囲気あり京都がキラキラしていてとてもよかったです!でも交通手段、タクシーなら待たせて下さい。下手するとか帰りタクシーが来なくて困ります。そこのところ現地の人教えてくれると本当に助かったのですが…。

  • 御寺 泉涌寺
    旅行/観光
    京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
    京都市東山区にある、真言宗泉涌寺派の総本山の寺院。本尊は釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三世仏。平安時代の草創と伝わるが、実質的な開基は鎌倉時代の月輪大師とされる。寺内には、鎌倉時代の後堀河天皇、四条天皇など歴代天皇の陵墓があり、皇室の菩提寺として長く篤い信仰を集めていることから「御寺(みてら)」と呼ばれている。毎年成人の日に行われる「七福神めぐり」は有名で、順次お参りした証(吉兆)をつけた福笹をもって買えることにより本来の福を持ち帰ることになると言われる。
  • 五条坂
    旅行/観光
    京都府京都市東山区清水・五条橋東
    西陣織・京友禅と並ぶ京都の代表的伝統産業である清水焼が造り出されたことでも有名な「五条坂」は、大和大路から清水坂に至るまでの間をさしている。夏には京都の風物詩である「京都五条坂 陶器まつり」が開催され、期間中は400店を越える陶器商の出店で賑わう。
  • 八坂庚申堂
    旅行/観光
    京都府京都市東山区金園町390
    境内を彩るカラフルな「くくり猿」。くくり猿は、手足をくくられて動けなくなった猿のお守りのことで、人が欲に走らないよう戒めている姿である。何か一つ欲を我慢し、くくり猿に願いを託すと、願いが叶うというものだ。また一年に6回ある庚申の日には「コンニャク焚き」が行われる。くくり猿の姿をしたこんにゃくを3つ、北を向いて無言で食べると、無病息災で過ごせるといわれている。
  • 随心院
    rating-image
    4.0
    50件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市山科区小野御霊町35
    正暦2年(991)に創建され、平安時代を代表する女流歌人「小野小町」の住居跡として知られる随心院。本堂には、本尊如意輪観音坐像、定朝様式の阿弥陀如来像(重要文化財)、快慶作の金剛さった像を安置している。遅咲きの梅の名所としても有名で、楚々とした花に彩られる境内は、美貌で知られた「小野小町」ゆかりの場所にふさわしく、小町文塚、化粧の井戸や、小町の恋文をはったという地蔵菩薩など、いくつかの遺跡が残っている。

    小野妹子ではないです(笑)小野小町のゆかりのお寺。地下鉄小野の駅から歩いて10分弱、もしくはJR京都駅からも直通のバスが通っています。ですので案外便利。 月に一度くらいのペースで、フリマをやったりしています。すぐ隣にある、醍醐寺を一緒に参拝するのもいいかもしれません。

  • 六波羅蜜寺
    旅行/観光
    京都府京都市東山区五条通大和大路上ル東
    天暦5年(951)、空也上人により開かれた寺であり、西国三十三ヵ所第17番札所である。国宝に指定されているご本尊の十一面観音立像、空也上人立像(重要文化財)など、鎌倉時代を代表する多数の木造彫刻を所蔵している。近年は「開運推命おみくじ」がよく当たると人気である。
  • 豊国神社
    旅行/観光
    京都府京都市東山区大和大路通正面茶屋町530
    東山地区にある、豊臣秀吉公を祀る神社である。豊臣氏の滅亡とともに徳川家の命により廃社となったが、その後、明治天皇の勅命により再建された。伏見城の遺構である唐門は、桃山文化を代表するもので国宝に指定。宝物殿には秀吉公の遺品をおさめた唐櫃など、数々の重要文化財が展示されている。
  • 花見小路
    旅行/観光
    京都府京都市東山区祇園町南側
    東山区北西部の、北は三条通から南は建仁寺前まで約1キロ続く小路。通りにはお茶屋や寺社仏閣などの京都らしいものやスナックやバー、居酒屋など様々な施設が軒を連ねている。平成13年(2001)に電線類地中化し、石畳が美しい、情緒ある街並みに生まれ変わった。歴史あるお寺や伝統芸能が楽しめる施設など見どころがいっぱい。カフェや、食事ができるお店、居酒屋なども多いため、散策と共に食も楽しむことができる。
  • 円山公園
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市東山区円山町
    明治19年(1886年)に開設された京都市で最も古い公園で、国の名勝。園内は小川治兵衛作の池泉回遊式庭園となっており、自然の丘陵を利用した優美な造り。周囲には料亭や茶店、円山公園音楽堂といった建物が点在し、坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像、芭蕉庵など見どころが多い。「祇園枝垂桜」で知られる桜の名所であり、ライトアップされた美しい夜桜は京都の花見のシンボルとなっている。最寄は祇園四条駅など。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す