三千院

寺院

山里の清澄な空気に包まれて、往生極楽院の仏様の膝元へ

街の喧騒が届かない、比叡山麓に広がるのどかな山里・大原にある三千院。自然と歴史が織りなす玉手箱のような古刹では、やわらかな表情の仏様が迎えてくれる。深緑の苔むす庭園を巡れば心も穏やかに。

杉木立のなかに静かにたたずむ往生極楽院 杉木立のなかに静かにたたずむ往生極楽院

川のせせらぎを聞きながら緑深き参道を上がる

バス停・大原から山里の小路を東へ向かうと、いつしかゆるやかな上り坂となる。樹々に覆われるこの坂道は、三千院へと続く参道だ。右手には涼やかな音を立てて呂川(ろせん)が流れ、左手には土産物店が軒を並べている。バス停から歩いて約15分、坂道の先に現れる幅広の石段を上がり切り、苔むす堅牢な石垣に沿って少し進めば重厚感のある御殿門(ごてんもん)にたどりつく。ここが三千院の玄関口だ。石段を上がって門をくぐり、さらに左手の石段を上がれば拝観受付がある。客殿、宸殿、往生極楽院、そして庭園など、広大な境内にはたくさんの拝観箇所と見どころが点在している。

比叡山麓の自然も満喫できる 比叡山麓の自然も満喫できる

1200年の歴史を紡いできた格式ある門跡寺院

三千院の歴史は延暦年間(782-806年)に、最澄(伝教大師)が比叡山の東塔(とうどう)に構えた草庵に始まるとされる。その後、比叡山内から近江(滋賀県)坂本に移り、さらに、火災や応仁・文明の乱などの兵火によって京都市内を何度か移転したあと、現在の大原の地に移ってきた。名称は円融房(えんゆうぼう)、梨本坊(なしもとぼう)などと呼ばれてきたが、1871年(明治4)に「三千院」と称されるようになった。かつて皇子・皇族が住職を務めた宮門跡で、梶井(かじい)門跡、梨本門跡とも呼ばれた。大原の里の中心的存在であり、比叡山から始まり1200年を超える歴史を刻んできた名刹だ。

格式高い天台宗三門跡のひとつに挙げられる 格式高い天台宗三門跡のひとつに挙げられる

季節ごとに美しい、心癒やされる2つの庭園

玄関から続く先には客殿があり、南側に広がる庭園は「聚碧園(しゅうへきえん)」。江戸時代初期の茶人・金森宗和(かなもりそうわ)が修築したと伝わり、山肌を利用し池が配された池泉鑑賞式となっている。堂内には緋毛氈(ひもうせん)が敷かれ、座って優美な庭園を心ゆくまで眺めることができる。次の宸殿に祀られる秘仏の本尊・薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)は、最澄が刻んだと伝わる。お参りしたあとは宸殿前に広がる庭園「有清園(ゆうせいえん)」へと下りていこう。みずみずしい苔に覆われ、四季折々の美しい景色を楽しめる池泉回遊式庭園だ。

サツキの刈込が美しい聚碧園 サツキの刈込が美しい聚碧園

有清園の苔の美しさは格別だ 有清園の苔の美しさは格別だ

そのかわいらしさに微笑まずにはいられない、わらべ地蔵(作:杉本孝) そのかわいらしさに微笑まずにはいられない、わらべ地蔵(作:杉本孝)

深緑の苔の庭園に浮かび立つ往生極楽院

有清園の杉や檜などの木立のなかに往生極楽院がたたずんでいる。堂内には阿弥陀三尊像(国宝)が安置され、大きな仏様が納まるように、天井は舟底型となっているのが特徴。中央に座す阿弥陀如来の両脇には観世音菩薩(右)と勢至菩薩(左)が控え、ともに少し腰を浮かせて前かがみにひざまずく「大和坐(やまとずわ)り」をしている。まさに、極楽浄土へ旅立つ人を迎えに来てくれる姿だ。お参りのあとは境内のさらに奥、金色(こんじき)不動堂や観音堂も巡りたい。御朱印をいただける場所は3か所あるので、境内マップで確認しよう。額縁庭園を擁する宝泉院をはじめ、来迎院や勝林院など点在する名刹巡りも楽しめる。

往生極楽院に祀られる阿弥陀三尊像のご朱印 往生極楽院に祀られる阿弥陀三尊像のご朱印

スポット詳細

住所
京都府京都市左京区大原来迎院町540
電話番号
0757442531
時間
[3-10月]9:00-17:00
[11月]8:30-17:00
[12-2月]9:00-16:30
休業日
無休
料金
[一般]700円
[中学・高校生]400円
[小学生]150円
駐車場
なし
※近隣に有料駐車場多数あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club、その他)
※円融蔵のみ
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
可(ただし建物の中へは入れません)
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 境内の所々の小さなお地蔵さまが可愛らしい
    5.0 投稿日:2022.05.02
    三千院に向かう坂の手前に駐車場して向かいました。小川のせせらぎを聞きながらの歩きで、気持ちよかったです。たまたま不動大祭の期間中で、秘仏の金色不動明王を御開扉されており、尊い経験をすることができました。平日の午後2時半過ぎからの参拝だったためか、参拝している人は少なく、お庭もゆっくり自分達のペースで堪能でき、非常に素晴らしい時間を過ごせました。
  • 秋晴れの下、紅葉満喫。参道沿いのお店もちょっと大人向け
    5.0 投稿日:2021.11.20
    大原は遠いので、ここに行くと半日かかります。地下鉄とバスの1日乗車券を購入し、河原町から1時間に2本しか無いバスに揺られてほぼ1時間。バスは川沿いの道を走るので、眺めも良かったです。お庭が綺麗なのと、お地蔵さん達が愛らしいので、歩くのが苦になりません。羊羹と抹茶も別料金でいただきました。素敵な庭を眺めながらの紅葉狩りは目の保養になります。宝泉院までも小さな橋を渡ってすぐ。バスの大原ターミナルから...
  • 庭園の石仏が可愛い!
    5.0 投稿日:2021.11.05
    いつ行っても落ち着く寺です。抹茶を飲みながらの庭園は最高ですね! 庭園の苔・石仏は是非写真ポイントです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          大原・鞍馬・貴船エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました